スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛無山 (山梨・静岡 1946m)

2007.04.03 22:51| 山の空気

 

 もくひょー!! 2キロ減!!  

 体重ダウンを狙った 自分に厳しい山行!! 
 
20070402192733.jpg
沢沿いの道はしっとりとした空気の流れ
  
       

????????????????????????????????
 2007.4.1 (日) 


長期計画の苦手O型 (ひとくくりでいーのか?)の私は
明日に健康診断を控えた日にガッツリ山行の毛無山へ向かった。

 目指すは 吉良こうずけのすけ ・・・ちゃう 2キロ減!!
 
食べるのを我慢できないなら、体をいじめるしきゃない。 
以前からこの 毛無山  は体力アップに最適なナカナカ 
ハード な行程だと聞いていた。 

20070402191504.jpg
昨晩の強い風がウソのように穏やかな談合坂からの夜明け

朝霧高原道の駅を車で通り過ぎ、農大富士農場の看板を右折
緑が鮮やかな牧場を通り過ぎ駐車場へ向かう。
この辺りは、早朝の朝モヤと富士山をカメラに収めようと 
何台かのカメラマンの車が停まっていた。

ASAGIRI.jpg
これは帰りの画像
もっと明るくてスガスガしいんよね、本当は。はぁ?残念!



20070403075008.jpg
駐車場
ポストがあって、備え付けの封筒に500円をいれて投函。
車に戻ったら、領収書がちゃんとフロントガラスに。


駐車場(7:55)?分岐?不動の滝?富士山展望台?尾根分岐?
南ア展望台?頂上(10:20/11:30)?尾根分岐?地蔵峠?駐車場(2:30)
 

標高差1000mを一気に直登 


駐車場を出発歩いていくと、昔 武田信玄公が金を
採掘していたという跡があった。まぁ 昔の人は今みたいに
金属探知機もないっていうのに、どうやって探し出したのやら。
こういった歴史を師匠に話させたら詳しい。
話は、あの何かが出る?という花魁淵の黒川金山まで発展する。

20070403210804.jpg
まずは枯れた川を渡る.
川底をコンクリで固めてあるのには・・・泣ける。
 


枯れた川を渡るとすぐに分岐にでる。 
行きは直登 毛無山ルートで。 


20070402224516.jpg
地図: 今日のルートはこのグルリップに決定?!
(P?分岐?尾根直登?毛無山頂上?地蔵峠?沢沿いルート?P)

マジに直登だわ。 ほとんど同じ傾斜の道が延々続く。
途中途中に目安の○合目立て札がでてくるので
ペース配分はしやすい。
っが!? 逆に言うと、そろそろ尾根にでるかも・・・
なんて甘っちょろい望みはぶっ飛ぶ程、
自分の現在の位置が明確にされていて精神的に辛くもある。   

20070402191541.jpg
いきなりの急登が続く。
この山は ひたすら”体力勝負”
痩せる為に選んだんだ ブーブー言うな > 自分
コレくらいでメゲチャいけない。10合目まで続くなり


今日は風もなく気温が高い。 
普段、頭や顔に汗をかかない芸能人向けの私も
早くから たら?りと汗をかく。
よしゃ!よしゃ! サウナ状態じゃぁ、 願ってもない。
一気に2キロと言わず、5キロ位 凹ましたい!!

30分も登ると、不動の滝の展望台につく。
爽やかな風に乗って、遠いけれど山深い中に 
確かな流れをつくっている滝のイオンを感じる(気がする)。

20070402191720.jpg
不動の滝 :山深い滝のようだが歩き出して30分程

順調、順調。 どこまでも歩ける気 がする。
5合目の立て札の手前に、樹木に囲まれた広場があった。
ここでちょっと長い休憩をとりすぎた。 
休憩の取り方は難しいものだ。
休んだはずなのに余計疲れるってあるんだよね。

20070402191622.jpg
岩も出てきたゾット

結構歩いた気がするが、まだ半分。
少し大きな岩やロープが出てきた。
暑い・・・サウナ・・・ 暑い・・・・ダイエット・・・
あぁ 自分を苛めるって大変なことなんだわさ。
こんな時に可愛い花でも咲いていてくれたらいーのに。

20070402191656.jpg
ロープも何度か出てくるがほとんど使わずOK

まだまだ ハゲハゲな落葉樹の明るい急な道が続く。
振り返れば、木々の間から富士山がチラ見えするのだが
今日みたいな暑い日はもちろん ボヤァ?とした展望なのだ。 

20070402191705.jpg
五合目: 
この○合目っていう区切りはタイムなのか標高なのか?



