スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越後駒ケ岳 <後半>

2007.10.14 17:22| 山の空気

2007.10.7 (日)

久しぶりに山での朝を迎えた。

テントで寝るということは、
外の自然と一体化してるような心地よさがある。 
シート1枚の外では常に山肌を撫でる風の音や、
この山に住んでいる動物たちの気配を感じられるからだ。
 
10月だというのに、そんなに寒さは感じられなかった。

5時頃には人々が支度をしだした。
あと40分程で日の出を迎える。 


20071011215441.jpg
もうすぐ太陽がやってくる。
みんな同じ気持ち・・・ その瞬間を見届けたいのだ。

 

?????????????????????????????????

軽くパンをかじりながら、日の出を頂上で迎える用意をする。 

今日は15分も登った頂上で日の出を見て、ゆっくりと下山なので 
気持ちに余裕がある。  見晴らしのよい小屋からも日の出が見えるとあって
頂上を目指す人はそれ程いなかった。 

20071011215649.jpg
お地蔵(修験者)さんも寒かろう。
君は・・・春も夏も秋も冬も ここからの景色を眺めてるんだね。


 
20071014182025.jpg
太陽が登る寸前の この空気が止まったような風景 
つい、まばたきなんかしてしまってこの一瞬の時を見逃さないように 
みんながじっと息を呑んで静かに、その瞬間を待つ。 

真中に双峰をもつ燧ヶ岳、その右手にゆるやかな曲線の平ヶ岳
その平の後ろにチョコント丸い頂きの日光白根
それぞれが日本の大地に根をはっている山々なのだ。
 

20071011215657.jpg
そしていよいよ太陽が。
今この瞬間 沢山の山の上でみんなの歓声があがってることだろう


20071011215706.jpg
赤や黄色の葉っぱたちも一斉に太陽の陽を浴びて
生き生きと輝きだす。


20071011215722.jpg
4人にあらず。お地蔵さんも仲間なり


20071011222019.jpg
(クリックOK) 自然はいつだって誰にだって感動を与えてくれる

20071011215923.jpg
八海山はもちろん日本酒で有名。
おすもうさんのような山容を想像していたが、岩岩な霊山だった!



頂上にいた10人位の年配の団体さんが
「わぁ 本当にこれからあそこまでいけるのかしらー」 っと
八海山を指差していた。 駒から中ノ岳を通って、八海山までの道は
見るからに痩せた尾根で、地図上でも点線ルートになっている。
みんな凄いなぁ? とただただ感心するばかりである。 

タップリ同定を楽しんだ後、お腹も減ったので下山することにする。

20071011220026.jpg
自然は人を素直な子供の心に戻す。
・・・・・あっ ごめん。 君はいつだってそうさ。


20071011224827.jpg
 (クリックOK) 深い雪に削られた山肌
それでも春には花を、秋には紅葉をもたらす
中ノ岳(左奥)へのルートは想像以上にアップダウンがありそうだ。


小屋に戻って朝食の用意をする。

昨晩のキムチ鍋にご飯を投入して、オジヤを食べる。
やっぱり温かい食べ物が山の上では一番のごちそうだ。

20071011220045.jpg
海外放浪癖をもつ彼(はっしー)ではのmyセット


食後、テントの撤収をしようとしたところ
マッキーが3度目の登頂をしてくるという!?
今、降りてきたばっかりなのに・・・ 

   さすが 山が大好きなんだね  


20071011220035.jpg
嬉しすぎて泣く まっきー

20071011220055.jpg
とぼとぼとぼ・・・誰もついていってくんない
(だって 日の出見に行った時に頂上にペットボトル忘れてきたん・・しょんぼりこ)
 

昨晩、小屋の前でみんなが食事をしたり飲んだりしてる時
真っ赤な顔で気持ちよくお弟子さん達と一緒に飲んでいた
スキーの師範の小屋番さんが かなりの剣幕だった。

心無い団体がゴミ袋2つも小屋前の木々の間に押し込んで隠して
帰ってしまったらしい。 夕餉の時も食べたゴミをほおり投げてる
姿をみていた私達はいたたまれなかった。

  どうしてそんな事ができるのだろう・・・
  山が好きなのに なんでそんなことができるのだろう


なんだか小屋番さんに対して、私達も申し訳ない気持ちで一杯だった。



1泊で翌日下山っていうのも なんだか寂しいが
こんな山もあっていいのかと思う。
帰り支度を終え、ゆっくり下山する。

天気は申し分ない。暑いくらいだ。 これじゃ紅葉しないよなー

前駒へ辿りつく前に、バッタリコン たんべぇさん夫妻に遭遇。

20071011220110.jpg
おぉー これが噂のバッタリンコ!

