スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裸山 (山梨 2003m)

2011.02.21 23:01| 山の空気

2011.2.19(土)

 どうやら久し振りに山に行けそうな土曜日
 さて どこに行こうか

夜明け

 あらら・・・自宅出発が6時頃になってしまった。
 太陽が顔を出すのと競うように車を走らせた。
 今日の天気はどうでしょうか?


????????????????????????????????

行き先は櫛形山・・・っの 隣の ”裸山”  そうです、 はだか山です

ネットで探したら 北岳が間近に見える + そこそこな雪歩き! 
という今日にはピッタリな山です。

林道のどこまで車で入れるか分らないけど行ってみることにした。

高速から櫛形山 
高速の正面に和櫛の背のような末広がりなどっしりした山が櫛形山

アヤメや菖蒲で有名だけど、最近はシカの食害でほとんど咲かないとの淋しい噂を聞いた。
その右で陽を浴びた鳳凰、五月の残雪期に登ったのは何年前だっただろう。


甲府南ICで降り、ナビコに道案内され 県民の森グリーンロッジを目指す。
地図では冬季閉鎖と書いてあったけど、問題なくグリーンロッジまで行けた。


林道の左の急な斜面で ガサガサっ


カモシカ 
よくみると可愛い顔じゃーありませんか
パンダみたいにお耳が茶色でぽってり なにカモシカ君


な、なんと、3mくらいの距離でビックリご対面。
町から20分程のこんな所に 動物たちが普通に暮らしている、そんな不思議。
同じ世界に共に暮らしている仲間です。 ちょっとお邪魔しますねー 
 

グリーンロッジの立て看板には 
「この先(櫛形山)林道は閉鎖されています」 と書いてある。

「上の駐車場までいけないとなると 標高差は1000m以上になるねー」
と、今更ながら すでに8時過ぎてるのを悔やむ二人であります。


結局ロッジ先の 北尾根登山道(915m)から出発
もちろん ほかにだれーもいません。 誰一人も。
まったくの穴場であります。

雪が薄くかぶった樹林帯をまずまずな傾斜で登っていく。
少し歩くとU字形に凹んだ道に雪が吹き溜まっている。
すぐに25cm程のツボ足状態になってしまった。

誰も歩いていない登山道に足を入れると
最初の硬い表面で一回とまり、そのあとまた柔らかい雪にズボッと入る。
そのガシャズボッ ガシャズボッの繰り返しは結構疲れる。

ロ 「うはぁ えらいこっちゃね」

師 「戦意喪失・・・(師匠の心の声)」

ロ 「でもさ、なーんか楽しいよね」

師 「・・・(師匠の心の声も聞こえない)」

ツボ足地獄 
ラッセル と ツボ足の違いはなんなんだ?

それは なんとなくイカシテルのとイカサナイの違いのような・・・ (←ちゃうやろ)
雪の深さの問題・・・ (←ちゃうやろ)
ずぼっと 入るから ズボ足・・・?

そうか 

スノシュとかをつけてない マンマの足がつぼ足なんだな (遠かった道のり)
 



                看板
                はい、確かにその通りです。 でもでも
                「塵はな」の「な」は 「かったよ」の上にのせてくださいな
     
                「美しい顔 もとは顔にシワもなかったよ」 >自分 

そんな
久々のふくらはぎに力の入るようなツボ足地獄が続くけれど
やっぱり雪山はきもちがいいのだ。
土を踏みしめる感覚と雪を踏みしめる感覚
どっちも どっちも自然と身体の語らいなのであります。

今日は風もなく、天気もいいので薄着で雪の中。
自然の雪だるま 
自然もあそんどるなー
自然な傾斜で雪だるまを作ってるなんてニクイやっちゃ。


くぬぎの森 
北尾根といっても実は東尾根のようなもの。
太陽がサンサンと当ったり陰ったり、雪は薄くなったり 深くなったり。
シャーベット状になったり固くなったり。

交替しながらツボ足歩きで やっと1330mの見晴し台に到着 
CT1時間程の展望台までに 1時間半もかかってしまった。   


 きなこもちパン 
そこはなんとも広々として気持ちがいいところ。
視界が開けると なんて人間って気持ちが穏やかで爽やかになるんだろう。
 
きなこもちパンが手の中にあるって なんて幸せに包まれた気分になるんだろ。


金峰山 
甲府の街の向こうには 白い頂きに五丈岩の金峰山

八ヶ岳 
左に目をやれば・・おーここからは前三ツ、三ツ頭もハッキリ
そして ポコっとやっぱり赤岳は立派ですねん


いまだに 「左から名前言ってみろ」 みたいなこと言ってる師匠
そうです、見る方向が変わると 山って全然違って見えるからね。
でもさすがに判りますよ、 八ヶ岳は。  おほほのほー


