スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塔にとうとう・・・ (鍋割山・塔ノ岳  丹沢)

2008.09.30 08:10| 山の空気

 2008.9.27(土) 


          鍋割山(1273m) ・ 塔ノ岳(1491m)
 



         0-紅葉

           こ、こんなに近場に秋はきていたのかぁ!?

             


???????????????????????????????????????


鍋焼きうどんにつられて鍋割山に来たのは これで2回目
みんなはもう何度も足を踏み入れてる あの山 『鍋割山』ですよ。


前回 4年程前か? その時も車で県民の森まで入った。
そして前回と同様、三廻部病院の入り口を通り過ぎて 道に迷った
そして また軽トラのお兄ちゃんに 「こっちちゃうがな」と言われた。
      
     ちぃともお勉強になってまへん  

県民の森には すでに車がほぼ満杯。
ゲート前にも2台ほど。 着いたのが7時半過ぎだからこんなものか

1-ゲート

 二俣まで10分程のゆるゆるっとした林道歩き。
 特別なんにもない砂利道だけど、ウォームアップにはもってこいだ。
 
 二俣に停車の車がどっから入ってくるのか不思議だったが
 そっかー 2コめのゲート先に大倉からの道をみつけた。
 県民の森からはゲートが邪魔して入れないもんね。
 


 2-のっこし
   林道から見上げたあの奥の尾根から登っていくのだったっけ?

3-立て看
 鍋・塔共に 登山道にはこんな立看板。
 緊急時にはこの番号を言えば ピンポイントでわかるんだな。
 (といっても Do○o○oなのに 頂上で通じないって どないだ?)
 

                   4-橋
                  さぁて、水をボッカして頑張っていくじょー
                  気持ち的には 草野さんの114kgを上回るボッカな気持ちなのだが
                  ・・・今回はザックが小さかったもんだから・・・あっ誰も聞いてない?

5-森林浴
 なんたって森林浴ー この緑は明るくて気持ち良い?
 夏のカンカン照りが去って、この森が赤や黄の紅葉に包まれるのは
 11月になってからなのだろか

                          8-ホトトギス
                            まったく不思議な形と模様のホトトギスなり

7-のっこしから尾根道
後沢乗越にのっかると風が気持ち良い・・・けど、この急登、案外馬鹿にできまへん

9-海が見える
途中 木々の合い間に海が見える。海は広いな大きいな?♪


この尾根を登る途中で、以前 四国から上陸の 河童夫妻 を出迎える皆が
ここで待ち伏せしてたんちゃろか、な場所が想像できる。

    ここだな きっと 

その時、ここでは笑顔が満ち溢れてたんだろうなー
その場にいれなくてホント残念だった


そんなこんな色んな想い出を拾いながら 頂上に向かう




10-小屋
小屋の前は、植生保護の為だろう以前来たときよりロープが沢山張ってあった。

 師匠は 「お腹は減ってない」 と言いつつも、
 始めての鍋焼きうどんとビールに満足な様子。


 天気予報に反して残念ながら今日は富士山がみえないけど
 頂上に広がる芝生の向こうにはモチロン海が見える。
 あそこに見える街には ぜいぜいさん がいるんだよねー

 二俣にも沢山の沢ヤさんがいた。
 「丹沢」って言うからには 一杯沢があって充分遊べるよね

 丹沢にウトイ 師匠と私なもんだから
 ろくに山座同定も出来ず、海に出っぱる半島同定でお茶を濁す。


          うろん
            ふーっ ふーっ 言いながら食す!七味もたんまり
            ウドンが美味しい季節になったのね。

            1時間程まったりして 塔を目指して歩き出す。

      鍋割山から塔までの道は木道があったり細い尾根歩きがあったり
      多少のアップダウンがあって楽しく歩ける。

                        19-木道
            

12-しか
 ありっ? あそこにいるのは・・・
 芝生の中の小さな土の上にチョコンと座ってジーッとしてるやないか

              13-うつろな目
                 オメメが幾分虚ろなんですけど。
                 お前はひとりぽっちなの?
                 なんでそこでじぃーっとしてるの?
                 動物とだって目と目で会話ができるはずなのだ。


