スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤岳初詣 (2007.1.2 初日) 

2007.01.05 11:25| 山の空気

 年末から心が揺れ動いていた。
 
週間天気予報で雨マークが出ていたので日をズラスか 
昨年の正月も赤岳だったので、今回は別な山を選ぶか
ずーっと 心が揺れ動いていた。

” 自然をありのままで ” 
” 人間の都合通りには進まない ”
 
 
そんな風な今年の始まりだった。  
 
20070105000729.jpg
雪の合間で春を待つの? 健気だね

------------------------------------------------------------

年末に同じく 赤岳に入った仲間 からの情報はとても
ありがたかった。 現地の情報が生で入ってきた感じである。  

自宅(6:10) ? 釈迦堂PA(朝食) ? 小淵沢IC ?
美濃戸(9:20)? 行者小屋(11:55/12:30)? 天望荘(14:05)


20070105005934.jpg
美濃戸の駐車場付近は雪は少なかった 
 
山に入るのは久しぶりな気がした。  
駐車場のおじさんが 「夕方から天気が崩れるかもだから気をつけて」
と、声をかけてくれた。 気温は高くて、ほとんど寒さを感じなかった。

昨年、美濃戸から行者間をアイゼン無しで歩いて、つるつる度
にチョットてこずったので、今回は最初から着けた。

南沢に入ってすぐに冬用ジャケットを脱ぎ、長袖とフリースの2枚で
十分な気候だった。 30分も歩くと、雪の量が急に増した。 

20070105000901.jpg
確かに今年は雪が多いようだ
 

天気はうす曇り。
身がキュッと引き締まるような 凛とした寒さ はない。
でも、新雪のサラサラとした肌触りと、かたくしまった
ぎゅっぎゅっと音のする踏み心地が気持ちよかった。

20070105000933.jpg
君は・・・誰?
 
この界隈をネグラにしている動物達の元気そうな足跡が
至るところに付いていて、同じようにこの森の中に雪を
楽しんでいる仲間がいることに気付く。

樹林帯から出て、河原を歩くようになると行者も近い。 

行者まで10分位の所で、河原の真中にテントを張ってる
クライマーたちがいた。 雪が深いだけでも大変なのに
こんな時期に岩に登ろうだなんて・・・
 

20070105000924.jpg
河原の中はスノシュのパフパフだらけ
○っきーを連れてきて放し飼いにしたいとこだった・・・


20070105001235.jpg
松ぼっくりもびっくりな雪!?  

20070105000944.jpg
行者小屋は雪かきの最中

途中でパンをかじったりしながら、ゆっくり雪を楽しみながら
2時間半程で行者小屋に到着した。
行者小屋のテン場にはテントが4張程度。 お正月の喧騒は終わったのか?

ここまでの道は普段石がゴロゴロしていて、雪が積もった時の方が
歩きやすいと私は思う。
ココまでで帰っても、十分に冬の山を楽しめるんじゃないかな
 

20070105000957.jpg
おなじみのポーズ。1年経っても成長なっしんぐ

上下黄色でヒヨコ ずくし。 お金溜まったらジャケット買うぞー 
もう少しオサレに・・・ トータルコーディネイトはこーでぃないと
 

行者小屋の前で昼食。 オニギリは凍るからパンなんよね。
バナナで釘が打てるか・・・今度やってみよう。
見上げれば稜線に今夜のお宿の天望荘。
スカッとした太陽はいないけど、ガスはかかっていない。
あそこまで 『ファイトー1発!!なのだ。 


いよいよ地蔵尾根コース突入!

20070105001356.jpg
 この狭い迷路のようなクネクネ道って好きなんだよな?
この先どんなことが待ってるか・・・ワクワク するよね?
んでも・・・そっ、↓ こんな急斜がまってるのだ。



20070105001446.jpg
にゃかにゃか手ごわい急斜面を振り返る

20070105111109.jpg
GRIVEL GRIVEL ザックザク?♪(ピッケルの歌) 

20070105001455.jpg
わっせ わっせ 声を出さなきゃのぼれましぇん!

