スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国遊山(その4 高知観光)

2014.06.08 10:39| 山の空気

2014.5.23+24 (金+土) 

さぁ 石鎚にも登り四国の山を(1個だけど)堪能したし

残るは おもいっきり高知を味わうぞー


もうね 嬉しくって嬉しくって 夜の高知にウハウハ出かける3人でありました。
(いや、和弘さんがホテルに車横付で待っててくれたので4人ですけどね)(笑



 
むふ きたじ ですよぉー

知ってらっしゃいます?  あの、猿板によく出てくる名店 
河童ちゃん曰く 「高知じゃ 一番魚が美味い店っちゃ」


000000-きたじ
これは帰りの写真 「美味しいもの沢山ありがとねー」


その きたじ ですよ、 うふふふ うひゃひゃひゃ
 (あー思い出すだけでヨダレ 笑いがとまらん)


私達は待ち構えておりました、今宵の主役

 マン叔父・・・ちゃう、 満を持して とっちゃん 登場~



000000-とっちゃん登場 
いよっ お疲れさん!

山に一緒に行けなかったけど、今夜こうして一緒に飲めるだけでサイコー
久しぶりの再会で盛り上がる話の間にテーブルに運ばれてくるものは


000000-鰻白焼き
天然ウナギの白焼 (これで生を飲む! めちゃ素敵ー)


000000-鮎 
天然アユの塩焼き このかすかな苦味! くぅー

 天然でっせ、天然!

  
                            

      コチラも天然 お人良し!(爆 

             0000000_20140607152504f1f.jpg


000000-鰹 
それに見よ! この本場カツオの色、ツヤ!!

写真にはないけど カツオのたたきもムチャ うまいわ。
なんだろな、生臭さなんて微塵もなくて、とろりとしながら 弾力はある
それも 塩をのせて、その上に生のニンニクスライスをのせていただく。 滅法なうまさ

四国の人間は毎日こんなもん食べてるのか ぁ。 ゆるせん! (←なんでそっちの方向?)

「高知の人間はね、みんなニンニク臭いがきー」 (これは話半分だしょ)


000000-骨酒 

そして ヒロちゃんの誕生日  (小屋泊の日)のお祝いに・・・ 

でたー! 骨酒
(これも骨酒っていうのか? 知らんかった)

天然アユがスイスイと  お酒の中で泳いでるっちゅーの 
(だいぶ酔ってきてるので そうにしか見えない)

    幸せもんの 鮎やのぉ~

「土佐にマグロはいらんきー」 とは河童ちゃんの名言

000000-シラスちゃづけ

最後の〆はだし茶漬け。 シラスと・・なにかが入ってたのだよね
飲んでしゃべって笑って、途中、写真撮るなんてすっかり忘れてもーたよ

いやー きたじ サイコーでしたよ。ごちそうさま



 その夜はオマケに蘭丸にご対面

人懐っこくて、スマートで、賢そうで・・・そんな猫もいるんやな (ぽつり)  


         000000-蘭丸  

         手前の二人はまるで ○○族のようなポーズ
         ほらっ もう いい大人なんだから (笑


---------  ------  ------



晴れて翌日 (前夜の飲みでみんなの顔も腫れ気味でしたがね)


土佐といっちゃー まずは 

① 桂浜

へぇー 実際来てみるとイメージとは違ってることも多し

01桂浜

龍馬よ、死してなお上野西郷さんとずーっと見つめ合う仲なのか
海岸から一段上がった所に建っている 坂本龍馬像



02桂浜 

海岸に降りれば目の前は太平洋だぜよ
(あのモッコリした林の中に龍馬は建っているがき)

03桂浜

この浜は 5色の石 があるんだって 
みんなで集め集め 靴に砂が入るだのなんだの言いながら歩く

桂浜から少し西へ行った所に 仁淀川 があり、その川の周辺の複数の地層から運ばれてくる 
石だから 5色なんだそうな
ふーん 仁淀川ね。 いまじゃ 四万十よりもキレイだって和弘さんが言ってたよな
んで 仁淀川はカッパちゃんのルーツだしな (←意味不明)

