スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞記事より (2007.7.5)

2007.07.05 23:02| 今日の出来事


『 犬猫殺処分 年40万匹 』


という 見出しに驚いた。 
  



wanncyann.jpg



関西の山間にあるNPOの施設で1匹の老犬が死んだ。
スペックル(オス10歳)は、好物のオヤツをもらい
しっぽをちぎれんばかりに振っていた。
女性職員が抱きかかえ
「いい子だったね、しんどかったね」 と頭をなでた。
獣医師は安心しきったスペックルの前足に注射針をさした。
職員達は笑顔を絶やさず、最後まで語りかける。

・・・・ 静かな最期だった。

         (読売夕刊から抜粋)



 無責任な飼い主による動物虐待や置き去り

 利益ばかりで無計画な繁殖を行う悪質業者




  
   こんな世の中は 大 大 大嫌いだぁーー





 今度は人間に生まれておいでね 20070705225803.jpg




コメント:25 トラックバック:0
<<尾瀬ヶ原突入ーー(後半) | ホーム | 尾瀬ヶ原 >>

うーん・・・

記事にするだけで、一人の方だけでも影響が出ればと思います。
思っているだけじゃ何も変わらないけど、文章にすることにより少しでも思いが伝わると信じてます。
ロビンさんに二重丸!

>今度は人間に生まれておいでね

はたしてこの生き物になるのがいいのかどうかですね・・

年に3万人以上も自分で命を絶つ動物なんて、、、実際は一日100人以上といわれています。

何が豊かなのでしょうかね??

痛感してます

私は今、保健所に配属されており、運ばれてくる動物とよく出会い、どれも自らの運命を覚っているのか、悲しそうな目で私を見上げます。
しかし私はどうしてあげることも出来ない。
部署は違いますが、担当している職員はもっと辛そうです。「これだけは慣れませんよ。」と言いながら告示期間の食事を与えていました。
でも誰かがやらなければならない仕事です。
そして考えることが出来るのは人間だけです。

最近、声を大にして、自分の意見を言うことがなくなりました。
関係の無いコメントですが、ロビンさんのそんな姿勢をみて、自分の心が改まる感じがしました。何かを思って感じて、声に出さなきゃ!って感覚です。。。。

有難うございます

はじめましてテントミータカと申します。(あ~っ、固くてゴメンナサイ)
こうした記事を取り上げてくれるんですね。嬉しいな~。ペットショップに行く前に、里親を待っている犬猫を飼って可愛がってくれる人が少しでも増えるといいな~。

>今度は人間に生まれておいでね
うーん。わたしも。その生まれ変わりがいいのかどうか、悩ましいところですが・・

すごく難しい問題ですよね。
人間も動物も生きる権利はおんなじなのに。弱肉強食ってこのことなのだろうか(ちょっとちがう?)。人間に殺されているのは、猫ちゃんやワンちゃんだけでなくて、もっとたくさんいるわけで。結局、見て見ぬふりしかできない自分が情けないけど、そうやって毎日生きてるしまってる・・・。考えれば考えるほど、苦しいです。

 うー、考えさせられるテーマですね。

 生き物を愛でるのも、それらを殺すのを憤るのも、つまるところは個々人の好みの問題で、善悪の問題ではないですね。大半の人は(私も含めて)犬や猫はかわいがるけど、かわいい子牛や子羊は、おいしく食べちゃったりするわけですから。

>こんな世の中は 大 大 大嫌いだぁーー

と自己の好みを主張するのは、大いに結構。人生で大切なのは、個々人の「好みの問題、愛の問題」ですからね。で、私もそんな世の中は大嫌いです。 

 しかし、もしも好き嫌いの感情を除外して考えると、まったく別の問題になります。最近たまたま、生物学の入門書を読みだしてから、生命についての見方が随分変わってきました。40億年近い生物の進化を、科学的、系統的に理解することと、身近な人やペットを愛する感情の問題は直ちに結びつくわけではありませんが、何かしらドライな見方が入りこんできます。たとえば、生物の進化とは環境変化への適応によるサバイバルゲームの結果であり、絶滅危惧種の保存や環境保全を謳うのも、所詮は人間の勝手な都合であり、云々。多細胞生物固体が必ず死ぬのは、その方が進化に好都合であるから、云々。

