スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙丈序章: 林道歩きと小屋の居心地

2010.05.09 08:04| 山の空気

2010.5.1(土)


残雪期の南アルプス
なんとも魅力的です。

世の中はお花畑な春爛漫な陽だまりなのに
そこだけ冬の名残の凛とした世界

ねぇ そう思いませんか。

1-中アがみえるバスです
清流荘前からの乗車40分の小さなバスの旅
目の前に広がる中アの眺め


-------------------------------------------------------------------------

北ア、南ア、中ア、八つなどの丁度ど真ん中に位置する高遠の家
を手に入れたからには 行かないわけにはいかない。

このGWの時期の仙丈ヶ岳(3033m)

前夜 高遠に入りグッスリ眠り 朝食をしっかり食べ、
10時台清流荘前を出発するバスに乗るために出かけた。
家からは30分程度。
駐車場は大きくて半分程が埋まっていた。

さすがGW対応、10時を待たずに9:20に臨時バスが出た。
(片道 ザック込みで1000円なり)

清流荘
日帰り温泉もある清流荘のすぐ横に駐車場とバス停がある。
願ってもないこっちゃ

バス会社の方達の優しい対応や、ピカピカに磨かれたバスの窓から
40分景色を堪能しながら気分よく進む。

石灰岩
なんかこの辺りは地層的にもかなり面白いらしい。
その周辺のイワイワな山の間に石灰岩がボロボロに崩れた山
山仲間の監督が見たら喜ぶぞぉ をみんな連発


真冬は戸台から谷底に見える沢沿いをずーっと7,8時間歩くらしい。
山仲間のヨシ君があそこを歩いたのだと思うと ただただ頭が下がる。


2-歌宿からののこぎり
バスが到着する歌宿からは鋸岳(2685m)が真正面に見える

トイレもキレイ。 同じバスには15人ほど乗っていた。
15人のうちの多くはテン泊装備の方達だったような気がする
北沢峠まで2時間ほど歩けば、仙丈と甲斐駒どっちも登れる
テン場があるんだもん、こんな安定した天気のGWにはテン泊かもね

このGWの天気はどこもバッチリ。 なんせ暑いよ 

 5/1(土) 清流荘前(9:20)=歌宿(10:00/10:15)?長衛荘(12:15)


 実はわたくし 林道歩きが苦手。 とほほ  

 なんたって 舗装道路の上をなぜに登山靴で歩くのが嬉しいのだ?

 マッキーは「徐々に気持ちを高めていくから好きー」なんだそうだ。
 今日は小屋までノンビリ歩きだからいいけど、日帰りなんかで林道歩き・・・
 省けるものは省きたいのが本音でごじゃりまする
 
 そんな自分でも周りの景色がこんなんだったり、お花が咲いてたり
 動物にバッタリ逢ったりすると、それはそれで楽しめちゃったりもする。

5-林道歩きの喜び
甲斐駒とミラーに写る私のツーショット   むふっ


6-落石だらけー
この林道は落石だらけで ちょっと怖かったりもする

7-半氷な滝
暑い暑い陽差しにはこの清涼感 (半分以上凍ってるがな)


 おぉぉー  あそこにいる黒い塊はなんだー!?





9-カモシカかも
マネキンのように30分も同じ姿勢で私たちを見つめ続けるカモ男くん
何考えてるのだ? 
マッキーはあれは木の根っこだと言う (暑さのせいですな)


