スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陣馬形山(長野 伊那市 1455m)ラクチン登山 <言い訳編>

2008.04.10 00:25| 山の空気

  朝早っ ( と言っても6時頃 )に自宅を出発して・・・・

     登山口到着予定が9時半頃の予定だった。 はずだった。
          (それだって 遅いちゅーに )

1-八つ
八つよ コンチハ?
「お前 まだそんな所走ってるのかよぉ」とは八ヶ岳の声?


??????????????????????????????????????


言い訳1

  あぁ それが それが・・・
  新弟子( ピチGAL )が徹夜遊びで 自宅合流(多摩)が
  すでにお天道様が高く高く眩しいぜ! の 8時をとうに過ぎていた。

  ・・・・あぁ 無情  

       そして 登山口到着が・・・昼前 スホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、




言い訳2

  それもだ、高遠町を通過後、R18を通過するも通行止め!! (注1)



言い訳3

  工事のおじさんに抜け道を教わるも、間違えた!!
  とんでもなく細く、凸凹で、倒木だらけーな道に迷い込み
  昼なのにブルッな怖さを味わい 大きく時間のロス!!

   2-おそろしー林道
   こんなトコへ突入!果たしてここから脱出できるのか?


言い訳4

  迷い迷いなんとか登山口にでたが、もうタイムオーバー 


  こんなんじゃ いじめっこ ○ッ○―に
   「師匠もロビンもラクチンクセついてるぞぉー」
   「しっかり下から登れーっ」
    
   なんて、渇を入れられそうな予感。。。。やばいっ ●~* チチチ

  3-出発
     「わたくしガンバリマース!」



 師匠 「何はともあれ 道路があるから上までいっちゃえー」(おきらく)
 ロビ 「えーっ それは悲しすぎる。ちょっとは歩きたい!」(せめて形だけでも)
 新弟子 「うん? 私も体動かしたい? ってか、お酒体から抜きたい? 」
      (なーんも考えてない二日酔いなセリフ)

  そんな 可愛い女性陣の声に応えて、最後の30分ほどを仕方なく登る師匠。

  4-ブナ入口
  今回はココ。 2番目にラクチンコーーース


  (注2)車道を何度も横切る登山道の為に、その日の気分や時間で
      どこからでも参加できるという優れものの山
      (どこを切っても金太郎・・みたいなもんだ ←喩えベタ)

   尾根に登ると、そこには大きな大きなブナの木が待っていた。
   魂をもった素敵なブナ男爵だった。

    0-おおきなブナの木
   左下の人間で大きさがわかるなり
   600年も生きているんだもん、人生の大先輩なのだ!



    5-登山道
   登山道は赤松の葉っぱでフカフカさっ


    6-雪恋し
   雪恋し? ♪ ラブラブぅ?


  頂上直下にちゃんと整備されたキャンプ場あり、そこまで道もあり
  (自分もラクな目を味わっていながら ちょっと、ちょっとだけシラケちゃう自分 ( p_q))

   12-避難小屋
    避難小屋はこの通り。広くて なかなかキレイなのだ。



      っが! っがだよ   そこには素晴らしい展望が待っている
              [展望については この前のレポを見よ


    
  7-キャンプ場
  キャンプ場も眺めがばっつぐーん


   8-いよいよ頂上
   いよいよ頂上だーー!! ワクワクぅ? 





  それも 無料の望遠鏡つき!!!!!! (えっ マジですかい)

  頂上にライバルが居なければ ずーっと独り占め。

   10-望遠鏡
    望遠鏡を独り占めしたがるオコチャマばかりだ?!


  木曽駒の千畳敷から登る登山者の姿から
  雪崩の後までくっきり。
  柔らかなキラキラ光る雪の斜面から
  岩ゴツの雪もつかないきびしー斜面も
  北岳の肩の小屋だって 手に取るように
         ミエチャウモンネー



                   9-弟子もカメラマン
              こうしてまた新たなカメラ小僧誕生!


  そんな楽園な頂上でノンビリ昼食。(煮込みうどん+オニギリ+ゆで卵)

  師匠「あっちが赤石、荒川・・おぉー 聖も見えるぞぉ 」
  ロビ「わぁーい わぁーい 凄いな 聖かぁ!!」
     (まだ行ったことないので ピンとこないけど盛り上がる)
  新弟子「へぇー 私が登った事ある北横と大菩薩は??」(ちんぷんかんぷん)
 
  あ?でもない こーでもない・・・次にあの山に行こう!と気持ち先走りな
  会話三昧に明け暮れる。



  師匠 「さて ボチボチ 帰るかー 」
  こんな時は(さっさと温泉寄って囲炉裏で一杯だー)ばっかり考えてるに決まってる。


        11-グライダー
    帰りがけグライダーを飛ばすお兄ちゃんに華麗な飛行を見せてもらう
    こういう趣味もまたいいね。 幾つになっても夢が溢れてるよねー
    風に向かって グライダーを放す瞬間。 これが気持ち良いんだよね
 



   土砂崩れな日曽利近辺を逃げて 一部 R153を通る。
   天竜川の幅広で穏やかな流れと杏の甘い空気を味わいながら

         ↓
         ↓

  そう! そして 高遠といえば 【さくらの湯


      13-桜の蕾
     高遠城址周辺の桜はまだ蕾。来週は?


