スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守屋山 (長野高遠 1650m)

2007.03.14 22:47| 山の空気

 2007.02.10 (土)  
 
 南アルプス最北端の山(赤石山脈の一番北)で
 諏訪大社の御神体とも言われる信仰の山 
 「守屋山に雲がかかると、ふもとに雨が降る」 
 と云う伝説があるそうな・・・   

 少し前になるが、木曽駒荘の行きに寄った山である。
 メインは木曽駒荘なので、その前にサクッと山を  
 歩ければそれでいいかな・・・な感じだった。
 (西峰までいかなければ 3時間もあれば十分)

 今回は、昨年から山にずっぽりハマってしまった emiさん
 ダンナさん(監督)と、毎度の師匠の4人組山行である。
 監督とは今回は初めてだったはずだが、もうすっかり
 仲良し仲間になってしまった。
 さすが・・・emiさんの選んだパートナーさんなのだ。  
 なかなかやるのー (←意味不明)
 
   20070312071355.jpg
(クリックOK) 守屋山地図 

????????????????????????????

 南諏訪 ICで下り、国道 152号線に入る。
 杖突峠越えルート、峠の辺りに一風変った建物が 
 あらわれる。 そこに広い駐車場もある。

 着いた時に、すでに仲間の たけっちの車発見!   

20070305150400.jpg
車はご主人の帰りを待ってる忠実な番犬なのだ!
もうちっと違うパートナーも探してほしいところだが・・・


 
 すでに 9時過ぎ。
 
 きっと 早朝出勤好き ←ありえない! 早朝登山好きな
 たけっちはもう下山中だろう・・・と

 案の定、登り出してすぐのバッタリコ  だった。

 今から登るんですか? 
 (信じらんねぇー。 木曽駒荘に何時に着くのら?)
 という風な表情 が読み取れた・・・・気がする (笑

 木曽駒荘でも夜の宴会の用意のお手伝いが必要だろうし
 少しマッタリし過ぎかもだ。 あわわわ
 
20070305150438.jpg
登りはじめは急がずユックリと。


 綺麗に並んだ明るいアカマツの木々の道が続く。
 雪は思ったより少ない。 まだ午前中なので幾分ましだが
 帰りはきっとにゅるにゅるになるだろうな。 いややねん

20070305150326.jpg
途中にもパオが建ってる。 これは一体何につかうのか??
(注: 木曽駒荘でブッチャケてたPAOにあらず・・・) 
 
2度程、林道に飛び出し 少々興ざめなこともあるが
まったりとした緩やか斜面を登っていく。
雪はほとんど邪魔にならない。
ただし、ココのところの冬らしからぬ暖かさ
一部ぐちゃぐちゃでドロンドロンである。
これならば、きれいな雪がサクサク、カチカチして
てくれたほうが なんぼ嬉しい。

20070312071334.jpg
こまめに体温調節。 ここが肝心。


途中、ちょっと細めのトラバース気味の雪の
斜面にでたので、ここは初々しい監督 に
せっかく買ったアイゼンを着けていただいて、雪の上を
アイゼンで歩く経験をしてもらおーという事になった。

20070305150311.jpg
監督、 初の軽アイゼン!
4本でござるか。 6本でもよかったなりよ。


もちろんエライ エライことに 前夜、アイゼン装着の練習
したようだが、そーは問屋さんが卸してくれないのだ 

だってさ、試しに着ける時に靴を履かずに着けちゃうんだよね。
履いてつけるのとじゃ おーちがい。立場が逆なんよねー
んだから、本番 着け方がよく判らなくなっちゃうのよねー。
(実は私も最初にやった失敗なのだ。 わっはっは  )