14-アザミ街道
 小ぶりなアザミが沢山咲いていた。
 こんな時期でも それなりにお花は咲いている。

 数年前、鍋割山荘オフに駆けつける たけさん とも
 この辺りですれちがったんだよな、お互い顔もしらなかったけど
 なーんて 山と山仲間がどーしてもヒトククリで思い出される


 そうして1時間程歩くと 『金冷し(きんひやし)』の分岐
 なんでこんな名前がついたのやら? なんて言ってると
 また マッキーに 「なんでそーいう話題が好きなの!?」と怒られちゃうな(笑


   そして 塔にとうとう・・・   (って もういい?)

 
 今回の楽しみの1つには この塔ノ岳。

 なんせ ハッシー がこよなく愛してやまない塔!(どんなところじゃ)
 そして誰もが登った事のある塔ノ岳にやっとこさのデビューなのだ。


     しかし すぐにガスガス・・・
     雲が横切る頂上でコーヒーをすする
     こんな天気でも頂上には人が一杯。
     ってか、今日は晴天のはずじゃなかったのか?
     鍋割の草野さんが 「9月はスカーッと晴れる日は少ないんだよ」と言ってた 


20-とうとう塔
  よく見るこの光景。へぇー 実際来て見ないとわからんもんやね。
  かつて山頂北側に大きな仏像に似た岩があったことから尊仏(そんぶつ) 山荘 って
  名前が付いたそうだ。山の名前も尊仏山だったんだねー


         00-ロビン
          なんだかひと昔前の写真のようではないかい?(人物はおにゅうだけど) 


       21-塔の景色
          地図とにらめっこでやっとこさの山座同定。
          まだまだ行った事ないとこだらけ。
          きっとおもしろいコースが網の目のように隠れてるんだろな



24-紅葉はまだ
   塔からは花立、堀山経由で二俣へ戻る。
   


                            23-新種の怪物?
                             おおっ? 新種の鼻長毛だらけ怪物?
                             ちゃいまんがな。 ここにも鹿くんがうろうろ
                             鹿君のお尻ってこんな模様なのか




25-花立の景色
    下りだしてすぐに花立山荘に到着。 するとどうだ、目の前がぱーっと開ける
    相模湾の大海原に飛び立つような木道をすすむ
    この景色はちょっと感動するよねー。 
    そっかー、これがこのコースの人気の1つなのだね



     26-階段地獄
       ががぁーん その先に待ってるものは・・・・階段地獄ーっ
       目の前の景色は気持ちいいけど、この両脇の防護柵。
       そして膝にこたえる階段がどこまでも続く


   27-石ころ道
     階段地獄が終わると 今度はゴロゴロンな石だらけの道

        27-堀山
          そうして堀山の家に辿り着く
          ここからまっすぐ南下して、大倉へは1時間20分
          二俣へは右にそれて40分
          

        28-二俣へ下る
          二俣への道はキレイに手入れされた植林地を一気に下る。
          木の香りが鼻の奥まで染み渡り
          遠くに聞こえる沢の音にどんどん近づいていく
        

        29-明るい沢
         両側からの沢がぶつかる所まできたところで
         前を歩く沢ヤさんが ガンガン沢のほとりを進んで行く。

    何も考えず後を突いていったが、
      「げーっ こんな道をかえるのかぁ?!」 っと
    靴の中までビチョビチョになりながら やっと疑問が湧いてきた。

         

  30-ここが道ー?
   前をガシガシ進む沢ヤさんの姿がみえるでしょうか?
   こんな道だったら 雨降ったらもう歩けないってことー?

       んなことあるかいな。

   すっかり見落としてましたが、沢に沿って高巻きする道があったとな。
    



   そんなこんなで
   この小さなグルリップができるこのコース

       鍋焼きうどん+ビール、鹿さんこんにちは、大海原展望
       膝の強度計測、そして ジャブジャブ沢遊び


    っと、お楽しみ満載コースであることは間違いない!



