スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守屋山(高遠 1650m)

2007.11.30 21:30| 山の空気

2007.11.23(金) 

20071128215518.jpg

シャキシャキと霜柱を踏みしめながら歩く・・・
あぁ 冬が来たんだなぁと実感する。
 
土の中の水分がこんな形で地上に姿を見せる。
その氷の細かい柱に朝の光があたって キラキラ と輝いていた。  

  

??????????????????????????????
今日もきょうとて歩き出しは 9時半過ぎ (びすた?りん) 

山仲間と双葉SAでおちあった。
携帯があるってなんて便利なんだ。
多少あいまいな約束でも不安なくおち合うことができるんだもんな。 

今日のメンバーは4人。 
毎度の師匠、  
神奈川県人代表 利き酒天才 ぜぜさん
多摩ーズなのにいまだ品川ナンバーをつけるマッキー

20071128215434.jpg


諏訪大社上社本宮の神体山である守屋山。
この山にはなんと、 ルートが5つ もあるらしい

? 杖付峠頂上からのポピュラーなコース
? 守屋神社(古屋敷)からのコース(東峰から西峰への途中に出る)
? 立石からのルート(奇岩などがあるらしいが車を停める場所がない?)
? 諏訪大社上社本宮からのルート

お手軽に登れる山でありながら、展望に優れた守屋山は
どのコースからも一度は登ってみたいが
なんといっても雪がついた頃が一番面白いんではないかと思う。
ただ、今年の2月に登った時も雪の量はそんなに多くはなかった。

杖付峠(9:40)?東峰(10:55/11:35)?西峰(11:50/12:10)
?東峰?杖付峠(14:00) ゆるゆるで 計4:40



20071128215532.jpg
今日の空は青さが深く デッカイ展望を約束しているようだった


前回と違うコースも考えたが、なんせ時間が時間だし
メインは今夜の木曽駒荘でもあるので、ぜぜ&まきコンビにとって
初めての杖付峠からとなった。

出だしと終盤がちょと急なだけで、まったり気分で登れる山だ。
途中には座禅草の群生地もあったり、広場のような憩いの場ってな
とこもあったりで ハイキング気分である。

 
20071128215558.jpg
一眼デジを最近手に入れファインダーを覗きまくるマッキー
・・・・でもね、レンズキャップが・・・ついてるような気がするんですが(汗



20071128220328.jpg
守屋山の魅力はこの 最後にドカァーンと展望が開けるところ
ここへ来ると、一気に頂上に駆け上がりたい衝動にかられる。
もう知ってる景色なのだけど、つい気持ちが先に駆け上がってしまう。



20071128215609.jpg
頂上はもちろん 360度の展望だぁ。 東峰の頂上はイワイワ


かすかな冬の匂いを運ぶ風が 汗ばんだ体に心地良い。
肩のザックを下ろし 写真を撮りまくる。
ぜぜさんもまっきーも一眼デジだもんね。



あれれっ  
手を ハエのように こすりこすりしてるのはマッキーだ。
どうやら手袋を駐車場の辺りに おとしてきた お留守番をさせてきたようだ。
お天気もよく暖かいけど、手袋がないともうすでに寒いのにね。
ふーむ・・・デキル女は考えてることがどこか違ってる。


20071130213048.jpg
真中に穂高、大キレットを越して右端には先っちょが青い槍が見える。
今この時 あの頂きにはどのくらいの人がいるのだろ


20071128220317.jpg
この目で今見ている感動を写真におさめたいと誰もが思う。


 
20071130213210.jpg
南アの景色はいつもとチョト角度がちがう
普段は控えめな仙丈さんも 今日は甲斐駒や北岳より大きくて立派だ



この夏に南アを歩いたマッキーは熱い視線を向けている。
また あの頃の思い出 が蘇ってきてるんだよねー きっと。



西峰まで行って昼食の予定が、団体さんがガヤガヤとあちらへ行ったので
ここでランチとする。岩に寄りかかってポカポカと暖かな陽射しの中で 
南アや八つを眺めながら コーヒーとパンをかじる。

  至福の時だね


自分の体力を確認するようなキツイ登山もいいけど、こんな風な
心がのびやかに開放されていく時間がたまらない。


20071128220144.jpg
守屋山西峰はあっち
あっちの方がちょっとだけ高いんだってさ。
あそこへ行けば また景色が違ってみえるのだろう


20071128220236.jpg
いざゆかん!西峰に

気合が入ってる ぜいぜいさん だが・・・実は右の・・・お尻に・・
ちょっと前のあのボジョレー山行の記念のアザが・・がっつりと。
本人は気づかなかったそのアザの第一発見者が・・
ダンナ様だとは誰にも言えない、そだ! 口が裂けても言えない



葉っぱが落ちてフカフカした木立の間を縫うように西峰に向かう。
そう、この山もニャンコ耳だったのだ!