 その伝でいくと、間もなく死ぬはずの私も、ぐずぐずせずに早く逝ったほうがよさそうと、ちょっと気が楽になる。 で、でも、もうちょっと待ってよ、まだ酒も美味いし・・・と、身近なところではちゃんと感情が復活するんでありんす。愛するものを大切にする心を、科学の知識で鈍らせるのは本末転倒か。好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!なんであーる。

 すんまへん、えらい巻き道を歩いちゃった。

最後まで面倒見られないなら飼うなだよね。
ほんとに、この種のニュースを見るにつけ、なさけなくなります。かく言ううちのわんこ2匹も捨て犬でした。かわいいシーズーなのになんでと思ったら、案の定1匹はフィラリアが心臓にいっぱい、もう1匹は片目が白内障でした。子供も3人、猫もいるのに、更に犬2匹は経済的にもきつかったですよ。でも、見殺しには出来ないですよ。よそのかわいいシーズーちゃんに比べれば、トリミングもそうそう行けないので、サマーカットで豚みたいか、冬は目がどこにあるかわからないほど、もこもこだけど、我慢してもらってる。今ではりっぱに家族の一員だもの、彼らを捨てるなんて考えられませんよ。

どーしちゃったんですかー? らしく?ない?うーむ、ちょとチャチャ入れてとこ(^^;)

...と、シリアスな話題ですネェ。今は心ゆくまでな住処でないからからかもなんですけど、ペットはわかれる時がつらくって自分はなかなか歩き出せないですネェ。もとより人間さまさえ生きてるの辛いなぁ..って感じる事があるくらい世知辛い世の中ですから。

すっと前に山の中で「ジジ」のような黒い子猫が山里の中に捨てられてたのかなぁ? みゃ-みゃ-ないてたことがあって、あれ拾ってきてやれば良かったなぁ...って、と今でも心残りな出来事がありました。つらいっすね。

話題がそれますが

私の実家では少し前まで和牛もやっていました。子供の頃は子牛が生まれると「かわいいな」と草をあげて遊んでたけど、ちょっと大きくなると「出荷」されていきました。
魚売りの行商の人も来て魚を選ぶと、表の井戸でさばいてくれました。家の猫がすぐ近くで黙って座って、おこぼれ待ちの姿が日常でした。
猫もペットではなく、ねずみが増えるとエサ抜きにして「いっぺぇ、捕ってこー」と納屋に放り込まれました。なので他は寝てばかりいても誰も文句言いません。
養蚕も生き物相手の仕事として、その時期は休まる時がありませんでした。

昔は生き物との接し方がたくさんあったんだけどな。もちろん、今に、都会に、そんなことを言っていてもしようがない、懐かしがっているだけなんでしょう。
とりとめなくてすみません。

 そのとりとめのない話、いいですね。何事もそう単純でない、いろんな景色があるんですよね。

オイラもなんの力にもなってあげられないけど、人間の都合でってのは、辛い思いがありますね。
ただ、どうする事も出来ない、自分の無力さにうなだれるだけです。

こんな事を言うのもなんですが、
他生物の生命を絶ったり、自らの命を絶つこともある、人という生き物が一番悲しいのかもしれませんね。

皆さん カキコありがとうございました。
お返事大変遅くなってしまいました。
単純に「嫌だ-」と叫んでしまいましたが
こういった問題は色んな背景があって
そうそう単純でないんですよね。しみじみ

>hiroyukiさん
本当に悲しいですね。
こんな事は以前から百も承知だったのですがね。
日々生活の中で心の奥に突っ込んでしまってある事を
目にして また呼び起こして考えるってことでしょかね。
記事にしたからって何も変わらないのですけどね。