一眼レフを頂上に向けてるカッチョいい女性がいるなーと思っていたら
マッキーが気づいた。こんな遠くの新潟の山で偶然同じ日に会うなんて・・・
これは顔見知りの山仲間が増えたってことなんだね。
それにしても 皆がよくバッタリしてるけど自分もこんな風に
会えるなんて そりゃー驚くってもんだ。 
なんたって同じ景色を、同じ感動を共有できて嬉しいもんである。


20071011220125.jpg
真夏並みの暑さで君も季節からおいてけぼりなのか?


こんな事があった。
マッキーのストックと自分のストックの長さを比べていた
ハッシーが ポツリとつぶやいた。

H 「ねぇねぇ このストック伸ばして使うんだよね」
M 「えっ・・・・(絶句) (・・・もう伸ばしてるんですけど)」
H 「ねぇねぇ 今から伸ばして使うんでしょ?」
M 「・・・・・ 」

師匠と私は死ぬほど笑いをこらえながら目をそらして聞いていた
(・・・地雷だ、地雷をふんどる  ぷっ=3)

20071011220118.jpg
なんだかワクワク笹のトンネル
クマの巣穴から出てきたわけではない・・

振り返ると 越後駒がだいぶ遠くに見える。
ゆるやかな下山道を歩きながら、今回の山行を思い返す。

そんな時間がユックリ流れる2日間だった。

000koma.jpg
 (クリックOK)  越後駒はなかなかな立派な奴なのだ。



メモ)枝折峠に行くバスは季節バスで、小出6:30?枝折峠7:35
   帰りは枝折峠16:35?小出17:40の各々1本らしい。
   公共交通機関での日帰りはなかなか難しそうである。

コメント:27 トラックバック:0
<<紅葉満喫! | ホーム | 越後駒ケ岳 <2007.7m>>>

うぉ~っ、雄大な景色と紅葉いいなー、羨ましいなー、
ってことで、今週末行って来ましたよ、私も越後駒へ。
多分写真で見ると今週の方が少し紅葉がすすんでるかな。
でも天気はあまり良くなく、登り始めガス、下りで晴れでした。
ですのでロビンさんの写真で堪能します。
そこで何とピカさんにばったりでした!

良いひととき

時間も空気も止まる、笑顔が一番似合う時。
何よりです。いま自分は「100%幸せだ!」って言い切れる時ってなかなか無いよね(笑)

お邪魔します

はじめまして、こちらお邪魔します。テンポ良いレポいつも楽しく読ませてもらってます。

ロビンさんの越駒写真の紅葉がいい色出てるな~という事で、早速土曜日お邪魔して来ました(情報活用させて頂きました。ありがとうございますm(_ _)m)。

あいにく山頂付近はガスがかかって100%の越駒を拝む事は出来ませんでしたが、前駒付近の稜線の紅葉には感動でしたー(心の目で見ようとしましたが、まだまだ修行が足りませぬ(泣))。

それから...山頂から下山する時、お地蔵さんに旅の安全をお祈りしたのですが、ロビンさんのレポのお地蔵さんの「ういっく」の文字が頭を離れず、心の中で「ういっくさん。。。」と呟いてしまってました(汗)

ロビンさんのレポを思い出しながらの越駒は楽しいものでした~。今後も楽しいレポ楽しみにしてます。

ロビンさんの情報をもとにGO!してきました。鎖場は片手で大丈夫でした。が、峠までの片手運転は緊張しました。
*ガスってていい景色には会えなかったけど、ゆっきーさんに会えたので帳消でしたー。

秋の空、真っ青も良いけどうろこ雲も良いですね。

やはり山は泊まったほうが楽しめますね。
2日あれば晴れの可能性も高くなるし
朝夕の景色も素敵だし。

>ゆきさん
うぉーーー なんちゅーフットワークだ。(驚
行ったですか? それもピカさんとバッタリ?
これまたすごい確率だー んで関西からだと遠いでしょ? 
1週間でも紅葉はアッという間に進んじゃうよね。
下りで晴れてきたってことは、歩くの早すぎて残念ちゅーことかな?
ガスってても写真たのしみー!! きゃほー

>河童さん
そうです、あの太陽が昇る瞬間って何度見てもあきませんよね。
きっと わたくし 笑顔+口ぽかーん状態と思われます(笑
「100%幸せ!」って・・
感激屋の安上がりな人間の私は毎度のことです。
むふふっ ・・・・河童さんも・・・でしょ?でしょ?

