スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風そよぐ風吹大池 (北信1850m)

2012.08.24 20:20| 山の空気

2012.8.16(木) 風吹大池 


なんでしょう?

風吹大池 なのに、頭の中に 笛吹大地と間違って一度 input されてしまうと
ついつい軌道修正できず、笛吹大地と連呼してしまう・・・
だってゴロがいいんだもん
まぁ 皆さんもありますわよね。おほほ

そんなわけで、天気予報に遊ばれて今年の夏山は日帰りとなりました。
まっ それもえーじゃない 


前夜おじゃました クミちゃんの飯綱ログハウスを出発 (これがまたええんだわ)
朝焼けに染まる・・・・ あれれ 朝焼けって天気崩れる徴じゃかったっけ?

ちょっぴり不安だけど 仮に雨が降っても それなりに楽しめるところへGO

0-朝焼けは雨の前触れ? 
朝焼けをバックに青々とした畑の向こうに新しいログハウス建設中の模様


風吹大池の長野側からの登山口は2つ

①クミちゃん経験あり、北野からの尾根伝いのコース
②誰も行ったことない 痩せ尾根で始まって沢筋の藤三郎コース

あぁぁ これが人生の選択のむずかしさなのよ


なんたって登山口までの林道の未舗装ゴリゴリ小石だらけと道幅の狭さ
そして 沢沿いのむちゃんこ湿度たっかーっい! 
全身びちょ濡れ=自然が与え給う耐久サウナ道
その ②沢コースを あえて4人は選んだんのでありました

登山口にはすでに車が2台
こんな悪路を20分も走ってきた車が他にもいるのか、とは4人の感想



1-白馬連峰map 

池の向こう側には白馬連峰が続いています 
なんだかワクワク するなー

2-登山口 

登山口のからのCTは時間(楽ちん  )  

まだまだ新緑を思わせる明るい林に向かって歩き出した

4-痩せ尾根 

すぐに左右に沢の音を聞く痩せ尾根に乗っかる 

左右共ロープが張ってるし、草木も茂っているので

痩せの尖がり尾根に乗っかってるような怖さはない



5-急登 
コケモモの朱い実が沢山 ずーっと続きます


6-硫黄の沢 
痩せ尾根を歩き出してすぐどこからともなくモヤ~っと

前方右手下の沢の一部がホワイトチョコが
べっとり付いているかのように変色している



0-硫黄 

うわわ あれが硫黄か

(某えみ女子は「このニオイ 誰かが○ナラしたのかと思ったぁ~」と一言

 その後、全員に 犯人は君だ だとからかわれ続ける旅となったのであーる)





7-あっちは白馬  
木々の向こうにお隣さんの白馬連峰
 
珍しく後ろで 小さな声でささやいているのは某クミ女子
「よいしょっと」「こらしょっと」   
 
あのハガネのクミさんが・・・ですよ
それだけ このドエライ湿度が体に堪えるのです


8-ブナ林 

ブナの林の緑は美しいです

自然サウナ地獄
4人共歩き出してすぐに頭や顔からダクダク汗を滴らせている

「顔に汗をかくようになったら年をとった証拠って
ロビちゃん言ってたよね」
 と、えみ女子が言う。

むむむ・・・今の私 頭からナイアガラ状態ですけどね

沢筋ルートって水音が爽やかだけど
いやはや風がまったく通りませぬ


24-大きなブナ 

大きなブナが沢山いる平和で優しい山です

他にだれーとも会わない静かさよ


9-白馬連峰 
あっちは火打・妙高か? それとも高妻か?