  県民の森(8:10)?後沢乗越(9:10)?鍋割山(10:15/11:05)?
  塔ノ岳(12:20/13:10)?堀山の家(14:00)?県民の森(15:30)


        11-花


コメント:19 トラックバック:0
<<平ヶ岳 (新潟・福島 2141m) [後半] | ホーム | 平ヶ岳 (新潟・福島 2141m) [前半]>>

あらまぁ

沢歩きまでしてきたんですか~?
今の季節、濡れたらさぞかし冷たかったでしょうねぇ。
私だったら致命傷になってたかも。(^_^;)

大倉尾根のもみじ回廊、11月に入ったら綺麗なんですよね~!
う~ん、鍋焼きうどん食べに行きたくなってきちゃった!(笑)

大倉尾根のもみじ回廊ですかぁ。。
すごいんだろうなぁ。
このルート、2回トライしたのに、運命のめぐりあわせにより、グルリップできず・・。
わたし、塔のピークにも行ったことないんですよね(汗)
だけど、まだまだ緑色のトンネルもきれいですね。稜線はだいぶ寒かったのかな?うどん美味しかったでしょう?(^^)

オイラは塔から鍋割に行く回り方が好きだな~!
残雪期は最高だわい
でもその前に紅葉もいいな。
今年4回目に行くかな・・・

鍋焼きうどん「小」でお願いしたい(笑

うーん、鍋焼きうどんの写真にめっちゃそそられちゃうな~。
これから寒い季節には一段と美味しくなるでしょうね☆
相変わらず師匠は哀愁漂って?キマってるなあ。
いつかまたみんなで鍋割オフとかやりたいですね。

おもひでの・・・

あ~懐かしい。。
遙か辺境の地?から
懐かしいと思える事がとても嬉しかったりする。
尾根からは海も見えたんだね。
富士山は心の目で見たけど
海は見んかった(涙)

師匠の背景の緑が美しいですね。
長い階段を下りて
「掘山の家」で一気飲みしたアセロラドリンク美味しかったなぁ♪

そして
その日の夜の宴会で飲むビールは
もっともっと美味しかったよーん。
皆さんにありがとうでした☆

>akemiちゃん
沢歩きはねーしたくてしたわけじゃ(笑
でも真夏だったら気持ち良いでしょうね
流れは狭く浅くても、結構こわいんですよ
ぜぜさんて すごいね。

大倉尾根のもみじ回廊ーーー!?
そっかーそんなになるのかぁ
でもあの階段地獄・・・・うううっ

>まゆぴょん
ふむふむ 運命のめぐりあわせねぇ
山との相性ってあるよねー
げげっ 塔にまだいってへんのか?
ぶふふ ありゃりゃー 今 塔が旬でっせ(笑
まだまだ寒さは全然。 だって半袖でつゆだくだったし
うどんは本当に草野さんに頭下がります。
うまかったに 決まってるなりよん♪

>クネル君
>オイラは塔から鍋割に行く回り方が好きだな~!
へぇーそなの?
だってあの階段・・・(そればっかり)
降ってきて花立の景色が目の前にあらわれる方が
効果的だとおもうけどなー
雪が積もった時は鍋割から富士山きれいやもんねー
ちなみに鍋焼きうどん あの量がgood
ビールと一緒にで適量なりよ。
山の上ではいくらでも食べれちゃうんだなー(下界でもは内緒)

>TiCAさん
金時山もそそられるよー 懐かしいなっ
鍋割の鍋焼きうどんは 毎度感動するよね。
ボッカであの具材を担ぎ上げてくれる草野さんに感謝だよね。

紅葉愛でてう、どんにビールオフ・・・たまらんね。
でもまた怒られちゃうかな(爆
おっと 哀愁漂う師匠がテレテレで喜んでおりましたぞ(笑

とうとう「塔ノ岳」でしたね!
私もしばらく
お山は塔ノ(遠のく)岳でした!
ようやくまさかり担いで相撲をとってきました。(笑

塔ノ岳山頂に食いしん坊のシカ君はいませんでしたか?油断してるとザックの中に首突っ込んでおやつ横取りする奴がいるんだよ。

>tochikoさん
なつかしいでしょー
って言っても 今年の出来事なんだけどね。
海はね、尾根からも頂上からも見えるんだよ。
登ってみると こんなに海に近いんだと実感します。
四国もまた海が見える山は多いんでしょうけど
こっちはなかなかそういった山は少ないからね。

そっかー「掘山の家」でアセロラ一気飲み?
アソコまでの降りは復帰祝いの体にきつかったのでは?
私なんか階段続くと 膝も私も大笑いでつ。
夜の初対面は感激でしたー あぁーなつかしや(泣

大倉から登らなきゃ男じゃないね!

