スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳳凰のお花(5月初旬)

2006.05.13 21:57| 可愛いお花達

沢山のお花に会ったわけではないけど
山を下ってくる時の・・・
何かこの場を去りがたい心の淋しさを
紛らわせてくれる お花達

生まれてずーっとこの山と共に生きているのね。
鳳凰の気候と匂いと風と
山に抱かれながら生きているお花達です。 

名前があってるかな? 

20060513213738.jpg

20060513213753.jpg
ニリンソウ:ちょびっとピンク色がついてかわいいね。 
上がつぼみ。下が花開いた状態。
キンポウゲ科の多年草で、直径2センチの5弁の花が1つの茎に2輪ずつ咲くので
ニリンソウと呼ばれる。アイヌの人々は色々な汁物の実にして食べるそうな。

20060513213808.jpg
ネコノメソウ: っぽいけど・・・そうか?黒いツブツブが??
っが、間違えたぁ?。これはまっきーの「イワボタン」が正解!
女性風姿のカバちゃんに騙された感じ。(毎度マトを得てない喩!とほほ)


20060513213821.jpg
キジムシロ:バラ科キジムシロ属
葉は根生しているためムシロのように見え,鳥のキジがひくムシロに
見立ててキジムシロと名付けられた
って思ったけど、コレもちゃうかぁ?!? ただ今確認中 

20060513213838.jpg
タチツボスミレ:春先の野山でもっともよく見かけるスミ 

20060513213852.jpg
ハシリドコロ:ナス科・・・だからかこの花の色。
有毒植物で死に至ることもあるらしい。狂乱状態が激しく、走り回るので
この名前が付いている。薬用としては鎮痙・鎮痛作用があり、
ロートエキスとして鎮痛薬や目薬に使用されている。
「ハシリドコロ」をかじった友人が「ハシルトコロ」を見てみたい!
なんちゃって、罰あたりーなロビンでごわす


20060514003952.jpg
ヤマエンゴサク: 大ボケボケ画像ではじかし。
でも、コレが一面に咲いていた代表花。まっきーと名前を忘れないように 
「えーっと、山で・・援助交際して・・咲くんだわね(??)」(質疑応答なし)
って何度も確認しながら、帰ってきたのに・・画像がコレだ。くっすん

 
20060513213921.jpg
さて・・これはなんじゃろね?

注)ブブッーと不正解あればご一報お願いしますぞっと。(笑

コメント:23 トラックバック:0
<<年に一度の対決! | ホーム | 感動の鳳凰(二日目!)>>

ふーん

オイラは花の名前はサラサラ覚える気力がないけど(^^;) アっ!これ見たことあるとか見た見ないくらいは覚えてるかなぁ。 さすがに代表的な名前は判ってきたのもあるけど、いまだにスミレちゃんサリーちゃんの世界だ...(^^;)
でも、美しい、かれん、かろやかなかほり、山へ行ってほのぼのとしたこれ以上の出会いは無いですね。(ほんとか?) 今年はもう一人の片思いの恋人に会いに行ってきたいと画策中...

もう、ロビンさん葉っぱぁ…
あれで「キジムシロ」は反則だす。
↓の右下の写真のように動かぬ証拠をプリズ!
http://rokkoflower.cool.ne.jp/souhon/sub986.html

ついでにペタ
http://yama.tinyforest.jp/hana/kijimusiro.jpg

何じゃろ~~

うつむき加減に花開きそうな感じで清楚。
まさにロビンさん!!のようなお花ですね。
(ねぇ?なにかくださる?)

お花って難しいよねぇ~~。
春の花は、小さくて下向いているし・・・
重いザックをしょっての撮影、お疲れ様。

そうなんよねー お花って難しい。
人間だって同じククリの中でいろんな外見があるように
お花だって色んな表情がある。
だから名前が覚えられない!(←自信をもって言い訳です!)

