スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国遊山(その1 金毘羅おおぼけ)

2014.05.29 00:10| 山の空気

2014.5.21(水)

大歩危(おおぼけ)、小歩危(こぼけ)
・・・・・けっして私達二人のことではありません。

私達ってだれよ




ずーと・・・ 考えてみれば2年程前から四国行を夢見ていた。

そこには仲間がいるから
そこには魅力的な山があるから
そして私にとったら初の四国上陸であるのであります


上陸は4人娘(いくつになっても娘なのだ!)のはずだったけれど
お嫁さんの入院でお孫ちゃんを預かることになった

エミさんは泣く泣くキャンセル

「エミさんの分まで楽しんでくるからねー」 と言ったときの 
ちょっと寂しそうな顔が頭に残る。 うん、次もあるからね

そこで代打! エミさんのキャンセル料を埋める作戦で師匠を投入するべく

画策するも、別の仲間との山行の為 あえなくドボン

んで、初めてのお使いの如く ロビ一人で四国入りとなった。

何が不安って、独りで飛行機に乗れるかとかではないんですね
一人目の仲間が無事に待ち合わせ場所に辿り着くか? 

ここが問題でありまする。
その彼女の長く苦しい遠回りな 道のりはこちら


01_2014052723130418f.jpg 

ひゃー 飛行機って大好き!

タダで(タダでない)遊園地の乗り物(それ以上)に乗ってる感じ
空から地球を眺める気分
これを100回分くらい集めたらロケットな気分なのだろか (←アホ)


定刻を20分程遅れて 高松空港に着陸。
急いでレンタカーに乗り継ぐ。

ふんふん♪  初めての町を車を走らせる爽快感
ナビを頼りに JR琴平駅に到着
予想に反して、こじんまりとして静かな駅だった。 

いたよ! こんなとこに本当に ぜぜさんが待っていた。

こちらの会えた興奮を呑みこむ程、この数日間の出来事を興奮しまくって語るぜぜさん
そりゃー もう3日前から独りで四国いりして、山を歩いてきたんだもんね。
夜行列車で出発した時からドタバタ事件簿なぜぜさんの勢いに
引きづりこまれるように、今後も何かが起こりそうな気配であります

02_20140527231306e4d.jpg 
出逢えた嬉しさから踊ってるワケではありません。
金比羅さんに向かって真面目に参道を歩いているのであります


03笑顔で長生きこんぴらさん 

「笑顔で長生き。こんぴらさん!!」

良いフレーズであります


04長い階段 
長い階段が始まります

その数なんと、1368段!

じーちゃん ばーちゃんは命がけではないでしょうか



05門内には5店 

自称 山オンナの二人ではありますが
もちろん 階段ではゼイゼイ、ひーひー言うのであります

08大物王神
海抜251メートル
あの階段の数・・・そんなものなのか?



いよいよ 本宮に到着です

07眺めさいおー   
おぉー いい眺めだ

無事に本宮に到着!
これからの登山の安全や皆の健康、果てや世界平和をお願いして10円を投げ入れる(10円かい!?)

金比羅さんから瀬戸内海の方をみると、真ん中やや左にポコンと山が
これが讃岐富士だそうな…あれじゃ あれじゃ あれが四国の富士じゃ
「おーい 四国のふじさーん 元気でやってるかい」 

 


08本堂の屋根 

本宮まで石段は786段あるが 「なやむ」 は語呂が悪いと、
途中マイナス一段の下り階段があり、785段となっているらしい

どこにマイナスがあったんだぁ!?





09門 
門の向こうから 山々を巡ってきた爽やかな風が吹いています


江戸時代、金比羅参りは伊勢神宮へのお蔭参に次ぐ庶民の憧れだったといわれる
ちょうど1か月前に伊勢神宮に行った私はやっぱり庶民の代表なんだな(笑


 
10なぜか笑える 
何か わろーた。 力抜けた。



ではでは 讃岐うどんといくかー! おぉーと気合十分ですが

参道脇の店で済ませてしまおうって 通でもなけりゃ ただの腹っぺらし

08讃岐うろんじゃけー  
なぜこの店に決めたかって?

