スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激動の秋田駒!最終章(これこそやっと山レポ!!)

2006.07.23 12:39| 山の空気

翌日の朝がきた。
夜中の強い雨音に気付き、テン泊でなくて良かったびぃ?と
みんな思ったに違いない!   

今日こそは 皆の気合+教祖様+大名神のお力で
晴らせてみぜようぞ!

20060722224715.jpg
やっと晴れたぞっと。 秋田駒をバックに鼻息荒らし ロビン!  
       

山では 誰かが目覚ましをかけているのか ??
いつも不思議に思うのだけど・・
皆なんとなく早く起きだす (いつもの生活以上に寝てるからか?)
4時頃にサワサワと起きだし、ユックリ食べて6時前に出発する
(2時間もなにしちょるん? へっ、天気がすぐれないもんで・・・)

20060723101958.jpg
(今日のコース)ミニ縦走 (青矢印)
阿弥陀池小屋?横岳?焼森?湯森山(ここで車グループ(赤矢印)とお別れ)
?熊見平?笊森山?乳頭山?田代平?孫六の湯?大釜(温泉)



小屋を出発の頃は相変わらず、ガスってて皆のテンションは若干低い。
ところが横岳への登りの途中で ガスが消えだした!
すると・・・どうだ! こんな景色が隠れていたのか?
と興奮するぐらいの風景がいきなり現れた。
 
20060722224925.jpg
わぁー 雲が切れた。 こんな景色だったのねー みんな200%の興奮 
 
20060722224441.jpg
太陽ってステキだぁ。 (クリックOK)
あの遠い雲の向こうに見えるは岩手山の頂き!! 


今までトコトン我慢 させられたからか、むちゃくちゃ太陽が嬉しい。
神様はずるい! こんな素敵な効果をしくんでいるとは。


20060722224425.jpg
うふっ、うふっ 晴れてうれしいまっきーはクネクネ踊り
K林親子は にゅーアイテム(日よけ&虫除け帽子)


20060723102939.jpg
焼森の方側から男女岳を眺める。あんなお山だったのねー

太陽がでて景色が浮き出し、お花も元気になると、みんなルンルンである。
・・と不思議なもので、暑くなってきて、虫もブンブン飛んで来る。
いーこともあれば わるいこともあるのね。 人間は欲張りだ。

20060722114323.jpg
お花達C (クリックOK)
  
20060722224753.jpg
焼森はまん丸い草のまったくないないお山 
(月面を歩く二ノ宮金次郎(だっけか?)にあらず。 たっきーです)


なんたって、横岳から焼森へつづく尾根歩きは気持ちがいい?
反対側に昨日泊まった小屋や登った男女岳が見え、ガスで気付かなかった
雪渓があちこちに点在してるのが見える。
まある?いハゲチャビンの可愛いい焼森はこの中でも人目でわかる特徴ある山

20060722224734.jpg
焼森から湯森を目指す (クリックOK)
うわぁー 雲の中におりてゆくぅ? 不思議な感覚?


焼森から湯森へは一旦下って、肩位までの高さの草原を歩く。
花を見つけては写真を撮る。花に詳しい人達が羨ましい。
頑張って覚えろロビン!と自分に喝をいれても、全然頭に入らない

いーのだ、私は。(おっとー そうでるか?)
気持ちがよくって、お花が可愛くて、空が青くて、山が素晴らしくって
空気がうまくって、そんな中に自分がいれる幸せをかみ締められたら

もうそれでいーのだ!   (後は任せたぞっと)

 
20060722224900.jpg
空は芸術家だぁ。 いろんな顔をみせてくれる 
 
20060722225052.jpg
ほら、あそこに見える・・左がトイレ棟で右が昨日の宴会場。
まわりにあんなに雪渓が沢山あったのね。
 


東北の山の1つをかじって全てを語るなかれ。
っが、秋田駒って山は、なだらかで広々していて気持ち良いのですよぉ?
今回は特に急な登りもなく まったりとして登山道が続く。
「このゆるい斜面をぞこまでも登りたい・・・脳内麻薬だな、こりゃ」 
っとまっきーと同じ気持ちでいたのにビックリ。
お互いヨダレが出る程気持ちよくなっている。

20060722224644.jpg
まあるいお椀のような頂き(湯森山)につづく道
熊さんの背中に哀愁が・・・ どうよ? 感じる?