03アイスクリン
人生初! アイスクリン

なんやら バナナの味がして クリームと言うよりシャーベットな舌触り
 「懐かしいなぁ~」 を連発するみんなにご幼少の頃の自分が甦る

そんなメインの桂浜よりも 龍馬の像よりも、河童ちゃんが言っていた

「ここの水族館はすごか。 魚屋でみるような魚がいっぱいいて、説明のプレートの脇に
その調理方法が書いてあるやき。 そんな水族館みたことあるっちゃ?」

と、 これが頭に強くインプットされたのであります





② 高知城

山内一豊の居城として有名であります。
築城400年、再建から250年を数えた優美でロマン漂う城であります


04高知城 
追手門からの天守の眺め
うーん 今までみた城の中でも かなり上位ランクであります

05ハス満開
追手門横の池には色んな色のハスが満開

06カメっち
あらら カメも鯉も平和ですなー  今日は暑いから気持ちよいやきー

07石垣のカーブ
城といったら やはり石垣でしょー
なんたって このカーブがステキ      そそるなー 

09_20140607113317ccb.jpg
暑いんですわ。 さすが南国高知

昨日の石鎚の疲れか? きたじでの飲み過ぎのせいか? ちょっと体重いっす



09城主 
城に一歩入ってみると おぉ 出迎えの御家老   くるしゅーない


10さわやか 
日陰に入ると 急に涼しさが。 
うふっ 気持ち良い 

11なんちゅー階段 

なんということでしょう  
階段の急なこと、
1段の高いこと、
1段の奥行きの浅いこと!!

昔の着物の女性はどうやって登ったんだろ?  裾まくり上げか? 
足を滑らせ、お尻ドンドンドンと打ちまくって落ちた人多いと思われます 

10城 

えーっと えーっと いまココにいて こうやって歩いてきたから・・・
こういうのワタクシ 実は大好きであります。 ジオラマスキ? 俯瞰スキ?

12爽やかな風 

天守閣からの眺めであります  風がきもちよい~
お殿様 いつもここからこの眺めみてたのね~
そして、高知の町の大きさにびっくりだ。 想像以上に都会であります


13天守閣  

この城をつくった山内一豊の逸話として

領民に対して食中毒を気遣い、鰹を刺身で食べることを禁じた。
それに対し、領民が鰹の表面のみをあぶり、刺身ではないと言い繕って食すようになった。
これが鰹のタタキ
の起源だとされているそうな。

高知城からブラブラ歩いて向かった先は

 
    ひろめ市場  じゃっじゃーん

14ひろめ市場 
いいね いいぞ お城下広場! ネーミング ぐーです


15ひろめ 
そこはそこは 摩訶不思議な世界であります。

広い建物の中には 屋台や店がわんさか 活気いっぱい
分散された広場には 6人掛け程のテーブルがびっちり
みんなあっちこっちの店から好きなものを買ってきて食べるわけですよ、もちろんお酒も
地元の人間も、観光客もワイワイと同席して飲み食いしてるわけですよ。
それも昼間っから 

えーっと これを私達仲間内では  楽園・・・ 天国・・・  というんだよね? だよね


ここから空港まで運転担当のロビンは ゴクゴク喉をならしながら飲んでる
ぜぜ&ひろ&河童&とち を直視しないように 買い物なんかしたりして・・・
 
もし同じ楽園が東京にあっても これだけ盛り上がらないでしょう、さすが 土佐じゃ!


