スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山を味わう

2006.07.12 22:10| 山の空気


 
 智恵子の本当の空 「安達太良山」 で出会った
 あの人が言っていた。
 
1-ADATARA.jpg
  



 「会社勤めの時は 天気にかかわらず週末には山に入ってたわ」

 「会社を卒業して、自由な時間が一杯になったら・・・
  きっと山にばっかり行ってしまうのではないか
  って心配してたけど・・・・・」
 
1-YURI.jpg


 「その ハヤル気持ちは すぐに落ち着いて
  今は、人の少ない平日の天気の良い日を選んで、
  のんびりと山の空気に浸りに行ってるのよ」


 「だからね、いつも良いお天気なのよ」



1-PINK.jpg
 


  「・・・・・でもね、 何かチョット・・・ちがうの」 

 っと言って、この人らしく
 右手の人差し指をアゴの下にそえて、首をかしげて考える。 

1-RINDOU.jpg



     

 静かな・・・不思議な時間が流れる・・・

1-MOYARU.jpg




 「あのね・・・山には 空の高いすっきりとした晴天も
  霧がかかって木々が静かにシットリと落ち着いている時も
  雨に煙って山がひっそり息をこらしてる時も、

  そんな風にいろんな表情を見つけることがステキなんじゃない?」

  と、つぶやいた。

  そうですよね、Mさん。  1-SUMIRE.jpg


  
  雨でしっぽりな山も それはそれで また魅力的じゃないでしょかね

 1-BUNA.jpg

コメント:16 トラックバック:0
<<秋田駒から帰ってきました! | ホーム | 流行にのっかり なびぞー ゲッチュ>>

ロ、ロビンさん。なんかステキな文章だわ~。うっとり♪

Mさんって、あのMさんですよね?
まさか、わたし?!←自意識過剰モード

いや、わたし だと 
思うけど。

私もいっときより
上の二人いい勝負ですね。

ロビンちゃん、何か悪いもの食べたの?
大丈夫?

うそだよ~~。
こんなロビンちゃんもス・テ・キ・・・

今夜は隊長が東京へ出張なので、チョイト飲みすぎ?

感じ入るものがありますね~。
頭では理解してるつもりでも、なかなか言えない台詞ですね。

雨でも楽しかった・・とは言えることあるけど、いつでも心の中ではついつい晴れを望んでしまう。
雨もまた良し!って心から言える日は自分には来るのかな?
いつかそう言えるといいな。

ネットで何度も天気予報にらめっこしてる私は
まだまだ 修行がたりないようです(笑

コラコラ・・ m&m (キミたちはチョコか?)
どっちもちゃいますーーーーだ!(笑

3番目のお客様は誰だろう??

> 木曽駒さん
まぁ、 ふふっ こんな面がロビンにも
あるっちゅーことです! がはは
ってか、安達太良のMさんのセリフをちょっと
丁寧に思い出してかみしめただけで
私がカッコ付けてるわけじゃないのよねーーん

こらこら・・隊長が居ないからって飲んだくれて
ちゃっちゃと 新しい blog 考えよし~(笑

>3だーすさん
だよね。雨の中でも丹沢ヒル地獄はみんなで
ワイワイいったから楽しかったもんねー
あれが一人じゃ 辛すぎまっす(泣

だから無理しないぜすぞ。
雨でも行きたくなるよな自然にそんな気持ちになる時が(なんだか文章が・・終わらないよ)
今後 いつかあるかもよ、なのだ。
あぁぁぁ・・そしたら、水もしたたるいい男になっちゃうね。 

安達太良で出会った年配の方のことですね。
ほんとステキな言葉だこと。
私もお天気を狙って山に入ってばかりなので、晴れ率高しですが、たまに山中で天気が悪いと、そんなこと思っちゃいますね。
この前の尾瀬は悪い天気としって入ったのですが、果ての見えない真っ白な湿原の中央で感じたものは、晴れで賑やかな日では、体感できないものですものね。

やはり 文学的になるのかな

こ-たろう

長くお山を登ってこられた人の奥ふか~いお言葉ですね~
私はまだまだ修行が足りませんから、「雨だってすてき~」って言っても
なぜか負け惜しみになっちゃうんだなあ。

この境地が、至るべき「極楽」だと思います。
私と友人が死ぬ想いをした1ヶ月を掛けて、チベット「カイラース」に至ったとき、何か底が抜けた想いがしました。
山の数を数えたあの日。
人と競ったあの壁。
全てが抜けてしまいました。
私も早く「仕事」という「呪縛」から解き放たれ、Mさんの境地に至りたいと願ってやみません。

いつかの境地

そだね・・・そんなせりふが嫌味なく言えるほどの経験を積めたらいいな。
軟弱者のオイラは、まだまだ晴れしか行く気になれない・・・・

雨でも楽しかった・・ではなく、雨だからこそ楽しかったなんてね!
言えたら素敵かな~。

そんで、いつか水も滴るいい男になりたいね。
いまんとこ水は滴らない、単なるいい男だからさ(爆!

