スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼熱の谷川岳馬蹄形縦走(二日目)

2006.08.12 23:03| 山の空気

昨晩、うかつにも元気サンサンな太陽 に「明日またねー」
挨拶してしまったからか・・・ 
また、昨日以上に強力パワーな太陽が地球を一周してきた。


20060812001656.jpg
また 朝がやってきた。
夜から昼へと切り替わる不思議な時間・・いつも想う
そうです。 地球の反対側の人達が太陽のバトンを渡してくれるのだ。

 

二日目の朝がきた。
テン場でご一緒した電車で来られたという男性は朝4時に出発。
他のソロ2人も仲良く一緒に5時にでた。
出る寸前に「今日はどうするの?」と聞かれた。
もちろん最後まで行くかの決意の確認である。
そう聞かれちゃぁ 「谷川岳です?!」と元気に答えてしまうのよね。
まぁ、最後の切り札「蓬峠で湯檜曽川へのエスケープルート」も残ってる。

20060812001157.jpg
(クリックOK) 朝もやの中に浮かぶ谷川連峰
どうよ、2000m以下の山とは思えませんでしょ?? この風貌

気持ちのよい このテン場の目の前に、すでに東電の鉄塔がそびえている
大きな斜面が待ち構えている。
大きな溝に見える登山道が、まるでナスカの地上絵のようだ。 
(あぁ? 今日はアソコからの長い旅なのね)
遠く?に見える谷川岳の一番左端にゴールがある。 遠いなぁ? 

20060812001312.jpg
テン場にはりっぱな東電の小屋。 避難小屋と間違えるべからず。
人はいるのか??  

朝食を取って、夜露に濡れたテントをビニール袋にしまい 
まずは水場に水を汲みながら スタートした。
(この界隈は水場という看板などがない、非常に分かり辛い) 
夜露に濡れたテントが重いじゃん! 
雨が降らなくっても絶対重くなるじゃん!
っと、基本的なことに気づいた。
 
 
七ツ小屋峠の辺りは小さなアップダウンを繰り返すが
緩やかな笹原の稜線が目に気持ち良い。
風があればサラサラと心地よい。  
この辺りの景色がこの縦走の魅力である

20060812001137.jpg
(クリックOK) なんたって気持ち良いでしょぉ? この景色。
  

・・・・・っが!? 
っが!ですよ、とんでもない事に

この気持ちのよい道は・・・ずーーーっと 藪コギ なのだ。

20060812000738.jpg
藪こぎでごじゃる。 半袖、短パンだとキズだらけ?
漕いでも漕いでも ヤブだらけ? 

 
ヒザ高さから、深い所で肩まで・・朝露に濡れた笹原なのらー。
とんでもないウワベばかりの男に騙された
・・・みたいな気分だった。

でも、不思議。 
笹を分けてサラサラすすむ。 
朝露でズボンが濡れる。
でも、暑いから丁度気持ちがいいのだ。
濡れてるから、ちょっとした風でもヒンヤリ感じる。
悪いことばかりじゃないのだ。そーなのだ。考え方1つなのだ!

だけど今回、1つ感じたことがある。 
この界隈の山々は水を蓄えているんじゃないかな?

朝日岳の水場は頂上付近にあり、どこから湧いてくるのか?
不思議になる場所だった。周りに樹木があるわけでもない。
池糖も沢山ある。 この縦走中、至る所で カエル君にあった。 
「こんな山の上にいたら干からびちゃうぞー」と声をかける程だ。


そして、真夏のギラギラ太陽なのに、その滑らかな笹の斜面にそって
気持ちよくトンボが沢山飛んでいる。とっても沢山だぁ
(もう山は 秋の気配・・・?) 
なんせ動物・植物が元気な山なのだ。

うだるような暑さでカラカラになりそうな陽気だけど、なんだかこの山は
シットリしてる感じがする。 そこがまた不思議でいい。

20060812001337.jpg
蓬峠の小屋。 このテン場も気持ち良さげよ?
遠くからこの黄色が目立って なんだかホッとする。

 
そんな平和で気持ち良い蓬峠に小屋は立っていた。
そこまでですでに持ち水が減っていたが、水場は下って15分とあったので
迷わず買った。 ちょっとぶっきらぼうな山男小屋番さんが
「今日は昨日より暑くなるってさ」
「こんな真夏にココを縦走する奴はバカだな!」 