東峰でザックをデポったぜぜさんは、しきりに 「さむいよぉ?」 を連呼。
たとえ少々ザックが重くたって、冬はザックあってこそ暖ったかなのだ

西峰頂上の寸前に、小さなコンクリの小屋があった。
中ではぎゅーぎゅー状態で カセットコンロに鍋なんかやってる人達がいた。
その外には、なんと!?燻製マシーンがモコモコと煙を上げていた。

  おそるべし! 同じような事をする山ヤがここにもおる(笑


この避難小屋は・・・新年の日の出を待つ間にも使えるし
諏訪湖の花火大会をこの頂上で眺めるってのもいいな。 ヨシヨシ

20071128220222.jpg
八ヶ岳はゴツゴツしてるからかな、雪があんまりついていないように見える。
八つの真下に見えるは 守屋山東峰。 



20071128220244.jpg
おぉー いつ見ても神々しいぞ! 御嶽山
木曽駒さんとあの頂上で強風地獄を味わったのはちょっと前



ほらね、こっちまで来たから御嶽山がみえるようになったんよね。
東峰からは西峰の陰でみえないんだな。

「僕はここでお昼寝ー」 なんて東峰で待ってる師匠は
こんなカッチョイイ御嶽にも会えないし、なんたって守屋山の本当の
頂上はこっちだもんねー なんてもったいないこっちゃ。


20071128220251.jpg
誰がなんと言おうと 『3人娘ーー!!』

「こちらが本当の頂上ー!」 と、ワイノワイノ喜んでいる私達に
一人のオジサマが 「これは誰のかのぉ?」とストックを1本ぶらさげてきた。

「私のだったりして・・・うふふっ 」 と言いながら、自分の手を見た・・・
 「どわぁーー!?」  と、驚いたのは ぜぜさん本人
 手に握り締めてるのは 片方だけのストック


(あのねー まったくドイツもコイツもブルドックって感じですな
いやいや 幾つになってもオッチョコなとこが可愛い二人なのです。
まぁ シッカリ者のわたくしが一緒にいないと・・・・
どーにもならんのですわ  わっはっは) とは心の声

たっぷり御嶽も堪能したので、そろそろかえろーか。

                      00-ORUSUBANN.jpg
                      師匠は良い子でお留守番


20071128223941.jpg
木の間にはお地蔵さん


20071129235218.jpg
陽射しはまだまだ高い 
昼をだいぶ過ぎてから登ってくる人が沢山いた。 
そんな・・・気が向いた時にひょいっと登れる憩いの山なのだ。


20071128221754.jpg
途中の広い広い休憩場周辺は座禅草群生地
また違う時期にくる楽しさがある


こんな里山にも確かに冬の訪れを感じる
頂上から眺めた高い山々は、もうスッカリ真冬なんだろう

でもさ、寒い寒い冬が来るということはいいことだ。
もしそんな冬がなければ
  あたたかな陽射しと色とりどりのの訪れにも
  太陽が元気百倍で開放的なにも
  そして、自然が美しく紅葉する味わい深いにも
これほど感謝することが出来ないかもしれない。


ついチョット前には燃えるような黄金色だったカラマツも
もうすぐ真っ白な雪で覆われるのだろか

20071128230000.jpg
諏訪湖もすぐそこ


  今度は雪が積もった頃に もう一度




備忘録:
?今回の山で新たなお滑りをして、益々大事なお尻を100カラットのボルドー色の宝石に
 染め上げた ぜぜさん のことは内緒
?駐車場でお留守番をさせていた手袋に駆け寄り、頬擦りをしてたマッキーの事は内緒



コメント:14 トラックバック:0
<<この週末は・・・ | ホーム | この3連休>>

ぼじょれ山の宝石アザの件で、大爆笑しちゃったじゃん(^◇^)

ご来光の企みに小さく微笑み

まっき-の手袋にいつもの・・・とため息?(笑)

しかしいい展望でしたね。
オイラ達が春に行った時は、展望イマイチだったので、ぜ~ったい冬にいくもんね!
悔しく無いもんね!!!はぁぁ~

いつも何かが起こりますね。
これも山歩きの楽しみですね。
でも、本当に天気が良くて眺望も最高で良かったですね。

守屋山は、標高の割りに大満足の展望の山でお気に入り!

細かいレポで感心。ちっこい事件もバッチリ!
>木の間にはお地蔵さん
 GWには人形が置いてあったよ!
でもひとつ足りないなぁ。
  『カモシカ岩』

>誰がなんと言おうと『3人娘ーー!!』

そうそう、ウチラ陽気な かしまし娘~♪
というのが、昔あったそうな。
 3人娘だってよ!