それはそれは それは秘密、秘密のアッコちゃーん♪

なんて歌いたいところですが、理由は簡単!

NHKの生放送のクルーがいたからです!

ストーブ列車でクセがついてしまったのか、またTVに映ろうって魂胆 

それも、慌てて家族に連絡をとって 「今からTV見といてなー」 と念を押す始末。


 10NHK撮影 
昼ブラだか何ブラだか 佐藤江梨子さんではありませんか
TVで見るより痩せてるなー
でも あの角度だとこっちは写らんぞなもし しくしく

金比羅さん も堪能したので 今日の最終目的地

大歩危、小歩危(おおぼけ、こぼけ) に参りましょう。

車にぜぜさんと乗っていると、どっちが大ボケなのか、小ボケなのか
ハッキリさせたいところですが、まぁ どっちも同じレベルでボケ化が
進んできたのは確かなようで、会話はほとんど「あれ、それ、これ」の
固有名詞なしよの会話で進むのであります


谷を縫うような細い道を 大歩危に向かいます。

11大歩危
祖谷川 の流れは速いです。 舟下りはおもろいかも


途中、かの有名なかずら橋を通過しますが、人がアリンコのように沢山いたので

やっぱ、ツウは もっと奥にある二重かずら橋だよねぇ~」 何てカッコつけますが

ここからまだ30km以上も山奥に向かうのであります。

012.jpg 
かずら橋の先をぐんぐん進むと ぽっかり現れる案山子の里
これは ヒカゲツツジではないかしらん?? でも色が濃いなー

お花が溢れてる温かな雰囲気の里

00000.jpg  
ついつい 「お花と私」 ポーズ    byぜぜさん

(警告)長く見ると気分が悪る事がありますので御注意ください。

13人形 
だってねー おばちゃんっ


12おじいちゃん人形 
ねぇねぇ そこで日なたぼっこしてるおじいちゃん 

どっひゃー 誰もかれも カカシ じゃないですか


そこで さて問題。

    どこにロビがいるでしょうか??


14さてどこにいる? 
(わかった方には モン吉からの熱いぶっちゅーん)


さて、やっとこさ 二重かずら橋へ到着です

空気が幾分涼しげ
渡るのに500円払って気分も涼しげ

15二重かずら橋へ 
階段を~ 降ると待ってる登りの苦悩。 一句 !!

おおおぉー でたー これぞ  二重かずら橋

自分の目で見たかったのよね~

16かずら橋 
  
約800年前平家一族が剣山、平家の馬場での訓練に通うため架設した
といわれてる 


 通な方の  かずら橋 であります。



18老朽化せんのかいな? 
こんな固定の仕方で大丈夫?
老朽化って・・・・・あり?



17橋のすきま

うわーおー 木と木の間にわずかに足がのっかる微妙な隙間



19下から見上げる 

下から見上げれば ほぉー 木が腐って折れてもおかしく・・・ うそ
何年かに1度 ちゃんと架け替えられているそうです

20野猿 

そして 男橋、女橋、と渡れば 最奥には THE 野猿 (やえん)

乗ろうか乗らぬか 二人で悩んだ末

ココまできたからには乗るっきゃない!(ロビ)

かずら橋戻って渡るよりマシかもぉ~(ぜぜ)



21二人で野猿 
乗ってみたら楽しいもんで
仲良し二人の足も揃えて ウキウキ きゃーきゃー 童心に帰るとはこの事


 22風景 
充分堪能した祖谷の川であります


24女二人の夜は更け行く 
今夜のお宿 ” まんなか ” で無事合流&四国上陸祝い

生の後は利き酒セットなるもんで 初日を語らう夜でありました。

                                    《四国遊山 二日目に続く




コメント:16 トラックバック:0
<<四国遊山(その2 道後温泉から土小屋) | ホーム | GW 新緑の高遠>>

No title

私ね、ロビさんとぜぜさんが無事会えるかな~(自分のことは棚に上げってっと。)
なんて実はすごい心配してたのよ。
会えれば、もう、こっちのもの。ドキドキから解放されたステキな旅じゃないですか!