っと言った。  やっぱりかぁ、 そりゃそうだね。

「朝日岳の水は出とったか? そのうちきっと止まるぞ」

やややややっ!? あそこが枯れたら皆の命に関わるもんね 
登山者は、その情報はどこで知るのだろうか


20060812000800.jpg
武能岳へ向かって歩きまっす。
もうこうなりゃ、なんでもこいっだ・・・なんちゃって



20060808210207.jpg
(クリックOK) お花-3


山を始める4年前位には考えられない距離を歩く
人間の足ってすごい。
ラクばかりしてたら、こんな素晴らしい力を
どんどん失っていくんだろうなー。 よかったなり。


20060812000943.jpg
 武能岳はゴッツクて厚みを感じる。

武能岳なんてゴッツイ名前の山が見えてきた。
大きくて分厚そうで硬そうで・・・ ミニ五竜岳 みたいだ。

その向うに・・・ 本日のメイン地獄登り!  茂倉岳が見えている。
350mの登りなのだ。もう逃げられない。前に進むしかない。
あの小高い丘の向うにでっかそうな茂倉岳が見えてる。
いったんどこまで降るのか? そして登りの道は?
この目でハッキリ見るまでのドキドキ感は・・超スリルなのだ!(悪い意味で)
 
20060812001412.jpg
あの向こう側(茂倉山)はどんなん?
どれだけ下って、どれだけ登り返すの??
きゃぁ? 怖いぃ?! でも みたいぃ?!!?


20060812140307.jpg
本日メインイベント このヘロった体に350mの登り!!
「お代官さま・・勘弁してくださいませぇ?」

ムチャクチャな登り返しを目の前にして、 「うぎゃ?」とか
叫びながら、実は心の奥の方でこう呟く。 
(でも頑張れば必ず登れるんだよね。 
 そしてその分 頂上での感動はまたひとしおなのだよね)


20060812141221.jpg
 (クリックOK) 二日目の歩き。
でもね、こんだけ歩いてもまだ半分なのだ。

 

大きな登りに入る前に行動食でパワーをつける。(つけたつもりになる!)
カ○リーメイトやクラッカー。
・・・だけど、お口の中がパサパサしてて呑み込めましぇん。
飲み込む為に また水を飲む。 こんな日は行動食も内容を考えねばだ。

20060812001006.jpg
グビグビ音をたてて飲むオナゴになってしまったのよん。
向こうに見えるのはモチロン 谷川岳! あの一番左端を下ってゴールなのだ!
もう飲まないとやってやれましぇーーん
 


疲れてる時は、歩き方がダラシナク、足を引きずるようで体が重い。
茂倉岳の登りでピカッとひらめいた。 
リズムだよぉ! リズムにのるんだよぉ!

そこで、気持ちに勢いをつける為に発明された私専用リズムは・・
「うっし、うっし、うっしっし♪」 なのだ。(口には出さないが)
(最近 某小屋で流行っているが、その前に私が使っていた!)
各人によって是非生み出して欲しい、オレ流リズムを(いらね?よ?)

この快適なリズムにのると、あ?ら不思議 足取り軽やか。
なんとか、ドデカイ茂倉岳の頂上に立った。

この馬蹄形の中で、ここ茂倉岳までくると人がだいぶ多くなる。 
頂上でビールのロング缶を飲んでる人もいた。目の毒 極まりない!


そして、遠くではあるが一気にゴール方向の肩の小屋が
目の中に飛び込んできた。 声をあげそうな程うれしい!!
南西側には遠く平標に続く峰々が見え、またここから一の倉、谷川岳を
繋ぐ稜線は、今までのソレとは違う様子である。 
山の厚みは無くなり、少し斜めに空に向かって突き出した感じである。

20060812151832.jpg
最後はやはり谷川岳への登りだ。

 
茂倉岳から一ノ倉岳への登り斜面が一面ピンク色に染まってる。
ハクサンコザクラだぁ。 掌を目一杯広げたような花びらと色合いが可愛い。 
風にそよそよとなびきながらも、みんな笑ってるように見える。
こんな所にいたのね、君達は 

