スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剱・立山山行 [3日目 立山編]

2007.09.02 23:20| 山の空気

「今日も元気に早出をしよぉー!」
「 おぉー!! ふぁいとーいっぱつぅー  」
 
(注: かけ声も返事も悲しいかな わたしでござる) 

最近は山仲間の影響か、夜明け前の真っ暗な中に
出撃することに慣れてきた。(えらいぞ!>自分) 

だって 山の上で一日の始まりを見届けたいもんね。    
どんなドラマが始るのか、考えただけでドキドキする  

20070830224027.jpg
富士山を包む周りが炎のような色になっていく。
なんだか凄いことが起こりそうな始まりだ。
 



????????????????????????????

剱御前小舎(4:20)?別山2880(4:50/6:25)?真砂岳2861(7:20)?
富士の折立2999(7:50/9:00)?大汝山3015(9:20/40)?雄山3003
(10:10/45)?一ノ越山荘(11:15/45)?室堂(12:20)


小屋から別山までは小屋のすぐヨコの斜面が急なだけで 
あとはまったりとした登りである。
太陽が近づいてきて空がどんどん明るくなるのと
競争するように別山を登りつめていく。 

 
その太陽が刻々と空の色を魔法のように変えていった
  

20070830224016.jpg
今度は見たことも無いような淡いピンク色だ。
どうしてこんな色合いがうまれてくるのだろ
自然はいっつもこんな風に人を驚かせる。

 
今日も太陽がぐるんと地球を回ってやってきた。 
家から眺めるいつもの太陽なのに、なんでこんなに違って見えるんだろ
生まれてから ずーっと この1つの太陽 なのにね

20070830224538.jpg
剱に届いた陽でうっすら赤みを帯びる。
剱の肩にかかった雲が まるで生きている人の手のよう
「剱は別山の上からが一番いいんだよ」とカメラマンのおじさんがいっていた



20070830225503.jpg
さっきまで居た別山頂上に薄いベールがかかってきた。
まるで太陽の光の強さで水が沸き立っているようだね

私達よりも先に頂上に来ていたカメラマンの姿が雲にまかれて
見えなくなる程のすごい雲の流れだ。


20070830224555.jpg
その雲の動きに、さすがに普段はあまり撮らない師匠もカメラを引っ張り出す

20070831213208.jpg
(クリックOK)これから辿る山々にガスが這うように流れている。

あの中を歩いて行くのか・・・・

別山頂上でスープとパンを食べ、1時間半も待ったがガスが切れなかった。
こうなりゃー突撃しかない。 一旦下って尾根の室堂側つたいに歩く。
スーッと身が引き締まるような冷気の中を 真砂岳へ進む。
どんどんと雲が取払われ 立山の山々や箱庭のような室堂が見えてきた。
 

20070831203936.jpg
真砂岳のてっぺんはなだらかな牛の背中のよう

そこから眺める景色はなんとも言い様の無い不思議な景色だった

最初に室堂に降り立った時、なんだかオモチャの庭のような
室堂を取り囲んでいる立山の山々もまた一種飾りのような・・・
観光地化された造り物のような気持ちで眺めていた。
だから、立山巡りは なんだか剱のオマケのような感じだった。


でも、そうではなかった。 
富士ノ折立だって、2999mで剱と同じ高さなんだもんね。
それに室堂から見て、みんな緑と白のコントラストに見えた山々が
それぞれに個性をもっている事にも気づいた。
西にも東にもカールを持ち、本当に気持ちの良いのびやかな山容なのである。
きっと、立山黒部アルペンルートが通るまでは、ごく一部の
登山者のみが知る天国のような楽園だったのだろう
 
真砂岳から見る富士の折立は岩岩なちょっと砂っぽい感じ。
でも、そこへ繋がる稜線上の道はまるで天の橋立のような・・・
1本道こーちょこちょ♪ な道で 見ただけでワクワクした。

 
20070831203911.jpg
(クリックOK) 富士の折立へ続く道

20070831203919.jpg
わぁぉ、あんなとこを人が歩いてる。 アリんちょみたいだな

その細い砂っぽい稜線の右も左ものびやかなカールなのだ。

20070831215946.jpg
内蔵助(くらのすけ)カール  

 
20070831203900.jpg
富士の折立への登りは以外に痛かった

富士の折立頂上はしっこに 丁度休憩に良い場所がある。
そこでまたまたコーヒーなんか飲んでまったりとした。
なぜかって、ココは槍穂も近い、富士も見える、黒部湖も見える
針の稜線も鹿島槍も・・そして剱もみえるんだよー 

20070831205134.jpg
(クリックOK) ゴッキゲンな景色!
一番奥に剱、すぐ下には内蔵助カール


20070830230010.jpg
今日の槍はなんだかツンケンしてみたいだな。
いつかはそっちに会いにいくからねー まってよぉーん


20070830225818.jpg
黒部湖は針で見たよりエメラルドの伝説だった?!