7合目辺りだろうか、富士山展望台がいきなり登場。 
タタミ1畳分位の突き出た岩に乗ると、バァーンと目の前に
デッカイ富士山が眺められる。右手は身延山の方面。
黒い山々のシルエットが幾層にも重なって美しい。
富士の裾野には広い広い緑の朝霧高原も見える。

あそこには今 初夏のような爽やかな風が
草をなでて吹いているのだろうな


20070403210841.jpg
富士の展望台でドデカイ富士山にコンチハ?!

20070402192101.jpg
(クリックOK) 富士山はいつでもそこにいるんだよね。
ずーっと、ずーっと昔からさ。



20070402192712.jpg
(クリックOK) 身延方面の山々。こんな景色にココロが癒される
山が何重にも折り重なって・・・ひとつひとつの山に神様がいる


ここでコーヒーでも飲みたいとこだが、頂上の展望を
楽しみに先に進む。
いよいよ尾根にのっかると、地蔵峠からの合流地点にでる。
この辺りにはさすがに雪がチラホラ残っていた。

20070402191551.jpg
 細い明るい尾根は大好物!
 
20070402225815.jpg
合流地点からは、ちょびっと雪もあるでよ

その先には、南アルプスの展望台。 
師匠が尻尾を振り回す程、喜んでいる。 
やはりそっちの 展望が見たかったようだ。  
これまたちょっと突き出た岩の上に登ると、
そこには まだまだ冬の顔のままの南アがいた。
モチロン八ヶ岳からテカリまで丸見え状態だ。

ふーむ やるなぁ。
なかなかタイミングよく喜ばしてくれる山じゃん 

20070402191844.jpg
岩の上派南アルプス展望台。師匠大興奮!

20070402192112.jpg
(クリックOK)南アもどーーんとだぞ 

ハナッカラ見えっぱなしっていうのは・・やはり色気にかける。
こうやってチョコチョコ小出しされると参っちゃうのよねー

なんだか二人で「いいね いいねー」を連呼していると
頂上に着いた。 富士山側が開かれて芝のような草に覆われた
気持ちのよい頂上だった。 

20070402230601.jpg
頂上は富士山側が開けて、日当たりのよい気持ち良い場所

まだ時間は10時過ぎなのでお腹はビミョーだが・・・食す。
ここで我慢すれば・・・痩せるのにだ! 
初めての アルファ米のピラフを試してみる。
むむむむむ・・・・ちょっと人工調味料の味が・・・きついかもだ。
日焼け丸出しの日差しの中で 食後のコーヒーを堪能
1時間以上気持ちよく過ごす。
師匠の顔に白い粉がついてるのかと思ったらなんと塩だった!?
(ノリをつけたらオニギリになるのだ)
 
20070402191853.jpg
(クリックOK)こちらからの富士山もいいんでない?
下には朝霧高原がみえまーす。目をこらせ、モー君がみえるかも?

頂上にソロで来られてた地元のおじさんに道を尋ねる。
地蔵峠からの沢沿いの道もシッカリ整備されているらしい。
おじさんは度々登り、登山道の整備を行っているらしい。
こういう方達のお陰で安全に登れるんだよね。 謝謝。
今日も5合目の立て札が投げ捨てられたらしい。

20070402192655.jpg
 こちらのコースは気持ち良い尾根歩き。
(なよなよん・・・ウッフンなオネエ歩きではない)  

ぐるリップの地蔵峠に向け歩いていく。
なだらかな明るい尾根歩きで もぉー!!まったく!
・・・というほど気持ちが良い。 あぁ?幸せなのだ。
  

ガサッ・・・

その音で左の岩の上を見ると・・・な、な、なんとぉー
5mも離れていない所に 大きなカモシカ!!
岩の上でお昼寝中だったよう。 
岩からヒラリと(いや、ドテッだったかな)飛び降り、すぐ近くから
ジィーっとこちらを眺めてる。 カメラを構えようがお構いなっし。
コゲ茶と白のフサフサな毛をまとった彼は立派だった。
目があった途端にカモシカの強い意志が確かにこちらに
伝わってくるような気がした。 

20070402232201.jpg
カモシカ君よ、そこにおったん?

