スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西岳 (八ヶ岳の南西はじっこ 2398m) 

2010.01.18 21:40| 山の空気

2010.1.16(土)

行ってきました西岳に。
西岳とは八ヶ岳の南西はじっこ、編笠のすぐ横にある2398mのお山

今年初めての山・・・・ではないのだけど
今年初めての雪・・・・ではないのだけど

今年初めてのアイゼンでした。


???????????????????????????????????

8-三本の林道





家を出たのが5時半。
この時期ではまだまだ夜空に星が瞬いている。
明るくなった高速走行中に眺める空には雲ひとつなく今日はとってもいい予感。
ところがだ・・・八ヶ岳だけが重ったるーい雲にすっぽり覆われている。
「そのうち雲はなくなるよ」 とは師匠の希望的観測。
対面の鳳凰、北岳、甲斐駒が朝陽を浴びて徐々にピンクに色づいていき 
白い雪の斜面がいきなり浮かびあがってくるのをワクワク眺めながら
小淵沢ICを下りる。

1-赤く燃える甲斐駒
高速を走ってて目に飛び込んできた赤く燃える甲斐駒
甲斐駒に登ったのはもう何年前になるのだろ
また久し振りに行きたい、そう思える嬉し山人生。



造林小屋の駐車場にはすでに車が2台。
車の下にはツララがビッチリ。
確かに寒い。 チラチラ小雪が舞っている。

 造林小屋P(8:20)?不動清水?小広場?西岳(12:15/13:40)
 ?造林小屋P(15:30)        (標高差:約1000m)



冬以外の時期にも登った事のない山なのに
雪のあるこんな時期に初めてってどーなのだ?
と少々不安もあったけど、先行者がいるのを知ってチョト安堵。

3-造林小屋駐車場
造林小屋の駐車場には5,6台駐車可能

車を停めた途端、15m程離れた林道をシカが横切った。
あれよ、あれよ、一列になってどんどん どんどん
15頭位の一塊が過ぎたと思ったら、続く続く30頭程の大移動
中には停まってこちらをジーっと眺めてるシカ男君も。
何も考えずピョンピョンはねてシカトしてる若いシカ子ちゃんも。
突然立ち止まってシカられてる・・・シッカりものの・・・(もーいいって)
こんな沢山のシカにもう二度とお目にかかれるか
分からないので シカと見とこ。。。。(ごめん もうやめる)

八ヶ岳にもこんなにシカがいるんだね。

2-シカの大移動
ツノのない女子ばっかりか? どこへ どこか楽しいとこに??



造林小屋から林道を30分程歩くと不動清水の広場にでる。
”延命水” 枯れる事を知らない程勢い良く流れている。
延命水と言われると一口でも含みたいところだけれど
樹木に囲まれ雪で覆われた寒さの中では手袋もはずしたくない。
泣く泣く・・・延命をあきらめた。


5-不動清水・延命水
不動清水の広場。
師匠の頭の辺り、雪のかぶった岩の間から水はでている


西岳には立場川キャンプ場から西尾根を登るルート
造林小屋か富士見高原ゴルフ場から登る南尾根のルートがあり
コースタイムはどっちもあまり変わらないようだけど
冬はこちらのコースの方が人が入っているみたい


6-雪が舞う
陽射しが樹林帯に射し込んできてキラキラと粉雪が舞っている。
カラマツに積もった雪が弱い風でも舞ってきて 紫のフリースが
真っ白になってしまう程


7-雪景色
真っ白な木々と真っ青な空
(そーなん、これが雪山の魅力の1つでもあるんだよねー)
なんて久し振りの雪山をめちゃ喜んでる自分がいる

同じ間隔で横切る3本目の林道をわたってから 徐々に斜面はきつくなる。



雪の深さは30cmくらいか。
先行者のトレースのお陰でラクラク♪ と行きたいとこだけど
久し振りのちゃんとした雪の山は そりゃー足にこたえる。

サラサラした斜面に足を何度かとられ しかたなく途中でアイゼンを装着。

ラクを選んで進歩なしか?>自分
もうちょっと辛抱してアイゼンを着けない方が雪道歩きの練習になるんだろうな
 

9-空が開けてきた
長い樹林帯歩きの途中、空がいきなり広がる。
背後には南アや中アがクッキリ、どこも雪がたっぷりついている

0-まるみえ 
道の両脇には沢山のシャクナゲがあらわれると
もう頂上は近い 




10-西岳頂上
西岳頂上はきもちのよい広場

頂上には柔らかな曲線をもった真っ白なクリーム状の雪
見下ろす木々はどの山もクリスマスツリーだらけ
こんな景色に囲まれたら もう笑うっきゃない。
雪山は怖い・危険面も多いが、こんな景色に出会ってしまうと、
どんなに寒くってもやっぱりますます雪の山が大好きになってしまうのだ




