スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入笠山 (山梨 :1955m)

2007.12.06 23:49| 山の空気

 2007.11.24(土) 


 いつも通る道がまっすぐ続いている。

 その道には幾つもの他へ続く道がある。 
 あの道は、この道は、 それぞれどんな景色があって
 どこへ繋がっていくのだろう。


 そんな時、たとえそれで行き止まりにつっこもうが
 道に迷って とても時間がかかってしまったりしても
 ついつい行かずにはいられなくなる性分なんだな。 
 
 その道でステキなお店を発見したり、「えーっここに出るのか?!」
 なんて驚くような発見があったりで、そりゃー楽しいってもんだ。


20071203231355.jpg
真昼の月ってなんだか不思議
子供の頃は 月と太陽が同時に空にあるのが信じられなかった。
夜と昼間の世界が一緒に存在するってことが不思議だった。
だから今でもドキドキしちゃうんだな。 


  

????????????????????????????

そんなわけで、以前から気になっている道があった。 
 
長野の富士見の辺りから入って、入笠山への道を辿る。
そしてそれは山の中を走り、聞いた事もない千代田湖をめぐり
杖付峠か高遠の町へと出る。

この道が掘り出しもんであれば、高速も安くなるし
なんだかメッケモンの混み混み知らずのショートカットになるか??

・・・というより、新しい道ではどんな景色に会えるのか 
それが楽しみでもあるのだ。


       というわけで 今回行ってみた。


20071203235155.jpg
八王子?韮崎で降りればETCも1回でグー!

入笠山までは舗装されていて、道順の看板も立てられ迷う事は無い。
途中、一ヶ所ゲートがあるが右側に大きく余裕があるので
すんなり抜けられる。
ゲート前に車が一台あったが、この持ち主と山で会うことはなかった。 
なおも高度をどんどん上げてゆき、八ヶ岳を真正面から眺められる
素晴らしいロケーションである。
向こうの山の上に見える鉄塔が気になるが、スキー場も
あるので仕方ないか。

入笠牧場そばのマナスル山荘前に車を停める。
車は30台ほど停まるんじゃないだろか
午後からの用事に間に合うように決めた山、入笠山
ここから頂上までは30分と書いてある。

20071203231416.jpg
マナスル山荘前の駐車場
(「テント厳禁」と書いてありましたぞ。 んで「キノコ中毒注意」とも)


最近めっきりお気楽な山モードばかりになってきた(泣

もう 久しぶりにガッツリなんて歩けない体になって
しまったんじゃないだろか? 
最近の朝早の寒さにも根性が少々負けムードやし

マナスル山荘(9:00)?入笠山山頂(9:20) ←これでいーのか?!


駐車場に着いた時、立看板に 『今日は狩猟を行っています』 みたいな 
事が書いてあった。 そんなものを読まずとも、山のアッチコッチから
犬の吠声、鉄砲の音が響いていた。
(流れ弾なんかにあたったら 笑えない。。。)
なんだかちょっと山にのめり込めない気分で歩き出した。


20071203231428.jpg
道は真っ白。サクサク感が気持ちE?

歩き出すと、この身が引き締まるような凛とした
冬の空気がなんだか懐かしくもある。
 
 
20071203231137.jpg
冬が確かにきてます。
少しの間 木々も草もお花も静かに春を待つのだね


20071203231439.jpg
結構背の高い笹原を縫うように道が続く


20071203231449.jpg
クサリ場なんかもあっちゃったりして


20071203231510.jpg
諏訪湖は早朝からモヤが低くたち込めている
暖かくなると徐々にその姿をあらわしてきた


20071203231502.jpg
もやの向こうに金峰山。
この山はカラマツがとっても多い。 紅葉の時期は見事なのだろうな。


20071203231519.jpg
あっという間に頂上。
あまりにお手軽でゴメンナサイと頭を下げたくなってしまうのであった

頂上は木々がなくまーるくはげてて、想像以上に展望が素晴らしかった。
そして頂上には誰一人いない 静かな展望台だった。

少々気温は低いけれど、八ヶ岳の真向かいで どえらい近距離である。
甲斐駒、仙丈、間ノ岳(北岳は甲斐駒の後)、鳳凰は逆光であるが近い
その左手には 久しぶりだねーな富士山太郎がスクッとたっている