>どこにロビがいるでしょうか??
あ~、、ぜったい、ロビさんならやると思った^^;

No title

金比羅参りにも行ってきたんだね~
山門の提灯の文字って「金」じゃなくて「人」と「長」だって気づいた?

野猿はオイラも未体験だけど絶対に遠慮だすわ。

浴衣姿のぜぜさんが色っぽいね~^^

No title

金毘羅さんの石段もなんとかテレビに写るぞ~も野猿の楽しさもよみがえるね~
ほんとに無事合流できるかが一番不安だったけど、案外あっけなく会えたよね~
こんなに笑い通しな旅も一人じゃ味わえなかったもの、ありがとね~

No title

>ヒロちゃん

お疲れ様でした~

>私ね、ロビさんとぜぜさんが無事会えるかな~すごい心配してたのよ。

そこがね 今回の核心部のようなものだからね
そこがうまく行かないと今回の旅は全ておじゃんってなもんで(笑
でもね、同じレベルのドジが集まると、今回シッカリ者風なヒロが
逆にとってーも心配になるという・・・

>あ~、、ぜったい、ロビさんならやると思った^^;

はれ? 4日間で全て見透かされるほどに? 
まぁ 期待を裏切らないオンナなのだすよ

No title

>クネル君

ふーーーむ 副業中っていう方が気になるじゃん(笑

>金比羅参りにも行ってきたんだね~
>山門の提灯の文字って「金」じゃなくて「人」と「長」だって気づいた?

今 自分の写真みにいっただよ。ホンマや
「人」と「長」で どういう意味なん?
どうせ書くならそこまでお願いしまっす

>野猿はオイラも未体験だけど絶対に遠慮だすわ。

いやいや これがねー なかなかおもろいんですわ。
大人だったら二人で満タンかな。思ったよりもロープ引っ張るのが
軽くて、そんなにグラグラしないのだだよ

>浴衣姿のぜぜさんが色っぽいね~^^

うんうん 寝姿は乱れまくりだったけどね

No title

フムフム~、初めてのお使い編如き心細さを乗り越えてみたら・・・
キャヒャヒャな女子高生に戻ったかのような好奇心で楽しそうやね~。
もう、こっちまで女子高生に戻ったような気分よ。。ってかなり無理有感。

で、ヒロさんとは無事合流出来たのだろうか。。。。
続編が楽しみですわ。
連ドラみているような気分だね。

No title

>ぜぜさん

楽しかったねぇ~

>ほんとに無事合流できるかが一番不安だったけど、案外あっけなく会えたよね~

そうそう、あの駅で「あらっ」って感じだだったよね
今はさ なんたって携帯があるから、逢えないままっていう心配がないもんね。
良い時代というか、ちょっとスリルがなあいというか(笑

初めての土地で仲間と一緒というのはなんとも心強いもんです。
ぜぜさんとの二人旅も楽しい時間でした。
私達のも知り合って10年程経つんだもんね、シミジミ

静かな一人旅も、仲間と楽しい旅も
どっちもこれから楽しんでいこね ^^

No title

>クミちゃん

>フムフム~、初めてのお使い編如き心細さを乗り越えてみたら・・・
キャヒャヒャな女子高生に戻ったかのような好奇心で楽しそうやね~。

そうなのよ、ドタバタもあって楽しかったなぁ
山の仲間と山や観光を含めて4日も一緒って そうそうないもんね。
これはクセになありまっせ。
タダの観光旅行でなく、メインに登山があるんだから大満足だね。

>もう、こっちまで女子高生に戻ったような気分よ。。。

ねーさん そりゃー言い過ぎ(爆 

>連ドラみているような気分だね。

連ドラかぁ 中に恋愛や別れを盛り込まないとだな・・・
それも4人のブロガーの4次元中継ってとこがミソですな。

クミちゃんもそのうち一緒に旅にでような^^

No title

あれから早一週間です。
早いねー。

でも3人娘?の笑顔は笑い声はまだ脳裏に焼き付いちゅうで-。
今回は第1回目ということで、また2回目3回目・・・と続きますように。
鰹はこれから美味しゅうなるがで~♪
次は一緒に山登ろうね!