こんな時は、先輩風ピュープー 吹かせて
「はいはい、こうやって着けるのよ。 おほほ?」なんて
優しくお手伝いしてあげて、ぐぐっとロビ株  を上げておく。
 

20070305150319.jpg
途中から守屋山全容が見える。
登山始めた頃は、この高ささえが末恐ろしく遠く思えたもんだ。



途中には広場があって東屋やトイレもあった。
家族連れにももってこいかもしれない。 あとはもうすぐ。

どーせなら買ったスパッツも・・・と完璧な装備を
目指す監督。 ちょっ山歩き人生を先行している
奥様 の emiさんは余裕の面持ちなのだ。


20070305150417.jpg
もうそこが頂上
空にはばたく鳥が助走するように駆けあがりたい。


初めて訪れる山っていうのは、山頂に出る前はいつも
ドキドキ ワクワク するよね。何年経ってもそうだ
 

頂上は、さほど広くはないが360度の展望だった。
すぐ目の前には諏訪湖 が広がり、北八ツはばっちり。
残念ながら気温が上がりすぎて、ぼや?としてしまってはいるが
遮るものがなくて気持ちのよい開放的な頂だった。

20070312071307.jpg
仲良しなご夫婦。
同じ景色、同じ風、同じ感動を共に味わう、幸せだよね。



感激屋さんの監督が 「おぉぉー 素晴らしいなぁ」
声をあげた。 


本当だったら、この時期の寒さがあれば・・・・

こんなもんじゃない、もっともっと凄いんだよ。

なんだか鳥肌が立っちゃうくらいな感動があるんだよ。

言葉にならないくらい素敵な景色に巡り会えたはずなのに

残念じゃけん。 見せてあげたかったなぁ?(とは心の声)


20070305150337.jpg
 (クリックOK) 守屋山西峰 あそこまでは20分?
あの向こう側には きっと違う景色が待ってるんだろうなー



20070305150350.jpg
空はどこまでも青い。 
「なんだよー」と意味のないセリフを口ずさんでしまうほど 青い!  

今日はこの後に 「木曽駒荘の大宴会」 が待ってるので
簡単な昼食でサッサか 下りに入る。
 

20070305150942.jpg
監督は今日初めてクサリ場体験!! ちょっと緊張か?

監督はただ今、岩や地層にハマってる。
ちょうどここの辺りが 中央構造線と・・・ほにゃらら??(覚えてない)
まぁ 詳しい事は直に監督の教えをこうか、
下記を・・・さらっとおさらい。
http://www.scenery.jp/alps/index-09.html

でもさ、Mっきーと言い、監督と言い、地層とか成り立ちを
考えながら山を見ると、また違った楽しさを発見できるのだろう

20070312071249.jpg
降りは腐った雪に注意。滑って 泥んこはいややもんね


20070312071239.jpg
(クリックOK)途中から見える八ヶ岳方面
今日は暖かいので、残念ながらボヤボヤな景色。


それでも自分の位置を確認する。
そして普段見ているあの山のちょっと違った顔を発見したくなる。


20070305150409.jpg
駐車場が見えてきた。
無事にゴール だね。 よかった。


きっと もっともっと空気が冷えて清々しい朝には
ここは素晴らしい展望台になるんじゃないかな?

またチャンスがあったら覗いてみよう
そうなのだよ、ココは  『諏訪大社の御神体』さま なのだから 


コメント:25 トラックバック:0
<<那須岳に冬は確かにおりました | ホーム | あなたの知識度クイズ>>

展望も良さそうでいい山ですね。
まだ山をはじめたばかりの方に、いい展望を
「見せてあげたかったな~」
っていう気持ちわかりますね。
ロビンさん、やさしいな~

また登ってね。

守屋山は富士山以外の山が見える!って言うくらいいいお山だからぜひ来年の厳冬期に来てチョ!
その時は一緒に登ろう!!

私が登ったのは2年前の1月末。
樹氷がお日様に当たってキラキラ。
山頂からの諏訪湖もキラキラ。
八も北アも中アも南アも御嶽山も綺麗だったよ~~。

私もいつか師匠とお山に行きたいなぁ~~。

景色はさー、ぼやんはぼやんなりにええもんだよー。
人間もそうじゃん。おっちょこはおっちょこなりに~ ねえ、ロビ姉。
で、やっぱりまたまたあっちに見えるピークに行きたがってるのだー。毎度の欲張りロビ○なのだー。やーいやーい。

これこれ!

