スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐松岳でお泊り (2696m)

2011.10.22 11:40| 山の空気

2011.10.9-10(日,月)


久しぶりの女性3人山行でありまする。


その仲間は・・・・
長野では知る人が知る くみちゃん
府中では知る気がなくても知ってしまう えみさん

何度かの山行で それぞれの役割分担もできた・・・・はず ( ̄_ ̄ i)タラー


しかーし! 3人が3人共 ボケであり ツッコミ であるという
常にぐるぐる役割が回ってきて気のぬけないトリオなのである。


土曜の夜、お見送りの監督 に新宿高層ビルから夜景をみながら極上のディナーを
ごちそうになり 、ワインで気分も高揚しながら夜行バスに乗り込んだ。
(山とゴチの喜びは2度に分けたかった ←貧乏人 


えみ&ロビは ぐーすか。  目覚めると、八方バスターミナル


ゴンドラの駅まで歩いていると、バンバン抜かしていく車の多さ!!
そしてナンバーは日本各地、津々浦々。
おそるべし・・・・・八方尾根


カラマツ、オソマツ、トドマツ・・・・ジュウシマツ
こんな並びだったっけ? クスっと笑ったあなたは40歳以上 (爆 


1-1すごい人出
7:30に動き出したゴンドラアダムから見下ろすと 長蛇の列
駐車場を探す車が右往左往しています。
みんなそんなにココに来ないで他に行けばいいのにぃ~ と我儘につぶやく


幾分控えめな紅葉のカーペットは もうすでに山裾まで降りてきている。
その上をリフトは一気に上る。

1-2リフト途中からもう見える 
ゴンドラ、リフトと乗りつけば そこからはもうでっかい白馬三山の姿
観光客も多いってもんぜつ。

八方池でトイレを済ませ わさわさと観光客に混じって歩き出す。

今日はいい天気です
もちろん 晴れ女 (誰が晴れ女なのかでモメないように・・・)が
3人揃ってるんだもーん

1-6-鹿島槍 
鹿島槍のニャンコ耳は こちらからが一番素敵
夏はあっちから眺めたんだなぁ とシミジミ


1-6-五竜 
どっか気になる五竜なんですよね
ドーンと威厳のある肉厚な立派なお姿、頼りになる奴って感じ  


1-4雨飾は一番左

振り返れば眼下の八方池山荘の向こうには
雨飾、火打、高妻、浅間の姿が空の広がりの中に 佇んでいます。


八方尾根のすぐれどころは、ずーっと視界が開けて山々の景色を
気持ちよく眺めながら登れる点ですな
 
こんなとこ、他にあるだろうか

1-14とんでるー 
青い青い高い高い秋の空に たくさんのパラグライダー
あれも 一度はやってみたいな~
鳥の気持ちがよーくわかるだろうなぁ


1-7-二人の熟女が 
一気に楽してリフトで高い所にくると どうも高山病もどきなのか 体が重い。
まぁ 夏の鹿島槍以来の登山なのだから仕方ないか。


ほっとけば ブリブリ ガンガン とばすアメ車のようなえみさんを抑えるように
並走して いつも同じリズムで燃費のいい国産車 くみさんが歩く。
と言うか、くみさんにしたら 目つぶってても歩ける八方尾根やもんね。

シンガリは 
基本は強い(ホンマか?)、水に落ちても浸水しない独車のような・・
それでいて華やかなフランス車のような、
面白みたっぷりなイタ車のような・・(だ、誰か止めて~ 


1-5-かえらずー 
白馬から唐松に続く天狗の大下りや不帰のデコボコが見えてきました

1-8-かえらず前の人だかり 
第3ケルンに群がる人垣の向こうは・・・
なんだか別の世界をペタっと貼ったように浮き立っています。


1-9足取り軽く~ 
八方池まであと少し。
小蓮華から白馬三山がずらーっと大きな壁のように目の前に立ちはだかります

あるこぉ~♪  あるこぉ~♪ わたしはげんきぃ~ 歩くの大好きぃ~

ついつい 口づさんでしまうよねぇ
だって こーーーんなに気持ちいいんだもん


0-八方池 
ポイント、ポイントでケルンだ、池だ、と楽しみの多いこのコース
あっという間に八方池まで辿りつきました。
いや、ウソです。 
ここまで結構足が重たくて・・・へへ
ここでユックリしようと思ってたけど、「丸山でコヒータイム!」 だなんて (よよっ
風が幾分強いので 湖面は少々波うっておりますが、一応 逆さ・・不帰です

観光客はこの辺りまでで引き返していくので、この先は人の数が半分以下に
減っていく。 やっとこさマイペースで歩けるってとこです

「雪が積もって山々が白いよ」 という 1週間前のクミさんの言葉を信じて
アイゼンまで持ってきたのだけど すっかり山の白さは薄れていた。

1-15-あれが唐松? 
真ん中の山の塊の一番奥が唐松岳。 さきっちょ見えてる?


