スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剱・立山山行 (北ア 富山 2999m、3015m)[1日目]

2007.08.27 20:24| 山の空気

 
 「残念ですが、終日通行止めです。。。」 との
駅員さんの言葉に 絶句 したのはその場にいた5人。 

20070827002511.jpg


さわやか信州号で前夜新宿から出発。(片道¥11000)
 富山県の有峰口に到着したのが5時過ぎ 
 ほとんどの人がそのまま室堂へと行ってしまった。

 夏の終盤のこの時期は新宿からのバスと有峰?折立の 
 バスの接続が悪い。1時間40分待たなくてはならない。
 5人丁度で大型タクシーの乗合を決め、連絡したとこだった。
 (タクシー4人乗り約¥13000 5人乗りは¥16000) 

?????????????????????????????

有峰口から折立へ行く林道が、前夜の140mmの豪雨
通行止めとなった。 ここではよくあることらしい。  

一日停滞じゃぁ話しにならない。

早速、師匠と別案を急いで考える。 

室堂から五色ヶ原・・・・新穂高・・無理だ 
室堂から五色ヶ原・薬師・・折立・・ちょっと 

あーだこーだ悩んでいたが、唯一の交通機関の1時間に1本の
室堂行きの電車がきてしまう。 

20070827100016.jpg
 

おぉぉ  もう、ツルギ・・・・しかないっすか。
急いで電車に乗り込んだ。


駅で足止めをくった5人の中に、2年前の五竜?鹿島槍縦走時に
フィルムを譲ったり、ビールをおごってもらったお姉さん達が
いたのにも驚かされた。 縁とは不思議なものである。
彼女達は近場の温泉に泊まり、明日の開通を待つとの事だった。
 
私にとって室堂は初めてなので、ちょっとウキウキ気分もあるが
当初の予定『太郎平?雲の平?水晶?鷲羽?三俣蓮華?双六』
気持ちの中であきらめきれず、なぜか気持ちがのってこない。
「南の重鎮を穂高とすれば、北の俊英は剱岳」の・・・

あの なのにだ。

地鉄、ロープーウェイと乗り継ぎ
観光客に紛れ込んで室堂に降り立つ。

有峰口(5:20)?地鉄(7:19発)?室堂(9:15)?雷鳥沢(10:30)
?剱御前小舎(12:10/12:50)?剱山荘(14:00)



あまりの観光客の多さに唖然。
周りを囲む立山の美しさを味わうどころでなく
早く人の少ない山の上へ、逃げ出したい気持ちだった。

20070827100009.jpg
 室堂はまったくの観光地だった。
子供達の遠足も多い! お年寄りも多い! お花も多い! 山は見事! 
室堂までは色んな人が手軽に訪れることができ、楽園やね

あんなんこんなんあって室堂に着いたのが9時を過ぎていた。
こうなりゃ まったり朝食も、観光も・・・・急ぐ旅でもあるまいし。

20070827002533.jpg
みくりが池 :水深15mの火口湖なのだ 

いちお地獄谷も通っちゃったり・・・ 
 

20070827002546.jpg
硫黄の臭いで ゆで卵 ムショーに食べたくなるという
パブロフの犬 状態。 きっと同じ反応の仲間もいると思われ・・

20070827002601.jpg
雷鳥平のテン場はグルリと3000m級の山々に囲まれている 
ふむふむ 食う寝る君はこのテン場でまったりビールしたいって言ってたな。

いよいよ登り道にはいる
雷鳥平から剱御前小舎までの2時間弱の登りである。
実は今回のルートで 私はこの登りで一番バテた(恥
かなりの暑さ、直射日光、荷物パンパン、気持ち盛り上がらず