11-富士山と私
今日は日焼け止めさえ塗っていないスッピンの為、目出し帽着用
決して モジモジ君ではありませぬ (富士山と編笠と)



頂上には 杉並から来たソロの楽しいおじさんと
大学生サークルの7人程のグループの二組。

血気盛んな大学生は西岳から先、トレースのなくなった道を
今日は青年小屋まで行くらしい。そじゃそじゃ 若さで突き進むのじゃ

この辺りの山に詳しい杉並ニコちゃん顔のおじさんは 
古いスノシュを最新のスノシュに買い替えたらしく
来週 青木鉱泉から薬師に登るための足試しにきたそうな。
「新しいのはいいぞー。登りも下りもラクラクつかえるんだぁ。」
「ほら、カカトのこれがー」 なんて嬉しそうにヒールを畳んだり伸ばしたり
どうやら西岳の登り斜面にはとっても グーだったようだ。

ワカンを担いできた私達に嬉しそうに説明 
ニコニコ朗らかでいて こっちも嬉しくなっちゃうくらいだった。


0-御嶽
今年の初めに麓まで行った御嶽は堂々悠々


0-北ア
この時期の北アは もう特別な人達だけの世界なんだろね

0-赤岳 
赤岳は八つの王様(500mの差ってでっかいなー)

0-権現ぎぼし三ツ頭
右から三つ頭、ギボシ、権現(まき&まゆは今いずこ?)


無風で 日に焼ける程晴天で 真っ白な雪に反射した太陽の
光がギラギラ強力だけど、こんなにぜーんぶ見えちゃって
落ちつける頂上だもん長居になりまする。
1時間以上もいて ソロソロ降りるかな。

今日隣の三ツ頭に登って今頃同じ景色を眺めているはずの
まき&まゆコンビを温泉で襲撃しなくてはだしね。(強く希望>師匠)

中アと南アの眺めを正面に味わいながら、斜面を下る。


はれっ? さっきの杉並おじさんが座りこんでスノシュ脱いでる。。。
どうやらこの直下りで足がつってしまったようだ。
スノシュも その長さと斜面角度と細い幅
いろいろな 状況で使い分けないとだね。がんばれ オジサン

私達もアイゼンを外し30cm程の雪の深さを楽しみながら下った。



0-仙丈
今日のオマケ: 淡赤に染まる・・この形はやっぱり仙丈か


コメント:21 トラックバック:0
<<おめでとにゃー ♪ | ホーム | 2010 あけましたおめでとー>>

真っ白カラマツきれいだねー。雪?霧氷? どっちにしてもとってもすてき~ ちょっと場所が違うだけで気象条件が違うのね。こっちはそんなふうにはなってなかったよー。
西岳ってのは考えなかったなあ。トレースあった分そちらのほうが速かったってことだねー。私たちは深雪でもがいている時間けっこうあったからなあ。
でも、それもこれもほんま楽しかったわー。
帰りの温泉もろび師匠に会えると思ったら100倍うれしかったわー。
ほんま、お互いいい山だったね。
今度は雪山一緒にいこうねー。

登録

ありがとうございます
こんなレポ見ちゃうと 行きたくなりまする
行きたいトコPに 登録しておきます
温泉はドコなのすか?

TOPの写真がいい~!
めっちゃきれい!
ここ、いいね^^実際に枝に積もった雪?霧氷?が見られるのも山に行かないと無理だもんね~
スノーシューをちょっとは使える山なのかしら?

ロビさん、先日は久々にお会いできてうれしかったです~
あのあと思い出してみたら、1年半ぶりですよ。たぶん。いつものようにハグハグしたかったんですけど、さすがに裸だったんでとめときました(^^;
ずいぶんお待たせしちゃったみたいで、ごめんなさいね。風邪とかひいたりしてませんか?
師匠さんにもよろしくお伝えくださいね~
でもって、ロビさんもレポはやいっ。やっぱ、そちらもかな~りいい山行だったのでしょうね~。携帯から見てるので、小さい写真、数枚しか見れてないのですが、それでも伝わってきましたよ。水場から山頂の間の森は、師匠さん好みですよね、たぶん。雪のときはどんな森になってるんだろうって想うと、かなりそそられます。
冬の西岳、日帰りで行けるとは思ってなかったです。いや~、絶対行きたい!

綺麗~!