7月に木曽駒荘を訪れる作戦を計画中なので、オプションとして参考にさせていただきます。
ところでこの季節には「軽アイゼン」は重宝しますよね。結構割り切って使えるので、ミックスの露出面もドカドカ歩けるしね。
「それ行け!軽アイゼン」って感じでしょうか。

その節は監督さん、初めましてでした^^(ここで、挨拶^^)
監督さんの感激が伝わってきますね~。この感激は周りにいる人にとっても、うれしいものですよね~。もっともっと、感動できるステキな景色があるんだよ!って教えてあげたいロビンさんの気持ち、わかるな~・・・・・

うん確かに

あのタイミングでバッタリはビックリでしたね(笑
私も厳冬期にまた訪れてみたいですが、この国道もつるつるそうでやっかいですね。

もしかして4月に、どこかへ行くついでに、また登るかもしれません~

もっともっと凄かったかも~? ありえな~い!そんなら心臓止まってまうよ。雪も、めすったアイゼンも、泥んこまでも、
ほんとにもうこの上なく楽しかったです、神さま、師匠さま、ロビンさま、あと話せば長い運命のいたずら様、ありがとう。
この場をおかりして、木曽駒さんはじめ、木曽駒荘でお世話になった皆様にもお礼申しあげます。
本当にありがとうございました。守屋山、木曽駒荘シリーズは大袈裟でなく、人生の転機だったかもしれません。
Hiroさん、ご挨拶が遅れて失礼しました。今後ともどうぞよろしく。

んで、関係ないけど、最近来た客先の窓口の名がRobinっていうのよ。
こちらはロビ姉とちがって、相当むくつけきオノコなりよ。でっぷり腹も出てるじょー。
んで、今朝も、あのねRobin、そんでねRobin、だからさRobin、って言う度に
ロビ姉の面影がダブって笑えてくるんさー。本名を変えろとも言えないしー、クマった鍋ー。(まだ、クマ肉ひきずってるアタシ。)

守屋山♪
いいねいいね(^_-)-☆
来月行けるカナ?

ロビンさんの、「見せてあげたかったなぁ~」って気持ち良く解るよ~

ロビンさん こんばんは♪
広々としたいい山ですね。
この季節の空気感が伝わってきます。
>空にはばたく鳥が助走するように駆けあがりたい。
頂上に向かう写真のこのフレーズ
とっても気に入りました。
そうなんよね~。
そこまでピッチ刻んでいても、
ピークの手前では初めての人優先って感じで走ります~。
そういえば北岳ではちいちゃんと並んで
ダッシュしたっけなぁ~。

監督さん。人生の転機に立ち会えた私たちって幸せ者です~~。

でも来るなり、囲炉裏番に玄関修理、いっぱいこき使ってしまって。。。。
ごめんなさいね。
こりに懲りず、emiさんと一緒にまた木曽へ来て下さいね。


それにしても守屋山登山口にあるあのヘンな建物群はなんでしょうねぇ?
いまだに謎です。

ロビンさん、こんばんは。
諏訪大社は一度は行ってみたい所ですが、その神体山と聞いては、ここも行かなきゃいけませんね。
ていうか、神体山に普通に登ってOKなのですね。
どうも、神体山というと、三輪山を連想するんですが、あそこは狭井神社の入山口から登れますけど、写真撮影、及び、飲食厳禁なもんで、難しく考えすぎなのかも。(笑)

監督さんも、ご無沙汰しております。相変わらずemiさんと仲良くお山に行っておられるようで何よりです。

で、日付なんですが、2/10(土)じゃなかったでしょか?

なんだか寒い日が戻ってきたかんじ。
窓の外の沢山の桜は蕾も固くって
じーっと息を潜めて暖かい日差しをまっております

>ぴかさん
うんあのね、とっても手頃でありながら
それ以上の展望があるお得な山ですね。

山の素晴らしさを知ってほしいから
「素敵な景色」をみせてあげたいんだろうね。
この気持ちはみんな一緒だと思いますよー
私にも最初はそんな気持ちで山に連れていって
くれた人達がいたんです。ありがたかったです。

>木曽駒さん
うん、木曽駒さんのお庭(?)だもんねー
本当の雪がタンマリある時に行きたいなー
明るい登山道が気持ち良いもんね。いいよあそこ。
>私もいつか師匠とお山に行きたいなぁ~~
師匠が聞いたら 泣いて喜びます~
いつか一緒に山登ろうね。長野の山を教えてね。

