スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剱・立山山行 [2日目 剱下り編]

2007.08.29 22:02| 山の空気

20070827180041.jpg
登山者の至福の時間。
そう、だってこんな景色なんだもん、簡単に下りたくはないよね。
時間が許すのなら、朝焼けも 夕焼けも 
全ての時の流れをこの頂きでゆっくり眺めていたい。

  

????????????????????????????

「一生 ココにいろぉー!」   とは、

「下りたくない?」 という私の言葉を聞いた時の
毎度 毎度の 師匠のセリフである。 (T_T)
  
いくら幸せな時間でも一生はここにはいられないので、
たて続けに登ってきた登山者に背中を押されるように、  
仕方なく下ることにする。

20070828213149.jpg
青空にも色々ある。
今日の青空は混じりっけのない アオォー だった。 

下りはひたすら落石に注意し、落ち着いて下る。
まだまだ8時過ぎなので、いまから登ってこられる登山者との
すれ違いに時間がかかったりする。

下り専用と書かれている所から いよいよ難所になる。  



20070827182437.jpg
ここがウワサのカニのヨコバイ 

20070827182449.jpg
自分の腕の力を信じて進もう。 そんな長くはない。
足場は狭い、だが命がかかってるのだ決して離しちゃいけない。 


カニのヨコバイを通り過ぎるとすぐ 5m降下のハシゴ。

20070827133011.jpg
ハシゴはしっかり固定されてるので怖いことはない

そしてまたクサリ・・・を過ぎると、このルート唯一のトイレ
(ちょっと戸が壊れてるんですけどー  )
廃墟となった平蔵のコルに降り立つ。 

20070827133020.jpg
このルートには途中トイレがない! 困るぞっと!

20070827185453.jpg
クサリはそんなに頼らなくても登れること多し。
足の置き場を探すってのも また楽し。

20070827185128.jpg
それにこんなんも。 岩を落したら大変だもんね
こういう所こそ注意が必要(←お前が一番危ないって?) 
 

20070829211216.jpg
(クリックOK) 改めてカニのコースを見てみると・・・
登りに 『カニのタテバイ』 
下りに 『カニのヨコバイ』
ここで登りと下りを 別コースとしている。

下りですれ違った登山者の中に、二人の年配の女性が共に
一人のガイドさんにザイルを結んでもらい、足の位置、手の位置を
1つ1つ指示してもらい登っていた。

あのペースだと何時間かかるのだろう・・・
 
ガイドさんの仕事の大変さを改めて知るが、そこまでしても
剱に登りたいという その女性達の気持ちもなぜか判る気がした。
それがいい事か悪いことかは別にして
たとえ力量不足であったとしても、危険と隣り合わせであっても
剱には人を惹きつける何かがあるのだと思う。



20070827133100.jpg
(クリックOK) 難所をクリアすれば こんな素晴らしい景色
赤い屋根が剱山荘。 
日本にはまだ こんなにも美しいところが残っているのだね



 
20070827184657.jpg
無事に小屋に戻ってラーメンを食べる。
なんでかな? しょっぱいお汁が無性にほしくなるんだよねー

今日のお宿は 稜線に上がった剱御前小舎。
だからノンビリと小屋の前で山に入ってる喜びを味わう。
まだまだ ギラギラ真夏の陽射しなのだ。
目の前の雪渓に陽射しはタンマリあたっているのに、
なぜ融けないのだろう。
あの下の方の雪は、大昔からそこで眠っているのが不思議である。

剱山荘でデポッた荷物を再び背負い、行きと違う剱沢ルートで上がる。
なんせミーハーなもので、富山県警剱沢派出所(山岳警備隊)って
やつを間近で見てみたい、ただそれだけだけだけだけよー けへっ

20070828220412.jpg
いたぁー 三歩だぁ そ、そうに違いないぃ?!  

剱沢のテン場のすぐ横にある剱沢山岳警備隊のみなみなさま
本当に、本当に いつもご苦労さまです。
あの屋根につかまって懸垂訓練をしてる姿をTVで拝見ひまひた
お世話にならないように気をつけますデス。
でも、もしどっかでコケたら・・・お姫様だっこ・・お願い


20070827184226.jpg
こ?んな可愛いお花達も一杯


20070827184432.jpg
剱沢テン場にはチングルマが風にそよいでる
陽射しは強烈だけど、秋はもうそこまできているのだろうな



20070828221419.jpg
のんびり歩こう、景色やお花を愛でながら・・・

20070829211130.jpg
(クリックOK) 剱山荘と剱沢テン場と剱にさよなら?

 
剱御前小舎 情報】
?後ろ(剱)も前(室堂)も眺めは最高
 夜には富山の街の灯も見える
?お水はない。(剱山荘と比べてごめん)
 宿泊者もお湯とお茶どちらも 1L ¥100なり
?スタッフの笑顔がいい。オヤジさんも優しい。
?目の前に15分程で登れる別山乗越があり、カメラマンは
 そこで夕日を狙っている
?トイレは外と内と2つ。内は男女一緒。外の方が使いやすし
?食事はバイキング (ムダがなくていいんじゃないかな)

20070828225453.jpg
ちなみに今夜は、ナス煮びたし、大学芋、春巻き
チキンのトマト煮込み、カボチャのサラダ・・・うまかっちゃん!