20071203231405.jpg
やっぱり 富士山。あなたはステキです。
日本の宝です。 今日も元気でありがとう だよね



20071203231528.jpg
のりくらはまだ会いにいってないねー

20071203234235.jpg
 (クリックOK) 八ヶ岳が近い
赤岳、阿弥陀、御小屋尾根もクッキリだ。 あそこも歩きたい


20071203231607.jpg
向こうに見えるは木曽駒ちゃん

20071203231618.jpg
(クリックOK) 北アルプスは真っ白け
その手前の茶色い山が 先週行った守屋山じゃないですかー

 
20071203231926.jpg
 (クリックOK) 方位盤で分るでしょ
グルリと全部のお山に会えるのです


 駐車場から20分という気の抜けた歩きではあるけれど
 ここは暖かな季節には沢山の人がお弁当もってくるのだろうな

 ずーっと誰もこない頂上で紅茶を飲みながら景色を堪能。
 ノンビリと降りてきた。



 さて、ここから高遠に抜ける道。
 
 来る途中のいゲートは中途半端に閉まっていたけで、もちろん
 猟をしてる人達の車も沢山入っていた。


一部未舗装の道があったが、キレイに舗装されたクネクネ道。
今はカラマツの葉が落ちて見通しの良い明るい道が続く。


少し走って行くと、オレンジのウェアの軍団がいた。
狩猟をする人達が、間違って打たれないように
発光色の服を着ている。



 こんな所で何をやっているのだろ?


20071203232152.jpg
なに?なにやってるの?

20071203232212.jpg
あ、あそこに吊るされてるのは・・?

どうやらここでさばいていくらしい。
手足を落し、血を搾り、肉を分け、首を切り

000-.jpg
立派な角をもつ雄シカくんも今は・・・


シカたちは眠ってる
さっきまで、生き生きと野原を走り回り、仲間達や家族と生きていたのに。

 


20071202211102.jpg
軽トラの荷台には4頭のしかくん

「かわいそう」だなんて そんな子供じみた事を言える立場ではない。
でも、目の前に横たわっている真っ黒な澄んだ瞳をもつシカ達が
今はその命を失い、人間達の成すがままに身を投げ出している。

つい先日 美味しい美味しいと口にしたシカたちなのだ。

ボンヤリと眺めた 
なんだろうな
命をもった動物達を私も日常食している。
それはブタだったり牛だったり、魚だったり・・・

でも、シカのこの姿は ちょっと悲しい。

なんだか・・・頭の中が真っ白になった。



ユックリと車を走らせた。1台の車ともすれ違わなかった。
カラマツ林の隙間に小さな千代田湖が現れた。

山々に囲まれたその湖はひっそりとそこにあった。
春や秋は賑わうだろうこの湖も、今は静寂の中
     誰もいない


20071203232223.jpg
木の橋を渡ると小さな島、そこは芝できもちがいい
水は青く小鳥達が遊んでいた


20071203232234.jpg
のんびりランチ

この湖の先で高遠の町にでる道と、杖付峠に抜ける道の
二手に分かれていた。


  静かな初冬を味わう道だった。


20071203232419.jpg

 

コメント:17 トラックバック:0
<<駒ちゃん お江戸上陸 | ホーム | この週末は・・・>>

道=>えーっここに出るのか?!」
驚くような発見があったりで、楽しい・・。
そうそう、この感覚 感動もんです!
>富士山太郎、、、、フジさん太郎
あぁ,懐かしや朝日新聞
☆前記事のラストの写真が入笠と不釣合いで?でしたが、そういうことだったのね。
>命をもった動物達を私も日常食している。
これも自然の摂理のひとつ。だからいつも「<あなたのお命>いただきます」
食べ終わったら、料理を作るために奔走尽力してくれたことに感謝して「ご馳走様!」なのである。 ルン!

