スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大弛峠からの金峰山(長野,山梨 2599m)

2010.08.18 07:30| 山の空気

2010.7.31 (土) 


 すでに一ヶ月程前の話。 金峰に行って来まひた


1-いきなり岩場虫多し
いきなり朝日岳前の岩場です。(虫がぶんぶん)
なんでかって言うと・・・・・

この方
そう久し振りのご一緒のこの方

00-まっき
この方がデジカメのカードを忘れたのを 「バッカやねー」 と大笑い
んで 自分は一眼デジを使っているので なら予備のデジカメのカードを
貸してあげようとしたところ

なんつぉー!?

今までパシャパシャ撮っていた自分の一眼デジの中にもカードが
入っていなかったことに気づいた・・・そんな・・・ことって・・・・あり?
えっ カード入ってなくて普通に撮れるのか? 

そんな アホアホな自分が いとしい  そんな今日このごろ


まっ 新たな気持ちで ここからスタートです




2-うっすら富士山
うっすら富士山
雲が多いけど やっぱり富士山に会えると うれしー

3-立ち枯れの林を歩くこの後姿
このシラビソ林を歩く二人の後姿・・・
そうです 久し振りにこの いいか悪いかまったくもって・・・歩調のあったコンビ
同じ足の上げ方、同じ姿勢、そして同じツッコミ (私に対してですけどね)


4-ここからの眺めがすき 
朝日岳頂上(林の中)を通りすぎて 露岩のスッカ?ッと展望の開ける場所

大弛峠からは距離が短くちょっとラクチン過ぎるけど
ここからの眺め すきです!
五丈岩がデベソのように突き出しています。

5-朝日岳からいったん下る
目の前に目標の五丈岩を眺めながら・・・
立ち枯れの林の中を、いったんガクンと高度を下げます シクシク
でも これぐらいは登ったり降りたりしないとね

6-シラビソ林 
奥秩父のよさは森林にあるといわれている。
人工管理林とは違った自然そのままのツガやシラビソの針葉樹がいい。

大弛峠から2時間程でハイマツ帯が現われる。
そこから頂きにでるところなんか、網笠とよく似た風景だと思う




もうすぐだね

7-展望ひらけた 
森林限界に飛び出すと そこには岩が散乱した素晴らしい展望の場
ケルンもあるここは 賽の河原

00-国師岳へつづく尾根
振り返ると 歩いてきた鉄山、朝日岳がなだらかに繋がって
その奥には2601mの堂々とした北奥千丈の姿



賽の河原から大きな岩岩を縫って進む、こんにちは 五丈岩。

さすがに中央道や近くの山々からクッキリ見えるこの姿、
近くで見ると大きいです、りっぱです、おみごとです。

8-五丈岩がどーん 
ひとつひとつ岩をキレイに積み上げたように見える五丈岩


9-みずがき山荘からの尾根 
富士見平の方へ続く尾根はジグザグです 。



いい景色だよね

   ・
   ・
   ・
   ・
 はれっ




   な、なんですとぉー!?




10-ビーチでごろり? 
いつのまにやら この二人
まるで 真夏のビーチでこんがり日焼けしてる カップル みたいじゃないですか

ここは山だっちゅーに

そんなくつろいでる場合かっ ちゅーに 


それにここ(三角点のすぐ横の大きな岩の上)は 曲りなりにも

  金峰山の頂上ですからーーーーっ






まっ そんなとこでザックからだして 3人でランチ始めちゃっうわけですが

11-ランチ 
今日は バゲットサンド (生ハム、レタス、トマト、バター、マヨ) と
スープ、コーヒーと、そして まっきーの用意してくれた冷たいパイナップルのデザート


頂上に登ってくる人にとったら かなりお邪魔でごめんなさい
(知らなかったのでつ、 ここがまさかの頂上だなんて)





さて、お腹一杯ですが、 今日の冒険はこれからです。


 五丈岩。。。いけるとこまで行ってみよー作戦


頂上でごろごろしてる師匠にカメラマン役を任命して
二人の勇士は風のように五丈岩を目指したのであります





       みえますか? 



12-五丈岩0 
右下の妙に体格いいお兄さんに注目しないで
30秒以内に 美女二人を探してね  (矢印ついてるけど 爆



12-五丈岩1 
最初は誰もいなかった五丈岩も
まるで可憐なサクラのような 客呼びサクラのような 私たちが登りだすと
後からくるくる みんな登って来るじゃないですかっ