いー加減に休みばっかりで先に進まないが、今日はのんびりと
味わうと決めたのだ。 だって予定変更で一泊短くなったんだもん。
それだけで気持ちに余裕がたーんとうまれるのだ。

いよいよ今回お初の3000m以上の山 大汝山なのだ。 
頂上の下に小屋がある。なんだか人がだんだん増えてきたように思う。
あぁ そっか 今日は土曜なのだ。

大汝山頂上は狭い。 別山から前後だったカップルの男性が
担ぎ上げたビールを美味しそうに飲んでいた。
天気もいいし、頂上で飲むビールは小屋で飲むビールの何倍の喜びか。
あまりのウラヤマシ光線ビームを放ってる自分の目がいたたまれなく
なって、さっさか下りる事にした。

000-ro.jpg
大汝山の頂きのロビ
(いー加減にピースはやめたいと思っているのに・・・なぜに?! つい・・
 ワタシモ新たな独自のポーズを決めなくては・・・・ コサック?
 

20070831205443.jpg
おぉー 雄山神社があんなとこに
その向こうに一際デッカイ薬師がおるでよぉー




大汝山を背に歩き出した頃から団体さんとのすれちがいが多くなる。
なんだか雰囲気がちがってきたぞ。
稜線の西側をトラバースしてヒョコっと出た雄山の山頂には
ビックリする程の人がいた。

まったくの観光地だった  

20070831222512.jpg
アリンコだらけ?

ここは本当に3000mの山の上なのか?
ここの神社に参拝するために、老いも若きもゾロゾロと
集まってきている。 富士登山とおなじようなものなのか。
人ごみを嫌がってはいるが、そこに混じって参拝をする。

¥500での祈祷だったが、なんだかいたく感動した。
狭い3畳程のてっぺんに30人位皆が座らせられ、
神主さんがお祓いをしてくれる。
「色んな土地から色んな人が立山を目指して登ってきました。 
 その者達の 体は強いハガネのように、心は清く白い雪のように
 そうなるように・・・・見守っていてください」
 ・・・・まぁそんな感じ?に、私には聞こえました。

お神酒を飲んで益々テンションがあがりそうな自分を戒め
人を掻き分け、下山する。

ここは本当に危険だ。

普段山になんか行った事がないような人が
ヒーヒーいいながら登ってくる。 それも岩ゴロだらけ。
小さな子供も沢山居る。
お婆ちゃんの手を引きながら登る娘もいる。
人が密集しているので、1つ落石があっても誰かにあたりそうだ。
登りでも下りでも、週末にここを通過するのは大変なり

20070831205455.jpg
雄山の下り(一ノ越山荘から見上げる)
目を凝らして よーく見てください、蟻の行列のようなのだよ

一ノ越山荘に着いて、無事下山のお祝いのビールで乾杯した。
周囲は、山岳マラソン開催中で盛り上り、活気に溢れていた。
今回は、豪雨で変更を余儀なくされたが、フタをあけてみれば
素晴らしい景色にも出会えたし、なんせもっと先に考えていた
あの、あの 剱に登ってしまったというありがたい結果となった。

最後にこの人ごみに下りてきたが、このギャップがまた逆に
さっきまでの静かで夢のような歩きを、しみじみとした余韻として
心の奥の方で大切にかみ締められたようにも思う。


20070831205514.jpg
室堂は行きと同じく明るく平和だった
なんだかさっきまで夢を見てたような・・・
別世界の華やかさがここにはある



帰りは扇沢までトロリーバスやロープーウェイを乗り継いで行く。
途中、初めて見る大観望や黒部ダムはなかなかの迫力だった。
「黒部の太陽」とかいう石原裕次郎の古いDVDでも見たくなったが
残念ながら、劇場でしか見ることはできないらしい。