>tripgoodさん
ようこそいらっしゃいましたー
お名前は河童さんとこで。 読んでいただいて光栄です。
おぉー ってことは、ゆきさんやピカさんとどこかで
会ってるんでしょうね。 また不思議な縁ですね。
心の目で見ようとすると、私なんかいっつも食べ物しか・・(泣
あのお地蔵さんと話しましたか?! 元気にしてましたか?
ぐふふ ではお地蔵さんを通して、もう仲間ですねー
これからもよろしくです。

>ピカさん
見にいきましたよん。 レポが早いちゅーの!
私達がつかまりまくったアノ頂上直下の岩岩を片手で登っちゃうなんて
ビックシです。 でも、無理しちゃだめですぞー
んなもん 頂上まで3時間でいっちゃうなんて、だめだめだめー(笑
スピード違反なり。
頂上はガスで残念でしたが、紅葉は一段と進んでいますねー。 
お地蔵様が斜めってるぅー(笑

>えいじさん
えいじさんも越後駒行ってたかもなんですね。
そしたら、ゆきさん&ピカさん&tripgoodさんとバッタリだったのにね。
でもえいじさんの行かれた火打・妙高の紅葉は素晴らしいですもんね。
それでもまだちょっと早いのかな?
にしても 百に向かって爆進中ですねー
沢山の秋の景色をみせてもらって嬉しいです


>十歩さん
そーなんですね、泊りだとまた山の味わいが2倍ですよね。
いつでもそんな山行にしたいのですが、悲しいサラリーマンですね。
尾瀬はよかったみたいですねー。 尾瀬の朝と夕はどうでしたか?
クマくんの足跡がかわいいです。(ちょっと怖いけど)
日本の四季はすてきです。どこに行ってもきっと素晴らしい景色に
出会えるんでしょうねー
だから もっと味わわなくっちゃ~。あせるっ

日の出の前の空気感がいいですね~
ばっちり!
震えるような感覚も最近ないな・・・
あ~、山で泊まってないからだ(笑
てな訳で、山に行きたくなるレポでした。

こんな素敵な場所でポイ捨て、、、、、マジで腹立たしいシ-ン見ちゃったんですね~、残念だ
オイラなら絶対一言いってる(^^ゞ
こらえ性ないから・・・

こんばんは!

始めまして、やまとそばと申します。
お名前とブログは時々見せて貰っていました。
越後駒の朝焼けがあまりにも綺麗で、思わずコメントしてしまいました。
私も、友人から越後駒へ行くなら、一泊で行って山からの朝焼けを見てみたら・・と薦められながら、日帰りで行ってしまいました。(前泊ですが・・・枝折峠)
今度行く時は泊まりで行きたいと思ってます。

空が秋を感じるね。いい絵だなあ。
まっきーとはっしーはいい味出してるね。
涙目になって目をそらす、お師匠さんとロビンさんの顔もまた浮かびますよん。
ごみ団は頭にくるね。そんな人にお山に入ってほしくないね~

>食う寝る君
そうよー 山で泊まりなさい~ っていたって
木曽駒で泊まってるジャン。 山の空気に触れてるジャン
はぁー すごいキノコ祭りに燻製天国だったご様子、いとさびし。(?)
そっかー やっぱ言うべき? だよね、でもその場の雰囲気ブチ破る
勇気のないヘタレでした。 仲間に一人でも常識者がおらんのかのぅ
いと悲し

>やまとそばさん
わんばんこー 初めまして~ 
お名前はお見かけしておりましたー
山と蕎麦・・・私もその路線ですよー(笑
縦走した後はちょっとこってりラーメンに
行きたい気分ですが、日帰りの時は
さがしますねー 美味しいお蕎麦屋さんを。
これからも各山の近くの美味しいお店よろしくですん

あららー 日帰ってしまったのねー。 
あの小屋のロケーションはバツグンですよね。あの突端でみる景色・・・次には是非、朝夕を
お楽しみくださいませー これからもよろしくです。

>ぜぜさん
そうなんよね、 空は秋なんだよねー トンボも沢山飛んでたよ。
同じ位の標高でも、谷川の天候を読むのは難しいね。
ハッキーはまったくいいコンビですな。お笑いとして・・・ぷふっ
今後、どう芸を磨いて行くかって感じでしょうか。
ごみ団も、ぜぜさんとこのお騒がせ3人衆も どーにかしてちょだよね。
その人達がこれからも そんな山行をし続けると思うと「天罰よくだれー」
と、ちょっと思ったりもするのであります。

山頂でご来光を拝むと心が洗われますね!こんな素敵な朝を迎えることができて羨ましいわぁ~
ロビンちゃんご一行とばったりできたことは大収穫でした、なにしろ「ロビン本舗」にダンナまで登場させていただいたのですから…ううぅ恐縮です(^^;;

ゴミを置いていく人、何とかならないでしょうかね~ホントむかつく!!