一ノ倉岳を超えた所で、ユックリ オレンジを食べて休憩した。
こんな暑い夏には オレンジ等果物が美味しい。

20060812000813.jpg
一ノ倉岳の避難小屋。ちょと小さいな。

いよいよ縦走もあと3時間程になってきた。(それでもまだ3時間あり??
見慣れた谷川岳の肩の小屋とかが見えた時から 随分心に余裕は出てきていた。
行きには「時間があったら西黒尾根を降りよう」なんて言っていたが 
今じゃ、いくら(大金)積まれてもロープーウェイ直行に決ってる。 


20060812151959.jpg
 「ノゾキ」ってあ?た。覗き込んだら引きづり込まれるちゅーの。
岩ヤさんは よくこんな所スイスイと・・・

 

人が沢山たかってるオキ、トマの耳にはいささかゲンナリだけど
昨日歩いた山々を眺めたくて、頂上に寄った。

スタート地点を確認して、ずーっと目で追う。
昨日からの時間の流れがウソのようである。
長?い旅をしてきた感じがする・・・ 
あの斜面、あの岩場、あの池糖、あのお花達、
みーんな目に焼き付いている。


馬蹄形縦走の良さは、自分が辿っていく道がずーっと見渡せる所である。 
初日、白毛門からは明日歩くはずの谷川岳が真向かいにドカーンと見え
今日歩く谷川岳からは、昨日苦労して歩き回ったあの山並みが一望できるのだ。

20060808210222.jpg
(クリックOK) お花-4
 
頑張ったね、自分。 今までこんなに辛かったことは無かった。 
去年の夏の八方?爺のキレット越えだって、この半分程も辛くなかった。

毎度毎度、身をもっていろんな経験をしてるよね

肩の小屋で、たまらず師匠とビールを半分ずっつ飲んだ。
あまりのそのウマサと、なんだか胸に込上げてきた感情で
涙が出そうになった。
 

20060812000924.jpg
 今度はあそこへ・・・仙ノ倉、平標へと続く天空の道。
今回のあの試練を・・・・もう忘れてる(←夢中だ、釘付け)



20060812140820.jpg
山はいっつもそこにいるんだよねー
これからもよろしくねー  お山さんたち?!!
 

コメント:28 トラックバック:0
<<真夏のテン泊山行第2弾! | ホーム | 灼熱の谷川岳馬蹄形縦走(初日)>>

お久しぶりです~
冒頭、朝のリレー(谷川俊太郎)ですね。

夏山満喫してますね、いつか行きたいなと思いつつ、なかなかいけないところの山行を実行されると、かなり羨ましいです。

長袖と帽子みて安心しました。頑なに拒んでいたのに、どういう心境の変化ですか?

暑そうだな~!でもこのコ-ス検討しているです。
いつか行きます。

何事においても、人からバカだな・・・って言われるのって、達成感みたいなものありますよね?

僕はそうゆうの大好きです。
いつでもあいつバカだな!って言われたいです。

良い師匠に恵まれて、バカって言われる良い山行が羨ましいな~。

絶対忘れる事の無い素晴らしい山行ですもんね。

とってもいいコースですね。
ますます行きたくなりました。笹尾根大好物だ(^^)

充実したいい山行でしたね。
私はいつかいくとしたら・・やっぱ秋かな(^^)

待ってました! はぁ~ 堪能した。すてきだねえ。(ロビ姉、髪切ったの?)
ずっと藪こぎってのはすごいなあ。長袖に帽子、必要に迫られたか?
うっし、うっしはよくわかる。私も秋田駒のくだりでいやになったとき、攻めのリズム作ったら調子付いたもんね。だがしかし、だ。うっしうっしはいかがなものか……。もうちっと軽やかな、とか、しっとり、とかないのか?
はい、ワタクシもこの秋にきっと行きます。秋はぜったいに関係者ラッシュだな。この山域。で、その水場は秋は枯れちゃうってことかな? 

いやー、いいですねー。
歩いたルートを振り返って見渡したときの充実感はたまりませんね。
ぜひ、行きたいー、秋、秋。

お疲れ様ですm(__)m

大変な時期の山行にもかかわらず、明るいレポに惹かれました。
そう考え方ですよね。嫌えば不快、好めば快ですよ。
不快・不便が嫌なら山登りなんかしませんよね。
不快・不便を友にしたいと、いつも思っています。

『「山を楽しむには心があればぁ!」
そーなのだ。考え方1つなのだ!
人間の足ってすごい。
ラクばかりしてたら、こんな素晴らしい力を
どんどん失っていくんだろうなー。』

う~ん、励まされます!明日から
「うっし、うっし、うっしっし♪」 と
言いながら働こうかな?(笑)

『夜露に濡れたテントが重いじゃん! 
雨が降らなくっても絶対重くなるじゃん!
っと、基本的なことに気づいた。 』
私も今回の光岳で気づいてしまいました。
(遅すぎ!!)