暑っ苦しい気分をごまかす為には やっぱりお花だよね

 しかーし、E&Rでは本当の名前にはなかなかたどり着かない(爆

 近い名前でも出てきたなら
「(たとえ当たっていなくても)出てくるだけまし~♪」ってなもんだ。

 そこで 真打某クミ女子に正解をお伺いする。

しかーし なんでも「そうそう そんな感じ」と素直に信じるE&Rには

 クミ女子の答えが 実際正解でも正解でなくっても問題にならないのであ-る

おっと忘れちゃいけない
某師匠はコバイケイソウだけには自信を持っている


hana-1_20120821072620.jpg

hana-2_20120821072633.jpg 
出会ったお花たち




10-沢歩き 
雨が降ったらすぐに沢と化す 小屋近くの道

たった時間のサウナ登山でひぃーひぃーした4人が
もうひとつのルートとの合流点で歓喜し、すぐその向こう側に

見えた小屋の屋根を発見し元気をすっかり取り戻したのは言うまでもない



11-小屋 
小屋は想像よりずーっときれいで立派なのだ

そして登山道はきれいに下草が刈られていて 小屋番さん達にとっても感謝なのだ

小屋の前にはテン場用デッキが3つ、一応5張だと書いてあったはず

0-蝶
小屋の近くに長居してる孔雀蝶
(カメラを1cmまで近づけても逃げないオトボケさん)

12-池に到着 

小屋近くから現れた木道をたどっていくと、大池が木々の向こうに現れる

感激でつい手を振って仲間に知らせたくなる
あーんな向こうでクミちゃんが右手をあげてるよ


14-大池 

それは決して白馬大池のように垢抜けてスマートではないのだけど、
ひたすら威厳があって
「俺はここでずーっと俺なりの人生いきてるぜー!」


この硬派な佇まいが素敵なのだ


14-湿原 

池から左手の急な斜面を登って一段上がると、天狗原に出る

こ、こ、この感動  こ、こ、この爽やかさ

000-ぽーず

ついつい この喜びのポーズでちゃうよねっ  クミちゃん

目の前がどーっと開けて、そよそよっと涼しい風が・・そして緑の草原

   



13-モウセンゴケ 
よく見ると不思議なモウセンゴケ

これだよ! これっ!

クリンと丸まった終わりかけのワタスゲだって可愛いつーの

草原が伸びすぎてちょっとワサワサモッコリしすぎててもいーの

0-ミニ苗場

よく調べていなかった私は池だけでなく こんな湿原が
待ってるなんて知らなかったのだ
 
草原を渡る風は何にも負けない爽やかさです

天狗原からはすぐお隣に案外近く白馬連峰がよく見える
今頃賑やかに人があふれてるだろう


0-雪倉岳 
まだまだ雪がまだらに残っているのが雪倉岳
あらら 頂上付近はガスガスですが


その時、蓮華温泉の方からテントを担いだ2人の若者の姿が原の向こうに見えた

夏の縦走お疲れ様 いい歩きだったんだろうね

原の端っこの木道に腰を下ろしてランチを食べる

ミニミニ苗場のようであり 超ミニミニ尾瀬のようでもある

木道に寝転んで空気を思いっきり吸う 

0-風吹大池 

池を一周すると50分と看板が出てた。


周囲にいくつかの池が散らばり それぞれの雰囲気をかもし出している
「あれれ 池の水の色が今日はそんなにきれいでないな~」
と、くみさんは惜しがってた。 
うん うん 素敵な所をみんなに見てほしかったんだよね




16-別の池 
池を一周すると 他の小さい池にも会うことができる

16-カンバ映し 
カンバを映した池面


17-池でランチ 

大池を4分の3ほど回ったところで池に降り ゆっくりコーヒータイム

4人以外だーれもいない
静かなんですわぁ 


池の周辺の丘は低くいので空が広い
太陽が出ると水面がキラキラする
風がそよぐと小さな波が立つ
鳥達がどこかで楽しそうに啼いている 
オタマジャクシが広い池の中を悠々と泳ぐ

こんな贅沢な時間




18-湖面 
空が映った水面は 深い深い世界が隠れていそうです


19-青空とちびっこ富士山 
青空色のえみさんのシャツに誘われて 空も真っ青^^
んで、えみさんの向こうにミニ富士山発見!
 