なんでも五丈岩は北側からが登りやすいそうな、そんなことはツユ知らず
正面攻撃ならば ここまでかっという所で give up 、 time up

「輝子だったら サッサカのぼるんだろうなー」 とは二人のセリフ

登ってわかること。 それは 

「登るのはなんとか行けても 降りがやばいかも」 


これが結論 。
ダメなら降りるのも早い。



まっき 「ねぇねぇ ロビ、 先行ってみそ」
                          ろび  「なんでやねん」

まっき 「ロビがいけるかどうか様子みていくわ」

                          ろび  「わたしゃー  毒見かっ?」

 かなしい かなしい チカラ関係なのでありまする
 あーーー大人の世界って いやっ

12-五丈岩2 




13-かわいい新芽
かわいい新芽、まだ生まれたての若々しい色だね。


             13-頂上集合 

そんなこんなで まったりな時間を過ごし 大弛に戻ってきたのであります。


歩きながら まっきーが残雪期に奥秩父縦走をした時 の苦労話なんか聞き聞き
季節が違えば 同じ山でも随分ちがうもんだと つくづく感じた次第でございます


15-大弛峠へ 



     しかし これだけじゃない



そんな車での帰り道 出会ったのが この 姥の栃




20-大きな姥の栃
なんたってデカくて その迫力、力強さに脱帽
後で調べてみると樹齢200?299年といわれているが
苔をまとった その姿は堂々とした森の神様



21-400年
すぐ足元に 水場があり美味しい水が流れている
大きくひろげた枝には元気な大きな葉っぱと実

大きな幹に耳をあてれば、この栃が地面から水を吸い上げている
そんな生き生きとした鼓動が聞こえてくるようです。


    また いい神様に出会ったね。 



帰りの温泉後、美味しい馬刺しとホウトウに舌鼓
誰がビールを我慢するか 入魂一発ジャンケンに破れたまっきーは
泣く泣く・・・アルコールフリーで自分を慰めるのであった。

 
わはは 悪いですな。 これで2連敗?

        そんな一日でした。






コメント:16 トラックバック:0
<<花の火打山 (新潟:2461m) | ホーム | 稲子湯から天狗岳 (後半)>>

へぇ~~っ!

五丈岩は北からの方が登りやすいのか!!
今度行く時は試してみようっと。
でも、確かに下りる時の方がヤバそうですよね。

私が登った時は寒かったので
五丈岩の陰で風を避けて昼食でした。
金峰の山頂狭いんだもん~。(^^;)

> わはは 悪いですな。

仲良きことは良きこと哉。

金峰も何度も行ってるけど、大弛峠からはとってもラクチンだね。みずがき側から千代の吹き上げを歩くと面白いよ。
でかいし、ボリューム感たっぷりの五丈岩は登ってよし、眺めてよしだね。
五丈岩のテッペンの岩はね、クラクラ動くんだよ~~。
降りるのは怖いよ~。

おお、うぷされとる~
楽しかったねー。ありがとさんどした。
大弛から登るのは初めてだったのでとっても新鮮だった。しみじみいい山だなあ、って思ったよ。まったり登山、なんか山遊びの原点に帰ったみたいだったなあ。ごんごん歩くのもそりゃ楽しいけど、こういうのもいいねえ。ほんに、上等な休日でした。

レポ~☆トリオのいい雰囲気が出てますね~

金峰山っていいね~
私たちは数年前、廻り目平から登りました。
山頂からぐるり~っと見渡しながらのランチ~
いいけど~あそこは狭い(笑)

ほんと師匠♪とマキクマさん♪は合ってるよね☆
前世は夫婦じゃなくって兄妹って感じ(笑)

おおだるみ峠

峠から金峰山は リハビリ登山には 良いトコ ですよね
国師ケ岳 北奥千丈岳 と セットで 行きましたよ
老栃の 元の 清水も 美味でした

おすすめは 秋 でしょうか

笑っちゃうね~

>自分の一眼デジの中にもカードが
入っていなかったことに気づいた

バカだねー。笑っちゃうね~。
寅さんの世界ですね~
そんな時女の人はどんな顔するのでしょうか?一度お目にかかりたいものです。

まっきー
グリーンのウェアがすごく似合ってるなぁ

>30秒以内に 美女二人を探してね
・・・ごめん
無理やった。
もうちょっと時間ちょーだいっ(^_^;)

しかし頂上にぽこんと不思議な山ですねー。
どうしてこんな岩が頂上付近にあるんだろか・・。
監督さーん!

>苔をまとった その姿は堂々とした森の>神様
えー気に入っていただけましたでしょうか~って(爆)
>また いい神様に出会ったね。
ホントだね~
この栃も最初はあんな小さなドングリなんだもんね。
高遠の栃もこんなに大きくなったらどしよ^^;

今日はいくぶん涼しい多摩です。
36℃とかになれちゃうと、30℃が涼しく感じられるって
凄いよねー。

>あけちゃん
>五丈岩は北からの方が登りやすいのか!!
そなの、あけちゃんも高い所好きなん?(笑
上まで行きたいけど、それで降りれなくなったら
そりゃー恥かしいこっちゃですもんね。
今度試すのいーけど、よーく考えてね、そこんところ(笑
金峰の山頂は狭いです!そこでランチするなんて
とんでもない人達です! ヒンシュクだよね。
アミティで大弛か、Uターン難しそうだなぁ


>河童ちゃん
四国は暑いなりかー?