20070403074337.jpg
カモシカ君 ど、どあーっぷ!
はんれ? ラムちゃんの角と一緒ナリ 
 
先に目線をはずしたのはコッチだった。
カモシカ君の視線を痛いほど感じながら、さよならだ。
日本の山もいつまでも野生の動物が住みやく
居心地のよい山であってほしいと切に願う。


20070402192647.jpg
地蔵峠の分岐点

2度程の富士ビューポイントを覗きながら気持ちよく歩く。
地蔵峠までは一度下って、小さなピークを一つ越える。
そこから左手に一気に下っていく。

20070402192703.jpg
石ころだらけの急斜面は、ジグザグに道をきってあるが
「人が多いときは歩きたくない」とは師匠の言葉。
どこからでも落石がありそうな怖いところだ。
雨で濡れた時も使いたくない。 

20070402192625.jpg
(クリックOK) こんな斜面をトラバってるねん

20070402192829.jpg
こういうロープを見ると、芥川の蜘蛛の糸を思い出す。 
たはぁー ガクが・・・隠しても・・・でちゃうの

20070403224457.jpg
沢を4,5回渡る。
水量で川の表情も変わってしまうんよね


20070403210529.jpg
沢を渡る目安の缶
テープだとすぐ流されちゃうらしい > 地元おっちゃん談

しかしこの道は、真に変化にとんだ楽しい道だった
滝が何ヶ所も現れ、沢は青く透明感があって美しい。
沢を4度程渡ったり、スミレも結構咲いている。 

20070402193722.jpg
(クリックOK) スミレちゃん
(はいそーです種類ダブッテます)
 
大きな岩が転がって落ちてきたのだろう、
なんだか荒涼とした原始林のような景色もあり
水分をたっぷり含んだ瑞々しい鮮やかな緑の
苔が一面についているような場所もある。

一粒で・・何種類もの味っていうお得なやつだ。
 
心の広い優しい(もうこれでいっか?)師匠が、存分に
写真を撮らせてくれたので、のんびり休み休み降った。

20070403210358.jpg
ココで石を焼いて金を採ったのか?


こちらのコースを降りてきて本当に良かった。 なんだか

 『 ドM、爆走ダイエット山行!!』  

のはずが・・・ 
すっかり楽しんで心満たされた山歩きとなった。

20070403193358.jpg
(クリックOK) 毛無山: おぉーあの斜面を登ったのだ


20070402231733.jpg
朝霧高原パラグライダー練習場 
鳥になった気分で、今度はアレをやってみたい。

20070402192723.jpg
我慢できないソフトとお山、あ?それそれっ


帰りはすぐ近くの朝霧高原道の駅で美味しいソフトをペロリ。

毛無山を眺めながら、今日歩いてきた山を振り返る。

 
あの斜面を・・・
あの出っ張りは・・・
あそこの頂上に・・・
あの辺りに今もカモシカ君が・・・

そんな風に山の名残を体に残して家路に着いた。


    結果  減量 1kg!!
 
     (期待×1/2 ってとこかぁ!?)


コメント:22 トラックバック:0
<<もん吉の春爛漫 | ホーム | 接近!!>>

カモシカは毛無山でしたか~
へ~、そうなんだ~
あそこからは大沢崩れが良く見えるんでしたっけか。
あのへんしばらくごぶさただなぁ

減量残念でした。

楽しんだ分、減らなかったようですね。
いつも激しい山歩きしているから少々のことでは減らない体になっているのでは・・・
カモシカもこの辺でもいるんですね。

なんか変化に富んでいて楽しそうなお山ですね~。
私も急登同じ頃に頑張っていたかも・・・
まさに木の根元にしがみついて、新陳代謝に鈍感な私が汗をポトポトたらしながら・・でした。

話はぐぐっと変わっちゃうけれどさ、去年ロビンちゃんたちが、穂高で遭難した人を救出するヘリに遭遇した時のレポあったよね。このブログの記事を見ながら思い出しちゃいました。
http://blog.goo.ne.jp/bongo-pete/e/7ebfa81f999b495bdd4142562a6daf48
きっとロビンちゃんもあのときの事をまざまざと思い出すでしょうね。

いい山ですがしばらくご無沙汰の山だったのでまた登らねば。初めて登るとこの山の印象は、直登一直線って感じでしょう。トレーニングにはうってつけですね。冬場に体がなまってるから一丁行ってみるか。
南アや富士山の眺めもいいし、山頂ではパラグライダーの人が真上まで遊びに来て、言葉も交わせるし。
でも、ここは秋がいいんですよ~。
ソフト食べてないで、そこではステーキを食すべし。(カモシカではありませんぞ、朝霧牛を!)