  お湯がツルツルでなめこいのだ。
  お肌が若返るのだ。

  雪がほとんど消えた高遠の家で 囲炉裏で魚をあぶり
  帰りには地元のオッチャンに「その辺のふきのとうホジって帰れ?」
  優しい言葉をかけていただき、帰って揚げたてのテンプラを味わう

  春の訪れに大満足な

     0-ふきのとうのテンプラ


           ・・・・ラクチンな一日だった。 

コメント:14 トラックバック:0
<<今年の高遠桜 | ホーム | 陣馬形山 (長野 伊那市 1455m)>>

>登山口到着予定が9時半頃の予定だった。 はずだった。
予定は、未定。
早く展望 見てミテイ! だっただろ!

ラクチン登山もまたよし。ゆっくり眺められるもんね!これなら今のコンディションの私でも行けそうだ。弟子入りたのも~!

ピチギャル

と聞いて、思いっきり斜め読みしたおじさんです。
だからそのチョンマゲ新弟子は誰だ( ̄□ ̄;)!!

お~!

こんな所だったんですね!!
陣馬形山って初めて聞きましたよ。
あっちの方は、いいお山がたくさんあるんですねぇ。

楽ちん登山もまた良しじゃないですか!!
いい景色見て、囲炉裏であぶった魚!?
桜もそろそろなんですね!
帰りにはフキノトウ?
なんてウラヤマシ~!!

ちょんまげが可愛い新弟子さん、イケル口ですか?(笑)

なんだよぉ。まるで私がいぢめっこみたいじゃないかあ。
でも、過剰に反応するろびってかわいい(はあと)
こりゃあいってみなくちゃだね。てか、行き帰りにすっと寄ってくればええのんやね。それには遠いのかな?

うわー、本当にピチギャルだ!!!
って、なんかみなさん、そこに反応しますよね(^^;
寝坊はうちもショッチュウですよ、ほんと。
なんで、起きれないのかなぁ。。ブツブツ。
だけど、お手軽でこんだけ素晴らしい景色が眺められるって、こりゃー、行ってみなくちゃ!

ところで、いぢめる?さん、会社やすんじゃったのー?!

いやーお手軽イチバンです!
頂上直下の木段の絵だけでも十分登ってる気になれますよ。
で、しかも好展望でキャンプ場ですか!!
もう最高ですね!!
はー、山すら登ってないのに、行ってみたい山がドンドン増えちゃう・・・。
困りました。

むむ~!
ぴちギャルとな・・・
ちょんまげがいいぞ~!
よし、真似しよっと

>カモシカさん
ほんに おぬし やるなっ(笑

そだよ、今はこういう山を狙って
素晴らしい景色眺めるだけで スカッとするよん。
気分が晴れれば、何もかもが変わるのだ。
近所の散歩でも十分元気モリモリだけどねー

>河童さん
むふふふふ・・・・
われらの秘密兵器なのだ。
チョンマゲ弟子はパワー&お茶目がすごいのだ。
そう簡単には おみせできましぇーん
弟子に負けないように 私ももお茶目るかんね(←?)

>akemiさん
そうです、高遠へ行きだしてからが
今までの【季節感じる喜び】×3くらいですなー

チョンマゲは・・・かなりイケル口です。
うかうかしてると 負けちゃいますな。
がっ 若さには負けても 経験がちゃう!!(笑

>まっきー
風邪なんか引いてる場合ちゃいまんがな。
まっ そのうち突っ込まれる所がないほど
完璧な女ってやつになってみせますよ。ふふっ
その時は・・・誰を一緒にいぢめよっかー?

>まゆぴょん
そっそ、寝坊なんて怖くない・・・って あーた。
なんかねー ここに出入りしてる層が高いせいか(笑
ピチギャルって言葉にかぶりつきなんだわさ。
あーーあーーー 困った人たちだ。

ここはマジ どこかのついでに寄って
テン泊にグーですわよ。是非ためしてみそ

>ウッド君
おひさしぶりー

>いやーお手軽イチバンです!
はぁ よっかった。賛同者おって。
だよね、こんなのもいいよね。
車でいけるし、鍋・ビンなんでも持参できるし
飲みの幅がひろがるっちゅーもんです。
ちょと遠いけど、一回いってみそー

>くねる君
チョンマゲはね、なかなか同行者が恥ずかしいんだけど
本人はすっきり 前が明るくていいみたいですなー
ゴムはずしたときの地肌の痛みを我慢すればですが

えーっと でも似合いそうですなー ほっほー

そこのキャンプ場も避難小屋にももえもえやわ~
いいとこだなあ~

だしょー ふふふ
山に入って 山を歩くのはモチロンいいけど
どんな時間帯にでも入れて
山の空気吸って、おっきな景色に包まれて
これもまた良し!

ねーねー
高遠の撮れたて桜の写真まだぁ?

たここ
大変遅くなってごめんねー

撮れたての画像でがはもうなくなっちゃって
ちょっと 流行のりおくれちゃったけど
高遠の桜 ピーク時の写真のっけとくね。








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。