スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州(木曽駒) オマケ編

2006.10.05 22:03| 山の空気

いつもの山行と違って
麓の車に戻ったのが3時くらいだった。  

こんな明るいうちに下界にいる???

まるで、会社を早退して帰るみたいで
まるで、明るいうちからビールを飲んでるような
なんだか恥ずかしいような、得したような・・・・

20061004213818.jpg
頂上の石碑: 空の青さに白い石が映えるんだよねー 
そして、秋の雲は表情が豊かだよね
 
 

師匠が 今年の残雪期(5月) に木曽駒に来た時は
がまだベッタリ付いていて、乗越浄土から先 宝剣には 
?単独禁止 
?ザイル要    
?それも尺取虫 じゃなきゃ駄目 (←意味わかんないだろーな)
  えーっと 複数で交代しながらザイルで登るってことかな。(笑
 あーーーっと スタッカット・クライミングちゅーのかな?
 セルフ・ビレイが必要だとかナントカ◇♀∞≧℃☆▲〒◎★□・・・

と、厳しい入山条件があったみたいだ。(監視員が立ってたそうな)
まぁね、雪ベッタリの宝剣 なんか、 
私は  いけないけどねーっだ!  いかないけどねーっだ! 
  
話はかなりそれちゃったけど、 
その帰り道に通った道が “きもちいぃんだぞぉ?”の道らしいので 
駒ヶ根ICから高速にのらず、茅野まで高遠(たかとう)を通過し下道で帰った。
(高遠と言えば 桜で有名である。バスツアーでよくあるよね) 
 
20061004170714.jpg
高遠の桜 みごとでございます。
(ちょっとお写真おかりしましたん 花盗人を許して)
 


その道は・・・・・・
なんとー!?  のどかな田園風景
日本の良き田舎ってこんな風なんだろうな?な景色。
 
 畑にトンガリの稲の山なんて・・・
 黄金色の稲がさわさわ?と・・・
 1時間位 信号1っこもないー!? 
 人の姿もほとんどないー!? 
  
20061004210520.jpg
こんな風景に囲まれて育ってたら、
もっと思いやりの人になってたかもだ←いい訳 
いんや、ここはトトロの世界だぁ 空から猫バスで眺めたぞっと


師匠も私も田舎をもっておりませぬ。だから憧れなの、この景色は。
心の奥?の方でこの安らぎを欲して いるのかもね。

わざわざこの景色に会いたくて この道を通ったのだ。

こんな気持ちの良い道を 走る。走る。走る。
    
途中、分かり辛い民家の中の蕎麦屋で蕎麦を食す。
信州は蕎麦ですたい! 蕎麦好きには見逃せません
 
信州手打ち蕎麦 > ソースカツ丼

その 兜屋 は限定30食/日の十割蕎麦
小奇麗な普通の家のお座敷って感じ。
でも蕎麦がウマイ! 
 ウマイ蕎麦ってーのは、ツユが薄くてもいい
 真っ向から蕎麦の味で勝負だからだ。(いっぱしの蕎麦評論家)
  
 蕎麦の種類は1種類。 ザルのみ。(勝負魂が伺える)
 ツユは2種類付く(通常のツユ、味噌+からみ大根+ネギ)
 最後に、蕎麦湯で割ったツユのうまい事よぉ? はぁ極楽。

20061004210545.jpg
左が味噌だれ(味がいいだけに器がもったいない?)
20061004210707.jpg
お通しで高野豆腐と漬物
優しい ちょっと腰の曲がったおばあちゃんが運んでくれる。
おばあちゃんの丁寧さが、また心を落ち着かせ 心地よい。



手打ちのうまーい蕎麦も好きだけど、PAの安い「かき揚蕎麦」も好き!
ここが私の絶対グルメでないところなんよねー

その蕎麦屋を後にして温泉 「桜の湯」に浸かり、
まるでチンドンヤさんがいるような可笑しな名前の
杖突峠(テンツク峠)を通り、諏訪ICに出る。

20061005100557.jpg
テンツクってリズム音がいいよね。 この峠はめっけもんです
ってか、もうみんな知っとったん??
 