山に行くと下山後はもちろん温泉
そしたらビールだもんね。
河童ちゃん達は家まで我慢か?
私達は厳しい~戦いなのだ。
温泉上がりの冷えたビールですぞ。
これにありつけるかで天国と地獄なのだ(笑
それを目の前で眺める苦しみ・・・
アルコールフリーがあってよかった、じゃなきゃ暴れまくっちゃうよ

>カモシカさん
>みずがき側から千代の吹き上げを歩くと面白いよ。
もちろん知ってますよん
途中、ネットが張ってあって「キノコ採ったら1万円!」とか
一杯貼ってあるよね。沢山あるよ!って言ってるもんだよね。
降りてきて瑞牆山荘のソフトがまた美味しいんだ。
五丈岩登った事あるの?
てっぺんの岩がクラクラって・・それ怖すぎです。
あーー良かった。登らなくて(登れないかもだけど)


>まっきー
お疲れさんでしたー よかったよね、あんな歩きも。
大弛からは短いけど、途中からの眺めがとっても好きなんだ。
時間的にも 気持ち的にも余裕があって楽しくあるけるもんね。
そして大きな栃と、美味しい馬肉
あれで桃狩なんかしたら パーペキでしたん♪
またいこねー

>emiさん
こんばんはー
七倉の筋肉痛はおさまったかな?
emiさんもくみさんも筋肉痛てよっぽどなんだね。

>廻り目平から登りました。
うんうん 廻り目平からも良さそうだよね。
いろんなコースから五丈岩を眺めながら登ってみたいな。

>前世は夫婦じゃなくって兄妹って感じ
いや 前世は男女逆の立場の夫婦だったかも(爆


>岐阜ペンギンさん
>国師ケ岳 北奥千丈岳 と セットで 行きましたよ
私も最初に行った時、国師ケ岳の直下まで言って見ました。
金峰のあとなので階段がチョット辛かったけど
あそこから眺める金峰はまたいいんですよねー

>老栃の 元の 清水も 美味でした。
なんとぉー 知ってるんだ。
うれしいなー あの神様に会った仲間ですね

>カモシカ永井さん
>笑っちゃうね~
てへへ 本当にドジでしょ?
でもきっとみーんな似たりよったりですよね。
カモシカ永井さんもあるでしょー
でも致命的なドジはしないように気をつけなくっちゃね

>そんな時女の人はどんな顔するのでしょうか?
あららら 見たいですか?
なんかね、ドジばっかりだから普通の顔の時が少ないかもです(爆
逆にそんな時男の人がどんな顔するのかみたいでつ


>とっちゃん
>まっきー グリーンのウェアがすごく似合ってるなぁ
うん、まっきーに似合わない色はないです(ゴリゴリ)

>・・ごめん  無理やった。
なんですとーっ あの美女すぐわかるっしょー
オーラがでてるじゃないですかー (無理矢理)

>しかし頂上にぽこんと不思議な山ですねー。
>監督さーん!
いい山ですよ、金峰は。
今度こられる時は、監督の解説付きで・・・むふふ

んでね、あの栃びっくりです。
高遠の栃も、私達がいなくなっても ずーっと先の未来
あの庭でこんな神様になってたら楽しいなぁ
そして庭にある湧き水の池からドクドクっと水を吸い上げるんだ。
あぁー 考えただけで夢があるなぁ
栃の実 あんがと、大きくなっていくの見るの楽しみ

>しかし頂上にぽこんと不思議な山ですねー。
>監督さーん!
とちさん、お久です。金峰は全体が花崗岩の塊みたいですね。金峰に限らず花崗岩の山は奇岩の景勝が多いですね。鳳凰、甲斐駒、燕、日向山・・・もそうでした。でも、あの岩の上に登る気はしませんわ。

>監督
そうそう、そう考えると花崗岩の山って多いですよね。
それぞれ独特の特徴があるし面白いですよね

>でも、あの岩の上に登る気はしませんわ。
そんなこと言っちゃって・・・でもねー
なんか目の前のあると、行けるとこまで行ってみよか
ってな気持ちになっちゃうんですよ。
そだ、早く岩石研究会しまくちゃですね。
監督 早くおかえりやす。

高いトコ好きだけど~
でも、確保しないで一番上までは無理!!
落ちたらタダじゃ済まないもん。

アミティの大きさは5ナンバーサイズだし
エスティマより小回りが利くんですよ!!
Uターンよりも、大弛まで登るのが必死!(^^;)

>あけちゃん
>落ちたらタダじゃ済まないもん。
そうでつ!
山は落ちたらタダじゃすまない所だらけです。(爆

>アミティの大きさは5ナンバーサイズだし ・・
そっか 5ナンバーだっけ?
んじゃ 登りは乗ってる二人が
「」よいしょっ よいしょっ」って声出しながら
体ゆらさないとだな。
でもね、大弛峠までの道はとってーもきれいになってましたよん。








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。