スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大鹿村騒動記(中央構造線探検隊)

2014.09.07 12:20| 高遠物語

2014.8.16-17   大鹿村騒動記

0000_201409062212255e9.jpg 
 高遠のキノコの山も こんなに寂しげな今夏

  




0-susi.jpg 

マグロ マグロ ホタテ ホタテ エビ エビ いくら いくら

   んで この角上魚類のお寿司はイクラ?  

なーんて オヤジなダジャレがでるようになったら 
だいぶ調子が戻ってきたのである。 うん  よかった



8月の16,17日なんて 普通の会社はお盆休みの最後のツメのツメ
みんな夏山に行きたいのに、お天気がどーにも こーにも 今年は我慢の夏なのだ。

北アの縦走に突入するも芳しくない天候で 「もうここで十分」 と燕山荘で生ビールで
乾杯する監督&エミさんを甘い汁で誘い、追っかけ大天井で合流するはずだったクミちゃんを
真っ直ぐ高遠へおいで、おいでをして 高遠で午後から宴会が始まった。



0-hanabi.jpg 

夜は童心に帰って花火

日本の田舎のお盆の正しい過ごし方 なのだ。



000_20140906221226805.jpg 

縁側で監督は黙々と 紛失した蚊取り線香立ての代用品して
ジャバラなお皿を厚紙で作っていた。 
さすがや! 頭はつかわないとですね

                          0-hana.jpg

翌日は 監督を射止めた 甘い汁

    中央構造線探検 なのであーる!


高遠から ずーっと南に車小一時間を走らせれば  

驚異のパワースポット ゼロ磁場の 分杭峠 なのである

地球は北極が、南極がの巨大な「磁石の球」であります。
この巨大な磁石の表面で、2つの地層がぶつかり合う中央構造線の分杭峠は
調査の結果 「ゼロ磁場」 であることがわかったのです


その、何が凄いって

体内の水分子に磁気が作用して細胞が活性化し、身体の健康などに影響を及ぼすことが
わかってきているんだそうな





昼間はバス送迎でしか行けない分杭峠を横目でみながら
中央構造線を自分の目で確認すべく北川露頭へ向かいます。

0-北川露頭  
一目で 仲間の誰よりも心ウキウキさせている方がおりますな


                 ドーーーン

1-北川露頭 
     

            来たーーっ   中央構造線がクッキリ

    上の写真に写ってる人が男か女か・・・そんなことはどーでもいい




00-露頭  

えっへん ちょと解説しますと

左側の赤~白っぽい方が内帯(ないたい)の領家(りょうけ)変成帯の岩石。
右側の緑~黒っぽい方が外帯(がいたい)の三波川(さんばがわ)変成帯の岩石 。

こんな風に目でジカに見えるなんて・・・・・・ おおおおぉ  感動!



ってことは 河童ちゃんや私達はみーんな 三波春夫・・・ちゃう、三波川変成帯で
クミちゃんや駒ちゃんは 良家の子女・・ちゃう、領家変成帯なのだ(こうやって覚えるべし)

あぁ 同じ日本に生きていながら まるでロミオとジュリエット 
モーゼの祈りで 地面が中央構造線で真っ二つに割れたりしたら、
二度と会うことは叶わない (←あほ あほ あほ)




0_20140906230745b55.jpg 






  急に地球の内部を感じながら 急に谷の両側の色合いを意識しながら

  日本でもっとも美しい村連合加盟の 大鹿村に到着!!



  ここはね、塩見登山で鳥倉林道への通り道なのであります

  大鹿村といえば、ジビエや歌舞伎でも有名

 

 ちょっと前の映画 『大鹿村騒動記』でも舞台になった大磧(たいせき) 神社

4-舞台
  大鹿歌舞伎は300余年前から続いております

2-大セキ神社 
この鳥居 年期入って素朴で渋いですなぁ  (人物ではござらん)




3-大セキ神社 

おそるべし!   こんなに古いけど回り舞台なんですねん

大自然に包まれ、解放された空間の中で、まさに古来の観劇スタイルそのままに、
境内にゴザを敷き、ご馳走を食べ、酒を酌み交わしながら芝居を楽しむ。 ってステキやね   
 



 お腹も減ったのでお昼を食べに 右馬允(うまのじょう) 


00-右馬允 

個室の外の景色は 何よりもゴチソウ
苔が緑眩しい美しい庭園


5-右馬丈 
静かなんですよ 空気もいい具合に潤ってて 呼吸すると美味しい


00-右馬允庭園 
宿としても有名なんだってさ


000000_201409062307420a1.jpg 
庭には 可憐なお花達
サンダルを履いて 自由にお庭を散策できます


00000_20140906230744da9.jpg 
そして な、なんと
手打ちおろしうどん(¥900くらい)を頼んだのに 煮物、なます、デザートまで付く!