22_20140607113413099.jpg 

あっという間に空港です。
もちろん、レンタカーを返したので ここでは思いっきりゴクゴクする私です。
みんなも付き合いいいよなー  また一緒に飲んでくれ・・・あ、そう? 飲みたいからか(爆

20貝
そうそう、へんてこなチャンバラ貝っていうのの食べ方をとっちゃんが伝授
「ほら、このとびび出してるのが刀みたいでしょ、これを引っ張って・・・」

23_20140607114412c9d.jpg 

あぁ もう食べた食べた。 四国の味満喫しました。
和弘さんが 「よう食べて よう飲む人達やな」 って驚いてたのも無理はない。 


    24東京
     高知発 16:15 羽田着 17:35  
         
        
 あっという間にこの無機質な景色。 四国がすでに懐かしや




 沢山 沢山お世話になった皆さん ありがとね 
 

000000-河童ちゃんs 000000-とっちゃんs
           000000-和宏さん2 

000000-ぜぜさんs 000000-ひろs 
 


ただただ ひたすら長い駄文となりましたが、「歳をとったら記憶は自分の blog で呼び戻す」
をモットーにしておりますので 読んでいただいた方 ご勘弁そうろう

コメント:20 トラックバック:0
<<梅雨の合間に尾瀬る | ホーム | 四国遊山(その3 いよいよ 石鎚山)>>

No title

よみがえるわ~
土佐は食の宝庫だね、素材がいいから何でも豪快!
すぐにでも戻りたい。。。
ろびさんには、ひろめ市場でのアルコール我慢、ごめんね~
結局運転はお二人にお任せっぱなしで、次回はぜひ私めが。。。

皆がそれぞれの時間で待ち合わせとなると2006年(だったらしい)の秋田駒を思い出すねぇ…
結局、笑って飲んで食って登って…えっと、もうなかったっけ?
ね、ろびさん、ぜぜさん

No title

よみがえるわ~!
でも、桂浜は行かんかったけどね。
あと、ちゃんばら貝って知らんかった!
ふふふ、その代わり龍馬誕生祭のよさこいは圧倒的でした。なんせひろめ市前を起点で各連が練り歩くやもんね。

No title

そうそう
監督さん
ひろめ市場からビアジョッキ持ったままよさこい追っかけて飛び出したのもいい思い出ですね。
一応「ジョッキは持ち出し禁止です」って止められたけど
「後で戻しに来るきー」って言ったら「じゃぁどうぞ」でしたもんね。
小さな事に(←小さな事か?)拘らない土佐が好きだなぁ。

No title

>ぜぜさん

>土佐は食の宝庫だね、素材がいいから何でも豪快!
>すぐにでも戻りたい。。。

うん 贅沢なことだよね。 毎日の食にかかわる問題だもんね。
定年退職したら、3か月ごとに各地で生活+地元の山登り・・・・
なんて生活してみたいっす。そしたらもっと山のことがわかるのにな(笑

>結局運転はお二人にお任せっぱなしで、次回はぜひ私めが。。。

いやいや その我慢の先にもっと大きな喜びが待ってると思えば・・・
わたしは Mか!?(笑
踵はその後どうですか? 早く全部切れちゃうといいね(←っそれでいーのか?)

No title

>k林さん

毎度~です

>2006年(だったらしい)の秋田駒を思い出すねぇ…


あれもまた人生の中の大きな思い出の1つでしたね。(爆
もう8年か・・・信じられん(;’∀’)
天気はもう一つだったけど、次々起こる事件で なんか笑えましたね。
ってか、あの時は必死だったけど、今となっちゃだよね^^
熊さんも元気かな~ 車故障したりで大変だったよね

まだ、まだ、あの頃はk林さんをダンディーな大人だと思ってた・・・
あぁ 懐かしい(大爆

あー もう1度blog読み直してたのしもーっと(爆

No title

>監督

>よみがえるわ~!

でしょ でしょ。きっと誰かがまた高知言ってレポったら 懐かしく思うだろうな~

>でも、桂浜は行かんかったけどね。
>あと、ちゃんばら貝って知らんかった!

むふふ 勝ったな!

