スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年明け山行 御岳~大岳~鋸

2013.01.11 23:03| 山の空気

2013.1.5 御岳~大岳~鋸 (奥多摩)


 新春 シャンソン ショー 


新年になると なぜか私の頭にポッカリ浮かんでくるこの言葉

そういうのってありませんか?

まっ 何度言っても 「新春しゃんしょんしょー」 になってしまう
過去の自分への新年のあくなき再チャレンジと申しましょうか


集合の御岳駅(8:15)より ずーっと前についてしまった師匠と私は
道路渡ったバス停の横のコンビニでアメリカンドッグをほおばった。
ちなみにアメリカンドッグは アメリカ産の犬ではない。


今年最初のハプニング、いや 神様のメッセージなのか
アメリカンドッグが私の手の中で元気にハネ、新調のダウンの上を転がった。
もちろん ケチャップとマスタードたっぷりのドッグがだ。

あぁ ステキ このダウンの臭いをかぎながら白飯が食べられるわっ
今年の私はポジティブなスタートでありまする 

今年の初登山は タケさん、まっきー、ゆっきー、師匠との5人
集合してバスとケーブルに乗って 無理のない正月登山であります。


0-展望 
ケーブル駅を降りれば 日光連山や筑波の山々がみえてくる

1-スカイツリー 
ほれほれ スカイツリーが見えてますがな。 頼りなさそうにヒョロっと建っているね

4-ヤマガラ 
まっきー博士が同行すると鳥の名前もよくわかる
これは ヤマガラだったよね?

3-ケヤキ 
案外あなどれない傾斜のある幅の広い舗装された参道を
鳥を眺めたりしながら ユルユル歩いてると、
有名な神代ケヤキにも鳥たちがとまったり飛んでみたり

観光気分で沢山の宿坊やお店を通り抜けると神社に到着です

5-御嶽神社 
御嶽神社に参拝して 今年の平和を願います。
みんなが何を祈ったのかは秘密 (って聞いてないよ)

しかし・・・御嶽神社=御嶽山の頂上 とは知りませんでしたな わっはっは

一度戻って ロックガーデン方面から大岳山を目指します。


6-冬の桜 
可憐な冬の桜
寒々しい景色の中に ぽっと柔らかな灯りがともったようです
(写真はイケテないけど 笑) 


8-天狗の腰掛 
天狗の腰掛け杉

あんな高いとこまで 天狗はどうやっていくんだろ 、ひとっ跳びなのか?!
なんてくだらないことをアレコレ想像したりして歩くのがまた楽しいのだ
 


7-シモバシラ 
シモバシラ
うすーいレースのようだけど、華奢で壊れそうな気がしたけど
触ってみると案外シッカリ固いのだ


9-ねっこ 
山芋のような根っこたち
これは土が後でとれたのか、最初からなかったのか討論のお題となった
ただ歩いてるのではないとこが凄いだろー


10-冬の小道 
このコースが初めての まき、師匠、私は
大岳を目指しながら歩く このほのぼのコースがすっかり気に入った

11-いわば
っと思ったら こんな岩場もあるんよね


12-大岳の狛犬 
大岳山の頂上すぐ下には こんなヘンユイ(ヘンテコだけどカワユイの意)
狛犬が。  案外好きです、この手抜きだけど愛らしいフォルム

13-大岳頂上 
駒犬の神社の横から露岩を110m程登って 大岳頂上にとうちゃくー

途中にはあまり人に会わなかったのに こんなにおるんか? とチョット驚き(゚ω゚;)。

14-海も 
眺めのよい大岳山頂上(1266.5m)
右手には御前山、左手には おぉ うっすら見えるは海のような そうでないような


          15-集合写真 
          うひゃー 今年初の登山はうれし 


              さて。。。ここからどないする?

昨年暮れにベランダで足の指を骨折した某女子の様子をみながら
もうここから引き返して飲みたい某師匠をなだめすかして
お昼を食べ先に進むことに決定した

ここから先 鋸までは案外長いですが、仲間と一緒だと
そんな道も楽しく歩けます。

16-杉並木 
不思議な空間

真っ直ぐ伸びた杉の間の狭い空間がだまし絵のように
何かが隠れたり現れたりしそうです
そんな奥に仲間たちが吸い込まれていきます



18-鋸頂上1109 
御前山との分岐を過ぎると 林の中の 鋸山頂上

すでにこの道を歩いたことのあるゆっきーは「ここからが長くて急」と言っていたけど
雰囲気がいろいろ変る楽しい道でもあります。 でも すでにもう長く歩いているので
この下りは気をつけなくてないけません


17-痩尾根 
なんだなんだ 鋸っていうけど こんな気持ちの良い細尾根なのか?
 