 


平日だったからか、10人部屋に6人。
同部屋にガイドさん仲間が3人。 
色んなツアーの困ったさん客のウワサで盛り上がっていた。
(いつかネタに困った時のガイド裏話)

彼らの話から 「カニのタテ・ヨコは、カニ(爪)岩というのがあるから」
だそうで、カニのようにヨコばいをしたり、カニもタテに歩くほど
怖い下りってことではないそうな・・・ほらっ 皆も間違ってたんでない?

     そっかーそうなんね・・・・・ 




追記:新田次郎劍岳 点の記」が2009年に映画化されるようだ

日露戦争直後前人未到といわれた北アルプス立山連峰の劔岳山頂に
三角点埋設の至上命令を受けた測量技師・柴崎芳太郎。
様々な困難を乗り越えて劔岳山頂に挑んだ彼の苦闘の軌跡

 やっぱ見たいよね 


   【3日目 立山巡り に続く】


コメント:20 トラックバック:0
<<剱・立山山行 [3日目 立山編] | ホーム | 剱・立山山行 [2日目 剱登り編]>>

うわっ、タテ&ヨコは怖そう...
腕力鍛えねば。
(自分、腕力&握力が弱いです。)
それにしてもいい展望ですね~
今週末は雨だ...
富士山なんか行ってる場合じゃなかった(笑

うっきー

あまり情報もなく今までカニのタテバイ、ヨコバイがどんなものなのか不安で...ロビ子さんのリポートで全貌がわかりやしたん。(ToT) Thank'sでんす。
今まで真っ暗闇の山中で一人ポッチの天泊でも、一日中殆んど人と会わない山行でも、頭の真上でカミナリが爆発しても、怖いと思った事はなかったとです、でも、アハ、アハ、あ゛~、だめだこりゃタテバイはおメメつぶってなんとかなってもヨコバイはヤバい...(T_T) だれか一緒に行ってくれる人さがそ...(ToT)

うっうっ何度見てもすばらしい展望…
あまりの違いに悲しすぎる…
しいていえば、私たちんときはちょ~すいてました…
でも、あんまり空いててガスガスでもルートがわからんのよ~
とりあえずUPしたので、見にきてね。

ぜいぜいさんとこ行って、今来ました。
ダブルで詳細なレポUPでうれしい!
ほー、、うわさには聞いてたけど、こんなところなんだ。。
へー。。。やっぱ、岩岩なのね。。。
と、今までにはないレポ内容で新鮮でした!
あんがとです^^

「下りたくねぇ~!」いつもそう叫ぶ私です。
いつまでもそこにいて山から離れたくないんだな。
山頂を後にする時、必ず立ち止まっちゃうんだな。

で、「劍岳 点の記」が2009年に映画化
GWの僕の行動覚えてる? スクリーンで会いましょう!
井上靖は、我が沼津とも所縁のある小説家でして・・・。えっと、、点の記は
新田の 太郎。ちゃう、次郎ちゃんでやんすよ。

次への肥やしとなる!

>「下りたくない~」
と思いながら、後ろ髪引かれつつ下山し、その想いが次の力となる。
良い仕事して、胸張って山に会いに行き、力をもらい、また仕事をがんばる!
そんなことを20年繰り返してきて、一片の後悔もありません。
こんな馬鹿妖怪でも・・・(苦笑)

劔…一度は行きたいと思いつつヤッパ怖そう…。(^_^;)
でも、何とかなりそかも??
ガイドさんに引きずり上げてもらうほど「年配」になる前には、ね。(笑)

「三歩」に会ったのかぁ~。
いいな!!
「よく頑張った!」でお姫様抱っこ?(*^^*)

いやー写真もきれいだしレポもいい~
そして、こちら側だと、やっぱし恐いですね!
やっぱり早月尾根にして正解でした。

去年、頂に立った時にタテバイから来たおじさんがヘルメットかぶってて「前に来た時、落石起こされて、頭割れたから、今回はかぶってるんです。」って、、、すごい、そこまでして!と驚いたのを思い出しました。

今度剱沢から行く時は、ロビンさんのレポ参考にしますねん!

素晴らしい景色ですね~
5年前に行った時、まさにこのような展望でした!
私たちはこの後、剱沢を下りて真砂沢~阿曽原~欅平に下りてきました。

ロビンさんの写真は鮮明で本当にきれいですね~

>ピカさん
>自分、腕力&握力が弱いです
えーっ そんな風にみえないけどなー
でも私も弱ちーです。だから関係ないかも。(笑
富士山羨ましいです。実はまだ自信ないんだぁ・・てへっ
毎年恒例っていうのも なんだか季節を感じていーじゃないですか。
いくつまで行けるか、それで自分の体力をはかれますって

>熊さん
そうなんよね、私も以前いろんな人のHPとか見たんだけど
よく頭に残ってなかったんだけどね。でも、あんまり写真載せ
すぎると夢もなくなっちゃいそうで怖いんだけど。
私は断じて山の中で、それも夜中の一人ポッチ状態が怖い!
それに比べれば、カニや大キレット・・・(←行ったことなし)
きっと、仲間は・・・ピカさんあたりか?