>まっきー
ふ~む、ぼやんはぼやんナリにか・・・深いな。
オッチョコはおっちょこなりに・・・ってさ、お互いに(笑
そなの、欲張りんこだす。「もっと、もっと」で先に進むのだ。
それってどっちだったっけ? まっきーは欲張り違うって言って
たけど・・どうだかなー。君の向上心は・・ふふっ欲張りの
表れの何ものでもないじゃあーりませんか。

>河童さん
7月に木曽駒荘ですねー。 ふむふむ メモメモ
いやー SARU軍団が来られるんだったら、何を
用意して迎え打つか・・・今から考えないとだわさ。
あーーーっと驚く為五郎にしないと。
えーっとメニューは駒子さんに考えてもらって
余興にまっきーとまゆぴょんの鯛やヒラメの踊り・・
あ“~ こんなんじゃ土佐魂にまけてしまうぅーーー

>hiroっち
そなの、監督のストレートな感動が見てる私達をまた
喜ばせてくれましたねー。 なんだかアノ頃の自分を
思い出すんですなー。まぁ 山歴ながーーいhiroっち
は昔過ぎて・・・ちょと思い出せないんじゃ 
親に連れて行かれた山人生のオナゴって、結構多いよね。

>たここ
そそっ 厳冬期にはいいかと思うな。
たっぷりかぶった真っ白な雪と木曽駒さん言ってたように
キラキラ光る樹氷。そして八つがきれいだろうねー
問題はあの杖突峠だな。 たここ試してみてみそ。
私はまだ西峰いってないからさ、楽しみ残してあるんだー
うっしっし

>監督~
よかったなり、アレくらいの感動からで。
心臓止まられちゃったら・・・あわわ 後悔しちゃう。
「長い運命のいたずら様、ありがとう」ってとこがなんだろうな?
ですが、今度いつか一杯やりながら(笑

んで、なんでだろうな? Emiさんも監督も私をロビ姉と呼ぶ。
まぁ 知性と教養と落ち着いた態度。。。だからね。
でもね、監督。これからは「年下だけどロビ姉」と呼んで(爆
客先のRobinとは また不思議なご縁ですな。
いじめちゃやーよ。(同じ名前で不思議な仲間意識・・・)

>食う寝るくん
ん、木曽行くときは、サクっと行ってみるべし。

みんな「見せてあげたかったなぁ~」仲間だよね。
だってこの感動をみんなで分かち合いたいもんね。
「一人締め」より「一緒に感動」の方が嬉しさ倍の気がする。
・ ・・って、ホントは一人が心細いからか?

>tochikoさん
こんばんはー そうなんですよ、そんなに高くないんだけど
小さな頂からは、よく通る高速からみる景色、八ヶ岳
諏訪湖、美ヶ原・・・みんな見えます。
諏訪湖の花火の夜なんか、狙い目かもですね。 
そうですよねー。 頂上が木々に囲まれて展望のない時は
ちょっと気分が開放しきれなくて、少々こもり気味。
最後頂上に飛び出すあの瞬間の気持ちの高まり。
あぁ・・・そだ、頂を制すだけが登山でないって言ったばかり
なのに・・・とほほ
北岳でダッシュ・・・おぅロビ男は高山病で弱ってましたよん

>木曽駒さん
監督は帰りの車で何度も木曽駒荘の話で盛り上がってましたよ。
とっても楽しんでもらってよかったよねー
ってか 私も十分楽しみましたよ。ありがとね。何回お礼言っても
足りないぐらいだにゃん。
守屋山登山口にあるあのヘンな建物群・・・
あれは長野の方でも知らんのかいな。らしくないんだけど
せっかく作ったんなら、役に立ててほしーですね。

ロビンちゃん♪お世話になりました★ありがとう\(~o~)/

師匠にくれぐれもよろしく!v(^O^)v

あのう、レポ、私が出すぎです(笑)
かっこいい師匠をもっと出さないと!
守屋山で先を歩くお二人の歩調がぴったりあっていて
感心しましたよん。
あのう、アイゼン6爪でやんす。ほんとお世話様でした!