いいやまだ!

冬枯れた景色も自然もいい山ですね。
そしてがっつり登山で減量も沢山こなし、その反動もバンバン経験済みです(涙々
その度、人の体はよくできているなぁって実感します。
野生の王国バンザーイ(何のこっちゃ!)

うおおっ、ロビンさん!
珍しいスミレちゃんが混じっているではないですか~
もう咲いてたんだ、へぇ~

私は昨年の4/30に逆ルートでした。下りが急でひゃあでした。
そのときはね、滝の休憩所の下の方になんとヒカゲツツジが咲いていました。
ミツバツツジも満開でけっこうよかったです。
地蔵峠のコースはスミレ多かったよね。
イワカガミさん、なになにめずらしいスミレ?
どれ、もう一度じっくりと


にゅほぉ~!!
スミレちゃん ヒットしましたですかぁー!?
やったぜカトちゃん。
ふむふむ きっと上から2段目の左側?
「トウカイテイオー」ちゃう
「トウカイスミレ」れすかー?

いい山ですね~、急登好きには堪りませんな!
近いし(笑

かもしかはまだ見たこと無いんですけど、怖くないん?
襲われソ~。

-1kgでしたか~。
オイラ夏に一山で-5kgであせったことあるなり(ーー;)

よそではずしまくりだから、明言は避けてと。
トウカイちゃんの下のスミレちゃんの葉っぱも見てみたいなあ。
たけ小屋でプリーズ。

景色よし、石よし、カモシカよし、ダイエットにもよしと、ほんといいこと尽くめですな。
でも、公共交通機関派にはアプローチが問題だにゃ。(と無難に回避、ほっ!)
ところで、カモシカ君に息吹きかけて王子様にしようって人いたけど、
アップでよくみると角は小さ目だし、体は大きくてもウシは見かけによらんぞなうし。
息吹きかけると天照オーロラ姫様になっちゃうんじゃないのかな?

>「トウカイスミレ」れすかー?

すすすごい!
イワカガミさんのコメントみてこの返しができるとは。。。。
ロビさんかなりレベルあがってますねー

いやん(^u^)
監督ったら~!
パクリごめんだなんて~(笑)

「食いすぎサンダ-ス」

おおウケでしたわよん♪

って、なんの話やねん!
ですよね^_^;

>ぴかさん
ピカさんの過去レポも参考にさせていただきました。
でっかいぐるリップしたんですねー。毛無から先も
興味あったんですが、日曜の夕方の高速の混みこみ
に引っかかるのが嫌で さっさか帰りました。
あの辺りは結構静かでいいかもです。

>えいじさん
減量・・・がびぃーん
と言いながら、家に帰って調子になってビール
2本も飲んじゃった。500mlも。
これじゃー痩せるわきゃないってー(泣

>やまおんなさん
そうなんですよ、あの降りはナカナカ楽しめました。
同じ頃どこいってたんでしょ?覗きにいこっと。
やまおんなさんが貼っつけてくれたblogとっくに見たよ。
あの方のblog参考になりますよねー(救助や遭難とか)
知っとくのと知らないのじゃオー違いですもんね。

>カモシカさん
なぬー! 朝霧牛??
んだば、ダイエットだっちゅーの(笑
でもね、あの道の駅で沢山おつまみつまんじゃったのだー
今度行ったら 絶対ステーキだべよ。んで、もう一つだったら
うっほん、カモシカさんに請求書送りつけちゃうのだ。

>河童さん
>野生の王国バンザーイ(何のこっちゃ!)
このノリ・・・なんだか似てるな・・・自分と(笑
山での減量って、やっぱり反動くるんでしょうか?
まぁ 家に着いてビール飲んだ段階で、ほぼ元のサヤって気もする。
山をやりだして筋肉がついたときに、太りましたがな (T_T)

>イワカガミさん
あぁーーーーー先生に褒められるって(褒めたのか?)
な~んて気持ちがいいんだろ。
よっしゃ、また今度ガンバローっと。

>ぜぜさん
ぜぜさんのも見たよ。あそこはやっぱり春ですね。
夏じゃ暑すぎて・・・ヤバイです。
そうなんです、スミレは全部 地蔵コース。
地元のおっちゃんは「冬が一番」って言ってるけど
春がいいんじゃないかなー(たここは雪の時行ってるな)