20060722114305.jpg
お花達D (クリックOK)

20060722232538.jpg
湯森山へ登ってきた。後ろは秋田駒。ここでお別れ

湯森山まであっという間に来てしまった。
ここで 車グループとお別れである。遠い帰り道気をつけてねー
ドタバタ山行を共に過ごした仲間とのお別れは淋しい。
熊さんは 自分の車が直ってるかずーっと心配だっただろうね。
レンタカーでなく、自分の車でおうちに帰れるといいねー
(ガガァーーーン 実は帰れなかったのであ?る。キビシィ?)

今回、電車グループ(ぜぜ&たっきー、まっきー、ロビン)と
車グループ(K林親子、熊さん)に分かれて秋田駒にやってきた。
[電車・バス使用の場合]
 ・往復こまち(行きはこまち1号限定)の場合 往復で22000
 ・夜行バス(行き)は超デラックスで問題なし 片道8000程?
  (っが 帰りに夜行を使える程時間的余裕なし)
 ・通常のこまち指定(片道) 16000程になる

[車使用の場合]
 ・高速料金 ETC使用で片道 8000弱?
  (っが、K林さんはポカって通常料金だったらしい。お気の毒ですぅ?)
  それプラス ガソリン代(片道3回入れたという話ですね)
  ってことは・・人数が集まんないと車は損かもですねー

ダンディK林さん、熊さんと別れ、4人でミニ縦走を進む。
湯森山の三角点は展望の良いベンチ付休憩所からもっと先だった。
笊森山(似たような名ばっかだ)へ続く道の途中から
眼下に淡い緑の湿原に木道が続く熊見平が見えた。素敵な景色だぁ 
道の右端斜面にヒナザクラ発見! 
ぜぜさんが写真を撮ろうとしてスベル! 危うくヒナザクラ ぺしゃんこ!? 
「一家皆殺しって感じ?」といったのは Mか?Rか?

そんな時、虫におでこカプッとやられたまっきー。デッカく腫れてる!
でもさ、それって「虫に刺されません帽子」だよね? 
山屋で勧められて買ったばっかりの・・ 
かぶったすぐ下のおでこを やられたんだよねー??
 
20060722225000.jpg
えーっと、何が効くのか判りません。信じる者が救われる。
芸能人は顔が命! 芸人は・・・?


20060722224526.jpg
おっとーコケました マッキー
でも こんな写真ばっかりだ。
 


20060722224513.jpg
(クリックOK)みてよ、こんなに気持ちの良い風景。
東北はのびやかで でっかいのだ!


乳頭山へ登る道からの眺めは 超気持ち良いのだ?

タッキーはいつも ぜぜさんの後ろを温かく見守りながら歩くのだ!
夫婦って・・・ええんじゃなーい 

20060718084056.jpg
本当は烏帽子山(乳頭山)? おっ○いまでの急斜は思ったよりきつくない


20060722224913.jpg
あの一番右端の秋田駒から出発したんだね。

カンカン照りでなくっていい、爽やかな風と歩んできた道が見える
これが一番のご褒美なのだ。

乳頭山で地元のご夫婦と言葉を交わした。
予定では一本松沢を降りる予定でいたが、どうやら道が荒れてるらしい。
じゃあ同じCTなので田代平からに変更した。

20060722224947.jpg
田代平へむかう道。木道が続き、人もいなくて気持ちいい?

