スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘利と千頭星山

2012.01.17 23:14| 山の空気

2011.11.26(土

去年の11月に行った甘利と千頭星山のレポです

21-富士山雪少なし
昨年11月末はまだまだ富士山は雪が少なかったですね
12月の予報としては雪が多いと言われてましたが
どうやら富士も八つも今年は雪が少な目ですね(1月現在)

山梨の山と言えば、中央高速ですぐなのに
韮崎周辺の山々はあまりまだ行っていないように思う。

甘利山、千頭星山は花の山で有名ではあるけれど、
紅葉の名残に会えるかもしれないね、っと足を向けてみた。

韮崎ICで降り 甘利山グリーンロッジを目指す。
途中のゲートは11月末で閉まってしまうようだ。
ぎりぎり間に合って滑り込み。 むふっ ラッキー 

23-紅葉 
途中 山の麓の辺りは黄金色に輝く紅葉(写真は帰りのもの)
 うーーーーたまらん この温ったかモコモコカラー


ロッジに向かうクネクネ道を標高をあげながら走っていくと
朝早くだというのに車が数台降りてきた。 
こんな時間に? と不思議だったが
この山は見晴らしもよく 夜景や星の観察によく使われているようだった。 

000-夜景   
甘利山サイトより(甘利山からの夜景)
 
ね、こんな素敵なんですよ 


ロッジ(ロッジは10月末で〆)前に車を停め歩きだす

1-甘利山グリーンロッジ 
足下は霜がおりて真っ白



2-八ヶ岳 
駐車場付近からでもから 八ヶ岳がクッキリ見える
あちらはさすがに雪で白くなっていますねー


3-富士山
甘利山までの整備された階段を登っていくと 正面にでっかい富士山が登場




4-赤石と荒川か 
南アルプス前衛の山々の中で もっとも主脈に接近している甘利山
左に赤石、右は荒川か・・・・ あちらはすっかり冬山の態

5-目の前に千頭星山 
冬がれた草原の上の木道
うっすら凍ってるので要注意です

6-この空に星が一杯だったら 
展望が360°開けているので 空が広ーいです
この空に星が一杯だったら・・・どんなにステキだろう
夜景と星空を眺めに来てみたいと 思うよねー

7-大海原に浮かぶ孤島のように 
歩きだして10分ほどで甘利山頂上(早すぎっ)
富士山が雲海の向こうにぽっかり
太陽も360°光線を放ってホカホカです。 風もありません
体の力が全部抜けて、眠くなるような平和で静かな時間です

8-真向いに金峰 
目の前には 金峰山の幅広のどっしりとした姿

さて ここからなんともロマンチックな名前の千頭星山(せんとうぼしやま)へ向かいます。 

9-奥甘利への下りで雪が 
人がまったくいないので 熊鈴を鳴らしながら樹林帯に突入
低い笹原に雪がのっかって ちょっとした今年初の雪歩きも味わえます。


10karegare.jpg 


11-小さなアップダウン 
小さなアップダウンをいくつか繰り返し奥甘利山に 


13-お正月気分 
お正月のために持って帰りたかったのだ。 が、もちろん我慢の子

14-大西峰分岐 
大西峰の分岐を左にとります
右に行くと青木鉱泉 と看板がでてますね


15-笹原からの展望 
尾根出ると 「わぁーい」 と叫んでしまいます、絶対!
気持ちの良い笹原と広く明るく展望が開けます


16-千頭星へ 
雪が積ってるのに太陽はぽかぽか

17-鳳凰は間近 
歩く右手(北西)には大きくはっきり鳳凰のオベリスクが天に向かって聳えています

00-オベリスク 
オベリスクの出血サービス アップ
中央高速からも見えるアレです。 
残念ながら鳳凰の中で唯一行ってない地蔵岳なのです

18-最後の登り 
千頭星山への最後の登りは雪があんがい深いです。

19-展望 
登る途中で振り返ると、笹原の向こうに八ヶ岳や金峰が悠々と広がっています
いいやね~  山々を眺めるってさ

20-北アも 
目を凝らすと北アルプスの真っ白な世界が
あれは別の世界でなく ここからずーっと繫がっているんですぞ

20-千頭星頂上 
千頭星山の頂上は小ぢんまりとした可愛い広場です
葉を落とした木々に囲まれ、明るいほっこりした広場は冬だからこそ

今度いつか もっと先に・・・・・

テントを担いで 苺平から南御室、そしてあのオベリスクへ
きっと人の少ない静かな道が続いてるのでしょう

22-いいやまです 
笹原まで戻り富士山をながめながらランチ
すれ違ったのは4組。 静かな山歩きでした。

ここは 11月最終がねらい目ってとこか


24-のらねこ 

帰りは みたまの湯

ほったらかし温泉に似ているけど ずーっと清潔で気持ちよかったなぁ
目の前のお店には ニャンコだらけ(笑

コメント:10 トラックバック:0
<<雪の高尾山 | ホーム | 島崎藤村ゆかりの中棚荘>>

今後に…

昨年のレポ

まだまだ 宿題が残っていそうですね(笑)