ボク、知ってます。

テントは担いでも
使わなければ絶対重くなりません。

重量的にはね。

>地球の反対側の人達が太陽のバトンを渡してくれるのだ
えっ、私のこと呼んだ?
ロビンさんも私達に熱~い太陽渡してよ!
こっちは8月なのに寒くてセーター着て暖房入れてるの。

さて、暑さとの戦い山行でしたね。暑いと通常のルートでもx4くらい大変になるよね。でもロビンさんすごい!
こういった辛い山の後の達成感があるから山はやめられないんだね。

この週末にPCの前にいらっしゃる皆さん。
・・・遠出はされてない仲間ですねー(笑
高速120k渋滞とTVで見て・・はぁ~いかった。
っと思ったのは・・・私だけ??

>しまちゃん
お久しぶり~ 夏にどっか行ったのかな?
アソコはいたっかです、ほんま。いってみそ~
静かな山歩きができますよ。

帽子は、権現の雨対策の1つとして手に入れました。
雨の時に帽子あるだけで結構カッパ着ずにすむもんね。
長袖は一応山のアイテムとして・・・
っが!?今回はこの2つで命救われましたね。
まぁ 初日は半袖だったけど・・(笑

>食う寝るさん
なんだかこの秋に本当に皆があそこに集結しそうな勢いですね。
では1つアドバイスを・・・
「馬蹄形縦走は白毛門から!!」
小屋のおじさんが「その方がまだラク!」と言ってた(笑

そ、そ。わかる、その気持ち。
「バカみたいだな」って、ソコにこそ
面白味があるのを皆しらんよねー(笑
・・・えーっと、私から見たら・・平気です。
食う寝るさん そのライン外れてませんから~(笑

>ふうろさん
笹尾根大好物っての大笑いです。
眺めるには申し分ないっす。
ふうろさん夫婦のタフさでしたら、もう西黒尾根を
サッサカサーと駆け下りるんじゃないかな。
秋には歩き易くなるので狙い目ですね。

>まっきー
そうよん、夏の縦走前には必ず・・・切る!!(無駄な力のいれよう)
まっきーのリズム知ってる。ぷふっ
秋田駒の飽きるほどの長い下りで、ちょっと壊れ気味に
リズムとってたでしょ?(笑
あれ・・・もしかして「もうちっと軽やかな、しっとりした」やつ?
真似できんわ。 もう雲の上の人やねん

水場、秋は枯れちゃうのかな?でも平気だと思うけどな。どうやって調べられるんだろね。

>ぴかさん
そうなのよ、ぴかさん
歩いたルートがほとんど全部見えるって
馬蹄形のいいとこだよね。満足度200%なのだ。
秋は尾瀬も待ってるし、楽しみ多いねー
筑波山でリハビったのね。おめでと!
標高差600mもクリアできたし、もうほぼ完璧じゃん。
あとは数をこなせば、元の体よ久しぶり。だね

>河童さん
ですよねー って、河童さんはいつでも何でも
楽しんでいらっしゃるから、凄いですよね。
山での食事! これを私ももう少し楽しみたいなー
っと思っているんですがね。
毎度のお弁当、ためになりますです、はい。

>10歩さん
おかえりなさーい。光岳でしたかぁ
おぉ~玄人好み・・・ってか私もムチャクチャ
アプローチが長そうだな~と思う山域です。
この、どこへ行ってもコミコミなお盆休み
いい感じでマッタリ歩けそうで狙い目ですね。

>明日から「うっし、うっし、うっしっし♪」 と
言いながら働こうかな・・・・
それは無理無理よぉ♪、心の入らない虚しいリズムです。
てか、そんなこと会社で口走って働いてたら・・危ないっすよ(笑

>はしつめ@渋谷区の都会に住んでるんすね さん
テント担いで行っても使わない・・
・・・・それが貴方の魅力です。
の魅力をいつまでも・・・(爆

高尾~陣馬の往復 すでにしてるんすかぁー??
すご~!! やる~!! 
ほんでやっぱり 折りたたみ傘2本もって??