>たここ
>はたしてこの生き物になるのがいいのかどうかですね・・
それもまた悲しいなぁ。
野生の動物であれば、また自然の厳しさの中での辛さ
人間に生き死にを握られている立場の動物の辛さ
そして人間に生まれたからって、また辛いことは多いのでしょう。
だけど普通だったら人間は自分の生き方を選ぶことは可能だから 
色んな事に負けずに自分の人生を自分の意志でまっとうして欲しいよね。


>河童さん
まさにその現場に携わっていらっしゃる方の辛さは
もう想像さえできません。これは仕事と割り切っても
自分の気持ちの中で誤魔化しようのない部分がありますもんね。

>hiroっち
Hiroっち 大きな声で叫ぶってたまには必要かもね。
叫んでみたら自分の本当の気持ちに気づくって事もあるかも。

>テントミータカさん 
はじまして、ようこそ。
お互いニャンコを飼っている身としては、自分の家のネコと
ダブって辛いもんですね。最近は、里親からもらっていって
虐待を与えるなんて酷いことも多いと聞きます。人間も
動物もすべての生き物が平和で人生を真っ当できる世の中が
くることを心底祈ってます。これからもヨロシクです。

>まゆぴょん
そっかーまゆぴょんもそう感じるんね。
今の世の中には このことだけでなく
「人としてどうにかしなくてはいけない問題」が
沢山あると思うけど、ちょっとずつ自分ができることから
努力したいよね。

>監督
そですね。確かに子牛とか・・・ひどいね>自分
私って考えがいつも浅いんだよなー 
>多細胞生物固体が必ず死ぬのは・・進化に好都合。
ふむふむ、賢くなるです。私、blogやってて 本当に
皆さんに教えられる事ばかりで ありがたく思います。
監督― これからもながーーくセンセしてね。

>ぜぜさん
そっ、家族の一員として迎えいれたんなら最後まで大切に
して欲しいよね。ぜぜさんとこのシーズーは幸せだよね。
愛に溢れた家族だもんね。髪がボサボサだろうと、スキン
ヘッドだろうと、絶対幸せだと思うなー。
モン吉にもよく聞くんだ「ウチに来て幸せか?」ってね。
返事はないですけどねー(笑

>熊さん
みんなそうですね。大切に飼ってる動物が死んでしまうのが
辛いですよね。モン吉にしても、もし死んでしまったら・・
と考えると怖いです。でも、私が先に死んでしまっても彼女は
困るでしょうけどね。ペット(という気持ちではないけど)と
飼い主との出逢いっていうのも また縁なんでしょうね。

>たここ
そっか、たここはそういった環境で育ってきたんだね。
身近で沢山の生き物との出逢いや別れがあったんだね。
師匠は小さい時に名前をつけて可愛がってた鶏を
絞められた経験から、肉が食べれなくなったそうなん
だけど、昔はそういったことが普通だったんだよね。
人と動物の関わりっていうのは長い歴史があるんだもんね。
ちなみにモン吉はネズミがでたら・・・逃げるなきっと。

>監督
そうですね。思わぬ叫びから色んな人の色んな声が
きけてよかったです。1つの事例も色んな側面をもって
色んな大切な意味があるんですね。
こんな風にカキコしてくれて 皆さんありがとね。

>食う寝る君
そだね、「自らの命を絶つこともある」って人間くらい
だもんね。 どうしてそんなことになっちゃうんだろ。
ってまた単純なこと考えてる私なんですが。
自分が単純だから、みんなもって思っちゃうんだな。
って、食うねる君に懺悔してどうする?