額田王はぁ~♪

 あっ!
浴衣の君はぁ~♪
だったw

No title

>とっちゃん

お疲れ様でした。
無事に山を乗り越えたんだね、よかった^^

>あれから早一週間です。
 早いねー。

そうだよね、でも10日程ずれてたら とっちゃんと山に・・・
なんて考えてもそれは”たら”な話
次こそ とっちゃんと!と3人(+1人)は燃えているのです

>3人娘?の笑顔は笑い声はまだ脳裏に焼き付いちゅうで-。

まったく3人共大きな声の持ち主で、抑えをしらんからね
楽しくて嬉しくて笑いっぱなしの四国でしたん
んでね、きたじでとっちゃんの顔見たとき 嬉しくてブルっときたわ
ヘンでしょ(爆

>鰹はこれから美味しゅうなるがで~♪

あれ以上 美味いって罪や罪

>次は一緒に山登ろうね!

もちろん
あ・・・覚えたはずの土佐弁がでんでん でてこんきー

No title

>河童ちゃん

何から何までお世話になりました。
高知という地が 河童ちゃんととっちゃんを作り上げたのだと
よーくわかりもうした。
おいどんも高知にすみたかーっ(これ 薩摩弁か?)
あしも高知にすみたいやか (これぞ 高知弁か)

>額田王はぁ~♪
>浴衣の君はぁ~♪

はぁ? なぬ 浴衣の君はぁススキのかんざしぃ~ ってか?
旅の宿やもんね。

No title

かづら橋、お金払うの嫌だから、おしりから進んだんだよねー。なつかし。
でも、ふたつあるなんて知らなんだ。その二重ってとこわたし行ってないな。野猿はちと怖いなあ。命かけてる感じだねえ。
で、私は自家用ケーブルカーに乗って露天風呂に行く旅館に泊まったんだよ~。
なんか、いいとこだよねー。私も四国大好き!!

No title

>まっきー

この前はどーも^^
ボッカ駅伝は盛り上がったことでしょう
結果みたよ、あの暑さの中みんな頑張ったねー

>かづら橋、お金払うの嫌だから、おしりから進んだんだよねー

そ、そんなことができるのか!?(爆
二重かずらの方はね、もう川に下っていく入口の小屋に
おばあちゃんが座ってるからズルはできないんだな
ポピュラーな方と違って人がめっぽう少ないのであります
野猿はなかなか度胸を試されるのだ。女は度胸だからね やるっきゃない
一緒に行ってたらやってるよ、きっと

>私は自家用ケーブルカーに乗って露天風呂に行く旅館に泊まったんだよ~

わぁお 楽しそう~♪
まき嬢はいい処に泊まりそうだもんなー
でも、今回のお宿まんなかもよかったよ、満足です

ところで・・・

 大歩危(おおぼけ)に住んでる方には
大変失礼かもしれませんが
始めて訪れた若い頃仲間達と
窒息寸前まで笑っちゃいますた。

 「ぼけマート」に売っている「ぼけ焼き」・・・
 「おおぼけ駐在所」ってどんなお巡りさんがいるの!

 極めつけは「おおぼけ老人集会所」って・・・
これはいかんろう P( ̄□ ̄;)!!

No title

>河童ちゃん

>極めつけは「おおぼけ老人集会所」って・・・

ぎゃーーー お腹痛いよぉ~
まずい、会社だから
そんなに大笑い・・・あかん・・・ぐへぇ・・ぶふっ

いやいや そんな楽しい話先に聞いてたら記事にしたのに(笑








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。