スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤岳初詣 (2007.1.3 2日目)

2007.01.09 21:55| 山の空気

山での眠りは深い
いつもの生活よりタップリ深い質のよい眠りなのか
朝はいつもスカッと目覚める。 
  
 
朝5時に目覚めた。 (←遅いちゅーの 
同泊のカメラマン達は もうとっくに行動を始めていた。    

天望荘(8:20)? 赤岳山頂? 行者小屋 ? 美濃戸
 
20070105171131.jpg

赤岳の斜面の向こうに富士山がいる。  
同じように雲の上に顔を出して、お互い挨拶を交わしてるのだろうか

 

???????????????????????????????

今朝は天気予報に反して、元気な太陽が顔を見せてくれそうだ。
空気が澄んでいて キリリ としている。
 
20070105165824.jpg
夜明けは不思議な瞬間   雲の動きも神秘的

 
美味しい朝食をモリモリ食べて、8時過ぎに出発した。
白い清い雪が 全ての音を吸収してしまったように静かである。  

空気が今日もほとんど動いていないようだ。 

2700m以上の早朝だというのにインナー手袋だけでいけそうだ。 
ゆっくり周りの景色を眺めながら 頂上を目指す。 
 

20070105165634.jpg
(クリックOK) 夜明けと共に色づく阿弥陀
この神々しさ、山の神様がそこにいないわけないよね。
この瞬間にここに立ちあえた喜びで心が震えちゃう

 


20070105170023.jpg
(クリックOK) お世話になった天望荘を見下ろす
あの向こう 横岳、硫黄・・・と今度は繋げたい。



天望荘から頂上までは ただただ急な斜面を歩くのみ。
天気さえまともなら危ない箇所はそうない。 
ただ、小屋に泊まっての歩き出しが
イキナリな急斜面なので、心臓がバクバク  なのだ。

左手に富士山を、右手にピンクに色づく阿弥陀を眺めながら
ユックリと歩を進める。 息があがったら、ほんのちょっと
足を止めて息を整えるだけで全然違う。


20070108204017.jpg
頂上への登りはこんな道。 頂上まではあっという間 


いよいよ頂上だぁ。  南アがガッツリ見える?ぞぉ 

 
20070108204755.jpg
ピヨコ 思わずバンザーイ! なのだ
(↑ あっ、ごめん ピヨコだなんて調子乗り過ぎニワトリか? 


20070105171525.jpg
(クリックOK) 頂上はこんなにさむざむな景色、
でも風がないからそんなでもないんよね。



20070108204812.jpg
(クリックOK) 富士山があんなに近くにみえま?す
ううっ・・・富士山の上の寒さは想像できん。したくない?



20070105165716.jpg
(クリックOK) どかーんと南ア! 
色合いはまるで・・・氷の世界ひぃ?♪(陽水風でプリーズ)
手前が権現 (じーっと見よ、頂上に鉾) 
後ろが左から北岳、甲斐駒、仙丈



まったく 赤岳には恵まれている。
予報が悪くても、ここで天気が悪かったことなし。
そんな風に自分にとって特別な縁を感じる山って、1つ位あるよね

頂上で写真をパチパチしたり、飽きるほど(飽きない)眺めて
いた時に、一人のソロのオジサマが文三郎側から登ってきた。
少しの会話後、オジサマがまた同じ道を下っていったのだが

「ちょっ、ちょっと・・・そこは崖ですからぁ?」

今きた道も忘れて、とんでもない崖の方を下ろうと
岩に這いつくばっている。 声をかけなきゃ、あのまま 
どっかへ行ってしまう勢いだった。 おそるべし。 
こんなふうに 事故は起こってしまうのだろうな


20070105165948.jpg
(クリックOK) 文三郎側へ下る。 下りに気をつけろ。
この最初の辺りが一番気をつけたい所だろう。



20070108210158.jpg
文三郎側への下り上部はこんな岩岩


20070105165702.jpg
 (クリックOK) こういった岩を撒くようなとこって特に危ないんよね 
切れ落ちた感じに「ヒェ?」となったら、だめだめちゃん。



20070105165956.jpg
景色は最高!  
でもキョロキョロ しちゃあきまへんよぉー
写真撮る時は止まらんとあかんよぉ(←お前が一番危ないよ?)