20070831210242.jpg
大観望から先月歩いた針ノ木の稜線を見上げる。

赤沢岳は本当に赤いんだね。
針ノ木はコチラから見ると、本当に尖がってるんだね。
またひとつ こんな所で幸せな気分を味わえた 




コメント:29 トラックバック:0
<<夏の終わり | ホーム | 剱・立山山行 [2日目 剱下り編]>>

ここもまた、ガスガスでみられなかった稜線です。
あ、こうなってたのね、で、あそこで道間違えてもごもご…なるほど~

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

雲の流れってほんとにステキですね~。。。山の池から雲の水があふれ出てくる感じ・・・
こっちの山域で特にこんな光景を見かけますが、やっぱ、地形と気候的なもんなんでしょうね。。。
んで、ポーズはどんなにするんですかー?^^

不気味なくらい、綺麗な夜明けですね。
別山からの剱岳は本当にステキ。
私がいったときは
別山も真砂も富士ノ折立もガスガスだったので是非ともリベンジしたいです。

そうそう祈祷も良いですよね。神主さんの言葉を良く聞くと意味もなんとなくわかるので、最近は一生懸命聞いています。

あっ、ロビンさんのご質問の答えです。
腰に手をあててビールを飲んでいるバックの山は北アルプスのランドマーク
「槍ヶ岳」槍の穂先でした。

ロビさーん
写真いい!すっごくっ。
オレンジ色のグラデーション
雲のまとわり・・。
文章と共に同じ感動を味わえたようなきがしました。
室堂って観光観光していて
人に酔いそうな感じするけど
周りの山を登ると、自然の偉大さ大きさを
実感できて、考え方変わるのかも・・・。
行動しなければわからない事って
沢山ありますね。
ありがとうございました。
モン吉、夏バテ大丈夫ですかー?

>ぜぜさん
早くーupしてくんさい。
別山のどこで道を間違えちゃったのだ? むふっ
私も途中まではガスガスでした。
カメラマンさんは、もう秋の雲だよ、ってさ。
剱・立山は1度じゃ終わらない魅力ある山です。
今度は晴天がまってるよ。絶対。

>監督ーー
遠い空から書き込みありがとねー
やっぱコッチもローマ字でかかんと読めない?
んなことないよね。 ネパールの空はどうですか?
監督は山に行きだして、まだ1年未満。
そのうち岩岩やクサリが嬉しくなっちゃうかもだよー(笑

>hiroっち
そなの、曇ってすごいよねー
動きをみてるだけで引き込まれそうな魅力が。
でもさ、寒いんだわ。その中にいると(泣
hiroっちの一番好きな界隈はどのへんだろー?
ポーズ? コサックはまた皆にひんしゅくかうから・・・
えーっと 今度・・・白鳥のポーズでも・・・
おっと、カラスなんてツッコマレそうだし・・・ 思案中

>のんすけさん
うんうん、立山もいい山でしたよ。
あまりに観光地がすぐ下の方に見えるので
ちょっとと思ったのですが、気持ちの良い歩きができます。
だってどっちを見ても見えるものが凄いんだもん。

えーっ そなのやっぱり槍なのか。
気持ちよかったでしょうねー
ぶふっ ビール飲む時はやはり腰に手がいっちゃうのね。
その飲みっぷり・・・仲間やね(笑

>tochiさーん
ありがと、ありがと、あんがとぉー
自然っていう意味じゃ、tochikoさんの方が
存分に味わってらっしゃるもんね。
きっとね、人間って何かが狂ってきたら
一番治せるのは自然じゃないかと思うのです。
きっと沢山のメッセージがあるんだよね。
そんな言葉が聞こえるように素直にいきなくては思います。

モン吉・・・ちょっと涼しくなると寝相がかわりますね。
先日4Fからまた落ちて唇きっております。
でも、食欲おちません。 やつは大物です。
只今 5.4kg ちょとオデブです。
三吉は元気ー? ヤンチャしてないですかぁ?

ビューチフル

うう、おきれいです、そのすがた。(〇×△子さんでわない) ずーっとみていてもあきません。どりーむですな。

出だしはがっくりだったけど、終わりよければ全てよし!ですね。
人でいっぱいの観光地化した立山や室堂が、何か素敵に見えちゃったよ。
自然の芸術か、はてまたロビンさんのマジックか?