あのさ。写真撮るからカメラ構えてみてっていったのはろびでしょ。撮るつもりないのにキャップなんかはずしませんよ。
はぁ~ もう、これって、わな? わなだったの?
そんなたくらみばっか考えてるから、あれだ。会話についていけないんだねー。決して○けがはじまってるわけじゃないんだねー。あー、よかったなりよ。

>ただ、去年の2月に登った時も雪の量はそんなに多くはなかった。
今年の2月、ご一緒した時じゃないの?随分前に感じるけど、まだ1年たってない。ろび流、1年プラスの法則ね。
そのときは、雪景色が最高と思ったけど、今回の写真も素晴らしいですね。
にしても、まき、ろび、師匠は誰と組んでも凸凹を構成しちゃうんだねー。あっ!自分は除く。

お尻のあざがだんだんちいさくなって、万物のはかなさを感じるきょうこのごろです。
な訳ないか。
楽しいレポだったわさ。ったく。
ば~ら~し~た~な~

樹氷~~~。

守屋山は樹氷も綺麗なんだよ~~。
食う寝るさんもその頃に来てね。

守屋山、いい山だよねぇ~~。

>食う寝る君
ぼじょれ山の宝石アザの件? えーっなんも言うてへんよ
まっきーの手袋だって想定内ってやつだし。
あそこの展望はいいよねー
でも、もっと凄いトコみっけちゃったなり なはっ
いやっ そんであのヘリ すごいぞ。楽しくてもうね
飛ばしまくりだぁー やばい、やばい。

>えいじさん
おひさしぶり!新しい靴でまったり山行ですなー
この時期の山の選び方は難しくなってきますね。
紅葉も終わりかけ、冬山とはまだ行かず。
仲間と一緒の山は、景色だけでない楽しみもありますもんね。
低い山でも天気次第で十分な展望に出会えますね。
今年ももうあとわずか、マッタリ山行もまたよろしですねー

>カモシカさん
>標高の割りに大満足の展望の山
だよねー 長野のヘソみたいだもんね(へーそぉー?)
実はお地蔵さんの横にお人形さんいまひた。載せてないだけ。
『カモシカ岩』いました、いました。確かその時カモシカさんの
ウワサしたかも。 うっしっし
かしまし娘・・・・えっと 知ってるような知らないような(うそこけ)

>まっきー
>構えてみてっていったのはろびでしょ・・・
あっ!? そだけ? (またボケって言われるな)
会話にはついていってます!ってか、先に行き過ぎてて
理解してもらえへんねんなー あぁーかなし。
まぁ 天然○ケって可愛いの代名詞じゃなかったっけ?

>監督
そだす、今年だす。 なんでだろーなー「今年」って打ったはずなのにな(照
今回は、監督とえみさんと歩いた時を思い出しながら歩きましたよ。
あの時は雪も少しあったから また違った楽しさありましたよね。
もう一度歩いてみると、また違った景色が見えてきます。ちょっと心に
余裕があるからかなー? あのね、凸凹代表選手の監督じゃないっすか(笑
雪の季節にどこかの山行に声をかける予定でありますぞー 待ってってほいっ

>ぜぜさん
えーっ もうすぐなくなっちゃうのー? もったいない。
体の一部に宝石をもつ女!って売りでさ。持続させないとだな。
>ば~ら~し~た~な~
うひゃっ 私でなくて、この手が悪い! この手がぁ・・
ほんで・・ぜぜさんの写真うまく撮れてたなりか?

>駒ちゃん
これは樹氷ちゃうよー。霜柱でござんす(笑
そっかー 守屋山の樹氷ってみたいなー いいな。
ほれほれ 守屋山に亀饅頭・・・ぐふふ それも えーがんしょ?
頂上で亀マンっていうW喜び! いやいや 経ヶ岳でおち合う
って手もありだな。 あぁ 夢のプラン一杯だぁ

>だよねー 長野のヘソみたいだもんね(へーそぉー?)
先に言うな、楽しみが減った(涙・・・

>確かその時カモシカさんの
 ウワサしたかも。 うっしっし
なんだ、なんだ、うっしっしとは?
気になるなぁ~、今夜は寝られまへん。


>先に言うな、楽しみが減った(涙・・・
だははぁ あ”-気持ちいー

豪華!

まったりのんびり出来るのに
この展望+木曽駒宴会ですか~
スペシャルですねー。
久しぶりにPC立ち上げて
みんなのとこうろうろしてたら
どこもかしこも笑わせてくれるので
お・お・お腹が・・・ヒ・キ・ツ・ル・・
ロビさんとマッキーさんは
吉本興業からスカウトされませんでしたか?(←真剣)
わらかしすぎ・・・。
もう最高!








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。