10-甲斐駒ちかし 
どぇーー 随分近づいたでないですか、 いつの間に甲斐駒くん

相変わらずキリリとしてカッコいいけど、魔利支天がいないと・・・
ちょっとなー 物足りないよなー


10-和式トイレを掘る男?
工事中の立看 
なぜか和式トイレを掘ってるように私にはみえる!
だからどーだって言われても困る 


8-仙丈がみえたー
にゃーー にょぉー  仙丈がいつのまにそこに。

やっぱり女性的な仙丈さんは奥ゆかしい。
まるーい柔らかなラインのボディーは色っぽいでつ

6.3km(標高差400m) の林道歩きも 
あーだこーだ言ってるうちについちゃった。
但し、大平荘が見えてからが案外長いのであーる

林道は雪がまったくなかったけど、小屋の周辺にはまだまだ雪はあった。
ギラギラ太陽の下、舗装道路を歩き続けたのだから
小屋に着くやいなや ビールで喉をうるおす。


長衛荘
きれいで、
清潔で、
居心地がよくって、
従業員が優しい長衛荘

去年から代わったオーナーのあったかい笑顔も得点高いです。
トイレなんかちぃーとも臭くなくってここ本当に山小屋?

3-到着のビール
木漏れ日に琥珀色のビールがキラキラ

これぞ、芸術なのだー  (岡本太郎もビックシ)
ビールジョッキの底に顔があってもおかしくないのだー!(暑さのせいですな)

明日はなんたって帰りのバスの時間に間に合うように早出であります。
マキ次官のプランにより、4時出発。
小屋番さんにその旨を伝えると・・・あぁ 涙なみだ 

「わかりましたー。 朝食3時半に頑張って朝食用意しますよ」

ねぇ どーよ?

こんな真心、ねーさんはもう感謝感激あめアラレなのであります。
小屋によってはだいぶサービスがちがいますな。
「また絶対きちゃうかんねー」 と心に誓うロビであります


4-夕食
夕食はツナのカレーにカリカリ熱々の白身魚のフライ とゆで卵
サラダ そしてミルクが濃厚な杏仁豆腐

んで おかわり自由。  コンチクショーうまいぜー
(っと感激のあまり男になってしまうのでありました)

寝床は敷き布団にも 毛布を使ってくれてヌクヌク
それに布団同士がくっつてないゼータクな空間でした


《 いよいよ雪の女王 仙丈の頂きに 》

 

コメント:19 トラックバック:0
<<GWの仙丈ヶ岳 (3033m 南ア) | ホーム | 仙丈から ただいまー>>

おお! さすが、ろび姉! 仕事が早い!
うー。へんなこと書かれないうちにわたしも早くアップしなくっちゃだー。
和式トイレ掘る工事、ほんとご苦労様だねえ。なんで、その場でそのばかげた妄想について語らなかったの? 師匠とふたりで思いっきり、ばかばかって言ってあげたのに~ もう、PCの前でひとり爆笑だよー。
カモシカそっくりな木の根っこ、写真で見るとますますカモシカそっくりだねえ(笑)

私には和式トイレを掃除してるように見えます。

そうか、小屋泊まりだったのか。
じゃ、行ってなかったかも(笑
いや、一人で小屋前にツェルト張ってたかな?

あ~いいなぁ・・
木漏れ日にキラキラ輝くビール♪

黒部限定ビールもうまそうやったけれど・・・
みんなビール三昧だわね。。

甲斐駒は魔利支天がなくてもやっぱそそられるわ~。




あの、延々の道、ヨシさんならものともせず歩いただろうね・・・妙に納得ですわ。


>まっきー
お疲れさま~
佐渡帰りの荷物は片付いたかいな。
GW満喫やね。 大満足でっしゃろ
>うー。へんなこと書かれないうちに・・・
心配すんなって、ちゃんと書くからさ(爆
ってか、きぬさんに言われてまた「秋田駒」読み直したんだけど
ありゃー やっぱりピカイチですな。
もう4年経ったのにお腹痛いほどわらたった。
あーあん時はまだ私の方がえらかったのになっ


>輝ちん
>私には和式トイレを掃除してるように見えます。
たしかーに そうも言えます!
なんだかシルエットが輝ちんにも見えます。
えらいぞ 輝チン。トイレ掃除好きにはよい子が生まれるって

>そうか、小屋泊まりだったのか。
>じゃ、行ってなかったかも
そうも思った。しかし、近くにテン場がちゃんとあるなりよ。
私達もテントの予定もあったのだ。
でも翌日仙丈登って バス時間を考えると 
テント撤収するバタバタはちょっとコワイ気もしたのだ。
小屋泊まりだったから心に余裕が・・・
でも結果バス危なかったけど(笑