なんで雲の平へいけなかったんだろー
なんで小屋泊まりなのにこんな荷物もってきたんだろー
さわ○か信州号は狭くて寝られないー

なんて、いつまでも頭が切り替わらず
情けないことにグチばかりが頭を駆け巡ってた。

20070827002618.jpg
見るとそんなにきつくない斜面なんだけどな

20070827113018.jpg
風にそよそよよとゆらめく かわいいチングルマに
「もうちょっとだよ」と励まされ・・・

20070827113026.jpg
黄色いお花に太陽の喜びを教えられ・・・

この辛い登りこそ、登山者の喜びぃ?!
 と陶酔の世界に入り込む
 

20070827002625.jpg
汗をかきすぎて、シャツに塩ラインができた登り 

道端の花と会話をしながら、やっとこ剱御前小舎に辿り着いた。
この鞍部の小屋からの眺めは最高だった。

20070827002648.jpg
後ろを振り返ると・・・
箱庭のような美しさの雷鳥平方面
濃淡の緑と白い岩、茶色い土のコントラスト

20070827002659.jpg
前方、小屋から右手に別山のカール
のびやかな斜面は見てるこちらの気持ちを穏やかにするよね

20070827002724.jpg
剱沢のテン場と剱沢小屋
あぁ あそこでぜぜさん家族はテント張ったのだね


20070827002736.jpg
 (クリックOK) でたぁー!! 剱が間近に・・・ごっつい?!?
霊山である立山はモチロン、剱にもドえらい神々がおられる!と思わせる迫力。
師匠も好きな山の一番にあげるだけあって、なんやら醸し出す雰囲気が違う。


20070827002748.jpg
今日のお宿 剱山荘への道(雪崩で一部道が変更)
剱山荘までの道は剱沢を通っても同じ位。


時間はたんまり。 
途中で何度も腰掛け 少し雲のついた剱や立山を眺めながら、
気持ちはドンドン剱に向かっていった。


剱山荘は2006年に雪崩で壊れ、今回は新しいキレイな小屋になっていた。 
?水が豊富(雪渓からの水)で小屋前にジャカジャカと流れている
 トイレも水洗、水も飲み放題。
?シャワーを開放(PM2?5)がとても嬉しい 
?新しくキレイで使いやすく、布団もきれいでフカフカ
?小屋の前の段々休憩所からの眺めは最高
 東に鹿島槍と五竜がバッチリ見える。裏には一服剱がそびえ立つ
?生ビールも最高なり 

生まれ変わった剱山荘は申し分なかった。 

20070827105540.jpg
寝床はゆうゆう。32人部屋で6人位だった。
平日のありがたさ、お盆後のありがたさ、である。

20070827002808.jpg
もちろん すぐ生! 生が一番!!

20070827002822.jpg
夕飯。 これに煮物の小鉢付
この前にビール&ツマミでお腹満たされ、十分なり


20070827105533.jpg
夕暮れを迎える鹿島槍(右)と五竜(左)を 小屋の前から眺め
これ以上の贅沢はないんじゃないかと思った
いつもここではこんな時間が訪れているんだよね。 



      【2日目につづく

20070827200437.jpg
お花達は太陽が大好き。秋の気配はまだまだだった。

コメント:13 トラックバック:0
<<剱・立山山行 [2日目 剱登り編] | ホーム | 剱からただいまー>>

剱山荘、去年建て直ししてるところ見ました。今年から無事営業してるのですねー
生ビールあるのかー。いいなぁ。
夕暮れを迎える鹿島槍、ロビンさんの大好きなお山ですね!きれいな夕暮れですねー
室堂って、人多いですけど、上からみるとほーんときれいですよね。また行きたいなぁ。
続きもたのしみにしてまーす。

なんか すげぇなぁ~
ロビ姉 やっぱすげぇ~よ
変な気負いがなかったからよかったのかもね

>駅で足止めをくった5人の中に~
サンタはこんなことあったら腰抜かしちゃうねきっと

すっごい景色なんだねー。
おっきいわぁ。
立山があって、剣もあるなんて、なんか室堂すごすぎですな。
小屋泊もいいねえ。お仕事ないからほんとまったりだよね。朝も撤収しないでいいもんね。

出鼻をくじかれましたが、山に入ってみれば最高でしょう。増してそれが剱岳なら。

秋に気配まだでしたか?穂高は完全に秋風でしたよ。

室堂が初めてとは意外でした。(自分の尾瀬みたいなもの?)

剣山荘もきれいになってる!前に泊まった時は・・・。風呂はあったけどね!

「硫黄の臭いで ゆで卵 ムショーに食べたくなるという
パブロフの犬 状態。 きっと同じ反応の仲間もいると思われ・・ 」=私です。昨日の焼岳がまさにこれ! 学習心理学ちゃんと勉強しましたね!