>ゆきさん
怒涛のエクラン山群のアップ楽しませてもらってます。
そう、フランスからゆきさんがバトンくれて・・・
えぇーーー?? そんなに寒いのぉー?
どしたんだろね。地球がおかしくなってるよね。
そんな寒さじゃ、お山にいけなくなっちゃうやんね
日本の暑さ 少し分けてあげたい・・・

感動のフィナーレ

ロビンさん、最後は感動のレポートですね。山屋の内なる声を聴いたような気がしました。単なる酒飲みの言葉かな・・・
私も是非暑くない時期に歩いてみたいと思いました。

えいじさん おかえり~
唐松、五竜は いい天気みたいでよかったね。
このお盆休みはみんな結構お天気安定してたみたいかな?

そうです、なんか今回の山は特に感動度高かったです。
山ヤってのは、まだまだ私ごときに使う言葉では
ございません。 酒飲みで丁度です(笑
きっと真夏でなければ、あんなに苦しむことも無かったでしょうね。
でも、苦しみがまた感動を呼ぶんですねー
(って、なんだかMになってしまいそうですが)

私は山屋ってのは自分いじめて楽しむ人のことを言うと思う(^^)
自分もまだまだハイカーの域を脱していないですけど、完全にMでございます。
苦しいイコール楽しいですね。
辛いイコール待ってました。

ね、Mでしょ?

あれ~、おっかしいなぁ。
水を飲んでいるのはロビンさんですかぁ?
あれ~~???(意外と細い)

こんなお盆真っ只中に仕事するも、
皆とズレて休みをとりたいばっかりに・・・くすん

>ふうろさん
そっかー やっぱり山ヤさんはみんなMかぁ
私もMだったのかぁー ふむふむ・・・
確かに苦しければ苦しいほど、その後にはオッキナ満足感が・・
○ツ○ツさんなんか、究極なMだもんなー (笑

>たく~さん
そじゃ そじゃ?? 
あの時はだいぶ絞られて・・・たからか??

そうね、夏の薄着になると・・・
「私脱いだら凄いんです」けどね・・ぶふふっ

ロビンさん
こ~んな長いコース、炎天下にテント担ぎ縦走とは。。ご立派!

あの日、8月5日はブナ立尾根もメチャメチャ暑く、烏帽子をピストンして小屋に戻ったら、まだお昼前だというのにバテバテで先へ進むことができませんでした。
ヤッパ歳かな・・・(泣)

このコース、朝日岳以外に清水峠付近や蓬ヒュッテ近くにも水場があるみたいだけれ
ど枯れちゃうのかな~??
大源太山もかっこいいな~!
やっぱり、この辺いいな~いきたいな~!
避難小屋は使えそうですか?
その気になってしまったたんべぇでした。

今日は会社もガンラガラァ~♪

たんべぇさん そうですね
体力勝負のコースですね。
でもね、コツコツさんはこのコースを日帰りなさったみたいだし(驚
私に体力がないのかもですぅ、そんな気もしてきた。
たんべぇさんの行かれてる山とか見たら
こんなのへの河童ですよん 
水場は朝日岳、清水峠、蓬峠 全部出てましたよ。
一番ラクに水場に行けるのは、朝日でしょうけど
どうしてももう1回! ほしいもんね。
蓬ヒュッテのおじさんは枯れちゃうかも・・・って言ったけど
どうなんでしょ?アノ頃出てた位だから・・・??
大源太山は切り立って見えるけど、テン場で会ったご夫婦が
まだ新米だけど「行けちゃったぁ~」と言ってました(笑
避難小屋は 笠と一ノ倉が2,3人用位
清水峠は6人用位に見えました。

確かに紅葉の頃は谷川岳連峰はいいですよねぇ~

愛しのロビンさん。
谷川連峰馬蹄形縦走お疲れさまでした!
実は私は秋に歩いたことがあるのですが、やっぱり朝日岳の水場は枯れていましたよ。そんなわけで無理して登り返すことはせず、(楽して、とも言う。)清水峠からは旧国道をトボトボ歩いて帰ってきました。
でも、それはそれで味わい深い、紅葉の中の峠道でした。
自分も、仙ノ倉、平標を目指したいっす!