地蔵尾根か 文三郎尾根か・・・どっちがキツイのか?
どっちにしても、どんどん高度を上げて行くので、周りの景色が
あっちゅーまに下にみえまーす。

20070105110226.jpg
高度が上がってるのが一目瞭然。 
稜線に出るからガッツリ着てるけど・・・暑くてやってられんよぉ?



20070105003405.jpg
阿弥陀は迫力。 決して赤岳に劣らないのだ

20070105001503.jpg
ここが一番きつかったか? ふんがぁー もう許ちてぇ

振り返ってこの斜面を登ってきた 自分を褒めてあげよぉー!
そして、とってもキツイ時は景色を眺めてるフリをして休もぉー!
(なんでそんなフリをする必要があるのか自分に問いかけよぉー!)


20070105003621.jpg
登山者が降っていくアイスクリームの丘
シリセードをやってしまったら 奈落の底じゃぁ・・・きっと
行者小屋が もうあんなに小さく見えま?すん



20070105004242.jpg
あと一歩で稜線にでるぅ? 階段がちょこっと顔をだしてるね

20070105000851.jpg
こんな稜線でお地蔵さんは寒くないのか? 
正座してるけど、足はしびれないのか? 大丈V??



20070105001344.jpg
(クリックOK) もうちょっとで辿り着くよん天望荘

20070105000914.jpg
(クリックOK) 横岳は冷え切った雰囲気

20070105001244.jpg
天望荘も雪まみれ。 でもね、中はホカホカ天国なのよ
風車も凍りついてて、うまく回ってくんないみたいなんよね。
 


空は重たいグレーの空だった。
でも、降らないだけまし。 風もほとんどない。 
それだけで十分です。 

山の神様ありがとー



 《赤岳初詣 番外編 「天望荘よありがとう」へ続く》

コメント:15 トラックバック:0
<<天望荘よありがとう (赤岳初詣 番外編) | ホーム | 最高のお正月山行>>

わおー。放し飼いされたいにゃー。
いやいや、わたしも頂上にいきたいよん。
あの急傾斜、登るのたいへんだろうなあ。雪ぐずぐずくずれちゃうんじゃないの? やっぱ体力いるよねー。
あとさ、冬山で困るのは、寒いんだか暑いんだか訳わかんなくなるとこ。きんきんに寒いのに、いつも汗びっしょり。続きたのしみ~。

美濃戸~行者までの間にテント張ってる人達は北稜じゃなくて北西稜へ行くんじゃないかな?
北稜のとりつきは行者過ぎてからだから。

たーしかにどんよりした空だな~
でも、見たところ風はあまりなさそう?

夏に行っても急だなあって思うけど、冬のが更にですね。
相方がロビンさん見て、この位目立たないとだめだよな~
お前はただの岩に見えるとにくたらしいことを言われた~
ひよこちゃんルックいいよ~

お、あっぷされてる。
何か数日しか変わらないのに雪減ってる・・・。天気いかったんだねえ。
やっぱいつ見てもかっこえ~山ですね(^^)
ロビンさんのウェアーもいいよ。黄色かわいい。
展望荘のよさを存分に語っていただきたい。親切な方々だったもの。居心地いいんだろうなあ。続き楽しみにしてるね。

やっぱり行ったことある山だと反応しちゃうな。
んでもってロビンさんの臨場感溢れるレポで何だか自分もそこにいたような気分になるね。

ウェアの黄色はかわゆいわよ。ロビンさんに合ってる。ま、ヒヨコかどうかは分かんないけどね~。

いやぁ~。夏でも急な地蔵尾根。
冬は雪でさらに急な感じ・・・
お疲れ様~~。
でもご褒美がまってるもんね。
だから頑張れるよね。
レポの続きも楽しみですよ~~。

あっ、今年もよろしくね。

ひょーっ!すごく楽しそうですー
空は曇ってるけど展望はすごく良かったんですね。
極寒ではなかったのも雲のお陰なのでしょうか?
あーん、うらやましぃーん

あ、言う事きかないってのは私の事言ってたんですが、やっぱりロビンさんもだったんですね。
しかも、突っ込み返しとな。
でも、それくらいの方が師匠も張合いがあるのではないでしょうか?

