スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大島上陸 大島巡り

2013.01.29 00:03| 山の空気

2013.1.19 大島へ

0-早くのりたいよ 

調布飛行場 プロペラ機を眺める待合室
師匠 窓からはなれられまへん (クールでいられない男心よ) 


※大島観光編でつ。 長いのでお暇つぶしにどーぞ



飛行場の駐車場はすぐ満車になるそうな・・・
8:30のフライトに向かう朝
なんと車の温度計は -6℃

むちゃ寒いわ

0-朝の気温は-6 

プロペラが凍って回らないで墜落・・・なんてないよね 

師匠は昨晩、三原山が噴火して溶岩に追っかけられる
夢をみたといっておりますし ・・・・

なんとも不安な気持ち・・・を ぶっとばす程 あーや は元気でありまする




0-プロペラ機 
私達が乗るDOドルニエ機(19人乗りプロペラ機)
左右2席のなんとも細い機体ですな


1-味の素スタジアム 
プロペラ機の音をブルンブルンうならせて飛び立ちます
おぉぉぉ 味の素スタジアムが手に取るようです
 富士山も見送ってくれてるぞー


0-江の島 
わぉ江の島♪   わぉ富士山♪   うっひゃー船がぁ ♪
なんて ドキドキワクワクしてたと思った途端 もう大島 
もぉー おしまいかい!!

シクシク 25分で着いちゃうって 電車で新宿行くようなもんですわ

0-大島対岸 

大島に無事上陸でありまする 
対岸を見ると 近い~ 近いよ 伊豆半島!!


             
0-大室山? 
あの色白、裸んぼうの山はなんなんだ?! (ビックリ度80点)

「あと載せ山だー」 と自分で言って大笑いの あーや (テンション高し=若い)

ずーっと考えておりましたが、アレは伊豆の大室山かですな


2-港のヨーコ 
♪ 港のヨーコ よこはば よこでか~っ ♪ な あーや

ここで勘違いしてはいけない点が1つ

島に着たからといって 大島は南の国にあらず!
寒さは東京都あまりかわりまへん(当たり前)
そう、だって島内は品川ナンバーの車ですから


空港からレンタカーに乗り込み (2日で6千円程←やすーっ)
三原山登山の前に ちょっと港へお出かけ

2-大衆食堂かあちゃん 
今は午前10時

朝食を家でシッカリ食べてきたのに このお店の前の
ひとなつっこい猫軍団のゴロゴロ にゃんにゃか(甘え上手)攻撃に
ついつい魅了され のれんをくぐった大衆食堂


2-猫ごろり2-猫ずーむ 
全部で4匹? モン吉よりずっとなついてくる。 おいこら 近ずきすぎだってば

「だめだぞ そんな甘えたって」 という師匠の傍にはあまり猫チンも寄っていかず(笑


2-黄金寿司 
そこで食べた大島名物 ”べっこう寿司” +伊勢エビみそ汁=1100円
大島の地魚である「ぶ鯛」を島唐辛子醤油漬けにした握り寿司
ちぃとも辛くあらへんですわ、こりこり歯ごたえのぶ鯛

2-魚介ラーメン 
ラーメンもこれだ! 小さいけどサザエも入っている (ビックリ度60点)
しかし 残念ながらスープの味は もうちょい努力要


えーい そのまま勢いに乗って食後のコーヒーに突入
 (今日の登山はマジ平気なのか?)


3-喫茶 
元町の林の中にある きらく小屋 

ここはひじょーにお勧め 

カーブした大きな窓の外はひろーい ジャングル 庭 (この生い茂り方がgood なのです)
ビワの木などが沢山茂っていて いろんな鳥がちょこちょことかくれんぼしてる
小奇麗に手入れされていない庭=鳥の天国 なのだ

挽きたてのコーヒーたっぷりで300円なり
本を読みながらユックリ時間をすごしたい 居心地の良ーいお店
 「うちに手乗り烏骨鶏がいるのよ、うふふ」 と静かに微笑むママは
13年前に世田谷から移住してお店をだしたそうな

ジャングルな庭にはあっちこっち迷路のような木々のトンネルがあって
これまた楽しい


さぁ そろそろ 三原山に登りにいかんと!