>熊さん
何をおっしゃるウサギさん!
まずは自分にとって大好きなお花を憶えればいいのだ。
キタダケソウやアオイちゃんが大好きじゃん。
これと決めたら一途ってのもいいじゃないっすか~

>K林さん
のわぁ~?キジムシロちゃうのー?
葉っぱは写ってないけどガクもそのようでなか?
ジラシ戦法いやや~ 答えはズバリ?おしえてっ

>木曽駒さん
何を仰る・・・下向け~と言われても上を向いてしまうような
ヒマワリ・・(←自分でいうなちゅーの)
コレはまるで・・奥ゆかしい木曽駒さんのようでござんす(お返しくれー)

そう、花を激写は大変です。
スクワットして鍛えねばだ!
木曽の方もお花は沢山咲いてきましたか?

ニリンソウは毎年トリカブトと一緒に採っちゃって、食中毒がおきているので要注意です。
もちろんアイヌの方々はそんな間違いなどしないでしょうけど。

立坪菫~

ネコノメちゃんはイワボタン君あたりかな?

黄色い花は花だけみても判らんですが、ミツバツチグリの方かもね~

ハシリドコロの葉っぱは、天ぷらにするとおいしそうなんだけど・・・その名の通り食べちゃイカンです。

最後のは下側の葉は別モノで、上側の明るい葉がポイントで、花から見てもカタバミですね。
ミヤマカタバミかな。

以上、不肖の弟子より(笑

むむむ・・ なんだか余裕じゃん
はれっ?ゴシゴシ・・お花の名前答えてる時だけ!は
ドジな弟がカッチョよく見えるのは・・な~ぜ?

そっかー K林さんはミツバツチグリと言いたかったのね(納得!

ニリンソウはアイヌの人々でなくても輝子も食べます!
おひたしにしました!

私も熊さん同様、花の名前は積極的に覚えないけど、食べれる植物は積極的に覚えます。

そーだ、ここにおった!ニリンソウ食いが。(笑
でも、美味しいのかな?独特の味わいあるの?

ニリンソウて、花も食べられるんでしたよね。あんなにさいてんだから、一度は食べてみたいな~

この時期花が一番多いのが登山口と下山地ですよね。
わたしもキジムシロと他の花の区別がつかなかったなあ。山野草は難しい・・・。

ホント、黄色い草花シリーズは難しいっす!
おさらい(自分もチョット忘れかけてきたので…):
1.キジムシロとそれ以外
 これは簡単。
 ↓の右下の写真のように葉が(ムカデ足のように)5~9枚ならキジムシロ。
 http://rokkoflower.cool.ne.jp/souhon/sub986.html
 キジムシロは「ほふく茎」を出さないことも特徴。
 葉が3小葉なら 2.以降
2.ヘビイチゴ系とそれ以外
 萼が目立ち、茎に花一個ならヘビイチゴ系。茎に複数の花なら3.
3.ミツバツチグリとツルキンバイ
 葉の鋸歯が目立ち両面に毛がある。ほふく茎の葉が他の葉と同じサイズならツルキンバイ。

取り敢えず、葉を見れば「キジムシロ」は簡単でしょ?
それ以外は……、ナハハ

>たここ
よく終電で帰ってこれたね(笑

沢山咲いてるから食べていいっともんじゃないけど
どんなお味か試してみたい気もする。
いんや~ 私には理性が・・・でも輝子さんは・・?

> ふうろ さん
そうなんよね、登山口の時は行先不安で時間が
気になるのであんまり撮れないけど、
帰りは~ あぁ~鼻歌まじりだぁ~って感じ!?(笑

>K林さん
そなの、山に行きだした時は山の緑に黄色が
とっても映えて、嬉しくって撮りまくりでしたが
だんだん黄色い花がみんな同じに見えてきたあるね。

K林さんのおっしゃる通り!葉っぱも撮らなくちゃだよね(笑
とってーも詳しく説明してくれたからよく分かった!
こりゃ・・・1番弟子・・抜いたか???