つづき楽しみにしています。

ロビンさん、こんばんは。
またすごい所に行ってきてる~、と1コ前の記事の写真見て思っとりました。
真っしろしろでこの急傾斜。こんなきつい登り、どうやって登るの~? と言いたいです、はい。
でもそうやって頑張って登るだけの景色が上では待ってるんでしょうね。
続き、楽しみにしてます。(^o^)丿

かっちょいい~!
そんで、この景色ずるい(-_-;)

お正月も最終章に入りましたねって、
もう皆とっくに仕事してるよって?

>まっきー
ホント、ホント。偉くなかったら仕事休めたのにね
でも、これからタップリチャンスはあるのだ。
そっそ、今年一年の予定がチラチラでてるじょ。
早くまっきーの希望もいれときやす(笑
登りは急だけどユックリじっくり登ればグー。
だって登りは私よりつよいじゃん。
雪がサラサラでちょっとアイゼンが滑るって感じ。

>輝子さん
うん赤岳にも阿弥陀にも登ってたかもだよ。
風はほとんどなかった! これがラッキー
だから寒さをあまり感じない雪山だった。
今週末は崩れそうだぞ。 注意よん

>ぜぜさん
そうだなー 急に見えるけど、ある意味
登りやすい感じもするんだよね。アイゼンで
雪の上だから、自分の歩幅で足をだせる。
ゴロゴロ石にも気をつけなくていいし。
でも、別の意味で緊張感はあるけどね。
えっ?! ヒヨコぐー? うれぴー

>ふうろさん
ほんと、3日位で随分変るモンだよね。
それが山ってーやつ? 
赤岳ってかっちょいいよねー
でも、最近 阿弥陀と権現がずずずいっと
かっちょ良さアップしてきました。
今年はあの辺ジックリいきたいなー

>ゆきさん
だよね、日本に帰ってきたとき、わっきーと。
実は私は、雪のない時の赤岳に登った事なしです(笑
やっぱり 夏に八ヶ岳を縦走したいですね。
だって、お花が沢山咲くんだもんねー
ゆきさん 今度帰ってきたらどこ登るのかな?

>木曽駒さん
そ、ご褒美あると元気出るってもんです。
冬でも山登った後は、ビールなんだよね。(笑

今年もよろしく。
木曽のほうは雪はどないじゃぁ~??

>かんぼさん
そだね、雲のお陰で寒くなかったのかな?
いんや、翌日も晴天で寒くなかった。運いかったなり
今日からお勤めごくろーさん。
「(き)かんぼ」さんだもんね(笑
んじゃ、私も「(な)まいき」さんに名前かえなくちゃ(笑

>アランチャさん
>こんなきつい登り、どうやって登るの~?
ひたすら 「わっせ、わっせ」と登ります。
ちゃうな、「うっし、うっし、うっしっし♪」だな。
そなんですよ、雪山ってのは、その景色にとり付かれ
ちゃったら最後ですな。やめられまへん。
だって、真っ白純白な山と真っ青な空なんだよー

>食う寝るさん
かっちょいーだろー  ほっほ~
でもさ、雲取は雪降ったんでしょ? 
ちょっと秘密兵器出すほどではなかったみたいだけどね。
北八つの辺りで まずは思う存分パフパフしたらいーのに。
スノシュ君がまってるほい!


私は明日から福島入り。
へへっ 温泉ですよん
では ちょっとだけ ばいばいきーん

年末に比べてかなり踏まれてるみたいですね。
滑りそうで怖そうです。
自分のときは新雪だったので、
展望荘までダブルストックで登りました。

風がないってうらやましいです。
風がなかったらもっと楽しめたのですが。

お返事遅くなりました。
十歩さんの時に比べたらかなり違いますね。
元旦に天望荘に100人ですもん、バンバン踏まれてますよ。(笑
私もある部分はダブルストックの方がよかったのに・・・
と思ったものですが、頂上から文三郎尾根への下りとかは
やっぱりピッケルですね。
本当に風がないって幸せでした。
ずーっと景色眺めて座っていられましたよ。
ごめんね っと謝りたくなっちゃうのは・・なぜ?(笑








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。