そこにも大きな感動が待っていた・・・

思わず声が出る程の夜景だった!
こんな所にこんな素晴らしい景色が隠れているとは・・・ 


20061004170656.jpg
(クリックOK) 開けてビックリ玉手箱!! 諏訪と茅野の街灯なんよね
見よ!!!! 感動なんて言葉じゃないんだよね。

こんな夜景がまってるのだ。 ねっ?凄いでしょ??
(ちょっとお写真おかりしましたん 夜景盗人を許して←またかよ)

よき1日かな・・・・本日も。 





 オマケのオマケ 

駐車場の入口にあるお店で とっても優しいおばちゃんが
「こんなにいいのぉ?」って位、サービスしてくれた。

20061005214253.jpg
ちなみにこのブドウ全部で500円なり?

20061005214243.jpg
こっちの梨大盛りも全部で500円なり?

うはぁ? 旬の果物 味が濃いんだよぉ? 

中央アルプス ばんざーい !!

                 中央アルプス広報係 ロビン 
 

コメント:14 トラックバック:0
<<大菩薩で初心忘れるべからず | ホーム | 秋一番! 木曽駒ヶ岳>>

その界隈は
 カツ丼=ソースカツ丼
のエリアでしょうかね.
ウチの実家も関東で言うところのカツ丼は“煮カツ丼”といいます.

蕎麦が美味しそうですね.さすが十割!
そういえば芦川村から蒟蒻を売りに来る行商のおばちゃんが、時々自家製手打ち蕎麦(生)をおまけにくれました、と強引にリンドウに結びつける第一子長男AB型(あ、場所違う!)

リンドウに結びつける意図って…(^_^;)

地上の天の川

私もところどころ地上の天の川や地上の銀河?みたいな夜景知ってるけど、ほんといいですよねぇ。これからの季節、空気が澄み渡ってくると最高ですよね!(でも寒い)

夜景いいですね~、あえて小さくしてるところがニクイ!
クリックで、お~っ!
確信犯ですね(^u^)

兜屋は行ってないな・・・たぶん。
十割で美味しい蕎麦屋って今のとこ出くわした事なしなのよん。

葡萄に梨に、最高ですね。

(・o・)綺麗に撮れてますな~!!
お蕎麦もフルーツも美味しそう!!
ソースカツ丼は食べなかったの?
駐車場の近くの「かみじま」ってとこが
絶品らしいです
(でもサンタが行った時は休業中だった…
体調崩して休んでるらしい 残念)
なのでIC近くの有名なお店……………
あぁどうしよう健忘症だ…
……に行きましたとさ。

贅の極み

夜景の写真ぐっとです!
お早い下山からの日本の正しい風景~食べ物など、正に贅沢の極み。
このために日々額に汗して働いているんだ!って感じがしました。
とにもかくにもお疲れ様でしたm(__)m

杖突峠(テンツク峠)、、何回か通ったことありまーす。峠の方はけっこう、道幅が細かった記憶が・・・
でも、テンツクって読めませんでした。。。(つんつく。。かな?とか^^;)←ばか丸出し。

梨とか、ブドウとか、秋ですよね。これから、りんごももっとおいしくなりますよね。

高遠といったら辛味大根じゃわー。
うまそ。味噌なのね。
たべてみたいぞー。
駐車場に降りてくるのが3時って、それふつーのことと思うけどなあ。ていうか、私、もっと早いかもーだ。ロビ・師匠コンビはいつも目いっぱい歩くんだね。

杖突峠! 行った事ありまする~。
しかも、偶然にも諏訪湖の花火大会の日に!
“テンツク”峠って読むんですね。
また一つ利口になっただ。

それにしても、リハビリ登山+本場信州蕎麦+温泉+テンツク夜景だなんて・・・
盛り沢山!充実してますね~!

いいですね~いいお山に田舎の風景。私も田舎の風景だ~いすき!
私も田舎ってないけど、母の実家が某た○さんと同じうつくしまふくしまなのでめっちゃ田舎です。毎年夏休みに田舎行くの楽しみだったな~梨畑に田園風景。
写真の田園風景もとっても綺麗。うっとりです(^^)
おそばもおいしそうだな~
やっぱ信州行ったら山の後は温泉に蕎麦だよね。私もいつもこれだ。