20060722225017.jpg
田代平山荘(避難小屋)。ここもきれい!(トイレを除けば)
小屋の周辺は湿原があり雰囲気はとってもええよー



木道が続く湿原を歩く。 空気も水分を含んで心地よい。
登りがバスで八合目までラクチンだったので、麓のブナ林への木々の変化
を味わいながら下ってゆく。
濡れた木道で何度もコケながら(他の3人の話ですよ)
「もう 秋田 飽きた! 滑るからやだ!」とM女。
優しいRは「温泉!ビール!温泉!ビール!」とハッパをかけながら下る。

無事に大釜の湯に辿り着き、サッパリした後ビールを飲んだのは言うまでもない。

20060722224457.jpg
利き酒は利いていなくても おいちー!それでいいのだ。
おちょこでグッと下から押すとお酒がでてくる。 家にほしいかもだ


秋田駒怒涛の3日間が終わろうとしていた。
とっても疲れたけど・・なんだか淋しくって仕方ない。
駅で先日の優しい駅長さんと写真を撮ってバイバイした。
駅前の店で 最後まで利き酒(3種)なんかして、なおかつ
ビールや日本酒を持ち込み、こまちで宴会をしながら帰路に着いた。 

今回参加のみなみなさま、す、すんごーく楽しかったね。(笑
もう何があっても驚かない。(ウソです、その度に驚きます) 
これからもデッカイ景色見に またでかけようねー!!!

20060723121128.jpg
 

コメント:25 トラックバック:0
<<山のお伴 | ホーム | 激動の秋田駒!(幕開け)>>

ヤッホー。って叫びたくなるような景色ばっかり!
いいなぁ~~。
いつか絶対、いくんだもんねぇ~~!!

あ~~、お花も綺麗。メンバーも綺麗。
いいなぁ~~。


うまい! 座布団3枚。


おっと、手がすべっちまったよ~~。

ロビンさんも完結ですか~
もう、最後はちょい感動的に締めくくっても、ダメですってば。
最強芸人マキさんとこはまだ完結していませんが、なんでしょうか、この気持ち、なんだか自分に自信がもてました。
秋田駒の山容はとても素晴らしかったですが、違う何か大きなモノももらえたようです。ありがとうございました。

完結したね。お疲れ様でした(^^)
最終日はお天道様に恵まれて景色も堪能できたんだ。よかったですね。東北の山ってこういう山多いかも。行きたいな~大好物の湿原や花が沢山。

確かに最後は綺麗にまとめすぎではなかろうか・・・。
いや~楽しかったな~コメディーレポ。満喫したもん。

多分、車は直ったと電話で確認取れた頃かな。そう、熊さんはまだ完結してなかったのだ。

しかし、セロリ…覚えてたのね(私ぁ忘れてた。ついでに息子から聞かれてシモツケをコアジサイと言っちまったけど、こっちは誰も聞いてなかったようだから無かったことにしよう。)

やっと3回目でなつかしい景色に出会えた、ほ~。
ロビンさん、おつかれ!いちばん頑張ったのはロビンさんだ、エライぞ。最終日の好天も君を讃えてのことだ(ホントか)!
お花も私が見てないのがいっぱい咲き出したんだね。また見に行きたいです。それにしても、撮るの上手くなったじゃん。

いまだ

>熊さんの背中に哀愁が・・・
正直、上の写真のあの山歩きの時も
心の奥底には引っ掛かったものがありんした。(ToT)
でも今回の山行はハプニングも一杯あったけど、いい事、
楽しかった事もそれ以上にいっぱいでしたね。
今までのなかで一番印象の強い山行になりました。
しかし..私だけはいまだ完結してねぇ~っすね。(今日も新たな...)
まぁみんな笑い飛ばすしかないさね!アハハ