>ふふふ、その代わり龍馬誕生祭のよさこいは圧倒的でした。
なんせひろめ市前を起点で各連が練り歩く・・・・

あーぁ まったく監督ったら子供みたいに負けず嫌いなんだから(←私の方か?)
でも ぐやじーーーーー
よさこいは外せませんよね。 あの熱い活気、ムード
また ひろめ市の前から? だよねー お城の正面だもんね
そっか 監督もひろめ市行ったのかぁ
んじゃ 今度 エミさんに二人で自慢しよねぇー
(って いつからこんなひどい私になったのだ)

No title

>とっちゃん

よく飲んで よく食べて お世話になりました。

>そうそう 監督さん
ひろめ市場からビアジョッキ持ったままよさこい追っかけて飛び出したのもいい思い出ですね。

かんとくぅ~ 大人気ないなぁ
いいなぁ~ その場にいたかったなぁ~

>一応「ジョッキは持ち出し禁止です」って止められたけど
「後で戻しに来るきー」って言ったら「じゃぁどうぞ」でしたもんね。
小さな事に(←小さな事か?)拘らない土佐が好きだなぁ。

私も今回土佐に行って よーくわかり申した。
土佐の人間って みんな器がでかい! 愛嬌もよい!
あの空港のレストランのおねえちゃんのノリ、びっくらした。
来る前に打ち合わせしてたんじゃないかっと思うほど。
そんな土佐人をみてたら チッコイことに拘ってたら
アカンと思いました。 
旅はするもんじゃのー

ありがとう

ロビンさん、ぜいぜいさん、ひろさん、皆さんのブログ、密かに…うふふ …と1人喜んで読ませて頂きました。来てくれて本当にありがとう。
引きこもりしてたら人間関係が希薄になってしまってね。田舎生まれ、田舎育ちの鈍なオヤジですが今後も よろしくね。

No title

怒涛の如き第4弾で、ようやっと真打登場ですね♪
え~?とっちゃんいつでてくるのよよ~。
会えないで帰っちゃうんか!!
と、ヤキモキでした。

そして、とっちゃんお仕事本当にご苦労様でした。。。。
みんなにあえてよかったね。

やぁ~ぁ、ハッピ~エンドでよかったわ

しししかし、、、なんですか、、、、あの御馳走のオンパレードv-403

No title

また楽しい思い出がよみがえってくる~。みんなのブログでまた再確認だわ。

和宏さん、初めてお会いしたのにこんなに親切にしてもらって、いや~、もう、言葉もありません。ありがとうございます。私達、そんなに良く飲んで、よく食べたのでしょうか・・・お恥ずかしい^^;
こちらこそ、よろしくおねがいします。

ロビさん、ひろめ市場で飲まないでくれてありがとう^^(爆)
このご恩は一生忘れません^^

No title

>和宏さん

おぉー いらっしゃいませ^^
遠い所をわざわざ・・・ちゃいますね。(笑
大変お世話になりました。

河童ちゃんも和宏さんも「田舎、田舎」っていうから
どんだけ田舎かと思ってましたが、全然ですわ。
ビックリ栗まんじゅうです
なんせ活気がある町ですよね。
よさこいが土佐人の身体に染みこんでるんだな、きっと。

えっ、誰が引きこもり?
引きこもりだなんてとんでもない。
家に一日たりともいらっしゃらないんじゃありませんか?
でも ええことですよね、体を動かすのがなにより。

ウルサイ3人組でしたが、これからもどーぞよろしくです

No title

>kumiちゃん

>怒涛の如き第4弾で、とっちゃんいつでてくるのよよ~。

いやいや こちらもヒヤヒヤでしたがね
なんせ一番忙しい時に出かけていったもんですから
ほんでも よく付き合ってくれたと思います。
体力あるんだなー、若いんだなー
きっと私だったらビール一口で気を失ってしまいますな
毎日どんだけの睡眠時間で働いとる!
そりゃあー ストレス発散ンンー十万円の買い物したって・・・ぼそぼそ
いや、違う、この中には河童ちゃんの買い物も(笑

>なんですか、、、、あの御馳走のオンパレード

えっと、kumiちゃんが退職したアカツキには いきましょー四国へ
そして 八十八ヶ所・・・って、四国を車で走ったら
これとんでもないってよくわかりました。
全部歩いてだから、ヨシはとんでもないやつだな シミジミ