三原山登山レポへ続く(次週)



そんなわけで(どんな?) 登山レポは別レポで
前座に大島の紹介を続けますねん 。すみませんです



宿泊は 大島温泉ホテル

ホテル自体は少々古いけれど
なんたって 露天風呂から 三原山がどーーーん
部屋からも 三原山と海がどどどーーーん

そしてなんたって 山へのアプローチが一番短い!!! これに限る(パチパチパチ



4-ホテルで美女
ホテルの部屋の窓からは三原山がドーンと 

あぁ お見せできずに残念でござります 
影には山に負けないくらいボンキューBON!の色っぽいウフ~ンとした謎の美人が(爆


4-貝づくし 
夜の食事は貝三昧 + テーブル上で自ら椿oilでてんぷら揚げまくり 
据え膳 上げ膳天国ぅ~ ぶら ぶら ぶらぼー  


オンナ二人飲んだくれて 翌朝がまいりました 

 1-朝の海
窓から見えるのは 陸なのか 海なのか 空なのか
不思議な空間を泳ぐ船が見えます


1-三原山 
真ん中のとんがりが三原山頂上 、左側は外輪山の白石山など 
 ホテルから三原山までの間には樹海が広がっています


1986年(昭和61年)の噴火では火口茶屋が焼失し、溶岩が内輪を超えて流れ出した。
噴火を見ようと5000人を超える観光客が押し寄せ、島は歓迎ムードに包まれた。
商店では営業許可を求めて町役場に陳情するなど、比較的のんびりした雰囲気であったそうな
結局 1週間後には全島の約1万人の島民がおよそ1ヶ月間避難した とのこと。


4-樹海 
樹海はヒサカキ、ハチジョウイヌツゲ、オオバヤシャブシ
樹海は細い枝がクネクネっとしてラーメンのようでもあります。


さて、二日目の予定は島一周と動物園であります。
ここは無料の動物園(入場料ってもいいのにな)

混むからいやー! 混んで見えない! ということは断固ありませぬ(笑

大スターであるゾウやキリン、ライオンとかは そりゃーおりませんが
なんだかまったりとした動物達とミョーに心が通い合うような
そんな動物園なのであります。
 
これぞ 究極の動物観察=動物園の正しいあり方
 (オーバーだっちゅ)


2-らくだ 2-ラマちゃん 
ラクダくん              ラマちゃん

人間が珍しいのか? 
こちらの動きをずーっと目で追ってくるので正面からの顔ばかり(笑
どっちが見られてるんだか・・・・ ラマちゃんの茶瞳の輝き ステキ



2-カピバラ 
カピバラ君。。。。わたしコヤツに弱いんですよ、いやまったく

この性格 この姿 この目つき  見てるだけで笑えちゃうんです。 
後ろ足に水かきあるの知ってますか? 
実はこう見えて名スイマーなのです、この体で 


そしてここの メインスター はレッサーパンダくん

 
2-レッサーパンダ 

彼らの小屋とお庭はケージのトンネルでつながっていて お好きなままに

2-通路でまるくなっる 
そのトンネルは人間のいるすぐ上を通るので とても近い
モン吉の寝方そつくり。 トンネル途中で眠気にやられたらしい


2-レッサーパンダ2 
指で触れる距離、んだら モチロン触っちゃうわなー
(動物に触ったらよく手を洗おう!と書いてあるまする)

んんっ あそこで身体開きまくりで日光浴を楽しんでいるのは? 
 
ワオキツネザル


2-お日様 
こんな姿勢のワオ達が あっちこっち一杯

2-ワオキツネザルと共に 
な、なんだーこいつ?? と横目で見るワオキツネザル



2-ワタシャ足がいたいもんだから 
えっちら ほっちら
わたしゃ 足が悪いのに飼育員ったら わざと遠くにエサをおくのよね
と、人生の厳しさに奔放されながら流されていくバーバリーシープのおばあちゃん


2-ロバ きゃはっは 
うひゃひゃひゃひゃー  ひぃ~ 笑いがとまらん どーにかしてぇ
 と、言ってるご様子のお子ちゃまロバくん


2-園にはリスだらけ 
園内いたるところに自由に走り回るリスくん

冬の動物園は入場客も少ない
動物たちは案外寒さに負けず元気なので 実はねらい目だと
動物博士の あーや は語るのでありました
 
師匠はもちろんロバで胸キュン

島内 元町が若干賑やかなだけで(冬だからか?)
島一周しても驚くほど静かな景色ばかり

3-波浮港 
これがかの有名な波浮港

都はるみのアンコ椿♪ をご存じだろうか
三日遅れの便りをのぉせぇて~  はぶみぃなぁとぉ~
と コブシ回して入魂して唄ってみたが・・・イメージがあまりに違うっしょー


5-バームクーヘン 
ここはバームクーヘンと呼ばれる千波地層切断面 
 
100層ほど積み重なった見事な縞模様は、過去15000年以上の間に
100~200年ごとに繰り返し起こった大噴火のときのスコリアや火山灰などの
降下堆積物で形成されています