20070105170120.jpg
 (クリックOK)岩々道の後は 気持ちの良いトラバース道
太陽に照らされた斜面が光を投げ返している
そして・・・目の前にはデッカイ阿弥陀だぁ


 
20070105170131.jpg
 (クリックOK)1本道コ?チョコョ♪ なのですれ違いに時間がかかる
焦らないでジックリ待とう。マナーが悪いと怒っちゃいけない(○匠)



20070105170109.jpg
文三郎尾根と中岳への道の分岐
中岳まで行ってる人が結構いた


20070105170144.jpg
そして文三郎の急な下り。でも危ないところはあまりない。
(鉄階段隠れてるからアイゼンでも歩きやすい)
 

20070105165644.jpg
 八つ?よ バンザーイ!
(八ヶ岳全部にコダマするくらい叫びたいところをグッと我慢の子) 


行者小屋に無事到着。 
登ってきた山を見上げながらのコーヒーは格別。
頂上での楽しみと、下ってからの楽しみと・・・
おっと、計画中も楽しいし、家に帰って写真眺めても楽しいぞ。

あぁぁぁぁ・・・ 楽しさテンコモリ。 山ってイカスぅ? 


20070109182848.jpg
小屋から見上げれば地蔵尾根を下る人の姿が (ズームUP)


20070105170454.jpg
さよなら赤岳、またくるぞっと

2-.jpg
帰りはこんな所をくぐったり。
卒業の時、下級生がつくってくれたアーチみたいでない?



20070105165744.jpg
こんもり樹氷


どう? 雪山って・・・ちょっと ヤバくない?? この魅力 

 
※ 今回はこれから冬の赤岳にいってみよっかな?な方の参考に
  なりますように、登山道の写真をこれでもかーで沢山載せて
  あります。 あしからず。あきたらず。あせたらす。 

コメント:26 トラックバック:0
<<今年の夢の山行リスト | ホーム | 天望荘よありがとう (赤岳初詣 番外編)>>

いや~、すごいな~
すごいすごい~
行ってみたいけど、一人じゃ無理そうだし、
なんといってもしばらくは無理できないし。
すんばらしい~

待ちよったで~!

やったー2コメ※
ロビンさんの写真から
赤岳の凜とした空気が伝わってきて
私もあの日の感動が蘇りました。
ただ、赤岳は強風びゅーびゅーでしたので
写真の風景にただただウットリ・・・です。
冬山はヤバイですよね~。
あの風景に出会ったら、
誰もがはまってしまうから。
何もかも純白に埋め尽くしてしまう、
山々の冬眠の風景。
だから、芽吹きの感動もあるんですよね~。
いや~素晴らしいレポでした、
ありがとうございました!

うわーーー!!
素敵な写真ばかり!
年末に登って正解と思っていた自分が馬鹿でした。
自分は朝は風が強かったので布団の中でごろごろしてました。
やっぱり山じゃ早起きしなきゃだめですね。(笑)

うーーーーーーーーー。
すごい。
行きたいっす。

バリバリの山女だ!!
ロビン師匠と呼ばせてくだされ!
3シリーズともとても参考になりまっす!
冬の赤岳いいね~~天気いいし、写真もきれいやし、最高!うらやましい です!!

行ってみたい!!

いやあ、すごいです、すばらしい~
でも、文三郎の下りはやっぱ怖そうだ。

天気が良ければ行けるのではないかと錯覚しそうです。あと何年後には私も実力をつけてトライしたくなりましたよ。雪山の素晴らしさを感じます。

よみがえる記憶・・・。うまいなあ。レポ。惚れ惚れするしホント、読んでてわくわくするよ。写真もうまいなあ。ズームでやると私のはぶれぶれ、ぼけぼけちゃんだしなあ。アップであれだけ綺麗に撮れるのうらやましっす。

しかし、数日後なのにこんなに景色違うんだ。岩肌なんてほとんど見えなかったぞ・・・。化粧が濃かったり薄かったりって感じだなあ。標識もはっきり見えんかったし・・。自然の力ってやっぱすごいよね。

赤岳、写真で見るとコワそうやなあ。
コワかった覚えがないんだけど・・・
時期の違いかしら。

天望荘、夏は泊まる気になりませんけど、
冬はよさそう。
でも、お金ないんだよなあ。
アゴアシ付きで連れてってください。
私を天望荘に連れてって。

文三郎とかの階段はどおなっちゃうのだろう?とか思いましたが、埋まってるんですよね~。
急でこわいけど、景色がきれいだから、キョロキョロしちゃいそうです^^;
私の雪山のイメージって、山肌はアイス、木に積もる雪は生クリームのイメージなんですよ。まさしく、写真はそれ!って感じがしました^^見てるだけでしあわせ。
>雪山って・・・ちょっと ヤバくない?? この魅力 
うん!別の意味でおいしそ~。。。

まだ1月10日? うそでしょ~
すでに正月は遠い昔の感じって私だけ??

