スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸隠スノシュ祭り

2009.03.17 21:47| 山の空気


 3月13日(金)

   かねてから 『遊びにいくよー』 と約束していた
   長野市在住の山の仲間 やまおんなさん の家に
   お世話になった。

   blogがご縁で すっかり仲良くさせていただいている。

      それも これが2度目のお泊り  うふっ

   前回は マッキー&師匠&私でお邪魔して
   一緒に針ノ木縦走をした仲である。

    3.jpg
     懐かしの針の木縦走(2007年)     
     左がやまおんなさん まんなかはマッキー
     みんな若かったねー (って2年前だっちゅーの)

???????????????????????????????????

  今回は やまおんなさんの 愛すべき飯綱山 に
  登るべく長野 北信突撃となった。

  やる気まんまん鼻息荒い私の前に立ちはだかる 
  非情にも雨&雪予報。 およよ

  「山は無理かもしれない・・・」 という無念さが引き金となって
  金曜の夜にご自宅に師匠と乱入してとっても可愛いお母様と共に
  夜の12時近くまで ご馳走に囲まれ酒盛りをしてしまった。


朝6時 窓の外は じゃじゃ降りの雨
もちろん 飯綱山は麓さえ見えない。
「あちゃー」 とつぶやき、2度寝。 
不死鳥のように再び 大きな期待で 大きな胸をさらに膨らませ
 8時に起きる・・・・外は雨・・・あぁ 無情 


昨晩のお酒も抜けきらない師匠
その倍ほど飲んでるのに ケロッとしてるやまおんなさん
そんな二人と美味しい朝ご飯をいただき まったりコーヒー


「ここは雨でもあちらは雪だろうから まずは行ってみっか」
で、なんと家を 9時30分頃にでることになった。

飯綱登山口への駐車場に着いたのが10時30頃
山に近づくと さすがに雪に変わってきた。

  さて どうする?  いくか 飯綱山



飯綱山へ
林道歩きが20分なんて こんな時間からじゃ辛いっす
この別荘地から東京へ通勤してる人がいるって? オドロキ?


こんな時間からの歩き出しだなんて、新幹線やまおんなさんならば
ピストンも可能だろうが、各駅停車の私や お座敷列車の師匠じゃ
到底無理な話。
歩き出したはいいけど、激しくなってきた雪を理由に
さっさと ”戸隠スノシュ+戸隠蕎麦” に切り替えた。




雪景色
 長野も今年は雪がめっきり少ないそうな。
 でもでも 戸隠はこんな冬景色


戸隠奥社へ
ここが奥社参道口


創建以来二千年余りに及ぶ歴史を有する戸隠神社
平安時代末は修験道の道場として都にまで知られた霊場で
裏にそびえる戸隠山を忍者がぴょんぴょん飛び歩いていたそうな。
(いまだに名刺肩書きに”忍者”とかいてるツワモノがおるそうな)


初スノシュ
ぷふっ 嬉し恥すかし 初スノシュ体験
(一緒に借りてきてくれたのは嬉しいんですけど
  師匠、これ 男物なんですけど?  



スノシュ散策
真っ白な雪原 どこを歩き回ろうがかまわんのよねー
雪の林を自由に歩く。 
 『自分の前には道は無い、自分の後ろに道はできる』
なんだか雪の中を走り回って転がるワンコの気持ちがよーくわかる


   ここはとってもステキな林
   木の名前には疎いけど、細い枝がまるでクモの足のように
   広がっている。中にはながーい歴史を感じる大木も。
   シンシンと静かで明るい林
  
   参道口ではレンタルスキーやスノシュがあり
   キャンプ場や森林植物や2つの池を歩き回ることができる


 コレがスノシュかぁ
 普段 ワカンしか履いた事がないけど
 まるでダンプカーになったようにガシガシ歩ける。


こま犬
静かな深い森の奥にいらっしゃる狛犬くん


隋神門

  30分程歩くと真っ白な雪の中に朱色の
  隋神門が現われる

        その向こうには・・・


その向こうには
がるるるる? と吠えてるわけじゃーござんせん
隋神門の向こうで なにかの力をいただきパワーアップしたやまおんなさん


クマスギ並木
門の向こうの景色は別世界
このクマスギ並木。 樹齢400年という。

長い長い時の流れと参拝する人々を見てきたんだね
太い立派な幹の陰には確かに神様がいらっしゃる



雪が舞う
目をこらせば、舞い落ちる雪
雪の一粒一粒がスローモーションのように舞い落ちる


奥社へ
わわわわわ っと感動に立ち尽くす私を置いて
スタスタっと奥先に足を進める 二人


明るくなってきたぞ
むむっ なんだか明るくなってきたぞぉ?
あの先に見える山が戸隠山なのか
隋神門から先は幾分登り坂になる
奥社は戸隠山の懐にスッポリと隠れていた。