ロビンさん、ただいま~。
昨日の早朝、帰ってきました~。

ロビンさんの力作レポート、拝見しました。
この縦走、1泊2日なのですよね?
なんだか、すごく内容濃いですね。(ロビンさんだから?)
ほんと、おつかれさまでした。
炎天下のなか、これだけ歩きとおせると、自信つきますね!

>大きな溝に見える登山道が、まるでナスカの地上絵のようだ。
ナスカの地上絵、見たことあるんすか~?!

ロビンさんは、すご~いとこ、歩いていたんだな~と実感・・・・
うん、あの日は確かに暑かった。なのに~!
さえぎる物も何も無いところを歩いた、ロビンさんは、表彰もんです。。。お疲れさまでした。
でも、い~っぱい良い景色が見られてよかったですね~。感動できました?
あたしは、天の川見れなかった。。(←まだ、言ってる・・)

台風は遠い・・だから平気?

>何をおっしゃる愛しのなめとこ山クン
お帰り~ どうだった? 実家の夏はよかー?
げぇー そなの?朝日岳の水場かれとったん?
そりゃーきついっすねー。 清水峠のはどうだったんだろ?

笠で遭った超タフなオバチャンは、日帰りで
白毛門から蓬峠まで行って、そっから降りて
湯檜曽沿いに帰ったらしい・・・マジかぁ?!
降りても、そっから土合までは4時間あるもんね。
ホント 夏は・・・命がけですよん
でも沢山の花に会えたしな・・どっちとる?(笑

私も、次は仙ノ倉、平標!! 
きっとええでぇ~ 気持ちえええぇ~ 

>まゆ太さん
お帰りんぼ! 長旅お疲れ様~
素晴らしい縦走だったでしょうが・・・くくっ
何かやらかしてません? ¥ちゃん??(笑
ってか、まゆ太さんもやってそーだし・・この夫婦は。。

ナスカの地上絵はまだみてナスカー!!(←ちょぴっと恥ずかしい)

>hiroさん
そ、そ、アノ日は暑かった!! スイカ美味かったでしょ?(笑
私、谷川岳だったらスイカに2000円だしても・・
(また言ってるよ)
天の川は・・目の悪い私はチョー目に力入れてみてます。
きっと空を見上げてまったり~というより
怖い形相してるかもだす。ヤダヤダ
なんか すごくクッキリ見える手はないかな??

たしかにアノ絵のロビンさんは細いと思った。
画像いじってます?
って、そんな感想から始まるなーと怒られそうですね(笑
このコースは私もとにかく歩きたいとこです。
もちろん、平標までの間もね。でも藪こぎあるのかー、それと水計画も考えてから実行します。ロビさんの感激屋さんぶりが伝わってくるレポでございました。マル。

出遅れましたが~。
まきくまさんもすごいけど、ロビンさんもすごいです~。
しかもほんとに暑そうだもん。よく1日でこんなに歩いたね~尊敬です!

オレ流リズム、私もよく使います。
っていうかだいたい歌のワンフレーズをひたすら繰り返したり・・・
なぜか古い歌ばかり思いついちゃうんだよね~(中島みゆきとか。)
あー歳がバレちゃうわー。

なんかお外は雨降ってないけど
ゴロンゴロンいってない??

>たここ
君はまだまだ子供だな・・・ふっ
本当の事が言えなくて、反対の事をいってしまう・・・ふふっ
なんだか 鳳凰の鶴のバックシャンがポッチャリみえた?
まぁ ある時はスレンダーな踊り子
まぁ ある時はポッチャリなお姫様

・・・まぁ とにかく歩いてきてみそ。ええどぉ~

> TiCA さん
ホンに暑かったのねぇーん(甘える)

オレ流リズム・・・中島みゆきですか・・・
なかなか渋い! っが!?リズムとれにくそう!
でも、力湧いてきそう!!(笑
そうです、こんな事考えてると辛い坂道の気晴らしになるのです。

>あー歳がバレちゃうわー。
なぞだ、なぞだー。地下鉄の入口くらいなぞだぁー!!

出遅れてますが、根性コ-スだったんですね。
でもすんごく楽しんでていいぞ~
今度、痩せて写るポ-ズこそっと教えてね。

今 みた。来年の目標だ 楽しめたよ。








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。