>ピカさん
雪山ってなんか迫力あるよね~
ピカさんだって雪山幾つもいってるじゃん。
実は私も雪山ってそんな種類いってないのだ。
がはは。 赤岳ばっかり、ソレも晴天時。
天狗や硫黄や北横はあるけどね。
なんたって赤岳の凄いトコは展望が素晴らしい。
去年の今年だから、ピカさんはもうちょっと我慢かな(笑

>tochikoさん
>待ちよったで~!
って、そんれが四国なまりね?(と、私も訛る)
風が強くて気の毒だったよね、せっかく遠くから
お越しいただいたちゅーのに、赤岳め。
よく叱っときます。
>山々の冬眠の風景。
>だから、芽吹きの感動もあるんですよね~
その通り! 私もそう思うんよ。
あの白い雪の下で今すでに
春をまっとる草花が一杯おるんよねー

>十歩さん
十歩さんの時もまずまずの素晴らしい天気じゃないですか。
私も早起きっても、5時ですから~(笑
小屋から素敵な日の出が見れちゃうって思うと
グ~タラしちゃいますよね。
あれれ、でも日の出見なかったの? あらら・・
まさかそんな勿体無いこと・・・しちゃった?

>まっきー
仕事じゃなかったら一緒に行ってたさ。(笑
地蔵の登りで、大学生位のピチピチ男子も
3人がザイル繋いで降りてた。あんな風に
行けば、安心やもんね。
だって、この景色にあの料理だよ。
でも平気。またあるから、なんぼでも。

>たんべぇさん
バリバリの山女は・・・輝子さんみたいな
人をいうのであります。 まじ。
私もまだ駆け出し。 えーっと新人
えーっと初々しい、えーっと・・やめとこ。
たんべぇさんは夏の時期に行かれてるんじゃ?
だとしたら、もうワンステップですよ。

>ぜぜさん
確かに危険箇所いくつかあり。
でもさ、ぜぜさんは阿弥陀南稜やってるしな(笑
高度感をまずクリアしたら・・・次はなんだ?
徐々に経験していくのが普通なんだろね。
タッキーが行きたがってるでしょ?

>えいじさん
そーですね、天気でだいぶ左右されますよね。
私は天気崩れたら、まったく自信なしです。
だから輝子さんなんかの話聞いてると、むちゃ
コワイです。 めっそうも無いって感じ。
どうぞ八ヶ岳で雪山ステップで経験を積んでくださいな。
まずは・・最近ゲットしたスノシュで(笑

>ふうろさん
いんや~ ドキドキしたのは、ふうろさんの硫黄岳ですよ。
あそこの風の強さは想像できます、んで 雪だもんなー
よくぞ御無事でだよ、ホント。いかったなり。
写真はコウノトリが運んでくれた(?)IXYちゃんで
バッチリです。歩きながら、師匠に怒られながら、崖に
這いつくばりながら、結構な枚数撮ってます。
キレイな写真をってゆーより、このままの景色を
皆にも見てもらいたいなーと思いながら撮ってます。
写真を褒められると嬉しいな!

>はっしー
ちょっと雪が多くなっただけでも景色が変わるよね。
だから~ ガイドさんに払うお金で一緒したのにぃ。
皆が満足だったのにぃ(笑  でもさ、あの講習で
ピッケルもアイゼンも経験したんだし・・
今度どっか行くべし。
ってか お金はこっちの方がないよぉ~
紅白出場のお金で行こうよー

>hiroさん
んだよ、雪で覆ってるんだば
でもその方がなんぼか歩きやすい。
中途半端に出てるのが一番怖いっす

生クリーム大好物!
雪山の雪が生クリームやったら
冬は山にこもりっきりだな(笑
そして誰も歩かせたくない!! 

ロビンさん
夏秋あわせると赤岳へは4~5回は登ってると思う、でも冬の赤岳は別世界ですね~

実は昨年2月に誘ってもらったのに勇気がなくて踏み切れなかったのです!!行者小屋テント泊の赤岳!
今ならきっと参加するな…うんうん

そうそう、今日夕方8チャンの「スーパーニュース」でお正月の「展望荘」を放送してたよ!36歳の山岳ガイドを目指す女性スタッフのドジだけど頑張る姿を追ったレポでした!!あわてて録画しちゃった(^^

ぜっっったいヤバイです!
今まで冬の八ヶ岳(特に南)は
とてもとてもお近づきにはなれないと、はなから諦めていました。
なのに、天候によっては(←これ大事ですよね)
こんなに素敵な山旅をプレゼントしてくれるんですね。
あー、、、行きたい。
私もいつかきっと、この景色を自分の目で見たいです。

ロビンさん、写真本当にキレイ!
感動しちゃいました。

冬山の凛とした空気がビシビシと伝わってくる写真ですね。
恐れ入りました。
もうロビンちゃんて言えなくなっちゃうよ~。
完全にあっちの世界にいっちゃったのねえん。

うーん、ほんと写真きれいだね。
私もいい条件のときに赤岳登りたいな~
今シーズンは赤岳3回ほど登る予定。

ねーねー輝子さん
今シーズンって、この冬ってことですかい??す、すごーい!
やっぱ、オーロラさんはオーロラだわ!←意味不明(笑

>たんべぇさん
んがぁ~ 4~5回登ってるのぉ? ずっと先輩ですよ。
2月にテン泊・・・
赤岳登山よりよっぽどテン泊の方が・・・つらい(笑
でも、あそこの景色は格別です。楽しみに!!