さぁ、荷作りも終盤! ツマミは何いれよかなー(笑
秋田よ こんにちは! 初めての風だなぁ!
って大雨・雷注意報でてますがな~ (泣
嵐を呼ぶ女 ですかぁ??

>たここ
そうです、あの方です! そだね、たここは晴れ男かもね。
でもさ、尾瀬ってなんかピーカンっていうよりモヤってた方が
雰囲気いいかもですねー。私の下から3枚目の写真も尾瀬だもん。
今年は秋のぉ、草紅葉の尾瀬を味わうぞぉ~!!

>山猫さん
ふふふ・・・安達太良で文学目覚めてしまったみたいです。
ってか、よっぽどな出会いだったんですけどね。山猫さんは
最近むちゃセンスバリバリ カメラマンになってますね(笑
これからも沢山撮ってね。

>ぜぜさん
私も負け惜しみの部類ですねー (笑
心からそう思えるのは いつになるやら・・・だね。
でもさ、今回は東北の山だし、花は沢山いるし、
楽しい仲間は一緒だし、雨が少々降っても楽しくないわきゃないのだー!
なんかこんなにユックリ時間を一緒に共にするの初めてじゃなぁ~い?
いよいよだねー うれしいカルカルだぁー

>河童さん
そうですね、この境地の入口を知ったって感じです。
河童さんのチベット「カイラース」の話がどこかに無いか
探しましたが見つけられませんでした。
是非、読みたいです。 お願いします。
河童さん達のお仲間は、山を楽しむというより、生活そのものを
楽しんでらっしゃっる感じで素敵です。たとえ同じような生活をして
いても、心の余裕に天と地程の違いがあるんでしょうね。

>3だーすさん
私もまだまだヒヨッコなので、彼女のいわんとする全てを理解できて
いないと思うのですが・・・きっとさ、こういうことなんだと思うんだー

大好きな女性の笑顔はとっても素晴らしいんだけど
いっつもいっつも笑ってってほしいんだけどさ、 笑顔しか見せないって・・・
なにかおかしいもんねー(笑) 
泣き顔あり、困った顔あり、ヤンチャな顔あり、甘えた顔あり・・・
だから 魅力的なのだと思うのです!! そーなんです!
ちょっとお姉さんのロビンは そんな風に理解しました。
(↑ ちっとレベル低い解釈の仕方だぁ・・・)

いいなあ、ロビンさんの感性は。。。
秋田、うちは1日遅れだけど楽しんでこようね~

恥ずかしながら

一緒に歩いた友人「野垂れ」が、カイラースにいたる旅を地元紙に連載していましたので、最終回を貼っておきます。宜しければご覧下さい。ちなみに友人とは私河童です。
http://photos.yahoo.co.jp/ph/kawasentai/vwp?.dir=/0ce7&.dnm=e123.jpg&.src=ph&.view=t&.hires=t

お世話になってます。

ご主人様のお弁当出来ましたので、トラバしますm(__)m

秋田から 戻りましたぁ
秋田の空は・・「もうちょっと笑ってくれよぉん」
な空模様でしたが、期待通りの感動が待ってました。

>ぜぜさん
楽しかったねー 東北にハマリましたよ、私。
年に1回は行きたいところです。
また 一緒にいこうね。
ぜぜさんはお花の名前が詳しくて、勉強になります。

>河童さん
ありがとうございました。
遅くなりましたが、連載追って読ませて
いただきました。
世界は想像以上に広くて、厳しいんですよね。
あんな経験をされると、日本に帰ってからの
自分の生活全てに対して見直しがかかってしまいますね。
風速20m、気温氷点下26度のチベットで車の故障やその他様々な経験。
カイラース山を目の前にとらえた時の感動は
計り知れないものだったのでしょうね。
その旅での事は、ちょっとやそっとの人には
決して経験できない特別なことですから
ある意味羨ましいことですね。
・・・・でも私には怖すぎでしゅ。

>魔王の使者さん
トラバ ありがとうございます。
ちょっと、こっちからうまくいかんのでゴメンなすって(笑
魔王サマのお弁当・・・・
女として生まれたからには・・・負けられません!
まずは・・漆のわっぱをゲットせねば・・
(おいおいそっからかい?)








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。