北尾根歩き  
まるで 橋の上をあるいていくように

山の中腹を何度も何度も左巻するように辿っていく道
アヤメ平にのっかる最後の急斜面はなかなか出てこない。


カンバ 
青い空に 葉の落ちきった細い白いカンバの枝
実際は もっともっと とってもきれいなんです。


アヤメ平まであと少し 標高1750m くらいまで登って
「今日はここまでにしようか」 ということになった。

私はとっても心残りだったけど、それならもっと早く出て来い って山が言ってる。

「今日は雪の中で たっぷり遊ばせてもらったじゃないか」
「今からじゃ 帰り道に気持ちに余裕がなくなってしまうよ」
そんな師匠の言葉を聞いて そうだね、今日はここでいいのかも
と思えるようになった。

粋なお箸 
白く輝くようなカンバの林でランチ

コンビニのお兄さんが お箸を入れ忘れたお陰で
こんなイカシテル自然のお箸で カレーヌードルをちゅるちゅる


静かな静かな明るい森で コーヒーも飲んで帰り支度。

どこかであのカモシカ達や もっといろんな動物達が
カレーのニオイに気づいて見つめているかもしれない。
そんな気配を探ってみる。
そうすると 森の 山の息遣いが聞こえてくるようです



ちょっと怖いくだり 
帰りはズクズクな雪
そしてこの斜め加減が怖い下山道
太陽の陽射しはあっという間に雪をとかしていく


青々しい林 
登山口近くの樹林帯は青々として、なんだかここだけ別の世界のよう

結局、アイゼンは使わなかったけど 下りの急斜面の滑ることと言ったら・・・
これもまた雪歩きの練習になるんだけど、ストックは必須ですね。



帰り道、営業をしていないロッジの前に 猫ちゃんが3匹


にゃんこ 


           草むらにゃんこ
           草むらに2匹
           ちっこいタイガーみたいだね


  今度こそ
  早起きして 北岳の勇姿を見にいこうっと 



やまなみの湯
初めての 「やまなみの湯」(2時間 500円)
海水帽さえあれば プールでも泳げる。
お風呂は何種類もあり、内部は広くて開放的、ミニ図書館もあるんですよ


コメント:23 トラックバック:0
<<2.12 長野事件 | ホーム | 不思議な夢>>

>可愛い顔じゃーありませんか
いやぁ~、それほどでも。。。

しまった、たけ小屋で茅ヶ岳って書いちゃった。 だって、あの見え方の八ヶ岳に・・・。

ええ山じゃったね。一人占めだあね。
でも、意外に雪少ないね。そのあたりは、この間もあんまり降らなかったんだね。
それに比べて、金峰の白いこと!
んでもって、八つもかなりついたね。
これからが楽しみなり~。

で、突っ込まずにはいられん。ろびん本舗。
なにかい、そこは水着なしで泳げるん?

↑わはは、頭隠して○隠さず…?

さっ、

 さすが、まきさん鋭い指摘にござります。 あやうく海水帽だけで泳ぐ気になってまひた(/_\;)

お待ちしてます

ロビンさん
久しぶりの更新ですね。
首を長くして待っていました。
昨年は北信の雪山楽しまれたのに今年はまだですね。
ようやく天候も落ち着いて雪山が楽しめるようになってきました。
是非北信の山で癒してください。

山座同定

二人じめ でしたね~

冬の山は 葉っぱが無いから展望が利く

動物の生態も 感じる


見る方向が変わると 山って 全然違ってみえる

槍ヶ岳が まさにそうですよね
皆さんお馴染みの 東側からは 大槍だけですよね
岐阜県側からは 小槍さん(親しみを込めて)が 出前に 有ります

アヤメ山の裸山?でしたか。
櫛形方面かと思ったけども、あんなに八つが大きく見えるのね。しびー山に行きましたね^^

水泳帽だけかぶってあとは全裸でいいの?
全裸に靴下も屈辱的な恰好だけど、水泳帽に全裸もかなりだね^^;

>斜め加減が怖い下山道
日曜の竜ヶ岳の下山道もそんなとこあったのよ~
雪が深いと何とかなったけど、凍ってたら怖くて歩けないよね~

水泳帽だけで泳ぎ、みんなにつっこまれてますね~
水着は前提だよね~私営のプールは水泳帽いらないけど、
公営のプールは水泳帽ないと泳がしてくんないんだよね。

>カモシカさん
>いやぁ~、それほどでも。。。
ちゃう ちゃうって。 そっかー カモシカさんですもんね。
カモシカって すんごい斜面ガシャガシャ登っていきますよね。
すごいな~って感心。 そして 後ろを振り返って私をみるんですが
また とぼけた顔してるんですよー。 彼らは群れないんですかね。
いつもソロってます。カモシカさんは仲間がすきだもんねー