どれも上品で繊細で美味しい。 鮎の塩焼き(これは別注)は今まで食べた中でも一番 

んで デザートがまた絶品(甘酒の柔らかな香りと甘味と濃厚なクリームがとけあったババロア)



10-うどん 

手打ちと言えば”蕎麦”ですが、 うどんもなかなかであります
冷たく キリリッとしめられた 喉越しのよい細めのうどん

12-コロ 
玄関横にいるのは お目目が澄んでて穏やかなワンちゃん (これまた、かわいいんだ)


知らずに飛び込んだランチでしたが 5人は最高の隠れ家を見つけたみたいに
大喜びでありました。
  


  そしてここから メインの 中央構造線博物館

       「ここなら1日いられるわ」 と大喜びの監督



13-中央構造線上の3人 
はいはい よかったねー 構造線上にのかって(笑


14-地質の勉強    
           

  「石は地球の長老」


これですよ、これ。

自分の住んでる地球に対しての興味ですなー (覚えらられないけど)



帰りに大鹿村の温泉に入り、夕方で誰もいなくなった分杭峠でパワーアップ

15-分杭峠  
気が集まる前に蚊が集まってきそうな・・・・・
 


    あれっ ああ あの二人は 
ゼロ磁場で何もかもが吹っ切れたのでしょうか

           まるで 宝塚  
               

16-あぁ 高遠領  



           雲がかかってますが分杭峠からの眺めにサヨナラして

17-峠からの眺め 


 いやいや 思いもかけず充実した夏休みの1日でしたね ^^ ♪



コメント:20 トラックバック:0
<<今年の秋満喫 地獄谷野猿公苑 | ホーム | 親の心子知らず>>

えっ! 中年小僧戦隊  ( ̄□ ̄;)!!

 違うで!(b^ー°)

河童ちゃんらぁが

おるがは乳部隊・・・ちゃうちゃう

秩父帯でぇ(^0^)/

馬鹿夫婦

この前、河童がジムニー壁にぶつけて修理代20万円かかって
頭がおかしゅうなっちゅう!

監督さん
四国にも中央分離帯・・・違う違う中央構造線通っちゅうもね。
四国山脈の北側が切れちゅうのもそんでやもね!
いいなぁ。
私も四国の中央構造線の見える山で(見えるが?)監督さんのレクチャー受けてみたい(願望)

No title

私は良家の子女なんだ! 何10年ぶりに地学のお勉強!
我が庭のような金剛山も線上に乗っかっているみたいで・・

四国の砥部焼はこの線のおかげでいい陶土が取れるんだと聞いたことがあります。

塩見に行こうと8月半ばから大鹿村の天気予報をチェックしていたのですがXXで
薬師に変更、塩見は来年回しです。 そのときに、博物館、行きまっしょ。

え、え、えと
なんか、そのテンションに引き…
あ、いや、
えと、
一緒に行きたかったような、行かなくてよかったような…、フクザツな乙女ゴコロ。
い、いえ、あの、次回はぜひご一緒に〜

No title

おもしろいとこみつけますなあ。
ここは監督大喜びですね!
中央構造線上は聖地が多いらしいですね。
伊勢神宮、諏訪大社、高野山、今年行った石槌山もだよ~
やっぱ、特別なパワーがあるんだろうね。

No title

分杭峠のゼロ磁場、気になっていて15年くらい前に行ったんだよね~。
不思議な所だった~。
ここに湯治に行きたい気分。あれ?湯治とは言わないか・・・・近かったら通いたいくらい。

石鎚山系は中央構造線の産物らしいですが・・・

『山岳八季』に中央構造線のことをちょぴりと記しています。
おッ楽しみに!!