>たんべぇさん
ですねー ご来光は何度見ても新たな気持ちにさせますね。
本当にびっくりしましたねー 2度もバッタリ!
いやいや ダンディーな旦那様に会えて感激でした。
写真を送りたいのですが、アドレスが・・・どないしよ(笑

うわーん、人が出かけてる間にこんなんうぷされてる~
ろびのレポはほんとうにいきたくなるレポだねえ。感心するっちゃ。
しかし、いい山旅であった。あの朝の光はきっとずっとずっと忘れないねー。
あ、昨日のみではっ○ーにあったのに、お金預かるの忘れたー。めんごー。

あーーーーーーーー
20万こえてるやん!!!!


ぶふふ わりー わりー
だってさ 私ってウソつけない人だから
かなり報道的に真実語っちゃうのよね。

あそこに写ってるハーレム状態の中の
男性は・・・はっ○ーだったのか!?

マジ ほんとーだ! 20万こえてたぁ~
いつよー いつ? 
誰が踏んだんだろ???? 
申告あったら 何か考えるべしか。

これもそれもミナミナ様のお陰であります。
あんがとねー

20まん、おめでとう!ロビンさんの事件簿、じゃなった。。。山日記もいつも楽しく見てますよ!(私の上司も^^;)
越後駒の後半戦も、いい景色だったんですね~。新潟は母親の実家なので、頚城も含めて興味はあるんです。やっぱ、レポってすごく参考になるね。今後の行きたい山がどんどんたまる!^^;
太陽を浴びた紅葉ってすてきなんですね!

>今この瞬間 沢山の山の上でみんなの歓声があがってることだろう

 この日の同じ太陽を違う山頂で眺めていたのね!
ロビンさんのTOP写真いいなぁ。

蝶ヶ岳も負けないぞっと!

*自然に対して山に登らせてもらう以上、ローインパクトでありたいものです。

木曽駒JOY,お会いできずに残念・・・。その前にバッタリかな?

ロビンさん、こんばんは。(^o^)丿
今200356です。
ゴミ袋の件、何考えてるんでしょ!
泣きたくなってきます。

それはともあれ、極上の日暮れと日の出だったようで、越後駒は文句なしにいいお山のようですね。

20万!おめでとうございます!

ロビンさん、レポ読みましたー。
うーん、やっぱりここの朝、最高にいいですねー♪
あー、やっぱり泊まりたい。
ロビンさんも丹後と中ノ岳、荒沢岳、行きたくなりました?(^^)

ゴミの話。ほんとひどいですね。
なんでそんなことするんだろう・・悲しくなるなぁ。

>もうすぐ太陽がやってくる。
の写真、素敵なんだけど、劇団四季のライオンキングっぽいような・・・(^^;

>Hiroっち
事件簿ちゃいますよぉーん(笑
事件は私が起こしてるんじゃない、
現場(某ブログ)でって感じでしょうか(

新潟はよかですたい! 山もいいし
水も酒も米も・・カニも
いーとこの田舎もってるね。是非いってみんしゃい

>カモシカさん
だよねー 絶対ここの仲間もどこぞの山の上で
この太陽みてるだろうなーって思いましたよ。
自然はその存在そのものが大きいよね。
その前では謙虚にならなくてどーするって感じやもんね
木曽駒JOYはほんに残念でしたーー

>アランチャさん
まだまだだと思っておったのですが
いつの間にでした。 これホント皆様のお陰です。
ごみ捨ての件は、まったく残念無念。
最近山でこの手の話、多く聞きますね。
やめて欲しいと思いながらも、声をかけれないという
情けない自分があります。あかんわね。

>まゆぴょん
あんがとねー&おかえりー
凄くよかったみたいだねー 
やっぱあの稜線は本当にええわ。
私も来年いくじょー きっと。

中ノ岳、荒沢岳、八海山・・・
どれも行きたいです! あの辺りはまだまだ
一杯行ったことないシリーズあるから
これからは関越ぶっとばしが多いと思われます(笑
・・・・ライオンキングかぁ
よかった ド真ん中に自分が写ってなくて・・・
まさに ライオンになるとこだったナリ

>木曽駒JOYはほんに残念でしたーー
「木曽駒JOY第一部」、出たじょい!

きのこもゲット、“あっさり前田の”かいねこもゲット!

(土曜日は雨だね。今週末は行くなら日曜単発だけど、どうするかな~~?)

えーっと 木曽駒JOYはすでにもう第○部まで
行ってると思われます・・・ぶふふ
だって私だって いったことあるもーーん
(↑ 負けず嫌いな俺っち)

今週は・・・なんか天気変わってきたみたいだジョ








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。