 
20-一周完了 
池を一周まわると小屋に戻ります 


今回  ここにこれてよかったねー

そう思わずにはいられませんよね みんな♪


21-うすピンクの花 

風吹大池は静かで心安らぐところでした  
 


000-robi.jpg 
                                           FOTO by クミちゃん



コメント:12 トラックバック:0
<<ロビ 夏の必須アイテム | ホーム | 長野からただいま>>

レポお疲れさんです[i:63989]

行きたくなりました

熊さんが 居そうな森


たくさんの花に癒されましたね

コケモモの収穫はもう少し後デスね


頭や顔から多汗って
最近の化粧って…

う~ん、ほんまにええレポや!
リズムのいい語り口に聞き惚れてしまいます。
日帰りじゃもったないくらいの所でしたねえ。

わあ、いいとこだね~
池と草原は大好物ですわあ。
おまけにお花もいっぱいブナもいいね~

沢沿いのルートって一見涼しげなんだけど、風がぬけないから暑いんだよね。
やっぱ沢の中に入んなくっちゃ。

いい夏休みだったですね~

> 岐阜ぺんぎん

>行きたくなりました
むふふ いーですよ、あそこ。
なんたってCT2h
そんな歩きであの景色にあえちゃうんだから
でも行くまでが遠いかなぁ。それが残念

>熊さんが 居そうな森
ですね、森のくまさん♪がいそうです
確かに途中、ちょっと大振りなウ○チありました(笑
でもあの森の熊さんはきっと優しそうかもです

>コケモモの収穫はもう少し後デスね
あのね、食べてみましたよ。
なかなかいけてます。大丈夫
動物達のためにあんまり食べちゃいけませんけどね

>頭や顔から多汗って 、最近の化粧って…
もうね、びゃーびゃー汗かいてました。
あんなに汗かいたの久しぶりって感じ
化粧は日焼け止めしかしていないので見た目かわりませんが
ほら、耳成芳一みたいなもんで
汗で日焼け止め流れたとこだけ日焼けしちゃうって・・・残念

>監督

>う~ん、ほんまにええレポや!
>リズムのいい語り口に聞き惚れてしまいます。

監督~ そんなあに褒めたら まるで私が
サクラ仕込んだみたいじゃないですかぁ
褒められて読み返した私が??マークです。(爆

>日帰りじゃもったないくらいの所でしたねえ。

ほんと ほんと
監督きっと好きっすよぉ~ あそこ
本なんか持ち込んでユックリ過ごすっていうのも
まぁ テン場が小屋の真ん前で若干狭いけど

一緒に行けたらよかったのにね、ヒルもいないしさ(笑
上では湿原を楽しんで、下では池を楽しんで♪
秋はまたとってーも素敵な紅葉に会えそうです
そして蓮華温泉までいくのもいーな

ただし・・・結構遠い(泣

>ぜぜさん

お帰りなさい~
天気を見ながら北アから南アへ変えるなんて凄いっす。
いい山旅よかったねぇ~

>わあ、いいとこだね~
>池と草原は大好物ですわあ。
>おまけにお花もいっぱいブナもいいね~

でしょ? 池+湿原+ブナ こりゃー魅力満点でしょ
私もだあーいすき。 まっるでお子様ランチ並みだよね


>沢沿いのルートって一見涼しげなんだけど、風がぬけないから暑いんだよね。
>やっぱ沢の中に入んなくっちゃ。

ぎゃは だね 沢に入れば涼しいもんね。
以前下見に行った沢、訳あっておじゃんです。(/_;)
ぜぜさんとこも夏の縦走終わったら、また沢だね。
この暑さが終わったら、あっちゅーまに秋がきて
そうこうしてたら寒くなって 沢がおわっちゃう。
・・・・・こう考えるから早く年とちゃうのかな(爆

>いい夏休みだったですね~
お互いね~
なんか自分なりの楽しみ方がわかってきたような気がします~

いや~、たんまり汗かいたね~。
でも、風吹大池気持ちよかったわね。

>リズムのいい語り口に聞き惚れてしまいます。
で、リズムに乗ってつい見逃すとこだった!
このか細き私のどこをどう切り開いても、ハガネは入っておりませんよ~。。
でも、やけくそになると、つい声が出ちゃいます
ヨイショッ、ドッコラショ(笑