>クミちゃん
>あ~いいなぁ・・
>木漏れ日にキラキラ輝くビール♪
でしょー
バックがあの景色だと10倍位生ビールがうまいのです。
暑ければ暑いだけ美味しいもんね。

>甲斐駒は魔利支天がなくてもやっぱそそられるわ~。
甲斐駒はね、裏と表だとだいぶ形違う気がしするんだよね。
魔利支天がくっついてると その三角さが際立つような気がするんだー
戸台から行くとね、先に現われるノコギリに目を奪われて
甲斐駒のキリリさがぼやけてしまうんだな。
クミちゃんはノコギリの方が合ってるよ(笑
但し、仙丈から見る甲斐駒はまたイカスんだよなー

>あの、延々の道、ヨシさんならものともせず・・
確かにあのながーい道を厳冬期に歩きつづけるって
精神力がすんごいですわ。
私なんか2時間の林道歩きでもうお腹一杯。
誰もいない厳冬期にモクモクと何を考えながら歩いたんだろね。
ヨシも凄いけど、その日のうちに仙丈登っちゃうタケもまた凄い!
みんなアホアホな程強いっす。真似できまへん

あ、

 あの日は確か甲府から移動して仙流荘から歩き始めて戸台大橋を渡って、落石がゴロゴロしてる林道をビビりながらの半ベソかきながらの歩きですた。 歌宿の一時間くらい手前で日が暮れて、車の待避スペースでひどい風のなかのテン泊でした。その翌日は駒仙小屋テン場までのまったり歩きでした。
 ちなみに今日は夕方から小雪が舞ってます。

まきさんからさんざん自慢されましたよ。
ロビンさんのが更新早いからこっち見とこ。
>従業員が優しい長衛荘
昨年の秋にちょっと立寄りましたがほんとにいい感じでしたね~。

仙丈序章

ロビンさん はじめまして
初めてのコメントですがロビンさんやロビンさんの友人の方々のブログ 楽しく読ませていただいてます。
私も4年前 ゴールンウィークにこのコース歩きました。テント設営してとかしていたら出発時間が10時になり小仙丈までしかいけませんでした。小仙丈まででも満足でしたが今回 ロビンさんの記事を読み「この行程いい!」と思いました。また 仙丈ケ岳 この時期に行きたいと思います。本章 楽しみにしています。

>ヨシくん
>ちなみに今日は夕方から小雪が舞ってます。
ぎょーー まだ降ってるんか?!
例年こんなものなのか、今年ばっかりなのか?

>ビビりながらの半ベソかきながらの歩きですた

そっか そっか ヨシ君でも半ベソねぇ(ナゼに喜ぶのだ)
私が まき&師匠に「真冬に一人じゃ寂しかろー」と言ったら
「一人でラッキー♪」と思ってたに違いないって言うんだよ。
なんぼ鉄人ヨシ君だって心は・・・小鳩・・・
君の心を理解してるのは私だけだじょー (笑


>びすやん
お疲れさんどすー
佐渡の話をたっプリ聞きたい
・・さーどーぞ(座布団3枚!)

秋の仙丈も雪があるんだもんね。
まだらーな仙丈も野良猫みたいで可愛いけど ほれっ
純白のまるで ○ビ○みたいな仙丈さまですよん
えーど えーど 惚れてまうでぇ
行ってみなはれ
んで 優しい小屋でもう一回休みなはれ~

わろた~!