この時期はいろんなお花の会えるからほんとに楽しいね。
ただし、もう少し暑くなると虫との戦いも始まるのだが・・・

植物

私は食べられる植物しか頭に入りません(苦笑)
かみさんが詳しいので、いつも「tochikoこれって何?」

あははは・・・。

山は覚えていけば、デパートですよね。

オイラ花にはあんまり興味ないんだけど、ついつい写真は撮っちゃう。
きれいだな~って程度で、名前なんか覚えやしない・・・
でも興味は無いながらも、惹かれるものはあるのね・・・

この、きれいな紫の花は、まるでロビンさんの心のようだ~!
なんてかんじで・・・
なんか出るカナ?

仕事の峠をのりきったぞっと!きゃっほぉ~

>ぜぜさん
そだね、この時期はお花達に会えるから(例え名前はしらずとも)
近くの里山でも、どこのお山でもたのし!
でもお花達の為に もっとカメラの腕前あげなきゃ気の毒だよなぁ
虫はやだな。まっきーのヒル地獄の話でテン場で
盛り上がったのだけど、虫防衛策はござらんか?

>河童さん
そうですか、山には奥様もいかれるんですねー
それはいいですね。
どうですか、草花に詳しい奥様がステキに見えるでしょう?
尊敬しちゃうでしょ?(笑

>食う寝るさんだーすさん
そうですよ、美しいものには心奪われる・・やばいっす!
ちょっとちょっとぉ!
紫の花って・・・あ~た、ボケボケちゃんじゃないっすか!?
・・・まだ会った事ないのに・・なんで判るかなぁ~?

その黄色いシリーズわたしも覚えられない。いま、K林さんの説明でわかった気になってるけど、きっと明日になるともうわからない、気がする(だけじゃなくて、ぜったいそうだ)
でも、帰ってきてからなんだろなーって図鑑みるのは楽しいよね。そんなときデジカメ君ありがとうってしみじみ思います。
で、やっと山場終わったん? おめでとー!

オイラの中では、、、、
涸沢の青空、立山の雪、高尾の紫のスミレ・・・=ロビンさん!(^^♪

>まっきー
そうそう分かった気になってるだけなんだよね(笑
デジカメ無かったら 一眼レフ重いからバカチョンで撮ってたかもだ。

ちなみに「ほふく茎」ってホフク前進のホフク?
這いつくばってるってこと?

>食う寝るさんだ-す さん
・・・・何かほしいもの・・ある?(笑
おねーちゃん なんでも買ってあげるぅー

>ちなみに「ほふく茎」ってホフク前進のホフク?
です。
書き忘れたけど「オヘビイチゴ」ってのがあるようです(見たこと無い、多分…)。
んでもって、こいつは「ヘビイチゴ」じゃなくてキジムシロの仲間なんだって!
↓これも葉が特徴的だから見ればわかると思うけど…、ハァァ…
http://kaede.nara-edu.ac.jp/plants_of_NUE/ichiranhyou/syokubutsupage/ohebi.htm

相棒

 そうですね。否定は出来ませんね(笑)
山は単独行も良いのですが、気のあった、息のあったパートナーが居た方が楽しみも倍増しまよね。
 ちなみにウチのかみさんは、115L・35kgのザックを背負って、雪山ラッセルしてくれますし、沢登りなどでは、優秀なザイルパートナーでもあります。

お昼寝は気持ちいいよね~

>K林さん
「オヘビイチゴ」って笑っちゃう名前だよね。
花の感じはよく似てる。でも花びらの付け根が細いね。
田んぼとかにあるんだねー
そういえば、ご幼少の頃、よく土手でみたよ。
へび苺だーなんて怖がりながらも、よく食べた!(笑

>河童さん
すんごーい相棒さんじゃないですかー
35kgのザックなんて、まだ担いだ事ありません。
ラッセルもですかー
・・・そんな奥さん 私もほしいです(笑
河童さん 素晴らしい相棒さんでいかったね。

>おねーちゃん なんでも買ってあげるぅー

おねーちゃ~ん(き・れ・い・な・)

食う寝る、涸沢でビ-ルがいいな~(〃'∇'〃)








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。