スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加入道山・大室山

2005.11.27 00:18| 山の空気

初めて足を踏み入れる裏丹沢(通称:ウラタン)の
加入道山(1418m)・大室山(1587m)へ行ってきました。

年に3回位しか山へ行かない(行けない)友人が参加。 

高速を使わず行けてお安い! 
山までの距離が短い! 
登山口に温泉がある!
人も少なくノンビリ歩ける!
 

さぁて、マッタリ秋を楽しみに・・・で選ばれた 初めての裏丹。

国分寺駅に5時の始発で着くはずの友人が
駅のほんのチョイ前で・・人身事故で足止め。
どうやら飛び込みらしい。 
始発に飛び込むなんて・・待っていたのか始発を・・
(辛い事が多すぎるのね、この世の中)
駅が目前にも関わらず、処理や現場検証が終わるまで
電気を切られた寒い電車の中で1時間待機。

予定を1時間以上オーバーして、登山口スタート8:15
駐車場には車が4台。 
少々曇り空がちではあるが今日は悪くないはず(だった)。

登り始めは横浜市の植生区域であり、区ごとに色んな木を
植えている。白いプラスチックの棒が沢山立っていて少々薄気味悪い。
これはシカ等から枝を守る為のものらしいが、
暗くなってコレみたら・・お墓みたいに見えるかもだ。
20051126235756.jpg
 
紅葉の終わりかけの 枯葉が厚い絨毯のよう 、フカフカの
上をサクサクしながら歩き出す。風もなく、長袖1枚でもOK。
30分程歩くとアズマヤが現れる。ちょっと休憩には早いので
先に進む。(水場マークだけど確認せず) 
20051126235841.jpg
この辺りは富士火山の火山灰である関東ローム層らしく
粘土質で、雨が降った時はナンギな気がする。

途中、富士山を正面にどっどーんと見渡せる休憩ポイント有り
(残念ながら今回は 頭がちょび見え。いけずな富士山太郎)
木の種類や土の話をしながらマッタリ時間を気にせず歩く。
20051127000736.jpg

加入道山頂上に近づくと、綴れ折りの道となり少し急になる。  
少し遠い下界から犬の吼える声と鉄砲の音がする。 
猟が始まっているのか。
何処の山では猟が行われているとか、そんな情報はあるのだろうか?
遠い遠いと思っていても、やはり怖い気がする。
各地で野生動物の被害は耳にするけれど、彼らは以前からここに
住んでいる住人なのだ。山を削られ、季節の異常でエサがなくなり
被害をもたらす事はあっても、彼らの命を奪ってもよいのだろうか?

加入道山山頂に到着。避難小屋がある(布団もあり)
足が重たいという友人が自分に喝を入れ(笑)大室山を目指す。 
ここからは一旦下って、破風口と言ういかにも風の通り道で寒そうな
最低鞍部を通り、また登る。 
最近は「一度くだる」という事に あまり 愚痴らなくなった。
(成長度合いレベル1)

大室山が見える所へ出ると、頂上はスッポリグレーの雲の中。
なんだかなぁ?ではあるが、1時間半のCTの道をまだ見ぬ頂上を
ワクワクドキドキの期待で歩く。(成長度合いレベル2

すぐ霧が立ち込めてきた。
山仲間達がよく(?)霧にむせぶ丹沢の写真を撮っている。
やはり・・表も裏も丹沢には霧が似合うのだろう。
いきなり目の前に木道が現れた。 
霧の中に真っ直ぐに何かに吸い込まれていくような不思議な光景である。
霧でうっすらとモヤった中に、大きく曲がった木々や まるで1本の
木のようにねじられた木が、ますます幻想的な景色を作り出している。
よどんだ霧が重さで、そこを動かず漂っている。
天気がよいだけでなく、こんな景色もいいものである。
20051127001301.jpg

大室山頂上は展望が木々で遮られ、丸い狭い額のようである。 
風はないが霧も深く、ビスケットを口にしただけで、
すぐ加入道山避難小屋へ引き返す。

避難小屋には5人の2グループが食事をしていた。
小屋の中で火を使っているにも関わらず 5℃しかない。
温かな味噌汁にマーボー丼のアルファ米を食べる。
足がカクカクする位寒い。友人は暖をとろうと火に近づき
フリースに穴をあけてしまった。  
もう、山の空気はすっかり冬のものである

下山後、「道志の湯」(シャンプー&リンスは自前)で温まる。
地元の人々や紅葉を求めて訪れた人々で結構混んでいた
20051127000050.jpg

コメント:5 トラックバック:0
<<こわこわ話 | ホーム | 霧の中にたたずむ>>

ずいぶん寒かったんですね。ほんの2、3日の違いで変わるものですね。昨日、道志にいったけど、ぽかぽか陽気で登りはもちろん稜線歩きでも汗をかきました。
そうそう、道志の湯はいいお湯だにゃー。悔やまれるのは、シャンプーリンスを持参しなかったこと。あーん、ロビンさん、一日早く情報アップしてくれたらよかったのにぃい。

これって展望は無かったかもしんないけど雰囲気は良いなー!
ガスの中でたたずんでいるブナって宙を漂流しているみたいで・・・あれって何も聞こえないから?
そう言えば今年になって丹沢には一度も行ってないんだよな。11月の始めにバカ尾根にカエデの紅葉を見に行こうと計画してたんだけれど。でも次は丹沢はひとまず端へ置いといて御正体山に行こうと考え中!(私も)

>まきくまさん
んだー!なんで今時の温泉にシャンプー&リンスがないんだぁーって
日頃の行いの違いか・・・あんな富士山に会いたかったよぉー!!!

>ぶろうさん
御正体山 スッキリクッキリ見えてましたよ。
結構おっきなりっぱな姿だよね。
それよか、榛名山の素晴らしさに感動しました。
ブロウさんはいいとこ見つけるの上手よねー 

大室山、一昨年の12月に登りました~。
でもなぁんか印象の薄い山で・・・(汗
ロビンさんの写真のおかげで思い出しましたよ!山頂は思ったほど展望がないんですよね、確か。
加入道山は前から気になってるんですけどまだ行ってません。裏丹沢はマイカーでないとキツイけど、静かな山歩きができていいですよね♪

ではでは~。

ちかさん そうですねー
大室山は特徴がないって言えばないっす!(笑
給料日前の貧乏な時には裏丹はもってこいです。

丹沢は華やかさはないけれど、静かな味わいが
あるのでは・・と思ってます。(まだあまり経験なし)
冬の雪が積もったら、案外ヤリガイありそうでっせ~








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。