           奥社
              ここが戸隠神社の奥社でございます



鳥居は雪の中
鳥居も神社も雪に埋もれて
ここまでくるとさすがに雪が深い。
この谷は雪崩がよく起こり、奥社は何度か飲み込まれてるらしい

やまおんなさん写真-1
思わず見上げる、 すぐ手に届きそうな距離感
(phot by やまおんなさん)


戸隠山-2(クリックOK)
やっぱり普段の行いなのか? 奥社に着いた途端、青空が現われた
いえいえ 神様のプレゼントなのですね
奥社のすぐ後ろには 壁のようにそびえる戸隠山のギザギザ

    あのあたりが蟻の戸渡り
       あの辺りがよく話しに聞く ”蟻の戸渡り”っていうとこか?


奥社から東に見える飯綱山も雲から顔をだした
本当はあそこの頂上にいるはずだった・・・のだけど

登るはずだった飯綱山
飯綱山もいい山だねー
ニャンコ耳だってしらなかったよ

 3人で天気回復を喜び コーヒーでくつろぐ
 雪の景色はやっぱりいいね

 真っ白なベールで全て隠れてしまいそうだけど
 雪がついたことによって、益々その山の特徴が現われたりもする



           とり
            可愛い小鳥 ♪ ここは野鳥の楽園でも有名
            写真じゃ伝わらないけど目の覚めるような色合いなんだな



やまおんなさん写真-2
最後まで名残惜しげに写真を撮りまくる (phot by やまおんなさん)

                      4.jpg
                        師匠も久しぶりにカメラを構える




        右が浅間、左が根子
         長野の街からは真っ白な煙をもうもうとあげる浅間も
         裾が広く立派な根子も こんな風に毎日見える


           山好きにはタマラン景色ですな 




      こんな感動をありがとね、やまおんなさん


            おぉぉっと そうだそうだ


   だから やまおんなさんが
   スノシュで急な坂道を子供の様にシャーと降りようとして
   すっころんだ・・・ことは皆には内緒ね しぃ?



   ころりん

       や 「あだっ! いでででで」
       師 「おっ どうしたんだ? 何やってんだ?」
       や 「だってだって 子供のように冒険したかったんだもん」






             そして 〆にはもちろん美味しい戸隠蕎麦
                       極楽坊

              蕎麦?極楽坊
               心もお腹も 満腹ですた 



コメント:16 トラックバック:0
<<田舎生活満喫 | ホーム | サイダネ>>

ああ、この界隈だったんや。蕎麦うまいから大好きでやんす。
スノーシュー買ったのかと思いましたよ。あっ、ゆきゆきはまきまゆに乗せられて買っちゃいましたよ♪。たのしいでしょ?パフパフ。
これって日曜日ですよね?頚城エリアは蓼科からぼんやり見えてるか見えてないかくらいだったから、だんだん晴れてきた感じだったのですね。だんだんあのイワイワな戸隠の山肌が見えてくるってのも感動的ですね~。わたしもこのあたりでパフパフしたくなってしまいました!
杉もみごとですね!

クマスギ並木の写真凄いね!
目を見張るほどの力強いものがあるね。
画面にかぶり付いたっす。

>各駅停車の私や お座敷列車の師匠じゃ

オイラは座敷船かな?(笑)

今年はスノ-シュ-1度しか使わんかったな~、気分はもう春なのに、まだ雪もあるんだよね。
ちょっとクヤシ・・・・

ろびんさん
北信濃に進行ですね。
飯綱山は雨で残念でしたね。代替の戸隠奥社付近のスノーシューもまた楽しかったことと思います。スキーやスノーシューによる冬の雪山遊び、春~初夏のバードウォッチングや、紅葉の戸隠西岳などココは四季折々に楽しめますよ。
又出かけてきてください。鏡池~西岳ならご案内できます。

土佐は初夏を感じさせる陽気で
昼間は汗かいてました。
ここは・・
おおーぉ雪ですねぇ。
しかもいい雰囲気。
がるるるーのカッコイイやまおんなさんと
杉並木にぐっときました。
そして
カメラを構える師匠と
小鳥の写真もステキ~♪

しかも蕎麦で締めくくられたら
もうノックアウトですっ!