ああああ 監督にお見せしたかったなり


そんなこんな 車で一周50km
島中 椿の木だらけ(満開は3月頃?)
キョンだらけ(動物園から脱獄したのが繁殖のウワサ)

東京からすぐの距離の大島ですが
やっぱり島の雰囲気は どこかユルくてほのぼのできます 
 


6-海に日が 

帰りのプロペラ機から海をながめながら口ずさむのは、やっぱり

♪ アンコ椿は恋の花 ♪


コメント:16 トラックバック:0
<<わずかでも野生の血あり | ホーム | 飛んできました^^>>

こばわー。


ほんとに楽しそうですなあ。しかもエネルギッシュ。
山登りも待ち遠しい・・・・・
ブログ読ませていただいて、ニヤニヤしてるといつの間にか元気になっています。
次はどこの山に行こうかなんて道具を出したり入れたりしながら地図を眺めてます。(スーパー低山ですけどね^^)
いつもありがとうございます。
あ、あのぅ~、モン吉さんの日常もお願いします。

その動物園、なかなかよさそうですな。なんで大島に動物園があるんだろ?そもそも動物園の立地条件は?あーやに尋ねておくんなまし。

>きっとさん

>こばわー。

これ この「こばわー」がなんやらツボりまして
笑わせていただきましたよ。

>ほんとに楽しそうですなあ。しかもエネルギッシュ。
>山登りも待ち遠しい・・・・

ええ、そりゃーちょっとの事で人の何倍も楽しめる
安上がりにできてる人間なもんで。。。むふ
山登りねぇ 登るっていうか程のものじゃ・・・
でも高尾山より高いですな。しかし標高差は?

>次はどこの山に行こうかなんて道具を出したり入れたりしながら地図を眺めてます。

これがまた楽しい時間なんですよねー。
行きたいとこだらけ、地図を幾つもだしてきて・・・

>あ、あのぅ~、モン吉さんの日常もお願いします。

了解^^
ただし、毎日グータラ寝てばっかりなんで、
写真撮ってもみな同じ。
あら、松ちゃんデベソの宙返りですわ(笑

旅行記って楽しいね~
お山とはまた視点がちがうし、楽しさもビシバシ伝わってくるし。
動物園も楽しそうだなあ。

>監督

>その動物園、なかなかよさそうですな。
>なんで大島に動物園があるんだろ?

その質問はですね、まずいですな
「なくていいはずなのに」って
前置きがあるってことですね。
いやいや 大島にあってこそですよ。
動物達が本島の動物園と違って なんぼのびのびやってるか。
なんせ各舎広いですからせこせこしてまへん。
ほら、私達だってせまーい部屋でじっとしてたら
いじけますでしょ? 海風も届いて松林の横で
なんとも気持ちいいですよー
ちなみに あーやは「私も知りたい!」と言ってました。(笑

ってか、監督! バームクーヘンに食いついてこなー
噴火口もすごかったっすよ



そもそも動物園の立地条件は?あーやに尋ねておくんなまし。

>ぜぜさん

>旅行記って楽しいね~
お山とはまた視点がちがうし、楽しさもビシバシ伝わってくるし。

うんうん 山ガールな登りバリバリな時ならともかく
だんだん 
・自然に癒される
・景色や歴史を味わう
・美味しい地のものを食す
・♨ むはっ
こんなのに ちょっと山歩きエッセンスなんかふりかけたら
そりゃー ごっそうですわ。ほんま
そういう楽しみ方もええなぁ~というお年頃になってきたのかな
いやいや まだ達成感キリリな山もいきたいけど(笑

>動物園も楽しそうだなあ。

多摩でもたまにむしょーに動物園行きたくなっることあります。なんでしょかね
カメラでじっくり動物の表情狙ったりしてたら
一日楽しめるでしょうねー
ま、動物園行くまでもなく、ぜぜ家にはスターシロちゃんがおりますけどね

大島!

大島に行かれたのですね!
みなさん、すご~い楽しそうなのが伝わってくるんですけど(笑)
うらやましいなぁ。
動物たち、みんなかわいいですね。
カピバラくん、ラマちゃんにとろけましたが、ロバさんたまりません^^
ちび連れて行ってみたくなりました!
山編も楽しみにしてますー

私も大島へ数年前に行きましたー!(熱海から高速艇でね)飛行機だとあっという間だね。もう少し、景色を堪能したい感じかな・・・
私が行った時は椿まつりの時期ね。私も椿油の天ぷらとか食べたよ~。。
ロビさんも大島、堪能しましたね^^

あのですね、最近プロジェクトの妥当性の検証みたいなことに手を染めている関係上、そんなところに動物園作って採算とれるんかいな?とか、都民税の無駄使いと言われまへんか?とか、夢のない発想になるんですわ。まあ、みなさんがそれで幸せならよろしいですけどね。

>てか、監督! バームクーヘンに食いついてこなー
へへへ、正直いうと気にはなりましたけどね、見透かされるとはずしたくなることってあるっしょ? ヒマラヤの褶曲断面はそんなもんよりもっとすごいんやから・・・とかね。
で、噴火口の写真はないんですか?