自分で歩いたルートを眺めながらゆっくりするのはいいですよね~
そっか、ロビさん、もう五竜~鹿島槍~爺は行ってたんでしたっけか。
小屋もすいてて快適そうですね。

剱ですか

何年前になるだろう?tochikoと友人のカメラマンと室堂からその日の内に仙人池まで駆け上がったのは・・・。高知から室堂まで一睡もせずに運転し、仙人池まで丸2日寝なかった強行軍。(tochikoはその日の夕食がのどを通らなかった・・)
室堂界隈はこんなに美しい場所だったのですね。今知りましたよ。
続報楽しみにしています。

土日をずらすと、小屋泊も快適なんですね~。。。やっぱ、平日だわ!あたしも、今度は時期をずらしてみよっと!
予定が違っても、出だしは好調ですね!
んで、次はやっぱ、あれでしょ?
事件簿でしょ?^^

>まゆぴょん
剱山荘 いかったよぉー
なんたって水がジャカジャカで美味しかったもん。
シャワーなんか使えたりって サービス満点。
そ、鹿島槍がどーんとまん前で嬉しかった~
ニャンコ耳で完全体だったしね。まゆピョンのレポ
みると、ほんとガッツやね。 雄山への登りって
人も多いし・・・あそこは危険だす。

>サンタさん
すげぇくないですよ。五竜の先のG4、G5とかさ
あの辺とあんまり変わらない感じ。だからサンタさんも
OKじゃないっすか。まぁ、師匠には「怖がらないのが
私の悪いところ」って耳が痛くなるほど聞かされてますが
縁ある人とは、どこへいっても会うんですね。
去年の話を聞いたら、同じ穂高にいってましたね、
日にちはズレたけど。そーいうもんなのね。

>まっきー
うん、立山ってなんだか不思議なとこだわ。
絶対行ってみるべし。
テントが泣いてるけど、小屋はやっぱりラクだよね。
それにね、小屋の人との交流ってあるよね。
今回も少年とお友達になりました。
もうちょっと年いっててくれたらグーなんだけど(笑

>カモシカさん
そうですね、こんなチャンスでなかったら、剣はもっと
後回しになってたと思われます。 秋は・・・おりませんでした。
でも、別山の上では5℃でしたけど (泣
あの箱庭のような雷鳥平の辺が紅葉に包まれたら、また格別
でしょうね。 おっ 硫黄たまご仲間? やっぱねー

>ぴかさん
うん、剣沢にしても別山乗越にしても正面に剣がでーんといるでしょ
あそこでビール飲んでたら、きっといつまでも腰をあげることが
できないでしょうね。
五竜~鹿島槍~爺は2年前にいったよ。 あれれれ~?
ぴかさん狙ってるのかなー あそこはいいコースですぞ。
五竜のデッカサも モチロン大好きな鹿島槍も


ぎゃー 昼休みが

>河童さん
室堂から仙人池?! 剣を登って?
室堂から直接仙人池ですよねー それにしても凄い。
今回、一応私達も仙人池へ下るコースを考えたのですが
下の廊下もちょっと行ってみたいし・・・
でも、アイゼン持ってなかったので剣沢雪渓を下ることは
無理ですもんね。 室堂は本当にあそこだけ別の世界の
様でしたよ。Tochikoさんお疲れでしたねー もち男性軍も。

>hiroっち
だよ、だよ、平日天国ですわー
土曜は立山 むちゃんこ人がおりましたぞ。
事件は・・・・会議室でおこってるんじゃない!
現場で起こってるんだ!? って何のこっちゃ。
何をおっしゃるウサギさん パーフェクトろび!
事件は・・・南アで起こったようです、はい~

お~、大好きな雷鳥平の天場が!
ここでBEERまったりは最高ですぞ”””
また行きて~!

剱か~・・・・
オイラには、遠い世界のお話だわ~^^;

でしょ? でしょ?
まったくー どこ行ってたんだか。
はぁ 今夜 捜索隊だすとこだったなりよ(笑

雷鳥平の天場
秋はまた良さそうだよねー
ビールとベーコン焼きだわさっ








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。