>くねるくん
>急登好きには堪りませんな!
・ ・・いるんですかね?(笑
まぁね、自分を苛めてる感に酔いました。
でも、後で考えると時間も短いし、そんなに驚くほどハードな
山ではないんですね。行ってみそよぉー
山で-5kgって・・・どこ?そこ??教えてなり

>監督
景色よし、石よし・・・で笑った笑った。
うんあそこのね石を見て、師匠が
「常緑なんたらかんたら(だったっけ?)」っていってた。
監督に教えてもらった名前が思い出せなんだ。
でもあの石、ちょっと歩きづらいっすよ。
玉乗り状態でコケソウでした。
カモシカ君に息かけたら、逃げまくら・・・えっへん

>たここ
へっへーんだ。
これから 私に足向けて寝たらあかんえぇ
んで 判らないことあったら聞いてね。うふっ

>くねるくん
ほらほら・・・オネイ言葉になってるってばさ。

そっかー、毛無だったんですねー。
ロビンさんのレポみて、もっともっと行ってみたくなっちゃったー。でっかい富士山見てみたーい。
樹林帯の雰囲気もグーですねん♪

そういえば、ここって、山頂までの標高差が結構あるんですよね?

真平な土地からの急登、たいへんだ~!
私なんか、いつも上ってるときは、ダイエットの文字が頭の中をかけめぐってます^^そしないと、きつくてやってられません^^;

あ~、、ロビンさん、足長くなった?と思ったら、師匠だった・・・・めんご。

>山で-5kgって・・・どこ?そこ??教えてなり

これが意外な事に、夏の燕岳なんですよ~。
みんな行ってますものね~

ビ-ルもしっかり(笑)飲んだんですけどね・・・
その後も-4kgキ-プです^^;

なんだか寒い日が続くなぁ~
これを花冷えっていうのだろうか??

>まゆぴょん
んだよ、毛無だよぉー
そなの あそこはね標高差1050mを2時間半って
感じなので、結構な斜面でやんす。
でもどうヒーハー言っても2時間半やし
もっとCTの長い直登は他にもあるもんね。
ただ、もうちょっと平らな斜面歩かせてくれるような
所があってもいーのにな、って感じ。
富士山を西側から眺めるのって初めてかも。
ちょっといつもと違う顔してましたぞ。
いってみそー スミレちゃんももいたしね。

>hiroっち
なんだぁ 風邪引いちゃったの?
京都で興奮しすぎちゃったのからかな(笑
早く治して 元気だせよぉー
まじにダイエットしようとしたら、あんなに食べちゃ
いかんのよね。ぐぁはは~ 我慢できひん。
まぁ 栄養○さんのhiroっちが難しいんだから
私なんてどだい無理なことです。
下山後のソフトの美味しかったことよぉ~

>くねるくん
燕岳かぁ。 合戦尾根でダイエットか。
むむむむむ ビール飲んでも痩せたの?
そんなにあそこキツイのか・・・・
ってか、5kgってすごくない?
行くっきゃないな。こりゃ。
えーっと、じゃあそれまでは思いっきり食べても良しだな。ラッキー!!

生カモ!

ロビンさん 
生カモシカに遭遇したのですね。
しかも凄い間近で!
3年くらい前に私達も
(今ブログにアップしている)林道を歩いている時に生カモちゃんに逢いました。
崖の斜面に立っていて、
相手はウシだからか、じーーーーーーっと
こっちを見ているんですよね。
カメラをそーーーと出して
パシャパシャしても興味深げに見つめられるし・・・。
その年はいい事があったんで~~。
ロビンさん、今年はいい事あるカモです!
いや、ありますよ~。
ところで、朝霧高原、去年の北岳遠征の帰りに魔王号で寄りました(観光、観光)
毛無山ってそこから見る事が出来たのですね(ってそのとき毛無山同定できなかったし)
朝霧高原から見る富士山はとても美しく、
感動で、ひたすらわーわー騒いでいたような気がします。
ロビンさん、山でダイエットは無理です。
だって山行の後って、身体ががっつり食べたいよーって言ってませんかぁ?
身体が要求してる時は
ビールも食事もがっつりいきましょうよ。
頑張ったご褒美ご褒美!








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。