バッチリ晴れましたね!
さすが師匠ですね!!
こんな雪山、ちょっといいなぁ。
いつかそのうち、行きたいな。ウン。

>まっきー
>真っ白カラマツきれいだねー。
そうだよ、すんごーくキレイだった。
カラマツってさ紅葉もいいしね。
>ちょっと場所が違うだけで気象条件が違うのね。
うんうん、そっちは玄人の山って感じやもん(笑
西岳は前にマッキーから いい山だよって聞いてたけど
あんなに展望にすぐれてるのにびっくり。
こりゃー今度は秋にでも縦走だにゃ。
雪山としても危険少なそうだし ええわいな。
温泉で会った間の悪さ・・・・
私のボ○ン まゆたんにみられてもーた(泣


> 岐阜ペンギンさん
ご登録ありがとござります。
岐阜からはちょっと遠いけど
雪山としては そんなに危険がないので
ただ駐車場に迷わなければ・・・(笑
スキー場から先は結構雪が深いです。
誰か先に入ってくれてればラクですね。

温泉はねー 
http://www.oizumi.ne.jp/~panorama/ ですよん
夕方に入れば 露天から赤く染まっていく富士山が見えます。
んで 休憩室で食べたエビフライ定食は
ちょっと失敗でしたー でへへ

>hiroっち
>ここ、いいね^^
>スノーシューをちょっとは使える山なのかしら?

えーで ここ。
そや、輝ちんがココ詳しいやんか、行ってみそ。
なんたって風がなくて天気よかったら
何時間でも展望眺めて頂上にいられるよ。
スノシュはね、途中まで斜面緩いし
もってこいちゃうかな。杉並おじさんも
そー言ってた(但し 下山はブ~っ)
はよー スノシュ使いっ 


>まゆたん
>あのあと思い出してみたら、1年半ぶりですよ
わぁお そんなに会ってなかったんだっけ?
私もうれしかったよぉーん
結構冷静装ってたけど、思いっきりお祭り
気分だったのに・・・師匠がメッっていうから。
>冬の西岳、日帰りで行けるとは思ってなかったです。
なんのー まゆたんだったら青年小屋まで行って
戻ってこれるがな(笑
直登と長い樹林帯ではありますが
雪の積もった木々の美しさは格別です。
それに樹林を越えた後の喜びがでっかい!
ここでみた展望の色合いは本当に明るいんだにゃー
また絶対どっかでばったりんしたいっす

>あけちゃん
>さすが師匠ですね!!

あのねー 師匠が晴らしてくれたわけではないのよぉー(笑
それじゃぁ 神様なりよ。
アケちゃんは シカの大群に食いつくと思ったのに(笑
少し離れてたけど、かわいいんだよ。
1頭がとまると、みんな初めの1歩みたいに
とまってコッチをみんなが見るんだよ。
そしてまたゾロゾロ・・・STOP!みたいな
わらえた わらえた

すごい展望!
惹かれますわ~。
なかなか行けない山なので、
綺麗な写真が見れてうれしいです。


西岳、いいチョイスでしたね!
きれいじゃのー☆
そのうちに・・・。
まだ初登りしてないんですよ。左腰が痛い~!

>八ヶ岳にもこんなにシカがいるんだね
夜行くとわんさか居るよ!ロビンさんが見たような群れは、美ヶ原にもいるよ!

 私も連れてってぇ~♪

>陽射しが樹林帯に射し込んで・・
 これが堪らんがやき。
>もうちょっと辛抱してアイゼンを着けない方が
 なんで?なんちゃぁ練習になりゃせんが。
早う着けてしっかり踏ん張ったほうがえいき。

 文句ばっかり言いゆうけんど、山は文句なしの大晴れ。
まっことえい遊山ぜよ!!

いい景色だね~♪

夕べ河童が
「写真がえい~」と何回も言ってました。
私もそう思います。
ただ美しいとかいうだけではなく
その場所の空気が伝わってくるような。
感性豊かなロビンさんだから。
ヨシさんとメール送りながら
西岳ってどこ?
って聞いてた田舎者です。
八ヶ岳の南西なんだね。
師匠~全部なんだね。
おめでとうございます☆
冬は厳しいけれど
冬にしか逢えない風景は特別ですもんね。

ロビンさん今日は。
冬の西岳、雪山入門にはもってこいの山ですね。私も昨秋、富士見ゴルフ場から登り、編笠に廻ってグルリップを楽しみました。

近いうちに本物の山屋さんと「血気盛んな大学生」と同じコースをと思っています。
kamoshika-nagai一つ年を重ねましたが、(あ!これはロビンさんも同じですね)今年も血気盛んに山登り続けてゆきますよ。

お互い元気なうちが花ですね。頑張りましょう、じゃなくて楽しみましょう。

わあ、きれい~
うちも4年前、上のほうに雪がついたばっかりのときにいったんだった。そのときは西岳~青年小屋~編笠~造林小屋って回ったんだった。やっぱ、鹿の大群にあったなあ。思い出しましたよ~
こんだけ雪だと4WDじゃないと造林小屋まで入れないですか?