ためいき。。。
2枚目と4枚目のきれいなことといったら!
すっごい朝あてちゃったね。
幸せだなあ。
仕方ない、この埋め合わせになにおごってもらおうか。。。
(↑意味不明)

はぁ~。ホント、きれいです。
立山は今行きたい所、かなり上位!!
でも、えっちらおっちら行ったら最低3泊以上したい…
という事で来年以降のお楽しみです。

ところで、いつも写真がきれいなですね。
ロビンさん、カメラは何を使ってるんですか?

カンドーしますた!!
ドラマチックな夜明け、一瞬のシャッターチャンスを逃さないロビンさんに…
こんないい写真が撮れたら大満足ですね~
なんだか見とれてしまう写真ばっか、うっとりです!

ロビンさん、こんにちはー
赤い朝焼けって、ぞくぞくってしますよね。
でも、お天気よい日になってよかったですね!
立山縦走、わたしも感動した記憶がよみがえりました。ロビンさんとは逆向きだったけど、立山から見える景色、ほんと贅沢ですよねー。室堂や大日三山方向の眺めもすきです。
雄山の頂上、前に事故あったそうです。あそこ、危ないですよね。神主さんはイケメンでした?

>そのうち岩岩やクサリが嬉しくなっちゃうかもだよ
それは、ありえねーっす。つり橋なんかも絶対だめですね。やさしい登山道で十分幸せですって。

>熊さん
ヤッダァ~ オイドンのこと?
熊さんはこの景色にいつ会うのでしょうね。
こっちから見た薬師もすごかろー?

>カモシカさん
そですね、あの始まりからは考えられない幸せです。
なんだか、観光客の中に戻っていくと、
「わぁーこの人山に登ってきて臭そうさわー」
なんて思われていないか心配です。 まぁ ある意味考えように
よっちゃステータスでもあるかもですが。(笑

>ごろ太のマッキー
いいでしょ? いいでしょ?
何度そんな時を経験しても、毎度違うんだよね~
まっきーも南ア単独行もよかったじゃん
これで差し引きゼロだは。 うわっはっは

>akemiさん
3泊っていったら かなり楽しめますぞー
剣に立山に大日岳・・・いや、そんなに行かないで
まったりテントで過ごすのが一番の贅沢かな。
いや、やっぱり登りたいよね。(←ってナゼに私が悩むんだ!?)
来年 是非立山においでやす~
カメラはCANONのIXYだす。こいつはよう働きます!

>たんべぇさん
一瞬の時はデジカメ便利ですねー ばかちょん並みです(笑
ズボンのポッケに入れてるので、出すのに体クネクネ星人ですがね
(ザックのベルトが邪魔なんだよなー 皆はどこに入れてるのか?)
今回は本当に天気に恵まれ、素晴らしい景色に出会えました。
たんべぇさんも塩見よかったねー 私も絶対行きますのだ

>まゆぴょん
だよねー あんなに赤いんだもん。
ちょっと怖いの半分、感動半分ってとこかな。
だねー 逆コースだったんだもんね。
またちょっと景色が違って見えて、今度はそっちもいいかも。
雄山で事故あったの? だよね、あそこ怖いもん。
神主さんは野球の古田似の若い方でしたよー びっくらこ。
そんな近くから写真撮るなよーと師匠に怒られました。うっしっし
でもね、神聖な気持ちになってとーっても締めくくりによかったんだ。

>監督
ヒマラヤが見えるんだもんねー すごいなぁ
そんなとこで仕事してるなんて、尊敬だなぁ
世界を股にかけるってやつだ。そんな人が吊橋の1本や2本で・・(笑
なんちって、優しい穏やかな山登りが一番いいんですって。

今度は、絶対早月尾根から登ってみてください。
剱の大きさを実感できますよー。
こっちの方が怖くないと思います。
私は、今度行くなら裏剱!!