No title

>ヒロちゃん

おかえんなさいましー
ちょっとは焼けたかな

>みんなのブログでまた再確認だわ。

そうそう、みんなのblogってまた違う観点からみてたりで楽しいよね。
そして名前が出てこないのはヒロちゃんのblog見にいったりで
とってーもありがたかったよん♪(笑

>ロビさん、ひろめ市場で飲まないでくれてありがとう^^(爆)
>このご恩は一生忘れません^^

えーっと 何か紙に消えないインクでちゃんと書いといてね(爆
いやいや その我慢した分、空港で特別美味しかった気がします。
今回の旅でね、3人いろいろと今まで以上に深く知ったって感じ
むふふ 若者よ がんばれー

くぅ~羨ましい~

四国は行ったコトが無いので興味シンシンシンで読ませてもらいました。
広い広い風景も、美味しそうなご馳走も、いいなあ~。
そのうち、ぜひに行ってみたいです。
土地の仲良しさんとご一緒だと楽しさ倍増ですね。

過去日記で記憶を呼び覚まして思い出を反芻してるの、私も同じです(^^;

No title

>To-ko さん

こんちはー

>四国は行ったコトが無いので興味シンシンシンで読ませてもらいました

そうなんです、ちょっと前えまで私も唯一行ったことがない四国は
行ってみたいけどなかなか計画し辛い所でした。
仲間がいることで背中を押されたのですが、いいところでっせー
行ってよかったですよん ^^

まだまだ見どころは満載
美味しいものもまだまだ沢山ありそうです。
んで、なんたって土佐の人のお人柄
なんだろね、あのノリと気前の良さ
江戸っ子だってねぇ~ そりゃー負けまへんで
でもそんなもんと次元がちゃう

そしてね 四国を車で走ってると普通の道を
お遍路さんが歩いてるんですわ、ポツポツと普通に(笑
なんか不思議な感じやわ~
せ、背中おしまひょか?

No title

あ~また行きたくなるや!
ほんとに素敵な場所だよね。
○○族の画像のうしろのぜぜさんの驚きの表情に、なんか一人ウケてしまった(^_^

No title

>食う寝る君

>あ~また行きたくなるや!

って 君はもう何回行ってるだに
私達は初めてだもーん だからまだ何回かいけるもーん(?)
四国ってちょっと別物
いえいえ 河童&とち&和宏さんがいるからだよね。

>○○族の画像のうしろのぜぜさんの驚きの表情

いやー 私も爆笑しましたよ。
何に対しての驚きの表情だったんだっけ?と思い出そうにも
かなりヨッパらいだったので わかりません。
その謎が いかにもぜぜさんらしい

土佐人は酔鯨ぜよ (^_^)

 みんなぁ遠くから来てくれて
ほんまにありがとう。
私らも嬉しゅうて、よう呑んで、よう笑ろたき。

 土佐にゃもともと何ちゃあないき
貯めるじゃ、惜しむじゃ誰っちゃあ考えやぁせん
また遠慮せんといつで帰ってきいよ。

いつでも酔って候で待ちゆうき。

 万御遊山承ります!!
よっちょれ! よっちょれ!!

No title

>河童ちゃん

>みんなぁ遠くから来てくれて ほんまにありがとう。

何をおっしゃる、いつも遠くからわざわざ来てくれてるんだなぁ
っと 今更ながら驚きました。

>私らも嬉しゅうて、よう呑んで、よう笑ろたき。

うんうん 楽しかったねぇ~
どのシーンを思い出しても楽しかった記憶ばかり
あっという間の今の4日間だたよなー
いつもよりたっぷり話せて ますますお互いが深く知りあえて
3人共大満足でしたよ。
そしていつも見聞きするきたじやご自宅にいけて嬉しかったです
沢山ごちそうになったね。
ありがとね。 いつかこのお礼は(いつやー? 笑)

今度はもちっと土佐弁うまくらるきぃーまっとって








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。