なんせみんなが平和で幸せに暮らしたいですー
あぁ また表面的で単純な事叫んでるなー私って。
でもね、皆さん本当にありがと。思わぬとこから私自身
じっくり考えることができました。勉強になります。

>あぁ また表面的で単純な事叫んでるなー私って。
 それでええんとちゃう?「しんぷるいずべすと」。かしこい人は大切なもんだけさっと単純に掴みだせるんやろね。ごちゃごちゃ複雑に持って廻って、何が大切かわからんようになる方が・・・アホなんやろね、・・多分。

>あぁ また表面的で単純な事叫んでるなー私って。

オイラそれでいいと思うな・・・

何かを声に出して言いたいことあるもん。
多くの人が声を押し殺して過ごす中、何かを言う場が有るんだから、言ってもいいのでは?
反感、共感なんでもあるだろうけど、みんな、その時の気持ちだからね。

人間は何十億人もいて、みんなが日々いろいろな事を考えてるんだよね。

仕事柄思う事があるんだけど、どれほど勉強しても、100人の人の考えには遠く至らないんだ。
だって自分が考えてる事を(自分と同じ事を)100人考えてることも有り得るんだもん。

物事に数学のような正解はないし、時が過ぎれば、その数学の正解ですらも、変わる事あるしね・・

だから、そんなことOKなんじゃないかな~。

オイラもいろいろ考えさせられます。

もう本当にみんな優しいんだから。
危ない 危ない 
その優しさにホレちゃうとこだったなり(笑

まぁ、思ったことをそんなに頭で考えないで
すぐ口に出しちゃうほうなので、今まで失敗も多いんだな。
でも それが簡単に治らないあたしってのも気づいてる。
いやいや そろそろ大人なお年頃なので
もうちっと思慮深くならなくちゃだわ。

監督も食う寝る君も 今度その辺タップリ語りーながら
一杯飲も飲もねー。 あんがとねー

>まぁ、思ったことをそんなに頭で考えないで
>すぐ口に出しちゃうほうなので、

それが無くなったらロビンさんじゃないじゃん!(と、みんな思ってる笑)

良いも悪いもその人の性分ってのがありますから。みんなに迎合することばかり言ってても薬にも毒にもなりません。

思ったことどんどん書いてほしいっすね^^


ねえねえ、それ褒めてんの?

今に見ていろ私だって、思慮深い大人な女に・・・
10年後に会おうぜ。 むふぁふぁ~

はじめまして、2頭のレトリバーと暮すKAZUと申します。
犬と登山を初めて2年ぐらいになります。
犬連れ登山は賛否両論ありますが、ここでは置いといて・・・

以前からたまにお邪魔していましたが、いつも読み逃げですいません。
山屋さんにしては珍しく、動物の話題が、しかも殺処分の話題だったので・・・よりました。

ありがとうございます。
このような話題を記事にしていただき、ワンコと暮らすものとしては嬉しいです。
何が嬉しいかというと、山屋さんや自然を愛する方々に面と向かってもらえたら良いなぁと思っていた話題です。

なかなか「かわいいですね」とか「癒されます」とか言うコメントがあってもこの手の話題にコメントを入れてくれるのはあまりないもので・・・

なにも動物だけが生き物ではないし、山で出会う植物にだって生命はあるわけで、
こうしたことから、少しづつ考えてもらえたら嬉しいですね。

ありがとうございます。

>KAZUさん
はじめましてー 遊びに来てくれてありがとー。
レトリバー君なんですねー フラット・コーラッドってめずらしいのかな?
私の友人も真っ黒なゴールデンを飼っていて、水をみると反射的に
飛び込んで はしゃぎまわる奴でした(笑
私に限らず、山ヤさんはみんな動・植物好きですよね。この世に同じく
命をもらって共に生きてる仲間ですもんね。
お礼を言われるなんて・・・とんでもないっす
うちにもニャンコがおりますです。 ちょっとオバカさんですが。
動物虐待などがなくなって、みんなが平和で幸せに仲良く
暮らせるようになってほしいですね。
モチロン 人間同士もです!
これからもよろしくー
そうそう、結構お近くに住んでらっしゃるみたいですもんね。








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。