1-11-ブナ林 
この尾根で唯一の樹林帯に入る
カンバの白い肌に名残の紅葉が少し

紅葉は今年は ちょっと奥ゆかしい。
今年は大きな台風や北信の地震など、自然だって驚いて首をすくめてるに違いない。



1-3-雪渓
カンバ林の後には 大きな雪渓が待っています
夏はこの雪渓からの涼しく爽やかな風がありがたいでしょうね

1-13-まるやまやーい 
おーーーい、丸山やぁーい。
そこまで 行ったらコーヒーだぞぉ 。 絶対だぞー 逃げるなよぉ
 

ひいこら しながらやっと辿りついた丸山で 美味しいコーヒー

片手にのっけたら ちょっとしたダンベル並みの重さを秘めた
くみさん御用達のスフレ

1-謎のスフレ 
(でえーーっ この重さがスフレぇー?)
しかぁーし! 味は抜群
くみさん 重いのにありがとね 


ゆっくり休憩をとって あと少し ガンバロー


1-16いやぁーな橋がみえた 
おぉぉぉ  ちょっと ドキワクポイントが見えてきましたね
そーです、あの木の橋ですな。


0-橋
この景色 頭にインディー・ジョーンズのテーマソングが流れてくるのは私だけ?


0-凍った道
なお続く 雪で滑るちょっと斜めった細い道
ロープがついているので それほど怖くはないです
 

1-5-小屋が見えた 
最後のカーブを曲がると・・・見えました。 今夜のお宿の唐松山荘 きゃっほ

1-21小屋とうちゃくー
わぁーい 無事到着。 天気もサイコー 仲良しトリオ 


1-17-杓子と白馬岳

白馬方面はこの角度でみえます。
左から 白馬槍、真ん中は杓子岳、そして重なるようにとんがりの白馬岳


1-22五竜の迫力
五竜がこんなに近くに見えます。
あのゴツゴツ感、頂上に向かう道がうっすら見えます

1-18立ち尽くす登山者 
五竜の手前、大黒岳の方面に一人の登山者の姿
さっきからずーっと立ち尽くして眺めています

その方向は・・・ 

   
   
1-20立山
深い深い谷の向こう側、真正面に佇む立山の山々
積もった雪がテカテカと輝いています
 

1-26唐松岳 
もちろん 唐松岳を忘れちゃいけませんな
緑の薄い衣をまとった唐松だけがすぐそばにいます

小屋に荷物を置き 空身で唐松に向かいます


1-23山座同定の二人 
広々と解放されたした素晴らしい景色です
山座同定をする山ヤな二人・・・・いいですね

・・・・と思いきや

1-23うふっ 
んちゃ!!   


               やっぱり 

1-25-白馬方面
2696mの唐松頂上からは白馬まで続く険しいルートがくっきり

1-26-しかしかっこいいごリュ 
反対側は五竜へ続く 案外岩岩なルート


もう6年前
唐松から爺へ抜けたあの時、五竜の上はガスガスだった
20050821030201.jpg
ちなみにあの歩き終えた時の感動の写真(わ、若かった)
あぁ 6年経とうとあの感動は忘れない


1-26-風にふかれて~ 
頂上で 風に吹かれて
遠く遠くから山肌を撫でながらやってきた風を体全身で味わう
これが最高、胸にジーンとくる程美味しいんですよね



さて、小屋へもどろう

1-10-新しい別館 
唐松山荘別館です。清潔です。トイレもありまする
ちなみに・・・・ 
本館はビールと食堂に近いだけで+800円の9800円なり


1-12-嬉しそうな二人 
食事前にビールを2缶づつ飲んだっていうのに
ワインが投入されました。(えみさん ゴチ)