>たけ小屋で茅ヶ岳って書いちゃった
ふふふ まいったか(笑
茅よろもうちゃっと西からの八つですよー。
櫛形や甘利って行ったことなかったんですが、もしも展望よければ
鳳凰や北岳などデッカク近くでみえるもんね。雪の頃お手軽に。
っていっても ツボ足地獄でお手軽でなかったですが


>まっきー
>意外に雪少ないね
いやいや 意外や意外、もっと少ないかと思ってました。
上の方だけかと。そしたら展望台までの日の当らない樹林帯が結構雪あってね。
今年は八つも雪が少ないようだし、こっち側も普段はもっと多いのかなぁ。
どっちにしても人がほとんど入ってないからね。
年度末のばたばた終わったら あっちゅーまに残雪期やね。
去年の仙丈がなつかしや。今年はどこいくんだろ。

>なにかい、そこは水着なしで泳げるん?
・ ・・・・・ あー そっ、そこくるん。
そうそう、一杯 裸に帽子の女性がウジャウジャ(←あほ)
あんなアラレもない格好で平泳ぎ(←あほ)
でもさもし女専用で海水帽だけで泳げたら 開放的な気持ちになるかも
ってか、自分が泳いでる姿想像したら・・・・
マヌケですけど。いや、なまめかしすぎますーー(←あほ)

>K林さん
>↑わはは、頭隠して○隠さず…?
またまたまたまた K林さんもおすきなんだから。このぉー
理性! 理性で押えないと、ほらっ 紳士なK林の仮面・・・
あぁ ごめん めんご もうとっくにね。はがれてるもんねーうしし


>ヨシくん
>あやうく海水帽だけで泳ぐ気になってまひた
ヨシ。。。。お前もか。(笑
やばい、山の仲間がみんなが海水帽だけで泳いでる夢みそう。
こりゃー かなり寝汗かいて うなされそう

>カモシカさん
お久しぶりですー
>首を長くして待っていました。
ありがとうございます。そんなお言葉かけてもらえるなんて嬉しいです。
なんだか最近家でPCをする時間がとれないので UPも久々です。
というより 山にいけてないんですけどね。
去年は飯縄山からの景色を堪能しましたが、今年はまだですね。
今日は長野も暖かいみたいなので、これからは雪崩とか気をつけないくてはですね。
カモシカさんはスキーにマラソンに充実されてますね。
4月には長野マラソンですね。頑張ってくださいね。
ふれー ふれー


>岐阜ペンギンさん
>冬の山は 葉っぱが無いから展望が利く 動物の生態も 感じる
本当にその通りですよね。なんだか近くから見てるなって感じました。
その気配が嬉しかったりもしますが、クマさんだったらちょっと怖いですけどね。

>槍ヶ岳が まさにそうですよね
まだね、槍はいったことないんですよ。
遠くのいろんな方向からは眺めているんですが(笑
見る方向によったらまったく違う山ってありますよね。
槍の小槍さんと同じで、甲斐駒も摩利支天の見え方によって
随分形が違って見えます。 むふふ ある意味人間もそうですよね。
右からと左から違う人間・・・そんなキャラクターおりましたな。
ベム・ベラに(知らないって?)

>たここ
えらいねー たここは 「水泳帽だけで裸で水泳」にツッコんでこなくてさ。
今日ほど 君が すがすがしい青年に見えたことはなかったなり

>しびー山に行きましたね
ほんと しびー人間にはしびー山が良く似合うんですわ。
私も ぱぁーっと西吾妻のようなあっかるーくて雄大―で
スカーーーっとするような雪山いっきたいな。
そしたら もっと明るい人間になるかもだ。
んで?? なに、どこでギョーザパーティ・・・(←ちょっとしたヤキモチか?)


>輝ちん
>水泳帽だけかぶってあとは全裸でいいの?
きたーっか! やっぱり くると思ってたぞっと(笑

「いいの?」ってことは「やりたい」ってのとイコールなニュアンスやね。
私のイメージでは、その現場で 輝ちんが 自分は泳がず、
じーっとニヤニヤしながら見てるって感じ
なんでだろな、どーしてそんなイメージが湧いてくるんだろ
もしも 今のうち訂正したい場合は・・・高遠へ(爆

>全裸に靴下も屈辱的な恰好だけど、水泳帽に全裸もかなりだね
私的にはどっちかっていうと靴下の方が屈辱的(←もういいって)