ああ、もう鍋の時期なのね。
と思わせるレポでした~。
ロビンさんは塔は初めてでしたか!
あそこらへんの山は海が見えるのがポイント高いですよね^^
でもって、海を見ながら鍋焼きとビール!
最高だ~^^
はー。。懐かしい。
今年も、またいくぞー!(鍋焼き^^)

そろそろ

↑ロビンさんは女だから(多分)...

そろそろ、丹沢に回帰する季節ですねぇ
堀山~花立の道は好みじゃないけど、大倉~堀山間は結構好きでやんす。

>カモシカさん
もう大丈夫?
カモシカさんも今年は我慢の子ですね。
塔の頂上でシカ君に会いませんでしたぞ。
そなの、オヤツ奪っちゃう生意気なシカがおるの?
そんなの シカトです! 許シカせん!
・・・・・だめだ不調や 

マサカリを担いだのは TiCAさんとどっちが先か?むふふ
金時娘には会った?
金時山もいいお山ですよねー

>はっしー
頂上には山名板あるよ って「尊仏山」??
あのねー ほいで わたし男じゃないから・・・
しかし ようあんな階段テンコ盛な所通ってるなー 訓練にはいいけど
ハッシーはさ。焼き鳥屋といい、塔といい
富士山といい 案外一途なのね うふっ

>hiroっち
ですよですよ、鍋の時期なのよぉん
家でも昨日 鍋っちゃった(笑
塔ノ岳はね えへへ 初めてなのだ。
というより丹沢は鍋と丹沢山と加入道山
大室山ってとこでしょか。
蛭もいってないのだ。ヒルはあったけど。クスン

>今年も、またいくぞー!(鍋焼き^^)
んだんだ あの鍋焼きは食べなきゃ年は越せん!

>K林さん

そろそろ
↑ロビンさんは女だから(多分)...

の Wソロソロが超気になるじゃないっすかー(笑
って その前に 多分ってなにー!?

そうそうそろそろ、丹沢の季節ですねぇ
いやいや もう北の山の紅葉を堪能しながら
丹沢の紅葉時に戻ってくるってとこでしょか
私も生足、もとい堀山~花立の道は好みじゃないけど
みんなが言ってる大倉尾根のモミジ回廊っての見たいですー!
今度いってみよっと

お~うちが見える~な大倉尾根ですわ。
塔は1月のきりりといた冷気に富士山がみごとですよ。
また、どうぞ。

ところで二俣から鍋割山まで2時間って早いなあ。うらやまです。

えーっ やっぱり ぜぜ豪邸みえるん?
ってことは ぜぜ家から丹沢がよーく見えてるんだね。
朝の山の様子でGOが決められるってステキ!

早くないよ~ 師匠がすぐ「1本いれようか」だし
懐かしのヒル騒動のバリルートの時の
ぜぜさんの歩きには負けますよん。
最近、早く歩くのより ユックリ味わうのが
性にあってると気づきました。
時間にも心にも余裕がほしい年頃なんですー

いいなぁ

>階段地獄ーっ
ってところでオイラは展望が開けた事無いです~(^^;) まぁあまり回数行ってないけど...

そろそろニョロニョロも居なくなり丹沢も解禁オンシーズンですかなぁ??

あそこからのスカーッとした展望と
下見た時の(階段地獄)とでプラマイ0ですな。(笑

熊さんからの丹沢は遠いですよねー
通いだしたら片っ端から攻めてみたいって感じですが
とかいって、私まだ八ヶ岳も攻めきってないし(しょぼぉーん)
ニョロはとっくにいないでしょ?
ソレよりウカウカしてたら雪・・早すぎ?








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。