1-12-夕食 
食事はまずまず 今夜は3回戦らしいでつ

1-10-夕暮れの撮影 
夕食後外に出てみれば、しーんと静まり返った
キーンと空気の澄んだ寒さの中、一人のカメラマン


1-13-眠りに入る唐松 
今日の夕焼けは決して華やかなものではないけど、
毎日変わらず静かに一日が終わっていく 様子が またシミジミと心を打つのでありまする

   
            ・
            ・
            ・

この後、ワインにとどまらず 焼酎、ウィスキー、日本酒になだれ込み
沢山の友達の輪を拡げながら 大笑いの宴会が続き・・・・・・・・

そして・・・・あぁぁぁぁ これ以上は言えない。 
ぐるじいぃ  たすげてー

                       

                       
                                《二日目に続く




コメント:18 トラックバック:0
<<今年最後のキノコ採 | ホーム | 泣いた しろロバ  (番外編)>>

わおー、すんごい景色、そんなに天気よかったんですか。
ご一緒できずに残念!ここは、絶対行きたいです。

 か、

「カラマツ、オソマツ、~」の並びに「トミーとマツ」もぜひ…。

やっぱ、トップバッターだね。。。
ほんに、楽し、うれしの山行きで、感謝感謝です。
で、あんなことや、こんなことや、そんなこと、、どこまで言ったらいいんだか(獏

ヨシさん、お久です。もう、山降りたんですか?

>カラマツ、オソマツ、トドマツ・・・・ジュウシマツ

シェーー!! 写真、きれいじゃん♪

>監督
その節はごちそう様でした。
美味しかったです♪
ハマグリは美味しくたべれましたか?

>わおー、すんごい景色、そんなに天気よかったんですか。

ですね、少しガスが出た時もあったんですが
概ね いい天気でしたよ。
だから展望も素晴らしかったです。

>ご一緒できずに残念!ここは、絶対行きたいです。
ですよ、ですよ、絶対あの展望に会いにいくべし!
吹雪の唐松も1つの思い出でしょうが(笑
唯一 監督が「なんじゃこりゃー」と言いそうな
あの橋、あそこだけ注意ですね。



>ヨシくん
おぉー 久しぶり! 小屋〆はもうすんだのかにゃ
今年もお疲れさんでした。

>「カラマツ、オソマツ、~」の並びに「トミーとマツ」もぜひ…。

トミーとマツね・・・・むふふ
松崎しげるとトミ・・・富広だっけか?
しかーし! 私はみてないのであーる。
ごめん、古すぎてようわからんわ。
えっ? オソマツ君の方が古い??(爆

>くみちゃん

お疲れ様でしたん。
毎度たのしかったねー うひゃひゃ
まったく何かが必ず起こるのであーる

>やっぱ、トップバッターだね。。。
トップバッターだなんて、もうすでに半月近くたってるのだ。
でもみんな忙しいんだよね
写真整理してるところで まず止まっちゃうんだよね。


>で、あんなことや、こんなことや、そんなこと、、どこまで言ったらいいんだか(獏

いやー それは・・・大人なわたくし達ですから
でもさ、あの場にいた方からのメールだなんて
日本はいい国だっちゃ  嬉しいね♪



>カモシカさん

>カラマツ、オソマツ、トドマツ・・・・ジュウシマツ
>シェーー!! 写真、きれいじゃん♪

シェー! が出るってことは・・・むふふ 仲間ですな。
写真がきれいといことは景色がきれいだったんですよね。
もうすでに雪がもっとついてると思ってたんですが
今年はまだまだ暖かいですねー
涸沢の紅葉も残念だったみたいですが、唐松も
木々の葉っぱがチルヂリで色を付けるどころじゃなかったみたいです。
今年は自然も人も辛い一年になりましたね。
っと、シミジミ

く、

 kumiさん、ろびこさんお久しぶりーふでする。

 営業が今月イッパイで、今年の下山が来月イッピ(天候次第)ということになってますはい。

 気持ち良い風景だね~♪
ガイドさんも美人だしねぇ~(笑)

 しかしどこ行っても人、人やね。
それだけ良いのだろうけど。

 四国はそれなりなので
人出もそれなりでつッ P( ̄□ ̄;)!!

唐松で泊まりってのがいいよね~
オイラ好みのゆるさですわ。
かしまし三人娘(笑 の山行はさぞや楽しく、
いい天気に恵まれて楽しかったでしょね~!よい景色の写真ばかりですわ。

ありがとさ~ん\(~o~)/
写真も文章もばっちりっすね~☆
あのあとが爆笑ですけど~自爆!

私はいつアップできるかな~汗~

そうそう~
昨日は監督と鎌倉アルプス縦走でした!!!