>ぜぜさん
>日曜の竜ヶ岳の下山道もそんなとこあったのよ~
竜ヶ岳いったのねー  富士山びっくりするほど近いよね。
今ちょっと覗いたら 本当にあの下山道にてるわー
雪が腐ってて ちょっと足とられて滑りそうな斜め加減だよね。
凍ってたら 絶対むり!
ぜぜ家は 富士山周辺結構歩いてますよね。行きやすいのかな

解りますよ

ベム・ベラ(笑)

たぶん同世代ですよぉ~
河童サン tochikoサン 夫婦と同級生です

日頃の寒い?ギャグ 全て理解できます

>草むらに2匹

可愛すぎる・・・・(涙

つぼ足

つぼ足なのかぁ?
ずぼ足だと思ってたなり。
ずぼっと入るに一票!
春は最中雪だから体力消耗するよね。
だけどそれが快感になったりもするのだ。

俺たちゃよ~ぅか~いにんげんなのさ♪
>河童サン tochikoサン 夫婦と同級生です
ハイ
同級生な、にじゅうだいです(←ひらがなでごまかす)
あしたのジョーも観てみたいなぁ。

イカシてる箸の写真に河童が横で
「もっと真っ直ぐなのはなかったがか?」と言っております(苦笑)

>岐阜ぺんぎんさん
>解りますよ ベム・ベラ(笑)

 おぉー 仲間! 仲間!
 ご幼少時代 あのベムベラベロが怖くってねー
 なんであんな尖がった顔してるんだ?
 なんであんな顔色がわるいんだ?
 と、思いながら観てましたよん。
 同世代って それだけで仲間のような気がすますねっ


>日頃の寒い?ギャグ 全て理解できます
 寒い? そんなわきゃーなかろ(笑
 ダジャレは脳を活性化するんですからね。
 ぺんさんもどしどし使うべし!


>河童ちゃん
>可愛すぎる・・・・(涙
ほっほほー 猫は宝じゃ
はよー飼いなはれ
ぜぜさん宅のシロ みたでしょ。
あんな奴おりませんで。かわゆし。
まっ うちのモン吉は残念ながら、あそこまで○カでないんですが・・・
猫のおとぼけは毎日の癒しです。
あぁ 河童家は河童ちゃんが癒しなのか?

>とっちゃん
>ずぼ足だと思ってたなり。
>だけどそれが快感になったりもするのだ。

だしょ だしょ? 
ずぼ足はずぼっだからだよねー
それが快感になる・・・ふっ ドMやな。


>同級生な、にじゅうだいです(←ひらがなでごまかす)
>あしたのジョーも観てみたいなぁ。

はぁーい! 私もにじゅうだいでぇーす。(だいぶ昔に)

残念ながら明日のジョーの漫画も全部読んでいないし
TV漫画も全部観たことないんねん。
すごく面白そうだよね、たしかに。
巨人の星は見たんだけどな~

>「もっと真っ直ぐなのはなかったがか?」と言っております(苦笑)

あ・・・あぅ 
あの節っぽい曲がり加減が粋なんだちゅーに
食べてる時に箸が回転しちゃって、カレーが
顔にはねたり・・・そこに奥深い意味が。。。
今度高遠で「落ちてる枝で誰が一番イカシてる箸を作れるか大会」でもしよかー
絶対・・・・まけへん!!!!!!(笑

>河童家は河童ちゃんが癒しなのか?

そ、そうでつ・・・・。

>河童ちゃん
やっぱり癒しかぁ
どっか 似てるかもだ、モン吉と(爆
そんなところがカワユイのです

ロビンさん、いつもながら今さらコメントでごめんなさい
気付いてもらえないかな(汗)
携帯から見て、うわぁ、いい山行してるって思ったんだけど、パソコンから写真みたくて、みてから・・・と思ってたら、また日が経ってしまいました。
やっぱいいですねー
お箸、わすれちゃったのですか?それともまざと?--
この時期にここ、ナイスチョイスでしたね。行ってみたくなりました~
でも、うちの車だと厳しそうだから、まきゆきさまにすりすりしなくちゃだー

>まゆたん
いつもいつもコメントありがとうね。

>いい山行してるって思ったんだけど・・・
まゆぴょんみたいに いい山行目指してるんですがね
今回は頂上まで行かず 途中で引き返しました。
なんせ 出発時間が遅いちゅーに(笑
それにね、みんなのラッセルには足元にも及びませんが
だれーも歩いてない雪の吹き溜まりみたいなとこを
ツボ足で歩いて あんがい時間かかっちゃった。えへへ
でもでも だれーもいない静かな雪山を堪能しました。
頂上辺りからの でっかい北岳見たかったなり~
またいつか リベンジ!








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。