僕らはみんな生きている

鹿もイノシシも野菜だって生きている。
その命を頂いて生きている事を忘れなければいいと思います。
その心には「憎しみ」や「争い」ではなく、「感謝」が生まれるはず。
みんな生きているんだ友達なんだって。

>「かわいそう」だなんて そんな子供じみた事を言える立場ではない。
同感です。
人間は生きる為に地球上のいろんな尊い命を犠牲にしています。
その気持ちを
忘れない事が大切だと思います。
猟師さんは、
決して命を無駄にしません。
犬も猟師も真剣勝負
命を賭けて山に入っています。
駆除でも殺戮でもなく・・・
その精神は若造?の私なんぞが理解できる訳もなく
ただ、尊敬の気持ちで見ています。
しかし、昨今の鹿事情
鹿は悪くない
バランスが崩れてしまったのは何故なのか
猟友会の方々も
駆除という目的で山に入られるというのをよく耳にするようになりました。
人間も動物も
「死」に直面する事が少なくなりました。
考えさせられますね・・・。

みなさんのおっしゃるとおりですね。
常に感謝。
こういうテーマはいつも自分の中では結論が出ません。
かわいそうと思ったり、またあるときはおいしいおいしいって。
両極端に振れる自分にちょっといやになったり…ですね。

文章から読み取るに、そうとう思う事があったのね。

思うに、人は生きている事で、既に業を背負っていると思うの。
生きる為に必要な事がいっぱいあるの。
なんたって食べなきゃいけないし、そのために命を奪うんだな、そして欲望の為にも食べるのね。

日本て国は、食料の60%を輸入して30%を捨ててる国なのね。
飢餓に苦しんでる国があるのにね。

そして、業が無く生きていけるのは樹木だけなのよ。
それを、割り箸はいかんとか言って整備しないの・・・

さらに、バイオ燃料とか言って、穀物を燃料にするんだよ?
その穀物を飢餓に苦しんでる人達にはあげないで、燃料にするんだ。
文明の恩恵に生きる者のエゴだよね。

そして、言葉では温暖化は悪いって大きな声で言うんだよ。
おかしいよな~って思うのです

よっぱなので、話しがずれてごめんなさい。

おはよーございます。
忘年会の季節ですなー
みんな胃腸に気をつけてね。

>カモシカさん
同じく冒険好きですね
でも入り込んだ未知の道での失敗だらけですけど。(笑
ですねー、生きているものを食すのは自然の摂理。
野菜だって生きてるんですもんね。感謝!感謝です!
あとは、健康的にも「ムダに食べない」って事くらいで
しょうか。動物も獲物をムダには捕らない。
ここがミソですね。

>河童さん
子供の頃、学校でよく歌ってた「僕らはみんな生きている」
そういうことなんですよね。 いい歌ですね(シミジミ)
最近は感謝という気持ちが薄れてる気がします>自分
色んな事が当たり前のことになってしまってますねー
こりゃぁ いかん。いかん。
たまにはこういった事で目を覚ます必要ありですね。

>tochikoさん
そうですね、よくわかります。
本来の目的からはずれて、駆除として動物を追うことって
猟師さんたちも本意ではないのでしょうね。
この地球に同じように生きている動物達ももちろん、私達も
何かが狂ってきて辛い思いをしているのですね。
マッキーから熊谷達也「邂逅の森」を借りています。
忙しいといい訳をせず、ユックリ読んで見たいです。

>ぜぜさん
だよね。感謝だよね。
忘れちゃいけないことですね。でも、日々意識するって
難しいことですね。 私達ができることって
このような場面に遭遇して、またそういった気持ちを
確認していくって事ぐらいなんでしょうね。
まわりのもの全てに感謝ですねー
山の仲間にも感謝ですよ。勉強になります。
えっと、タッキーにはタンマリ感謝ですな、ぜぜさん?