小屋の前に咲いていた、あの淡いピンクの可愛らしい花の名前はなんと、アカバナらしいです。
もうちょい素敵な名前だといいのにねぇ。

>クミちゃん

あららー お寝坊さんですか
まぁ 休みっていうのは日頃の仕事の疲れをとる日でもあり
わっさわっさした畑のお世話の時でもあるわけだ(爆
冷えたビール飲み飲み自然の恵みをいただくのも良し!
私も今日は家の用事ユックリしてますー 

風吹大池 とってーも心休まるいいとこでした。
私大好き。 ありがとね。
うんうん アカバナだね、双子葉の可愛い奴でした。

クミちゃんはハガネ入りですよ
細いけど強くってシナリがあるってイメージ。
ヨッコラショは まぁ 私達の年代では歩くリズムのようなもんだよね
これからは一緒に「ヨイヤッ」「ホイサッ」っていうのどう?(爆

>さくら?
あれでよかった?またいつでもどうぞ。

久美さんはね、鋼入りじゃなくって、全身鋼そのもって感じするなあ。

>褒められて読み返した私が??
ふーん、本人は自覚してないのかあ。

>一緒に「ヨイヤッ」「ホイサッ」っていうのどう?
ほれほれ、そのリズムですがな。



>監督

>あれでよかった?またいつでもどうぞ

だぁーーーー
それじゃ ほんまに仕込んだみたいですやん(汗笑

>久美さんはね、鋼入りじゃなくって、全身鋼そのもって感じするなあ

確かにね、あの細い体。
それなのに あー それなのに(よよっ)あのパワー
あれはビールと野菜が燃料なのだろか。なんて効率のよいこっちゃ

>ほれほれ、そのリズムですがな。

やっぱね、関西で10年修行させていただいた結果なのでしょうか
あちらの会話のリズム感というかテンポってやつはちゃいますから。
ほら、監督とえみさんの夫婦漫才も関西仕込みでしょ?(爆

わ~、懐かしい!

風吹大池、去年の海の日の連休に行きました。山荘にテント泊しましたよん。その頃の天狗原はわたすげゆらゆらでしたよ~
この時期でもお花いっぱいですね~
山頂、行かれなかったんですね。
前評判聞いたら、確かに行かないかも(笑)
池のまわり、天狗原、山頂も含めて、あそこにテント泊でくると、田舎の近所を散歩してる感があって、なんか穏やかなひとときだったのを思い出します。

土沢(だったっけな?)から登られたのですね~
そっちの方がもっとダートなんですか(汗)
わたしたちは北野から登りましたけど、こちらもうちの車だと不安ありでした。
わたしたちが行ったときは、アブ・ブヨがすごくて、帰りは3日目の体だったので、服の上からも愛されちゃって、しんどいのに休憩もできないし、大変でした(汗)

>風吹大池 なのに、頭の中に 笛吹大地と間違って一度 input されてしまうと

う~ん。よくわかる。

>まゆぴょん

>わ~、懐かしい!

うんうん また見にいっちゃあったよぉ~
真夏はあの辺りは標高も低いから虫が多そうだもんね。
あそこから白馬大池のコースも もちろん蓮華や雪倉、朝日
私も絶対行きます、いつか、必ず!

>山頂、行かれなかったんですね。
>前評判聞いたら、確かに行かないかも(笑)

うん あっけなくスルーですた(爆
そうなのよね、あそこは山に登るっていうより
田舎の近所を散歩してる感 確かにそんな感じで
まったりと過ごす休日・・・これですな。
まずまずな斜面なんだけど、時間が短いからね

>北野から登りましたけど、こちらもうちの車だと不安ありでした。

クミ談によると、北野までの道は舗装されてるとか・・・
藤三郎(だっけ 笑)はひどいもんでした。
クミちゃんは「もう来ないだろう」と言ってました。

風吹大池なのに まゆぴょんの所でも「風吹大地」って書いてるよぉ~(アホ>ロビ)








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。