>>私には和式トイレを掃除してるように見えます。
>たしかーに そうも言えます!
>なんだかシルエットが輝ちんにも見えます。
こんなのに反応ですんまへんだす。

>つくだにさん
おぉ いらっしゃいませー
佃煮って美味しいですよね、特にシソ昆布が(ちゃうって)
関西の方ですかねー?
>友人の方々のブログ 
うふふ アホアホばっかりですんませんね(姉さん風)

>出発時間が10時になり小仙丈までしかいけませんでした
いやいや すごいです。
林道歩いてテント設営の後に登ろうなんて
思っちゃうそのガッツに拍手ですよ。
小仙丈まで行けば、頂上が見えますもんね。
きっとそれはそれで満足されたんじゃないでしょか?
そのさき 案外な長さでしたよ。
もうヘトヘトです~
それにね・・・・おっとこの先はレポを待て!(初めての人になんちゅー 笑)

そっか。。。。

小屋泊まりって、手があったのですね。
(それ考えたのは師匠なりか?)

それだったらいいなぁ~~~。
でも、小仙丈ケ岳からの稜線は私にはやっぱ無理だろうねぇ~~。

小仙丈ケ岳だけでもいいから行ってみたくなりました。

林道

鏡平へも 新穂高から わさび平経由 登山口まで 約2時間
行きは いきなり登るより 良いですが
帰りは うんざり 遠く感じまする
この時期の ココも 行ってみたくなりました

仙丈は

あのリッジさえなければ・・・
稜線に天場があれば・・・

でも、そんな温かい話を聞くと、小屋泊もありかな?んんて思えます。
レポ、くそ~っ!
なんかいいやん!
カレー美味そうだし(^^;

>駒ちゃん
>小屋泊まりって、手があったのですね
そですよ、その手があったわけですよ。
最初はテントの予定だったのです。
ただ・・・怖いのはバスの最終が4時台ってこと。
そして帰りの林道がなかなか手ごわかったので
結果オーライですた。
下山後のビールがうまいもんで。 えへへ

小仙丈ケ岳だけでも大満足だと思うよ。
だってねー 凄い景色が向かえてくれるから。


>岐阜ペンギンさん
>鏡平へも 新穂高から わさび平経由 登山口まで 約2時間
ながいですよねー あそこも。
えっ? 2時間で行っちゃうんだっけ?
それ早すぎじゃないですか
私は夏の暑さであの道バテました、下りなのに。。。
わさび平の冷したトマトの美味しかったことぉ~
そっか、冬はヒッソリ?
どんな景色が待ってるんだろ、行きたくなってきたぁー(笑

>クネル君
>あのリッジさえなければ・・・
>稜線に天場があれば・・・

リッジはねなんともならんです。
テンバは・・・五合目上におりましたよ。
あそこからの朝夕はすごいロマンまんまんですな。
小屋のお兄さん(新しいオーナー)とはきっと
話あいそですね。 私ファンになりましたです。
お子さんもかわいいんだよー
「ふきこちゃん」と「とうこちゃん」で
フキノトウ姉妹なんですよ、かっわいいんだな~
カレーもいい味でてましたよん。
是非いってみそー

やっぱりお笑いから入りましたね(がはは
なんでそんなにおもろいとこばっか目が行くの?さすがお笑いの女王だわ~
長衛荘 、いいね~小金はたまったらいくかな。

ほんま!楽しいレポをありがとう~
読んでいてつい?笑っちゃいますよ!
絶対に行ってみたくなるよね~って、行くしかね~・・・
次のレポは、本章ですね!・・楽しみにしてました!

>ぜぜさん
>さすがお笑いの女王だわ~
な、なーに言っちゃってるんですか。
お笑い界ではぜぜさんの右にでるものはいませんよ。
なんかなー 効果を狙ってとか次元でなく
もう身についた、いや身にしみこんでますもんね。

>長衛荘 、いいね~小金はたまったらいくかな
ええですよ、長衛荘。
小金・・・いや 大金畳の下からこそっと出して
長衛荘の前で生をグイグイッですな。
なんせ人も小屋も居心地いいんですよぉ~
まぁ テン場もちょっと行けばあるので
夫婦喧嘩した時は別々で (笑


>yzmさん
いつも読んでくれてありがとです。

>楽しいレポをありがとう~
そっかなー そんなおかしい事かいてないけどなぁ
同行者のせい?
ありのままに伝えてるだけです
(言えないことも半分以上)

仙丈、いいですよ。
眺めるだけでもステキな山です~








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。