あぁ 私って怠け者 (・´艸`・)
やっぱりこんな心も体も休まる平坦チックな細尾根が だ、だ、大好きだー

18-鋸尾根 
でもでも やっぱり鋸山(笑
小さなアップダウンの繰り返しも登場。 鉄梯子もあるでよ


21-天狗さん 
飽き飽き気分が襲ってくる前に 天狗サマがでてきました。
こんな静かな所で二人の天狗サマが山々を眺めている


19-展望よし 
そしてこんなご褒美のポイントも

谷の向こうには石尾根から伸びる六ツ石山、鷹ノ巣山が。
奥多摩の地味だけど静かで渋い山並みです



20-奥多摩山 
今年初めての 今日一日の歩きに満足、そしてこの景色に大満足
みんなの顔がそんな風に見えます

このまま愛宕神社を越えて奥多摩駅に降りることに全員一致
さて 最後の登りです。 


ところがこの神社 なかなかのクセもの、行く価値ありです

岩の間をよじ登って神社にたどり着く ちょっとワクワクコース

22-愛宕神社 

そして最後に見た途端、 「うっひゃー (゚Д゚ノ)ノ  と声が漏れる  

 
この急な 180+α段の階段がまっています

23-狭い階段 
真っ直ぐ足をおけないくらい幅が狭くて急で古いのです。
若者だって きっとみんな手すりから手が離せないでしょうな

23-187階段 
振り返ると、またなんか言葉でいい表せない怖さが蘇ってきます。
写真よりもっと急ですねん。

そしてですね、私を除く4人が段数を数えながら降りたのですが
だ、誰一人数が合った人が・・・・いないんですよ 
  

    ぎゃーぁぁぁあ  



          24-一番汲み しぼりたて 

      でっ もちろん 最後は奥多摩で一杯 

   あぁ 素晴らしきかな 我が人生  むふぉふぉ

コメント:8 トラックバック:0
<<2012忘年山行 兜山~深草観音~要害山 | ホーム | 山の足跡<2013年>>>

おお! いいねえ。いいねえ。
みんなで正月登山。
ホントに楽しかったね。
それにしてもお酒もほどほどな年頃になったのかにゃー。ま、それもよいもんだ。
でも、歩きはけっこうロングだったと思うけどなあ。ロビはらくらくって感じで書いてるけど、私なんて、あのあと筋肉痛。そんでもって骨○箇所は大丈夫なんだけど、かばって歩いてるんだろうね、左足の太もも裏がいたーいのだ(泣)。今度はそっちでびっこひいてまつ。情けないったらありゃしない・・・

>まっきー

おこんばんは
この3連休はお仕事ありかな?

楽しかったねぇ♪
今回はロングだったのかもだけど、私は全然
長く歩いた感がないんだよね、不思議だな。
愛宕神社で膝の外側がちょっと嫌な感じしてきたくらいかな。

あらら、まっきー そんな事になってたの。
普段だったらなんでもなかったんでしょうけど
やっぱり足をかばってたんだね。無理させちゃったね
今週末は○○ーでしょ。 大丈夫なのか?
無理しないようにね。 
私達はぴゅーんとトンで ひと山登ってきますー
むっちゃ 楽しみ^^

>酒もほどほどな年頃になったのかにゃー。
ほんとだね、たけさんは、悲しいよ。
1人呑みが加速するっちゅーもんだわさ。

新年一発目が奥多摩ってのもよかったですね。

新年初登り、お世話になりました!
楽しかったね~。
「思考に気をつけなさい、それがやがて・・・」
いい言葉だったなぁ。
でもこの言葉思い出すと何故だか笑ってしまうわ。
あとロビンさんにとって「一心太助」も四字熟語だったとは。。。
これも思い出して笑ってしまいますぅ。

奥多摩に目覚めた私はこの週末も三頭山&笹尾根を歩いてきました。

またご一緒させてくださいね~

>たけさん

>ほんとだね、たけさんは、悲しいよ。

あーーぁ 今頃気づいたんか
大切な大切な山仲間、呑み仲間のMの存在を
もっと大切にしときゃーよかったのにね(爆
自分の体考えても これから少し・・なんとかね・・無理か・・
ずーっと元気に山に行けて すーっと楽しく呑みたいもんね

奥多摩ええね。 今年開拓すっぞー =3

>ゆっきー

お疲れさんでした。
ゆっきーとは年末年始の仲だにゃ
今年もドンドコ一緒いきたいですなー>

>「思考に気をつけなさい、それがやがて・・・」
いい言葉だったなぁ。

うんうん、タココもたまに良い事いうよなー(笑
まだゆっきーは全部覚えてる? 

>ロビンさんにとって「一心太助」も四字熟語だったとは。。。

あれっ 違った?(爆
いややめとこ いつも突っ込み期待でボケてたら
だんだん本当に知能が低下してきた感じだしな
あの時お腹痛くなるほど笑ったよね

>奥多摩に目覚めた私はこの週末も三頭山&笹尾根を歩いてきました。

おおおおお やっぱり行ったの
どうだった? 独りで飽きちゃった?(笑
最後 どこで降りたんだろ
私も春にでも行ってもよっと

新春からガッツリ歩いてますね~
うちは最近めっきり親子登山になっているけど、
やっぱ仲間とのお山は楽しげだね~

ロングコースだと思うんだけど、さらって歩いちゃっててすごいなあ。

>ぜぜさん

>新春からガッツリ歩いてますね~
>ロングコースだと思うんだけど、さらって歩いちゃっててすごいなあ。


そうなんだよね。
きっと仲間と楽しく歩けたからだろうな。
歩くのが楽しく楽しくて・・・いい新年山行になりました。
歩いてる尾根から御前山がどんどん形を変えていってね
「ほぉ~ カタクリで有名な御前山」としか
頭になかったけど、結構いいお山だなぁ なんて
またあっちの山も歩きたくなってしまいました。

>うちは最近めっきり親子登山になっているけど、
やっぱ仲間とのお山は楽しげだね~

いやいや、親子山行 羨ましいです~
親子の絆が また別角度から繫がるってステキ。
共に歩いて息子の成長を実感してるのでは。

でも仲間との山もまた楽し♪
一人でもよし。 それもまたたまには味わいたいっす








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。