>観光客も多いってもんぜつ。

こういうセンスが最高でつ。

いい写真ばかりだね~3人のうれし楽しが手に取るようにわかるよ~
唐松も紅葉のピークに出くわすと、すんごい燃えるようだよね。
今年はほんといろんなことがありすぎたよ。

>ヨシくん

>営業が今月イッパイで、今年の下山が来月イッピ(天候次第)ということになってますはい。

そっかー 今月一杯ですか
お疲れ様ですー
今日はいきなりの寒さですが、お山も寒いんだろうなぁ
下山が予定通りすみますように。
さて 今回のシーズンオフはどんなことするのかな?



>河童
>気持ち良い風景だね~♪
>ガイドさんも美人だしねぇ~(笑)さすが

むふふふふふふふ 美人ガイドねぇ うふっ
わかってらっしゃるウサギさん♪
ここはねー 絶対行くべしよ

>しかしどこ行っても人、人やね。
>それだけ良いのだろうけど。
そーいうことなんですね。
この週末はきっとどこも混んでたんちゃうかな
紅葉に天気に、みんな同じこと考えてるもんね

>四国はそれなりなので
>人出もそれなりでつッ P( ̄□ ̄;)!!

四国も人が集中するところがあるでしょうねでも、ほれ 人口が・・・・(爆
良いところは皆が知っている
みんな同じこと考えてるんですよね。
河童ちゃん!冬がくるよ。
頭のお皿に帽子かけて寒さ防止しなくちゃ(20点)

 ↑
っぎゃーーー 「河童」呼び捨て!?
ごめん ごめん ねー 河童ちゃん^^


>クネル君

>オイラ好みのゆるさですわ。
んだねぇ~ ゆるゆるって心に余裕があるから
いろんなものに気づくし、じっくり景色を味わえるよね
唐松はほんに お手軽(簡単という意味でなく)な山です。
なんせ あの展望続きやから


>かしまし三人娘(笑 の山行はさぞや楽しく

誰がかしまし・・・? そんな事言ってへんよー(爆
んで「(笑」って 娘につけたんかいっ



>emiさん

お疲れ様でしたん♪
楽しかったねー また emiさんの新たな魅力に
遭遇しまひた。いや 知ってたかも

>あのあとが爆笑ですけど~自爆!

あのあと・・・なんのこと?(お腹痛い、苦しい、ウソつけない>自分)


>私はいつアップできるかな~汗~
はよーしなはれ(笑

>昨日は監督と鎌倉アルプス縦走でした!!!

うほー 仲良しこよしやね
鎌倉アルプスは ちょこっとカジッタことあります。
あそこは風情もあってよか所です。
紅葉は・・・まだ早いかぁ
しかし、いろんな所にいくなぁ~ 感心


>ぜぜさん

>こういうセンスが最高でつ。

さすがーっ ぜぜたん。
こういう小技に気づいてくれるのは 貴女だけよぉーん

>いい写真ばかりだね~3人のうれし楽しが手に取るようにわかるよ~

はぁ とっても楽しかったですよん。
やっぱり女性はいつどこでも楽しめるとこが強いよね。

>唐松も紅葉のピークに出くわすと、すんごい燃えるようだよね。
>今年はほんといろんなことがありすぎたよ。

唐松の紅葉はとっても好きです。
あの温かな色合い、でも木々がそれぞれ真直ぐに空に向かって燃えるようでもあります。
今年は本当にいろいろね。
そんなものひっくるめて心に刻んで
新たな目で今年の紅葉を眺めました。
来年はいい年になるといいねー(はやっ

>で、あんなことや、こんなことや、そんなこと、、どこまで言ったらいいんだか(爆

ロビンさん早く自白した方が罪は軽くなるとテレビドラマの刑事さんが言ってました。

全国のロビンファンが(隠れファンとも言う)今か今かと待っています・・・・・きっと

>komumomuさん

長くい駄文 いつもお付き合いありがとうございます(笑

>早く自白した方が罪は軽くなるとテレビドラマの刑事さんが言ってました。

吐きます、吐きます、あぁ でも堪忍
吐きたい、吐きたい、あぁ でも駄目 許して

>(隠れファンとも言う)

えっと 隠れなくてもいいのにね。
みんなー でてこいっ
いま 投降するなら許してやるぞーっ(爆

>で、あんなことや、こんなことや、そんなこと、、どこまで言ったらいいんだか(爆

hayaku、hake!!!

 ↑
soreha yabaissyo?
komacyan itara kitto 2baini nattetana gahaha~








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。