>食う寝る君
はぁー 普段あんまり考えてない分(笑) こういった事に
出くわすと、いきなりドカァーンときますね。
にしても色んな事をよく知ってるね。 
そっか、60%を輸入して30%を捨ててる国なのね、やだね。
そう言えば、うちの冷蔵庫でも無駄があるな・・・いかん いかん
そだよね、毎日食べる事にも危機感をもっている人たちが
一杯いるのにね。私達は贅沢だよね。野菜が採れすぎて潰してる
映像を見たりすると、本当に残念でならない。
よし、これからはムダに食べるのはよそう!腹八分目!!
(↑ そこかよ?)と、言う無かれ、まずは1つずつコツコツと。

ロビンさんこんにちは~。この間はすれ違いでざんねんこでした。

そうかあ、シカの写真はこの風景だったんだ。
こういう事実って、、、目の前に突きつけられるとやっぱりショックだな。
普段は美味しいっていいながら食べてるのにね。
本当に必要な分だけ。
そういう気持ちを忘れちゃいけないなーって思いました。飽食ってゼイタクなんかじゃない、ただのエゴなんだろうな。

TiCAちゃん こんばんはー
ほんに木曽駒荘ではざんねんこでした。
爆睡の私をケトばしてでも起こしてくれたら
よかったのにぃー って後の祭りか。(笑

うん、シカの可愛い目をみたらやっぱりショック。
でもきっと目の前で可愛いブタちゃんがさばかれるの見たら
きっとブタ肉もすぐには食べれないだろね。
でもね、みんなの「感謝の気持ちを持って」というのを
聞いて、そうなんだな、そういう気持ちを
常に忘れちゃいかんなーって実感しました。
木曽駒荘で普段私達が口にできないシカやクマの
お肉を差し入れてくださった方への感謝
そんな機会を与えてくれてる駒ちゃんに感謝
そしてそのシカやクマさんに感謝
そんな気持ちで一杯です。

おいおい盛大なワッショイみたじょー
年末の大きなサンタプレゼント(Y君からの?)だね

今日は高ボッチ高原付近で「ニホンシカの駆除」が行われていました。
帰りには、沢山のシカが。。。。。

どうなんだろうね。。。。

「駆除」っていう言葉は人間の驕りだよね。。。。。

駒ちゃん お返事遅くなりました。
高ボッチって前から名前だけは聞いていますが
なんだか長野のヘソみたいで、眺めがよさげですねー
暖かい日にピクニックもいいよね。

「駆除」って本当に嫌な言葉。
自然の流れがくるって(くるわして)きて
色んな事が起こりつつあるよね。
目先のことばかりでなく、大きな流れに気づいて
真剣に対処しなくちゃ取り返しのないことになるもんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはよーございます
すでに机の前でぼーっとしているロビですよ。
管理人のみ閲覧さん、 あんがとねー
わたしは元気ですぞ。
年末だからね、師走ってくらい忙しい日々なんよね。
なかなかPCに向かう時間がないけど
そのうちお邪魔しますよぉーん

ご無沙汰しています。

おはようございます。
遅くなりましたが、素敵な「おめでとうメール」ありがとうございました。
私は、師走とは関係ない世界で日々過ごしています。
今まで、気になるあの道この道を冒険してきました。そして今,この瞬間も人生でやり残した,
冒険の一つでした。
新米母さんは、一人で冒険するときよりも気が張っています。(笑)
いつか、母と娘でロビンさんや師匠、まきくまさんに山で遭遇する日を楽しみしています。
体には気をつけて、師走を乗り切って下さい。

カエちゃん お久しぶりー
頑張ったね。ってか おめでとう~
大きな大きな お仕事ごくろーさんです(笑
瑠璃ちゃんていい名前つけたねー
きっと、ホッとしながらも 毎日大変な事になってるっしょ?(笑
>新米母さんは、一人で冒険するときよりも気が張っています
そです! 一人の冒険は気持ちがラクです。
今度は自分だけを頼りにしてる大切な娘と
一緒の冒険ですねー。 ってか父さんも一緒だけど。
会いにいきたいなー
でも、今度ユックリ時間取れるときに是非あわせてね。
おめでとう。 楽しんで日々を送ってね。

まだか?
ホワイトソース。(笑

陣馬のホワイトホースのお話さ。








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。