>ぜぜさん
見に行きましたよー あんなガスガスでよく無事に・・・うっ うっ(嗚咽
そりゃーコースも迷うでしょう。 
ピーカンだって、下りルート登ってた私です。
だけど本当にタッキーも岩岩好きだよね。
ふむふむ スリルが好きなんだな。 
まぁ ある意味ぜぜさんとの結婚・・・ぽかっ! いたっ!!

>hiroっち
そなの 2元中継なの。
晴天時とピーカン時(悪い、すまん)
こう見ると 山は本当にいろんな表情を持ってる
ってことだね。
ぜぜさんとこのレポ読むと厳しさが伝わってくる。
あの状況を乗り切ればどこだっていけそうだ。
そっ岩の殿堂ってくらい、そりゃーもう イワイワですわ。

>カモシカさん
みんなやっぱり頂上から降りたくないよね。
そこでユックリ満喫するために登ってるんだもん。
・ ・・いや、違うな。 その途中、過程も好きなんだな。
ご指摘あんがとです。 次郎ちゃんでした。 でへへ
剣周辺の小屋にはポスターがペタペタ張ってありました。
きっと 撮影にもくるんでしょうねー
GWの行動??? なんだったっけ? 

>河童さん
そです、その後ろ髪引かれる想いが次への肥やし!!
私達は幸せですよね。 仕事だけでなく、こんなに幸せな時間の
過ごし方をしってるんですもん。 人生のエッセンスだす。
振って 振って 振りまくって・・・エッセンスまみれですな。

>akemiさん
おぉー 久しぶり。 おげんこ?
最近山に行ってないの?
うん、要所要所だけでなく、案外平気な所でも引っ張ってもらってた。
ガイドさんは凄いよねー。同時に二人もなんだから。
Akemiさんも 三歩にお姫様抱っこ? 
おっとラブラブダンナがおるもんなー 三歩は譲りましぇんぞ(笑

>たここ
うんうん、もっと褒めてつかーさい。
頂上から見ると、早月尾根への斜面はむちゃくちゃ急だったよ。
どっちが大変なのかなー? あっちもガレガレ?
今回行ってよく判ったよ、一番怖いのは落石だって。
自分もそうだけど、人を傷つけてしまう恐れがあるもんね。
そのオジサン、頭割れてもまたくるってくらい魅力な山ですよん

>たんべぇさん
そうですか、5年前にね。 ってことは2998mの時かな。
あと1mってとこが また剣のいいところなんですけどね。
真砂沢~阿曽原~欅平 すごく行ってみたいです。
きっと大好きな山になってしまったら、あらゆるコースから
登ってみたくなるんでしょうね。たんべぇさん 過去のレポも
是非アップしてくださいなー

もう、何度みてもため息だよー。
今日は仕事のあいま(?)に何度見たことか。
きれいだねー。
でも、こわいよ~。
この報告でイメトレしとこっと。
ところでろびの写真ってなにか加工してる? 縮小とかどうやってるの? ほんとにきれいだね。鮮やか過ぎるくらい鮮やかだわな。天気のせいかな?

>まっきー
うん、うんきれいかったよ。
だってね、実物は写真以上なんだから
そこんとこ是非想像してくださいな。ええどー
特に前剣からのクリック写真(剣沢の)
あれは私も何回も眺めて はぁ~って思い出してる(笑
んで、画像加工はpaint shop proです。
きっと、晴天&CANONの発色がいいのもある。
でも、小さくしたり、切り取ったりの他に
シャープとかね、あんまり暗い時はコントラストもいじるかな。
ほとんどシャープですんじゃうかもだ。
カメラ自体の設定も少しわかってきたからかも。
おー同じカノン仲間じゃけんねー

同感!

最高の眺め、下るのもったいないですよね~。
同感、同感。

富山県山岳警備隊の建物の前、通ったとき、
カッコイイ、おにいさんが、岩の上でくつろいでました。
はぁ、たくまスい~。
同感、同感。

剱御前小舎の夕食、おいしそう~。
バイキングは、量が選べるから、無駄がない!
同感、同感。
でも、私みたいな、大食いは、採算とれるのかな~?

ロビンさん、HP、リンク貼ってもいいですかぁ?

>こまちさん
お返事おそくなりましたー
数々の同感! ありがとうございます。
むふふ だよねー
バイキングは自分のその時の空腹度合いによって
盛れるのでまっこといいですね。
肉の嫌いな師匠なんか喜んでましたよ。
私も食べる方です! 損はしません(笑

リンクよろしくー ありがとね。
ってこっちもさっさと貼らせていただきますー

うぉ~!
快晴ゆえに恐さ×20ですな~。
でも意外と鎖とかしっかりしてるっぽいですね?

でも、無理無理・・・高いとこ嫌い^^;


高いとこって 山はみんなそーだっ そーだっ(笑








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。