スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡雪舞う茅が岳 (1703m)

2014.11.12 22:47| 山の空気

今年の宿題は今年のうちに吐きだしておこう!想い出シリーズー1

2014.3.21(金)


三連休初日であります。 (いつの3連休だよー)
さてさて どこいこうか?
春が来る前にもう一度雪山歩きたいよね
と、4人は考えました。  (どの4人なのだ?)

2-雪を覆い隠すはっぱ 
白い雪の上 一面に琥珀色のような枯葉
これら全ての葉っぱを毎年潔くふり落とす木々の生き様


当初、4人の気持ちが重なって決まった行先は赤城山
それが前日の予報は散々、急遽中央道談合坂6:30集合となった。
顔を合わせて 「さて どこにしよう?」
蓼科、大菩薩・・・迷った末に茅が岳に決定となった。

韮崎ICを降りて右折まっすぐ(途中コンビニ1軒あり)の深田公園駐車場


登山口の標高は945m。1703mの茅ヶ岳まで標高差750m程。


0-スタート 
高速から眺める富士や鳳凰の白さと違って茅には何やら雪が見えず
みんなちょっとテンション下がり気味
なんせ 雪を踏みしめたかったのであーる

もちろん勇んで持参したスノシュやワカンは車でお留守番
土の上をテクテク歩きだします。 
まぁ のんびり楽しもっか♪

1-雪 

歩きだしてすぐ雪がでてきました。
青空と太陽がお供だけど空気がヒンヤリ、足元の雪はガリガリと小気味いいです。

16-青い踏み抜き

そっくり足跡の穴が開いていて、そこに自分の足を差し込んで歩くといった感じであります
足跡が青い!  これは私の聖なる足跡?(←バカ)


両脇を尾根に挟まれ岩が混じった道を緩やかに登りだすと女岩に到着です。
8年ほど前に来たときにはドンツキまで行けましたが、今は女岩周辺の岩崩れの為
その手前までしかいけません。

4-作戦会議 
あら もう半分来ちゃったのね(駐車場から1時間)
ねぇねぇ 昼食はどこでたべよっか
何てココだけの話、地図+カメラ不携帯のコンビ会議です



5-真剣な会議の後ろで 
この先がちょっと急な斜面なのよね
ふーん 3年前に来たんだけどあまり 覚えてないのよね、不思議
なんて話の後ろでは どこを見てるんだかな人が一人


6-いざゆかん 
女岩からはここ一番の急斜面


というか、標高差750mのほとんどはここから(笑
岩はゴロゴロ 雪は所々 チョットいやらしいですが
アイゼンは不要

7-ほらほらキンプよ 
つづら折りの斜面を登りきると尾根道にでます
登り切った右手の岩からの眺めはサイコー

「わぁー 素晴らしい 金峰山は真っ白だねー」

7-きんぷ 
金峰までの山々の重なりにも うっすら雪がついています。

8-瑞牆 

瑞牆はさすがにイワイワの塊
今日の重ったるーい雲の様子も相まって おどろおどろな雰囲気でありますな



9-富士山 
元気の源 富士山は残念ながら雲の中


おぉー キリリとした風が体をすり抜けていきます。
これがまたこの季節の味わいなのですね

「あぁ なんかしあわせ~」 って感じる瞬間ってモチロンいろいろある。

飼い猫がグルグルいって甘えてくること
焼きたてのパンの匂い
雨上がりの草の匂い
道端の可憐な花の様子
布団に入った時の包まれ感
頑張って登った所からの広々とした景色
山々を駆け抜けてきた風が自分をすり抜けていく感じ

そんなちっちゃな幸せの中のいくつかが山にあるよねー



稜線上には深田久弥さんが亡くなった場所

それも偶然、偶然  今日が命日だってばさー

「もしかして・・・私達を呼んだ?」 とはなんとも調子のよい4人組

13-深田久弥終焉の地 
家に帰ってネットで調べてみたら、深田久弥氏が
亡くなる寸前にイワカガミを見みたいと言ったそうな
最期にどんな景色をみていたんだろうか




10-最後の急登 
少し急な斜面を登れば そこは頂上


11-頂上です 
空はあいにくの重ったるーい黒雲
なかなかな気合をれてもお寒むーございます


12-ここで食べようかぁ 
4人をガードしてくれる木々もない頂上は風がピープー  
ね、ここでお昼じゃキツイよね(笑


12-大菩薩 
大菩薩もぺっとり雪がついてますね

では ほっこり温かい温泉目指して降ろうー




      あれれれ・・・・

13-あらら 

                              ほぉっ・・・・

    

14-あわゆきが 

 
 
 静かな 静かな 冬枯れの木々の中に白い淡い雪がしんしんとおちてきました。
 それぞれが その光景に足を止めに ジーン となったのでありました。

          
15-静けさのなかに淡雪


  不思議だよね。
  雪が降り出すと、周りの音が全部吸い込まれて音のない世界になる



     15-雪の上にまたふんわりと

        もちろんこれは最後に 深きゅんからのプレゼント 

コメント:10 トラックバック:0
<<尾瀬 初テン泊 (7/20 初日) | ホーム | 今年の秋満喫 地獄谷野猿公苑>>

余裕が出てきたようですね。

ブログを書く時間が出来てきたようで何よりです(忙しいのも悪くはないけど)… (^.^)
冬枯れの茅が岳もいいけど、私は新緑のころにまた行ってみたいです。

良い山だねぇ~♪

こういう静かな山歩きって
色んな事を考える良い機会になるよね。
山歩きは歩く座禅のようなものだと思う
今日この頃・・・ (^_^)