大島って・・・

 野生の王国ながや・・・( ̄□ ̄;)!!

やせの大食いと違うでねぇ・・・。


 雑草という草はない 昭和天皇

 のら猫というネコはいない 愚河童拝

うーん、まさにジオな島だねえ。
こりゃいかなくっちゃ。
片道飛行機で片道高速船とかがいいかなあ。
でも、調布からってのがみりょくだよねー

>まゆたん

んだよ、大島いってきまひた。ブーンとひとっとび

>みなさん、すご~い楽しそうなのが伝わってくるんですけど

いやいや 誰か一人はノリがノリで
楽しいのはソコだけか?! ってな具合で(爆

>ちび連れて行ってみたくなりました!

うん 動物園はね きっととってーも楽しめる。
人が少ないから(動物も少ないけど) どれも動物とサシで勝負やしね。
三原山もなんなく・・・だしね。
海も山もどっちもステキだよー

>hiroっち

>私も大島へ数年前に行きましたー!

どこどこどこ? 三原山も登ったんだっけ? 
レポ探しに行ったんだけど ないっす!
高速艇かぁ それもいいなぁ
でも熱海までが遠いもんな

>私が行った時は椿まつりの時期ね。
>私も椿油の天ぷらとか食べたよ~

椿祭りの頃は混んでた?
もうね、小ぶりの早咲きの椿が結構さいてましたよ。
大島って本当に どこ走っても椿だらけだよねー
驚いたっす。 
椿油の天ぷらは ホテルでテーブルで自分で揚げたんだ。
揚げたては美味しいよね~
もうね、明日葉の葉っぱ なんぼ食べたか

>監督

>あのですね、最近プロジェクトの妥当性の検証みたいなことに手を染めている関係上、そんなところに動物園作って採算とれるんかいな?

たしかにね、そういう観点でみるとね。
ま、世の名無駄にこそ夢があったりもしますな。
たまーに覗いた入場客の少ない大島の動物園で
本島の動物園では感じられない心の安らぎなどを
感じると、ここの動物園の意義をむちゃ感じるわけです。私にとったらですが(笑
きっと監督もすきですわ、あそこ。

>へへへ、正直いうと気にはなりましたけどね、見透かされるとはずしたくなることってあるっしょ? 

ぶふふ そなら満足、満足^^

>ヒマラヤの褶曲断面はそんなもんよりもっとすごいんやから・・・とかね。

そなのか、もっと凄いとこ知ってるねんね
ヒマラヤかぁ 凄いだろうなー 規模がちゃうな

>で、噴火口の写真はないんですか?

期待されるとはずしたくなることってあるっしょ
むふふ 

>河童ちゃん

>大島って・・・野生の王国ながや・・・( ̄□ ̄;)!!
やせの大食いと違うでねぇ・・・。

おぬし!なかなかやるのー(レベル低い)


>雑草という草はない 昭和天皇
>のら猫というネコはいない 愚河童拝

おぬし!なかなかやるのー(レベル高い)

ええ言葉じゃ
雑草という草はない!っが、高遠で毎年悩まされるアレラの草は・・・
抜いても抜いてもしぶといねん
踏んでもそこからニョロ、焼いても灰の下からニョロ
お互い雑草を見習って、逞しく生きていきたいっすね。

ちなみに「野良とは仕事をもたず、あえて遊び暮らすこと」
あえて!というとこに何か深みがありますな。
モン吉も仕事をもたず、遊び暮らしてるんだけど、「あえて」なのか?!

>まっきー

>うーん、まさにジオな島だねえ。
>こりゃいかなくっちゃ。

ジオやでぇ~
遊びいってみそ~
牛さんも興味ありそじゃない?

>片道飛行機で片道高速船とかがいいかなあ。
>でも、調布からってのがみりょくだよねー

残念なのは鉄道が使えんこっちゃね(笑
調布からってね、本当にラクちんやわー
混んでるとこどこも通過せずだしね、あまりに近いし
まるで自家用機を使ってる気になるわ。
んで、土日で楽しむのにお手頃かも。

暖かくなったら島一周もチャリとかでまわれそう。
多少アップダウンはあるけどね。
あああああ、まっきー自転車うまく乗れないんだっけ?(爆








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。