>ビス子ちゃん
うん、頂上からみたよん、早月尾根・・・
なんか小屋が えれぇー低く遠かった感じがした。
それに早月尾根の長いことったら・・・
よく、テン泊装備でいくやっちゃね
ビス子は両方ともから登ったんだもんね。
すごいなー そして次は裏剱からかぁ
それ試して、どこが一番よかったか聞いてから
また行こっかなー (←ズルまるだし)

ロビンさん、
写真がいいでですね~
どんどん腕を上げていっている感じです。
構図&トリミングセンス。雲のからめた写真もいいですね~

>ぴかさん
いやぁー ぴかさんにそう言ってもらえると
嬉しいこっちゃです。
構図に関して言えば、山をど真ん中にもってきちゃいけないって、
何かの本で読んだんだけど難しいよねー 単純だからマンマ中心にドーンしてます。(笑
カメラを構えたとき、「これはいい絵になる」って思う時と
そんなでもなかったけど家でみたら「これ、えーやん!」と
思うものもあり。
写真って難しい。
でも、目で見たものに近いものを目指したいです。

雄山・・・
あっ、去年500円ケチったとこだ(笑)

雲の躍動感のある写真ステキ~!
ロビンさん写真上手いよな~。


なぬーっ 
その500円で 気持ち良いご祈祷にありつけたのに。。。
はぁ~ もったいなか

久しぶりの復帰で 口がうまくなったなり (爆

500円

だったのかー!
しまった!
見間違えて、5万円だと思って・・・。
そんな高くちゃ、庶民のわたしにゃ、無理無理って・・・。
ご祈祷、受ければよかった~。

次は、早月尾根から登るぞい!
てか、裏剱って、北方稜線てことかな??

それと、スレ違いで申し訳ないんですが・・・。
関東の山に詳しいロビンさんにお尋ねします。デヘ
今月末、珍しく関東出張(茨城)で、土日に初の関東山遠征しようともくろんでます。デヘ…
そこで、燧ヶ岳、男体山、日光白根山、皇海山、武尊山、赤城山、谷川岳などなど。
ここら周辺で、2つ百名山を選ぶとしたら、どこがオススメですか?
移動はレンタカーを考えてます。
よろしくお願いま~す。
スーツにザックって、めちゃ合わないけど、
なんとか計画しますダ!

そうです、特別祈祷が5万円なり。(どんな祈祷じゃ?)
あとはみんな500円。 でもね、500円以上の
感激あったなぁ。 心が洗われた気がする。
んで、お神酒もうまかった。
んで、神主さんも若くてなかなかやった。(←?)

おーっと 月末に出張ですかぁ。
茨城からのアプローチはあまり詳しくないのだけど、
この当たりはピカさんや熊さんが詳しいかもだね。
行きやすさは別にして・・(この辺詳しい人頼む!)
■谷川岳はやっぱりいーでしょう。
ただし2000m位なので、まだ暑いかもだ。
西黒尾根からどんどん近づいて行く谷川岳は
魅力ありますぞー。 ただ、この界隈は天気が
難しいかも。
■日光白根山は、色んな楽しみが一杯つまってって
お手軽です。岩あり、沼あり、気持ちよいよねー
■燧ヶ岳はまたもやいーです。(そればっかり)
燧頂上からの尾瀬ヶ原の眺めは最高。
草紅葉も頃になるんちゃうかな?
■武尊山もいーよな・・・
アプローチ・・・谷川も遠いか・・・?

なんだか取りとめのないアドバイスですが
結局どこもE~のです(笑)
これ見てる他の人もアドバイスくんないかなー

おーい、おーい。

わ~い

ロビンさん、ありがとうございま~す。
お忙しいのに、わたしなんかのために・・・
いや~、こんなに丁寧に教えて頂けるなんて・・
こまち、うれしいッス(嬉涙)

茨城ですが、ほぼ、一旦、東京に出るつもりなんで、後はレンタカーでどこまでも~♪ですわ。
ロビンさんの尾瀬レポを読んでいると、ど~しても気になって・・・。
燧ヶ岳、至仏山をセットにとも考えています。
武尊山もいいかも!
移動距離はなんのその!!

ホントに、貴重な情報ありがとうございました。
会津駒ヶ岳、那須岳もイイかも~。
↑まだ言うか・・・

神主さん、気になるなぁ・・・ ←おいおい

んだ、んだ。
燧ヶ岳、至仏山 私も行きたい。
会津駒ヶ岳、那須岳もイイぞぉ~。
↑まだ言ってるアドバイス・・・

こっちに来たからには、たーんと
満足して欲しいっす。頑張れ 太陽!!








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。