スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾瀬の風はさわやか

2008.07.09 22:03| 山の空気

  山を渡る風はどんな匂いがしてたんだっけ・・・・?


  随分 お山から遠ざかっているもんなー

  そんな風にボンヤリとした記憶をたぐり寄せながら
  久しぶりの山 尾瀬に入った。


2-至仏
緑も青も白も 「ちっくしょー 目にまぶしぃぜっ」 
と ちょっと男っぽく ハシャいで走り出したくなる気分♪



 鮮やかな緑の草原の向こうにはクッキリと至仏山の姿


?????????????????????????????????????????

今回の仲間は



 駒ちゃん
夫婦水入らずになって ダンナがめっきり甘えん坊になってしまったとノロける ”駒ちゃん”

 師匠
毎度 一眼レフを背負いながら電池やフィルムを忘れて使えないドジな ”師匠”

 腕輪セイジン
カメラマン魂がのり移るとあられもない姿になる3000m級の女 “まっきー”

  ヒゲダンスセイジン
「ヒゲ面が山男風でいいじゃないか」 と師匠をうならせた “たけさん”


  2008.7.5(土)

    鳩待峠(5:50)?山の鼻?至仏山(10:00)?小至仏?横田代(分岐)
    ?小笠?笠が岳(13:00/14:00)?分岐?鳩待峠(16:40)   (約 20km)




 なーんぼ歩いてない怠けきった体で そんなに長く歩けるものだろか・・
 みんなのペースに合わせられなかったらどうしようか・・・

    そんな心配はまったくといっていいほどにしてなかった

    だって、そんな気を使わなくってもいい仲間だからだ。

    いつからそんな気安さになったのだろう・・・ かなり前だな
  
     
 
   男二人木道をいく
    男の後姿には憂いが・・・・・わるい どーしても感じられん



 予想以上に天気がよい
 こりゃー 至仏山頂からの眺めは期待できるってものだ。

 鳩待から山の鼻への木漏れ日の道をワクワクしながら歩き出す。
 山の鼻から尾瀬ヶ原の一部に出ると、
 草の上にぽっかり浮かぶ白いモコモコぽわぽわのワタスゲ

 すかさず、みんなはカメラマンとなる。

 ちょっとちょっと Mさん、Mさん
 その大胆なポーズいかすですよ。 

4-ワタスゲを激写する
カメラマン腰が命。 そっ そっ この角度なんだなぁー


カメラマン根性
でぇーい 思いっきりマクロじゃぁ


一眼仲間
一眼レフ仲間は情報交換に余念がない! (はれっ?師匠も仲間のはず・・)

                    キク
                    ここは群馬だからジョウシュウアズマギクでしょ?


至仏から山の鼻への下りが禁止の為、登りに使う沢山の人がいた。
それでも、今日は少ないほうなのだそうな。
至仏の登り 蛇紋岩 は濡れてなくっても滑るので 注意が必要なのだ。

気温はかなり上がっているが、前を見れば岩々に映える青い空と白い雲
そしてお花達がたんま?り。

頂上までの花畑



後ろを振り返れば・・・・奴がいる。
尾瀬ヶ原の所々にある池に青い青い空が映って
そして気持ちよさそうな緑が広がって、そしてその先には燧ヶ岳がいるのだ。


0-たここ2




                              ハクサンコザクラ
                           花びらがハートだからユキワリソウのほうでしょ?


0-滑走路
そのまま走っていって尾瀬ヶ原に飛べるんとちがいますか?



そりゃー 久しぶりの登りは苦しいんだけれど
なんでだろ、その辛い状態がとっても気持ちいいって感じなのだよねー
クライマーズ・ハイテンション って感じ?

サンカヨウ?
ヨンか?  いやー サンカヨウだろ


山々を渡ってきた、涼しくて、清んで、甘い風が
その汗ばんだ体の中を すり抜けていくような時
まるで 体全体にソーダ水が染み込んだようなすーっとした爽やかさ。 

何度も 『あぁ? 気持ちいい』   
『山っていいよね』 が口に出てしまう。 だよね?




0-駒&たけ



4年程前に至仏の頂上で雷地獄を味わったのが懐かしい。
雷が近づいて仲間の髪の毛が総立ちになってるのを 何も知らずにお互い指をさして
笑いあったのは非常におバカだったけど、頂上からの景色はこんな風だったのね




小至仏の頂上で お昼にしようと考えていたが
あまりに人が多いいので、我慢して笠へのルートへ入る事にした。 

0-笠は遠いんでない



  でもさ、こっから眺める笠ヶ岳は ちっと 遠いでやんすけどぉ




                         《 後半に続く 


コメント:15 トラックバック:0
<<尾瀬の風は爽やか (後半) | ホーム | 風に吹かれて>>

ごらあぁ~
ろび ゆるさじ~

その丸顔はあたしじゃあないよ。

>久しぶりの登りは苦しいんだけれどその辛い状態がとっても気持ちいいって感じ
そうなんだよね!嬉しいんだよね!
>何度も 『あぁ~ 気持ちいい』   
『山っていいよね』 が口に出てしまう
 ほんとそうだったよ!
フラワーロードに吹く風は甘いんだな。
空気に味があるんだな。