No title

3月とか11月とかどこのお山に行こうかなあって結構悩むよね。
という、今悩み中でしたあ

お世話になりました~ヽ(´▽`)/

ありゃりゃ!
サルの顔抜群やね。
カメラ買い替えよッって、そんな問題じゃないね。
これはここではなく
「今年の秋満喫 地獄谷野猿公苑」だよね。ゴメンチャイ。

雪が降ってきてシーンとしたって感じが伝わってきました☆
雪は、いいね。
今年の冬は雪まみれになりたいな~

No title

おお! 懐かし懐かし。
いいね、どんなに遅くてもレポは作るべし。
穂高は~? って声が聞こえてきそうだにゃ。
わたしゃ、例の原稿書きで当分はなーんもできそうもありましぇん。
ずっとさぼってきたつけがいま・・・
とにかく正月休みが心穏やかに過ごせるよう、週末もずーっとPCに張り付き。いまははっちゃきになってやってるよ。今度かるーい気晴らしつきあってねん。

No title

>K林さん

>ブログを書く時間が出来てきたようで何よりです

そうなんですよ。
親の介護問題が少しおさまってきたもので 気分がだいぶ
楽になってきたのかな。というより、途中まで作って
ほったままになってるのが多いのでちゃっちゃと仕上げを。
K林さんは帰ってすぐするのかな。
写真整理だけでくじけてしまう今日この頃です。

>冬枯れの茅が岳もいいけど、私は新緑のころにまた行ってみたいです

新緑もいいですよねー
でもあそこは色んなキノコ(食べれそうもないけど)も多いので
秋もまた良しですぞ。
結局 オールシーズンいいのか?(笑

No title

>河童ちゃん

>こういう静かな山歩きって
色んな事を考える良い機会になるよね。

あっあ、静かな山歩きって言ったら誰かからぶっぶーって
言われそうですが・・・
ここはねニセ八つって言われる可哀想な山なんです。
八ヶ岳の並びにあって少し八つより小さ目で
ちょっと見ると山の形が似てるんですよ。
それにしたって ニセ八つはないよねー

>山歩きは歩く座禅のようなものだと思う

確かに! うまいなぁ
独りで入る山はまさにそんな気持ちになると時がありますよね。
だからたまに人の少ない山を独りで歩きたくなるんでしょうね。
そんな時間って誰にでも必要なんだと思います。

あ”- 思い立ったらすぐ行ける、高尾以外で近くで静かで
安心してしっとり歩ける山を見つけたい~

No title

>ぜぜさん

>3月とか11月とかどこのお山に行こうかなあって結構悩むよね。

そうかもね。
11月は低山なら紅葉にまだ会えから さて、どこ行くかーだよね。
3月はまだ雪を踏みしめたいし 山菜もありそうだし
さて、どこ行くかーだよね。(笑

そっか そろそろ沢が終わるのが11月?
沢を歩いてると、登山道よりずーっと思いがけない素晴らしい
紅葉に逢えそうでいいよね。

No title

>emiさん

>これはここではなく
「今年の秋満喫 地獄谷野猿公苑」だよね。ゴメンチャイ。

すごい登場の仕方やなー さすがemiちゃん
新しいPCでますます快調ですな。

>ありゃりゃ!  サルの顔抜群やね。
>カメラ買い替えよッって、そんな問題じゃないね。

今回、久しぶりにemiさんがカメラ持ってきたから驚いた!(笑
だよねー やっぱり想い出は残さなくっちゃ。
当日出逢った感動を家でもう一度! 2度美味しい

>雪は、いいね。
今年の冬は雪まみれになりたいな~

今シーズンはまたあそこで新年を送りたいね^^
よっしゃ じゃあ雪の上でemさん転がして
雪まみれさせてあげる。 任しとけって

No title

>まっきー

>おお! 懐かし懐かし。
いいね、どんなに遅くてもレポは作るべし。

そなの、毎年年末意識しだすと自分に葉っぱかけて
なんとかその年の想い出を整理しようと・・・
茅は近くていつでも行ける感あってあまり計画に上がらないけど
アプローチのマッタリ歩きがいいんだよね。

>穂高は~? って声が聞こえてきそうだにゃ。

ホンマや ほんまにマッキーの穂高の想い入れを考えると
まきレポが読みたいのだ! はよーださんか

>わたしゃ、例の原稿書きで当分はなーんもできそうもありましぇん。
ずっとさぼってきたつけがいま・・・

「ずっとさぼってきたつけがいま」何度聞いたことかこのセリフ(曝
でもさ、ココが頑張り所やもんね。
がんばれよー 
といいつつも、最後にはきっちり良いものを仕上げてる
まき様ですから、安心しております。

>今度かるーい気晴らしつきあってねん。

おー いつでもお声かけあそばせ。
煮詰まった時の気晴らしにロビンをどーぞ^^








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。