木曽駒さん♪お世話になりました★ありがとう☆(^O^)☆
絶対、今年また行くからね★よろしく\(~o~)/

アランチゃさん♪おひさ~♪
私は今年に入って6回も山行ってます♪
ロビンちゃん、アランチゃさん言うとおり2月10日だよん。

お兄様、お姉さま

 はい、年下のロビ姉さま。ご存知なかった?山行ブログ上での年齢は当人の初登山開始日から起算すべしとの文部省IT局長通達があります。こちとらは、やっと満3ヶ月、従って、皆さん全員、お兄様、お姉さまなりよ。
ってか、世の中全般に40歳以上の大人はみんな年上に感じて、精神的に見上げてしまうのは、私だけ?精神が幼稚なんですねー、認めます。んで、時々鏡をみると、心身のギャップに驚きます。「たここ」になんか、その若さでも心の中では「お兄様」と呼んどりまっせ。

emiさん&監督

えーっと かっこいい師匠って随分師匠に
サービスし過ぎですから~
でへへー アイゼン6本爪だったっけ?
写真みたら 「はれっ?4本だったのか」なんて 

かんとくー そうかぁ
年齢は当人の初登山開始日からなのね。
ふんじゃ 私はまだ仲間の中でピチピチの部類ざんす。
えーっとギャップと言えば、私も心はいつでも
あの夕日を浴びながら部活にいそしんだ高校生!
密かに憧れのひとをに会うと ポッと頬染める高校生!
そっか、みんな一緒だな。
たここは・・・精神的に おっと肉体的にも・・口チャック

さぁーて 今から行ってきますよーー
雪山でサクサクだぁ (^^)/ ばいばいきーん

心の声:「見せてあげたかったなぁ」に共感!
気になる山の一つでしたが守屋山はまだ未登。でも、今年の射程に入ってきましたよ!

雪山でずこずこぼてーっ
ってなってないといいけどなあ。
しかりさんの妹がいなくても大丈夫かなあ。
心配ですネ。。。。

さすがロビンさん?

さすがロビンさん!真面目なレポもかけるんだと思ってしまい…心配?しかけ、コメントの返事見ると、いつものロビンさんでした。(安心)
バイバイキン使う私の回りの女性はみんな年齢が…○○代。
不思議。

そうそう、神楽坂にロビンって言う店あるの知ってます?

>ふんじゃ 私はまだ仲間の中でピチピチの部類ざんす。

それ言ったらボクもぴちぴちだよ。
ボクらから見たら、ま○さんとか、○ぜさんとかが、長老レベルですな。

今日も風が強いねー

>アランチャさん
あぶなぁー! 返事の合い間だったので
危なく気付かなくてスルーするとこでしたよん。
お久しぶり~
私も諏訪大社いったことありませぬ(笑
そんで、その神体山と言われる守屋山は
そんなドエライ風な感じでなく、優しい里山風です。
なんせ駐車場は広いし、お手軽だし、展望いいし
誰にも優しいステキな山ですね。
アランチャさんも こっちに来る事あれば是非行ってみそ。
そうそう、日付まちがってましたー。あんがと。
なんせエイヤーな性格なもんで・・でへへっ

>カモシカさん
そうですよねー これから山の世界に足を踏み入れる
仲間には、是非最高の景色をプレゼントしたいものです。
守屋山 是非是非! どのシーズンが一番なんでしょうね。
きっとそれは・・・木曽駒さんが詳しそうですぞー(笑

>まっきー
>雪山でずこずこぼてーっってなってないといいけど・・
あのね、それ、誰のこっちゃ?
シッカリしてる風でヌケヌケ・・・
あぁ 頭隠して、お尻隠さ・・・おっと
そこが可愛いんだけどねー いもうとよ。ほっほ

>hiroyukiさん
うふっ 人間色んな面をもってるわけですよ。
陰と陽、プラスとマイナス、天使と小悪魔・・・(ちゃうか)
どっちがお好み?? うふっ(←?)
えーっと、そう? バイバイキン使用者は○○代??
んで、神楽坂のロビンって気になりますね~(笑
何屋さんなんざんしょ? 検索したんですがでてきーひん。
もしかして・・・高級・・・・サロン??
うふっ(←?)

>たここ
だからーーー 君の場合、服がピチピチ・・・(って今の私も!?)

えーっと、前の記事を読まないで、いきなり
「長老レベル=ま○さんとか、○ぜさんとか」ってなったら
君・・・ボコボコですね。 やばいぞ!








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 ロビン本舗 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。