しっかしお師匠さんとのコンビ、ばっちしだなあ。何かほのぼのする。優しく知識豊富な師匠がいらして羨ましいな。私も山のことをきっちり教えてくれる人欲しいな。

いやぁ~ なんちゅー青空!
秋だねぇ~ 栗も芋もウマイッチャねー ほんに。
すっかりお返事おそくなりました。 

>LUCKY-LANTANTAN さん
そーです、行きはそのソースカツ丼絶対食べる勢い
だったんですけどね、お腹に刺激強すぎそうなので(笑
“煮カツ丼”の方がうまそやな~ (私も好きソレ)

十割うまかったスよぉ~ 
蒟蒻売りが手打ち蕎麦?? どっちがメインなんだ??
そうなのー?ってか話ちゃうけど、第一子長男AB!?
そりゃー なかなか骨のあるヤッチャ
実際 会ってみたいもんですな(笑

>熊さん
夜景ってさ、「わぁーむちゃんこキレー」って
興奮と共に、こんだけの人々がそれぞれの生活を営んでるのかー
って シミジミ感じるよね。
山の中の静かな闇夜もすきだけど、これもまたイイ。
今は熊さんの言うとおり、空気すんでるから
夜景もきれいだよね。

>3ダースサン
そ、そ、ちょっと小さくしてるのを
開いてみると・・・って ビックシ度いいでしょ?
食う寝るさんは舌が肥えてるからなー
蕎麦屋もキビシそうだよなー
ちなみに橋本・多摩界隈で美味しいラーメン屋しらん?

>サンタさん
美味い物には目がないっすね、サンタさんも。
なーんだ。美味しい情報があるのなら教えてくれたらいかったのに・・・
って、木曽駒行くって知らなかったもんね、すまん。
あのね・・・美味しい情報は伝達してから健忘症になってね。

>河童さん
そうなんですよ、現実はビンボーったれなので、
本当の贅沢は遠いですが、気持ちの中での贅沢ですよね(笑
日本の正しい風景をこよなく愛するようになってきたってことは
・・・・年をとってきた証拠でしょうか
いんや! 感性が磨かれたというべきでしょうな えっへん!

>hiroさん
えーっと、えーっと ただ今「テンツク」って
名前か確認中ーーーー! (爆笑!)
って なんとぉー調べたら「つえつきとうげ」でしたーーー(NET検索にて)

んでもって、「テンツク峠」の正解は
南ア二軒小屋へ通じる「転付峠」らしいです!!
この情報は、ありがたいありがたい木曽駒先生からでした。
あんがとですー
ってか大きな声で「みんな間違えて覚えるないでねー」
ドンマイケル? >自分

>まっきー
そなの? 高遠といったら辛味大根なの?
そっかー3時は普通かぁ。師匠とのコンビは
目一杯歩くっていうより、目一杯遊んでますね
なるべく山の中にいたいからかなー (笑
ってか、出だしが遅すぎる??

>かんぼさん
いやはや、名前は間違えてしまいましたが
かんぼさんも間違えないでね「つえつき峠」ですから(笑
諏訪湖の花火大会の日にアソコにいたら
そりゃーバッチシですね。諏訪のPAと同じ位
狙い目ですよん。いいかもだなーそれ。いただき!!
ちなみに・・・・混んでました??

>ふうろさん

だよね~ 田舎の景色だーいすき!
年取ったら、土の上に住みたいっす。
へぇ~ 福島の血が混じってるのかぁ
そーいえば どっか似てるぞっ。(笑

ふうろさん夫婦も毎度グルメだけど
山の後の温泉、地の食べ物ってセットだよね。
これがまた想い出を大きくする。
旅行に行ってくるみたいなもんだもんね
100名山なんかした日には、日本津々浦々の
美味しいものとも出会ってるってことだすよ。

私がバッチシなタイミングに出くわしたのは、かれこれ10年位前になりましょうか・・・
確か、駐車スペースには入り切らんばかりに車が停まっていたような。
人もわんさかいたような。

きっと、近年はもっとすごくなっているんではなかろうかと予想される~・・・

かんぼさん 
ずーっとずーっと考えてましたよん
「かんぼ」って言うのはニックネームなのか?
本名なのか? 意味はあるのか?
何かが隠されているのか??
んもぉー かんぼさんのばかぁ (←勝手な女)

来年の諏訪花火大会まで覚えてたら・・狙います!
ツエツキ峠で 「たまやぁ~!!」と叫んでみよう








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。