完結編UPですね。
おもろすぎですよ!
あっ笑うとこじゃないですよね、感動のフィナ-レですもんね(^^ゞ
秋田駒、すんごく行きたくなりましたよ。

木曽駒さん>あ~~、お花も綺麗。メンバーも綺麗。

それ、オイラの役目だったのに、座布団三枚取られちゃった(^^ゞ
あはは・・・(^^♪

おうちでも太陽が恋しいですねー
洗濯がスカッとせんですー、スカッと。(泣

>木曽駒さん
むふふ・・正直な方。 ぐふっ
手は滑っても、心はまっすぐってやつですね。

>たここ
やっぱり文章は起承転結ですもんねー 
内容がどんだけヘベレでも最後は結んどかないと(笑

>ありがとうございました
参加していたら、もっと大きなモノもらえたのにー
残念ちゃん(笑

>ふうろさん
>大好物の湿原や花が沢山・・・
私も湿原や花が大好物なんですよー
山の上に突然 湿原なんて・・不思議だよね。
濡れた木道が苦手な人多いですけどね。
新潟・秋田・岩手・・・その辺通いたいです!
一杯いい山あるもんねー 楽しみ、楽しみ。

>K林さん
そう、熊さんだけはまだ完結してないのだった。きっつー

ぐふっ ダンディ仮面は剥れてしまいましたが
反対に、おちゃめで売れますです。いけるぞー

私がこけてる写真、バックでぜぜさん明らかに笑ってるんですけど……。
>最強芸人マキさん
ってなんじゃあ。 こんなにまじめに生きてるのに。しくしく。
>しかし..私だけはいまだ完結してねぇ~っすね。(今日も新たな...)
って、熊さん、今日って、な、な、なにがおこったですか? 笑いとばせることなのよね。では。あははははははは。

なにはともあれ思い出の山になったことは、間違いないよね。いろんな意味で、、 でへへ。

>イワカガミさん
お待たせしましたー。長かった??(笑

頑張ったという程では・・イワカガミさんが
予想したように、ある意味想定内でしたし(笑
写真お褒めありがとでーす!
何って、最初はイワさんの虫眼鏡+カメラから
何かが始まったのです! あれで撮れた画像に
自分でもビックラでした。そして、「この子達を
どれだけ可愛く撮ってあげよう」という言葉にも
ビビーッときてしまいました。
私にとっての写真のお師匠様でございます。はい

>熊さん
一番 財布も痛かったね。気の毒です~
いまだ完結してないって?・・・ どうしたん?
愛車くんは まだヘソ曲げてるの?

>3ダースさん
本人達は笑かそうとしておりません(泣
なんやら 正統派山レポから(元からちゃう)
徐々に道をはずしてるような・・(TiCAさんと同じ?)
そろそろまっとうな道に・・・あっと
だから当分、3ダースさんともお山一緒できません(笑

>私がこけてる写真、バックでぜぜさん明らかに笑ってるんですけど……。
それもそーですが、デコチンに薬するのに
左手の薬指に10人分位のテンコ盛の薬のってるんですけど(笑

最強芸人マキは仕方ないとして・・私はマネージャーってことで・・
マーイージャネーか?

3日目の天気に恵まれて良かったですね。
3日目の写真は晴天よりも情緒が感じられる雰囲気な感じでいい感じです。
終わりよければ全てよしですね。

お疲れ様でした

大作の完成に土佐の高知より祝砲を!
天気の回復など自然の変化の瞬間はいつも感動を覚えます。
しかもエンディングに・・・。
本当に羨ましいかぎりです。

ロビンさん、こんにちは!
秋田駒・珍道中レポート、楽しく拝見させていただきました。
最終日、晴れてよかったですね!
前日見えなかった、景色が見えたときは感動も倍増だったと思います。
レポートを読んでいる私でさえ、ウキウキしちゃいましたから~(^^)
だけど、本当に素敵な縦走路。これを見て、同じ時期に行ってみたいと思いました!
だけど、まっきーさん、間に合ってよかったわ~

別記事ですが。。。
>ここでハッキリさせときましょう。
>私たちは 芸人 じゃあありません!
あれ?違ったんですか?
そっか、叶姉妹だけに、一般人なわけね!なっとく。

今回の山旅はハラハラ・ドキドキでしたね。読んでるこっちも・・・
その分、大きな思い出にもなりますよね。
それにしても、曇りの中から顔を出した青空、きれいですね~。やさしい青。東北の空はいいわ~!