おお、なんか懐かしい写真がー
ほんま、若いわ。やっぱ、この2年って大きいのね。ぐすん。
で、カメラを構えた師匠、えらいかっこええなあ。惚れ直しました(なんでここでごますり?)
戸隠神社かあ、いいねえ。森の中のぱふぱふも楽しいよね。お蕎麦も食べて言うことなしだよね。
そうそう、あのきれいな鳥はうそではないかい?

名残惜しそうなオーラがにじみ出ています。
「登りてぇ」という心の叫びが!

写真の小鳥はウソのオスだと思いますよ。かわいいです。

そうそう先日、野良猫にひっかっかれました。
お山でたくましく生きている野良に同情してしまったおらが馬鹿でした。

がるるるる~ のやまおんなでありまする。
って、
違う違う、おしとやかな一面もある(ぜったいあるぞと主観的には思っている)やまおんなでありまする。

雪降る林を歩くのも楽しかったけれど、瞬く間に広がった青空に輝く雪の戸隠山は圧巻でしたね。
感動が余りに大きくてさ、(地元で何回も行っていても、感動的でしたもん)おかげで? 
翌日の抜けるような青空の朝を迎えても、なぜか山に行く意欲がわかなかったのよね。
でも、その後は黄砂がやってきちゃっているから、今となってはしまった!かも。
あのね、あの「シー」の場面はね、単なる主観と客観の違いでして、、、あんなに急だとはおもわなんだよのね。(いいわけ。。。。)
でも、坂を転がるって楽しくて病みつきになりそうだわ。。。。


そうなのか、さすがまきくまさん、うそ なのね。オスはやっぱり地味だったわよ。


コメントの場をお借りしちゃって・・・
カモシカさん、鏡池から西岳いいっすよね。
私もまた行きたいもんです。

花粉がおさまってきたと思いきや黄砂攻撃にやられ
ヒドイくしゃみで心折れてるロビンでやんす

>まゆぴょん
そうそう 戸隠の蕎麦はサイコーです。
蕎麦は冬でもつべたいのが好きです。
スノシュ ゆき嬢買ったの? 浮力が大きいから
どこでも歩けるよね。だだぴろーい雪原をガシガシ歩くの
すんごく気持ちよいもんね。あれは山登りとは別の楽しさだな。
これは土曜の話ざんす(ぶふふ ボケ具合が似てるなぁ)
戸隠も妙義も同じように崩れやすい岩々だよね。
あの危うさがまた魅力なんだろな。ちょっと登って
上から森林植物園とかを眺めたくもなりますね。

>クネル君
クマスギはねー すごいよぉー
なんだか心にじぃーんとくるよ、あの雰囲気。
蕎麦とのコラボで戸隠はお勧め。ちょと遠いけど
関越からで2時間半くらいでいけましたん。
座敷船ねぇ 提灯一杯飾ってあるしな、分かる気がする。
ほれほれ お宝スノシュが泣いてますぞー(笑

>カモシカ永井さん
お久しぶりです。冬はスキー三昧ですか?
北信濃の雪景色はやっぱりいいですね。
西岳はすごいんでしょ? やまおんなさんが経験済みなのです。
あの周辺は池もあり、森もいいし見所ありますよね。
四季折々な楽しみがあって これからも是非行きたいとこです。
カモシカ永井さんの歩く道はまたまた魅力的そう。
いつか是非遊びにいきますので、よろしくです!

>とっちゃん
東京もね、ここ数日21℃とかなんだよ。
桜も突っ走りそうですな。3/21開花予報に前倒しになりました。
もうすぐやん。もん吉も暖かくなったら途端にそばに寄って来なく
なった。薄情もんだ(笑
戸隠の杉並木よいでしょー。きっと河童さんも写真撮りまくりだな。
やまおんなさんはね スタイルいいし、何をやっても絵になります。
デジイチとコンデジ どっちも撮ったのですが今んとこ腕が伴わない
ので、あまり画像かわらんのです。しょぼりん
まだまだ勉強ですなー

>まっきー
>やっぱ、この2年って大きいのね。ぐすん。
2年前でもずいぶん違ってみえる今日この頃ですな。
そう思うと、こっからの5年とか考えたくないっす(泣
でもさ、幾つになっても元気に山を歩ける体にはしとかないとね
そーじゃないとストレスで壊れてしまうがな。
>あのきれいな鳥はうそではないかい?
危なくまた「ウソじゃないもーん」と言うとこだったなり。
下のたく~さんのカキコでわかったなり。
ウソなんんて名前の鳥いるんだね。
しかし、よーしっとるね。脳みそでっかいの?

