スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四阿山 (長野、群馬の境目)

2011.07.15 18:20| 山の空気

  2011.6.19(日)  四阿山



00-牛の居る風景
広い広い空の下、広い広い牧場の草を はむはむはむ
平和でのどかな景色です



 

長野(群馬ともいえる)の、
それも kumiさん(以下、kumi長 )のお家のそばまで行くのだから
声をかけなくてはご無礼にあたる。

ということで、急遽 群馬の隠れ家にご招待
前夜祭を行なった。

「明日、 四阿山?」
「あんまり気が向かないけどなぁ~」
とは kumi長のセリフ

山に目の無い組長がそんなことを・・・
でもそれは 四阿山が嫌いなんではなく

「頂上に長野の祠と群馬の祠が立ってて、
まるで頂上を取り合ってるみたいだからイヤなんだよ」

と、縄張り争いなんかするチッコイ根性が許せない
グローバルな組長なのでありました。
 
そんな kumi長 をなだめすかし、今回はあづまや温泉から登った。
四阿高原ホテルの横に大きな駐車場(トイレはホテル内)

四阿高原ホテル駐車場発(6:50)-中尾根コース分岐(8:00)-山頂(10:00)3時間10分
山頂下山(10:50)-四阿高原ホテル駐車場(13:15)2時間25分 
(kumi長から拝借  )


林道歩きスタート
道は徐々に 牧場横のカンバの林に変わっていく
蓮華ツツジ(別名:鬼ツツジ)が今が見ごろと咲き誇っている。
新緑の緑の中になんと鮮やかな朱だろう



2-つつじさく道   
ほとんど人がいません。
石ころがちょっと歩きづらいのだけど 両側から包み込まれるような
カンバの林は不思議な雰囲気

   

 3-青い空  
空が広くなってくると牧場が近いです。
この林の中を歩いていると カエルのような セミのような
そんな鳴き声がずーっと続いていました。  あの主は何?
この鳴き声がまた 暑さを倍増させるんであります



1-牧場 
いきなり広い爽快な原っぱの景色が現れます。 気持ちいい~
こんな広い草原で自由に歩き回り、草を食べ、仲間とおしゃべりし(しゃべってるのか?)
いやぁ~ 毎日極楽だよね、と3人でうらやましがります。

kumi長は お花の名前になかなか詳しいです
案外長い牧場横を歩いていると ツツジ以外のお花達がぽつぽつ出てきました。

すみれ-5s キバナノコマノツメ だしょ?


                       すみれ-4s
                  すみれちゃんは奥が深すぎます


遠くにうっすらボンヤリ 北アの峰峰をみることができます。
だいぶ前 残雪期にすぐ隣の根子から眺めた北アの素晴らしい景色が蘇ってきます

4-北アはうっすら 


樹林帯に入って少し歩くと 分岐が表れます。
今日は午前中の方が天気が良さそうなので 中四阿のピーク越えで
頂上を目指します。早く尾根に乗っかって景色をながめよー作戦なのです。

000-中四阿へ 
中四阿へ稜線はとっても気持ち良さそうなのだけど
いかんせん ガスって参りました。


5-ガスってきた頂上  
下からみるより岩場な稜線でありまする


こんな 天気で


こんなガスまみれですが



kumi長は 元気 です!


7-お山の大将  
「おぉーい ここは気持ちがいいわよぉ~ 」 

7-こっちのポーズは 
「あっほい  あひょいっ」
などと 何ポーズか取っております
kumi長のその心意気に打たれ
カメラマンとして 私も連写するのであります


8-いよいよ頂上がみえてきたか 
中四阿の凸凹を越えたあと 一端ちょっともったいない降りがあります




9-あの先っちょだわ 
あの向こうに見えるが頂上?
kumi長が興奮して走ってるように  見えますが
彼女はもう何回もここにきていますので 若さ故の走りです。

低い笹原を緩やかに登っていくと

11-長野側祠 

だぁーん  ほこら登場

ガスガスの長野側の祠が現れます。
「なぁーんだ 人が少なくってよかったね」
なんていってるとガックシです。

群馬側祠の周辺には登山者がタンマリ

なんでか、どうしてか、何やってんだか
自分たちも混雑の群馬側頂上でお昼

あとで 群馬に心を売っってしまったような心苦しさに
さいなまれたのは いうまでもなく私たち以上に kumi長でした

10-頂上 




ガスって いるので退散です

登ってきた道と違うルートで降ります。

00-紅いじゅうたん
見晴らしのよい下りです
背の低い紅い葉っぱが まるで秋の彩りのようです
ガスが取れれば どんな景色がみえるんだろ

おっとこの道
やばいです 痛いです かゆいです


12-藪近木 
藪こぎがなんぼ続きますか・・・この道
朝の朝露まみれでなくてよかったよー


やっとこさ 牧場まで降りてきました


「おまえ・・・なんでそんな汗だくなの?」 (牛の声)


14-ガンミ一騎打ち 


15-お花畑でつかまえて 
長かった藪漕ぎから開放された喜びを表現して 
タンポポの綿毛の中をガッサガッサ歩く男の後姿です


16-お花畑でつかまえて
もちろん kumi長はタンポポ綿毛の喜びを体全部で表現します

「うひょひょ もわぁ~ん」 (と言ったか言わぬか)




 今日一日 出会ったお花たち

000-お花達




000-牛にあいさつ 

kumi長 あんがと  また山行こうな




コメント:5 トラックバック:0
<<いとしの鹿島槍 | ホーム | 北軽の夜はふけて>>

あれれ。もう一月近くたっちゃったの?
時のすぎるのってほんと早いねー。お花たくさんで楽しい道のりですね。
ほんとは大展望も魅力なんだけどね。
私は9月だったかなあ。あっちもこっちも名峰だらけでたいへん! でしたよ(笑)
で、お土産いつわたそかー? って、期待させるようなもんじゃないけか。。。

まっきー

>時のすぎるのってほんと早いねー
本当だよね、うかうかしてたら今年も終わっちゃうよ(笑
お花は隣の根子の方がいいみたいだよ。
なんたって 花の百名山だもんね

>私は9月だったかなあ。あっちもこっちも名峰だらけでたいへん
ふうううーーーーーん  へぇーーーーー
あっそ。
まいっか 心の目で眺めたから
最近ちょっと心が濁ってるからなぁ(爆

まっ いつもいい時って難しいもんね
曇りもあれば晴れも雨もある!
って・・・あれれ 山の話しだったっけか?


お土産・・・むふふ いつでもオーライよん

 一枚目の写真にグッと来たよ。

カメラと好奇心を持って
相変わらずいい遊山してるね。

 今年こそどっか一緒に歩こうや!!

>河童ちゃん

>一枚目の写真にグッと来たよ。
うれしっ
カメラ先生に褒められちゃったぁ

カメラと好奇心もって今夜から行ってくるね
久々の山ですー それもだぁーいすきな
沢山の感動にあえるといいなー

>今年こそどっか一緒に歩こうや!!
ほんまや ほんまや
カメラかかえてそよ風に吹かれて歩きたいな

あれあれ、あれはもう1ヶ月も前のことだったのか・・・。
ロビンちゃんの写真ってなんかこ~う、、、
ほんわかしたところがいいよね。
あの、飯綱山での写真も素晴らしかったなぁ。。スリスリ


また、歩きましょ♪
って・・・(笑








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。