梅雨明けは8月になるってウワサ信じません!
だって、そんなんだったら すぐ秋になっちゃうやん

>ピカさん
本当にもったいつけた神さまですよねー(笑
でも、嬉しかったぁ~
景色が見えない山はやっぱ辛いっす。
ただし、雲1つない・・より 雲があった方が
空に表情がでますもんねー
ところで、ピカさんは新しいカメラ完璧かな?

>河童さん
高知より祝砲 ありがとうございます。
そうなんです、自然の変化の瞬間にはいつも驚かされます。
人間の力の及ばないデッカサを常に感じますね。
なんだかお恥ずかしいくらいドタバタですが
シットリ落ち着きの山行は私にはまだまだ先のようです(笑

もうすぐキリ番ですね。手作りミソ ゲットしますよぉー

>まゆ太さん
ほんと珍道中でしたよ、今回は(って いつも?)
まゆ太さんの過去の山行みましたが、東北は
結構行かれてるんですねー
早池峰、岩手山、八甲田山・・・
きっと東北の他の山も、なだらかで大きな山容
なんだろうなーと期待してるんだぁ。

んだ、んだ 叶姉妹は一般人。
えーっとえーっと まゆ太夫婦は・・何で行く?
林やペー、パー? やめとく??

>hiroさん
そうなんよね、すんなり問題のない時より
波乱万丈の時の方が、想い出が深いっす。
人生そのものじゃけん (笑
hiroさんも ココのところ自分の足や車の足で
ちょっと大変が続いてるけど、これを乗り切った所に
新たな楽しみまってますぞぉー 
いつか居酒屋アルプスでご対面~ しよっねー

↑やっぱ山じゃなくて、居酒屋アルプスが先なんだ~(笑)

お茶目ロビンさんとお茶目まきくまさんのおかげで楽しい山行ができましたさ。
最終日のお天気はほんと私達にご褒美だったね~(決してお笑いのギャラではありません)

ところでヒナザクラつるりんこ事件はほんと危なかったわ~
ヒナザクラ絶滅の危機を、私のすばらしいバランス感覚で
持ちこたえましたよ~そのあともう一度つるりんこしたけど
決して身体はつかなかったよ~日頃の鍛錬だわさ。

これに懲りずにまた行こうね~

>これに懲りずにまた行こうね~
あー、もう ぜんぜん 懲りてないよー

↑ すこしは懲りろ

>3だーすさん
↑へぇー??居酒屋アルプスって山じゃないの?
まぁ・・・hiroさんに会うってのが目的じゃけん(わっはっは

>ぜぜさん
何をおっしゃるウサギさん。一番お茶目なのは・・
ぜぜさんですってばぁ~(3人で勝手にやってろって?)
ほんと、ぜぜさんが原因でヒナザクラ絶滅でもしたら
生態系かわっちゃうよぉん
私達、寸止めでお尻つかない転び方できるし
まだまだ ルンルン♪よね?

>まっきー
>あー、もう ぜんぜん 懲りてないよー
やばいっ!? また一回り大きくなってる・・

高尾山ビアマウントも居酒屋アルプスも登りたい!!!

ねぇ、ねぇ。
帰りの駅とか電車でも事件があったんじゃぁないの?

ぜったいあったと思うよ!
おせ~~て。美人なロビンちゃん。

>高尾山ビアマウントも居酒屋アルプスも登りたい!!!
まぁ よくばりっ子な木曽駒ちゃん(笑

>おせ~~て。美人なロビンちゃん。
・・・・?? よく皆がツッコンデこないもんだ??
帰りの事件ねぇ~ もうマヒしちゃってて
お弁当争奪戦とかかなー?
おっと・・東京駅で別れた後に・・M女がソロで・・とかね。(笑








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。