さすが!

なのは師匠の「観望天気」ですよ。
八ヶ岳だけが重ったるーい雲にすっぽり覆われているけれど
眺める空には雲ひとつなくて
対面の鳳凰、北岳、甲斐駒が朝陽を浴びている事から
「そのうち雲はなくなるよ」との予想です。(^^)

シカさん?
シカさんと聞くと輝珍の顔が思い浮かんじゃうんですよ~。
でも、そう言えば女子シカいなかったんでしたっけ?(笑)

>dahan さん
>すごい展望! 惹かれますわ~。
でしょ? ここ穴場でっせ。特に雪の時に
とってーも爽やか、ちょっと表現違うけど
そんな気持ちの良い山なんですよ。
奈良でしたよね? ちょっと遠いですね。
でもほれ、四国からも来ちゃう人いるしね(笑
そちらにも雪山堪能できる所はいろいろあるでしょうね。
関西の山・・・私もいつか時間に余裕でてきたら
是非是非遊びに行きたいです。


>カモシカさん
ナイスチョイスでしょ。
タイミングもよかったんだと思います。

>まだ初登りしてないんですよ。左腰が痛い~!
あらら・・・・腰は大切やからね。
なかなか スッキリよくはならないですね。
だまーしだまーしで付き合ってください。
でも カモシカさんは山だけでなく沢山の
楽しい事しってるから ナイスですよ。

>河童の介
>私も連れてってぇ~♪
って 河童さんがルンルン♪してる姿想像しやったやないがき。がはは

アイゼンってさ なるべく着けないで
雪の中で平気で歩ける練習したほーが 歩くのウマクなるんちゃう?
アイゼン履いてるとラクチンに馴れちゃってさ、体重移動だ
平衡感覚だちゅーのが鈍くなるよ、きっと。むふぁふぁ
土佐の郷士はまだまだよのぉー  シャキーン(←刀の音)


>とっちゃん
>その場所の空気が伝わってくるような
おぉー むちゃんこな褒め言葉でがんす。(←?)
そんな景色にたまたまバッタリあたってる強運なだけですが(汗
西岳は冬の赤岳からすぐ近くにいるお山ですよ。もう何回も眺めてる
はずやき。  (むふふ なんだか土佐弁 いい調子)
ヨシ君は無事に旅だっていきましたか。
いいねいいね 土佐はいいね 龍馬の生まれたとこだもんな。
とっちゃんの田舎も何かイワレはないのだろーか。興味シンシン
龍馬が立ち寄って 家の柱にキズが残ってるとかねー あぁ ロマンや

>kamoshika-nagaiさん
あれれ  改名ですか、又それもかっちょいいですけど。
あそこは冬は本当にもってこいですよね。
もちろん秋もまたいいに決まってます。
なんたって石楠花の頃に歩いてみたいですよね。
近いうちに行くのですか? 青年小屋で一泊だと初日と翌日の
どっちの方がきついのかな? 
なんせ私恥ずかしながら ギボシがあんなに立派だと思いませんでした。
まだまだ歩いてないとこだらけですよ。
「血気盛んな大学生」に負けない「血気盛んな大人」がんばれー



>ぜぜさん
西岳~青年小屋~編笠~造林小屋コース 私も早く行きたいです。
西岳から青年小屋までの水平道がなんとも魅力的に見えましたよ。
この時季は もちラッセルらしいですけど。
>やっぱ、鹿の大群にあったなあ
ふむふむ あの辺りに住んでるんじゃねー あんな大群初めてやわ。
造林小屋までの道はね・・・すぐ近くのスキー場まではまったく問題ない
のだけど、そこからぐっと入り込むでしょ? そこがね、車が先に2台
通ってたんだけど、もう雪が25cmくらい積もってました。
4WDじゃなかったら ちょと難しいかもですな。

>あけちゃん
経験からの予想なのか、論理的になのか
単にあんまり考えていない相槌なのか・・・本人のみ知る。
ねぇねぇ ちょっと師匠の肩もちすぎでっせ。(笑

なんでシカ=輝チンなんだろ??
>そう言えば女子シカいなかった
ははぁ・・・・これはかなり高得点ですぞ。
カモ○カさんなんか かる~く抜いちゃいましたね。えらいぞ!

シカたね~なぁ。
そのうち私が返り咲き。笑

あらりゃー
もシカしたら聞いてた? 








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。