えーっ 「36歳の山岳ガイドを目指す女性スタッフ」??
女性は二人いたけど・・・ロン毛の彼女かぁ?
見たかったぁ~ でも無理だぁ。 グヤジ

>かんぼさん
是非いつか行ってみてね。
絶対、感激やさんのかんぼさんもコーフンずるぞ。
周辺の山も雪をかぶった姿は凛々しいです。
そして空気が澄んでクッキリですもん、いーに決まってる。

>やまおんなさん
>もうロビンちゃんて言えなくなっちゃうよ~
って、ある別な意味で「ちゃん」ではないような・・・(爆
体力・度胸ともにやまおんなさんにはかないません。
絶対負けますってばさ。
赤岳はトレースもハッキリしてて、実は雪山初心者コースなんですわ。

>輝子さん
今シーズンって、4月位までに?
凄いな。 残雪期ってこわそ。
まぁ ふふっ 天気に恵まれるかは・・・
ほれっ 神様は人をみるからさー にゃは

>たんべぇさん
ほんとオーロラってオーロラだよね。
↑ 意味不明(笑) その実態はいかに???


ロビンさん、こんばんわ~
ナイスなお正月を過ごされていたのですね~
わ~、こんな写真見ちゃったら、行きたくなっちゃいますよぉ。でもでも、まだそんな力量ないし・・・。いつか行ったるぞ~~!!
あ~、本当によだれでそう・・・

いやーヤバイ!
ヤバイですね。冬の赤岳!
いつかは行きたいんです。
とても参考になりました!

あ、はじめまして。
へなちょこ登山マン、井上ウッドと申します。

赤岳はもちろんなんですが
展望荘!!
そこはホントヤバそうですね!
頂上いけなくても展望荘は行きたい!
ってなくらいの好印象です。

これからチョクチョク見に来ますので宜しくお願いします。

たんべぇさん、厳冬期の赤岳なんてアクセスいいし、たくさん人入ってるから別にすごいことでもなんでもないです…
それより北アルプス行く人達の方がすごいと思います。
入ったらなかなか出てこれないし。

ロビンさんはこの冬シーズンの目標は?
さらなるステップアップとしてどっか行くの?

今日の富士山もまたきれい。
外にでたら空と山を眺めてますか~?

>まゆぴょん
ペンギンの行進 先越されたぁ~(泣
いーな、いーな。
カニカニづくしとzooでお楽しみのまゆピョンに
負けないように行ってきましたがね。
ええよー いつか行ってみてね

>井上ウッドさん
おぉぉ~ 新人さんいらっしゃーい。
はじめましてです。 
天暴走ちゃう天望荘狙いということは
やっぱり酒飲みと食いしん坊仲間なのでしょうか?
天望荘まで行けば頂上まであと小1時間。
美味しい物で勢いつけて、いつか頂上目指してください。
あっと、そうそう 天望荘には可愛くて
よく気の付く女の子いますよ。 うふっ
これからもよろしくです。

>輝子さん
んだね、この時期北アルプス行く人は
アプローチの大変さ乗り越えてだから
尊敬しちゃうよね。小屋もあいてないし。
一応他も考えたんだけどね、テントしかないし
案外 この時期ってつらいっすね。

でも、他の山の雪景色も見たいから
ステップアップにはならないけど、まだいくぞっと!
んで、輝子さんは他はどこかあり?

今週末は三嶺に行ってきました。
んで、いのしし石鹸目当てに寄った、
いつもの温泉が休業中でしたので、
近くの直販所を除いたら
同じ方が作られている
これはなんと
○か石鹸がありましたよ~。
ご応募お待ちしておりますけど(笑)

なんやらバタバタした週末でした。
みんなはこの晴天の中、たんまり山を満喫したかな?
この空気のすんでる時に行かない手はないよね。(悔

>tochikoさん
おかえりんぼー
凄いですね~ 縦走ですかぁ
んで、イノシシの石鹸ですかぁ?
どんな効果があるんでしょ。
ぶひぃー=3 の威力でツルツルちゅー感じかな。
○か石鹸はやはり「シカ石鹸」でしょうか?
もちろん ご応募にうかがいますぞぉー(笑
んで キレイになっちゃうもんねー








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。