>たく~ちゃん
いかったー 
>小鳥はウソのオス
これでやっと通じましたん(←ばか)あんがと。
>野良猫にひっかっかれました
その野良猫はお山にいたの?
野良猫だとね、傷をよーく消毒しとかないといかんよ。
彼らも厳しい世界で生きてるからね。いっつもうちの
もん吉に「お前はヌクヌク家でラクしてるけど、ご飯も食べれないで
寒い夜空でアテもなく生活して、優しく撫でてもらえないニャンコも
いるんだからね」って言ってるんですけどね・・・・
まぁ どっちが幸せ何かはわかりませぬー

>やまおんなさん
本当にお世話になりました。
テキパキと食事を作るやまおんなさんにも感心したけど
やっぱり山の中をサッサカ歩くカッコよさに感心です。
やまおんなさんのスノシュは優れもんですね。
奥社につく頃、青空に変わったあの感動ったらないよね。
自然は私達を喜ばせてくれるよなー
そうそう、ワンコみたいに雪の斜面転がってるの楽しそうだった(笑
いつかカモシカ永井さんとご一緒して、ヤブコギとか、未知なる道を
歩くの楽しそうですね。長野県人で。うふっ
一杯楽しみがまってるね

北信の山、登ってみたいな~と思ってます^^
で、戸隠はスノーシューしたら、気持ちいいだろうな~と前から、目をつけてました^^いいなぁ~、、なんたって、お蕎麦もさいこーだもんね^^私、そばの中で一番、戸隠そばが大好き!
ロビンさんも初スノーシュー、よかったですね~^^

戸隠山登山道はもちろん、奥社参道は荘厳な雰囲気がいいですよね。
参道の霊気に圧倒されて、山に入るのが怖くなった思い出が…。
奥社の森は冬は明るい感じになるんですね。
戸隠蕎麦もボリュームあってこれもまたよし。ええなー。

ロビンさん、こんばんは。
目下お仕事超多忙中のアランチャです。(^o^)丿(ネットの徘徊もままならぬ・・・)
このレポ、職場で昼休みにちょこっと拝見してたんだけど、戸隠神社の参道見て、これは絶対コメしに来なくては、ということで、やっとこやってきた次第です。(笑)
元々戸隠は、行ってみたい所の1つですが、こんなレポを拝見しては、もう行かずにはいられなくなりそうです。
杉並木、雰囲気満点じゃないですか。
高野山の奥の院のとどっちが太いかな、とふと思ったのですが、戸隠の方が、太いのが揃ってそうですね。(^^ゞ
しかし、冬に戸隠に行くと、ぱふぱふと両方楽しめるとは、いいこと教えてもらってしまいました。(^_^)/~

> hiro っち
北信の山は魅力的ですよね~
でもね、この戸隠や妙義はちょっと
ギザギザいわいわで珍しい山なのかもですね。
北信といえば、私はもっとなだらかな火打みたいな山を
イメージするんですけどね。

蕎麦はうまいです。私も大好き
天玉うどんも好きなんだけどね~(なんやって)

>びす子
久しぶりやん。
そっかー 戸隠行ったんだもんね。
見にいったらさ、戸隠~高妻へ行ってるんだけど
レポうぷしてへんやん。(泣
人のレポでまたシミジミしようと思ってたのにぃ
奥社参道は私も初めてだったのだけど
なんかジーンと胸にくるよね、あの雰囲気。
戸隠蕎麦はなんぼでも食べれまっせ。
大盛り食べたけどボリュームもっとあってもOKやな。
いろんな店の味試してみたいなぁ

>アランチャさん
なになに やっぱり年度末やもんねー
みんなお仕事忙しいんだね。
この不況、お仕事あるだけどもヨシですよね。

高野山の奥の院は残念ながら まだ行った事ないけど
戸隠の奥社の雰囲気はええでっせぇ~
真っ直ぐに空に向ってる大きな杉並木
木の皮はね、くるんと回りながらのびてるんだな。
木が成長する時ぐるんと回るのかな
雪のある時入口でスノシュ借りて(3時間1000円)
かるーく散策すると気持ちよいよー
奥社までユックリ行って帰って遊んで3時間ですよん。
雪景色がまたたまらんのよねー








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。