良い風景です。

 自然もそうですが、良い仲間は心の癒しとなりますよね。

>あられもない姿になる

 植物観察をしていた牧野富太郎博士も、行き倒れた老人とよく間違われたそうです。

 マッキー、良くお似合いです(爆

飲み過ぎ

あの方は、写真を撮っているんですね。マクロというお酒にあてられて、酔っ払って木道に転がっているのかと思いました(笑)。
山と仲間のダブル癒し…いやその場所にメンバーならどれだけの癒し相乗効果があるのやら…一気に開放されそうですね。ステキ。

見れば見るほど悲しくなってきた・・・
やっぱグヤジ~!
まだ前半、さらに後半で苛めるのね。。。
いじめっ子や~

>雷が近づいて仲間の髪の毛が総立ちになってるのを 何も知らずにお互い指をさして笑いあったのは非常におバカだったけど・・・・・・・

それって、メチャやばかったんじゃない?恐わー!こんなのにはすぐ反応しますだ。
それと、蛇紋岩って一度触ってみたいっす。

>まっきー
はらら。 携帯から画像って見えるんかいな??
丸顔ちゃいます。なんだかドンドン痩せてるきがしますぞ。
心配、心配。手首測って確認してみそー (o^-')b グッ!

>カモシカさん
いよいよカモシカさんも 山の季節がやってきたみたいですね。
でもね、嬉しがりすぎて この夏無理しないようにね。
自分を抑えて・・・あぁ 一番無理な話みたいですね。
確かに尾瀬の風は甘かったよん (o^∇^o)ノ

>河童さん
ですね、山を知って知り合った仲間ばかりです。
それが山だけでなく、普段の生活の仲間にもなっています。
マッキーカメラマンは「行き倒れた老人」ではなく・・・
おっと やめとこ。   (*^▽^*) (((ノ´ω`)ノ~)

>かいねこさん
ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ 
言っちゃったよ。酔っ払って木道に寝そべっているのでは
ありませんよ、くれぐれも・・・ココ大切。
みんな, 特にかいねこ君
マッキーを誤解してるよね (お前が誤解させてる→自分)

>クネル君
だからー くればヨカッタのにぃ
実家で工作してないでぇ~
>さらに後半で苛めるのね。。。
へっ? 誰が誰を苛めるの? そんでね、またランチが美味かったのよ
おっと すまんすまん また苛めてもーた。 <( ̄∇ ̄)ゞ

>監督
メチャ バカかも。だははー  (*^▽^*)
小学生の時の下敷きなんか比じゃないくらい総立ちやったんよ。
雷って凄いよねー 
蛇紋岩はみんなに擦られて、テカテカの光をはなってましたよ。
なんかね、蛇がくねってる模様から付いた名前なんでしょ?
蛇模様探したけど、わからへんかったー
監督 実際の目で見てみないとだよ。 いくべし!

久々のお山と素敵な仲間に癒されたようでよかった(^^)

このコース、とってもよさそう。
湿原、木道、高山植物・・・大好物ばかりでお腹一杯になりそうだなあ。

監督さんもろび姉さんもお元気そうなお姿が拝見できて嬉しいっす(^^)

山に行ける

余裕が出てきたってことね。 ほんとに、良かったなリー!!
ところで「あられもない姿」って、あれだけ? (もうチョイ期待してたのに…)

>ふうろさん
うんうん 天気にも恵まれ 癒されたよぉ~ん
このコースはね、笠だけでもいい感じですが
至仏を含めると いろんな味が楽しめるって感じですね。
至仏の方までいかないと尾瀬ヶ原が見渡せないもんね。
ふうろさんは この夏はどこへいくんでしょうねー

>K林さん
まだまだ日帰りが精一杯って感じですけどね。
やっぱりいいです! 山に限ります。
K林さんは毎週だから、ちょっと行けなかったりしたら
もうそれだけでストレスたまりまくっちゃうだろな。健康のバロメーターでいいですね。
「あられもない姿」・・・やっぱ期待してた??(爆
あんなの出しちゃったら 鼻血もんですもん、だめだめ(ってマジ?)

あっ・・・ここでも書かれてる^^;

工作してて行けなかったんじゃないのよ~!
実家の用事の後のついでに工作してたのよん。
怖いわ~!駒子さんに誤解されてたら・・・ブルブル(笑)

ちゃうちゃう みんなで
食う寝る君をからかってるだけだってばさー
知ってるってぇ 野暮、野暮用だちゅーのは(←またからかう)

今度 また一緒いこうねー
んで、高遠の何かも工作してねー

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。