甘利山 星 満開でした
僕が行ったのは6月でした
夜明け前に着きましたが 駐車場は ほぼ満車状態?でした

>岐阜ぺんぎんさん

>まだまだ 宿題が残っていそうですね(笑)

おかしいなー 子供の頃は
宿題先にやっちゃう派だったのにな>小心者

甘利山行ったことあるんですね
どこでも結構いっとりますな。
駐車場は ほぼ満車状態?
すごーい。 やっぱりみんな知ってるんですね。
デートなんかにいいと思われます。
はぁ そんな若かった頃・・・ふぅ 戻ってこいよぉーん

山頂まで10分!
なんてオイラ好みのお山なのでしょうw
山梨は良い山の宝庫ですね
こりゃテントもって行かなきゃだわ。
もちろん帰りは、お気に入りで通いまくりの「みたまの湯」でつ。

>クネルくん

>山頂まで10分!
>なんてオイラ好みのお山なのでしょうw

確かに超ーお手軽でっせ
でも山頂までじゃ物足りなさすぎ。
テントもって駐車場で星や夜景見てる人多いです。
山頂で夕暮れから夜まで居ても 車に戻るの簡単やしね。
いってみてみそー

>お気に入りで通いまくりの「みたまの湯」でつ。

あそこはいいよね。
湯船から眺める方向が八ヶ岳や鳳凰。
富士山を眺めるほったらかしの反対側だけど
あの清潔感が好きです。
そっかー みんな知ってるわね、山ヤだもんね

素敵な展望のお山だわあ。
中々行きそうで行けないお山かも。
温泉もよさげだね~今度行ってみようっと!

御無沙汰です。
写真から甘利山山頂の清々しさが伝わってきます。
「みたまの湯」・・・・・知らんかった
今度行ってみようっと!

たまの湯 じゃなくて みたまの湯 知らなかった。
そんなに猫がいるのね。なーんかいい感じ。

甘利山と千頭星山はツツジ狙いで行ったなあ。ぜんぜん咲いて無かったけどね。ほかの花がいっぱいだった。お母さんが甘利山でスケッチしている間に私が千頭星山まで行ってきたんだよ。早く帰らなきゃってすんごい勢いで歩いた思い出の山ですよん。そうそう、その日たこことニアミスだったのでした。
今年はろびと地蔵に行こうねー。

>ぜぜさん

>素敵な展望のお山だわあ。

そうなの、きっと気に入るとおもうよー
ほっこり歩けて、そして笹原からスッカーとみえる富士山の立派なこと。

>中々行きそうで行けないお山かも。

なかなか計画するときに頭に浮かんでこないけど
出発が遅くなった時やまったり歩きたい時に
思い出すといいかもですぞ。
ほれ、寝坊・・・よくあるじゃん(笑

>温泉もよさげだね~今度行ってみようっと!
うん 地元の野菜の直売とかもあって楽しめるよん
んで ♨の前の店は・・・猫だらけ~

>komukomuさん

御無沙汰ですー こんばんは
碧南っていうたら 愛知県ですよね?
愛知からは結構遠いけどね。
前泊して夜景を楽しんだら来る価値ありですぞ。
私も今年星空眺めにいきたあいとおもっちょります。

>写真から甘利山山頂の清々しさが伝わってきます。
えーえー なんだか丸っこい山頂は
なんたって眺めがよくって気持ちいいですぞー

>「みたまの湯」・・・・・知らんかった
今度行ってみようっと!
あの温泉は私的には山梨の温泉の上位ですね。
ほったらかしは人気ですぎてほったらかしでなくなりましたん
最初の頃はもっとね、面白かったのにね。
みたま よかったら試してみてくださいな

>まっきー

今日も遅くまでだったのかにゃ?
先日はありがとね。

>たまの湯 じゃなくて みたまの湯 知らなかった。
>そんなに猫がいるのね。なーんかいい感じ。

みたまの湯いかったなりー
猫はね みーんなノラなんだって
お店のおばちゃんが「ゴロゴロ集まってくるのよ」って(笑

>甘利山と千頭星山はツツジ狙いで行ったなあ。
>ぜんぜん咲いて無かったけどね。
>ほかの花がいっぱいだった。

あのお山がお花で一杯のとこ見たいわ~
テントでビール飲み飲み 星ながめ行こうよー

>お母さんが甘利山でスケッチしている間に

うんうん、まきママのスケッチにそれらしいの
あったような気がする。
優しくっていい絵だよね。

>私が千頭星山まで行ってきたんだよ。早く帰らなきゃってすんごい勢いで歩いた思い出の山ですよん。そうそう、その日たこことニアミスだったのでした。

いろいろ思い出深い山なんやね。
そんな大切なお山なんだね
お花の時もいいし、唐松の紅葉の時もいいかも
そして雪がちょこっとついた時もね
(なんせゲートが閉まったらあ行けんもんな)

>今年はろびと地蔵に行こうねー。
おーおー 行きたい 行きたいっ
オベリスクによじ登りたい~








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。