No title

いや~今年の夏は本当にガックシだったけど、、、

おかげさまでまだ夜にならないうちから、ホンワカ酔っ払い~~~
お昼寝なんかしたり、お散歩したり、そして、また飲んだり~~
線香花火に郷愁を感じたりと、
久々にのんびりとした夏休みになりました。

右馬允の緑滴るばかりの苔むした庭を眺めながら
厳選された小麦粉でのうどんもとってもおいしかったけど、
あのデザートもかなりな魅力。
おとなの時間をたっぷり味わさせていただきました。
ありがとう♪♪♪


で、あの学芸員さんは、監督&師匠の突っ込みに、久しぶりに血が燃えたって感じだったね~。

監督の、
「えっ?えっ?もう帰るの??!!!まだ、石見てないのに!!!」

石チンプンカンの私も同情でありました

No title

>河童ちゃん

>中年小僧戦隊  ( ̄□ ̄;)!!

う・・・うまいやんか、 座布団3枚やんか

そっかそっか、四国高知の河童宅は秩父帯かぁ
ちちぶーは良質の石灰石がとれて、中にアンモナイト化石も隠れてるってさ。
なんかワクワクするなぁ
そっか 河童ちゃんもそこで採れたわけだね

No title

>とっちゃん

>この前、河童がジムニー壁にぶつけて修理代20万円かかって
頭がおかしゅうなっちゅう!

あららー やっちゃったもんね、20万飛んでった?
あわわー あかんね、無駄な出費。
まぁ 本人怪我もなくてよかったけどね。
とちゃんの嘆きわかるわぁ

>私も四国の中央構造線の見える山で(見えるが?)
監督さんのレクチャー受けてみたい

んだよね、監督 むちゃ博物館で興奮してましたん
私もジックリ 絵で描いてもらいながら説明してほしいでつ
中央構造線が見えるっていったら祖谷地方から大歩危!
あそこはよー見えるんちゃう。
石鎚は南側からの沈み込みで やっぱりせり上がったんちゃうやろか。
ふんふん 監督の説明まちましょー

No title

>TH@大阪さん

>私は良家の子女なんだ! 何10年ぶりに地学のお勉強!
我が庭のような金剛山も線上に乗っかっているみたいで・・

おぉー 良家の子女の登場やぁ~  いいな 響きが(笑
ホンマですね、領家変成岩や花崗岩は、生駒山や金剛山をつくり、
瀬戸内海にかけてよく露出してるみたい
金剛山って そんな感じですかいな(どんな感じ?)

>塩見に行こうと8月半ばから大鹿村の天気予報をチェックして
いたのですがXXで 薬師に変更、塩見は来年回しです。
そのときに、博物館、行きまっしょ。

今年の夏は本当に泣かされましたね。塩見はですね
ポイントは駐車場から登山道までバス乗る!ですね(爆
塩見はとっても素敵な山です。私は大好き
来年楽しみですねー^^ 

No title

>まっきー

>え、え、えと
なんか、そのテンションに引き…

えーと それは私の文章にですかい?
写真のみんなの姿にですかい?(笑

写真だけ見るとオチャラケてみえるかもだけど
今回はしっかり勉強、しっとり大人な遊びでした。
以前から大鹿村&構造線博物館の話はでとたもんね
いやいや なかなか面白い所でした。
塩見に行ったときあの村通ったもんね。
川の横の崖の色が不思議な記憶があったもんな

>い、いえ、あの、次回はぜひご一緒に〜

うーむ まぁ 考えときましょ(爆

No title

>ぜぜさん

>おもしろいとこみつけますなあ。
ここは監督大喜びですね!

そうそう、もうね 博物館の外にいっぱい飾ってある石の
所から入口までなかなか進まないわけよ。(笑
あれはきっと 近いうちにまた行くと思われます。

>中央構造線上は聖地が多いらしいですね。
伊勢神宮、諏訪大社、高野山、今年行った石槌山もだよ~
やっぱ、特別なパワーがあるんだろうね。

そうそう、ここ1年で伊勢も諏訪も石鎚もいったのだ。
分杭峠もいったし、なんぼ私パワー蓄えてとる。
なのに なんでこんなにヘッポコ?

 また来年、みんなでパワーアップしにいこうねぇ

No title

>hiroちゃん

>分杭峠のゼロ磁場、気になっていて15年くらい前に行ったんだよね~。
不思議な所だった~。

いろんなとこ行ってるなー 分杭もいったん?
うん、奥までいってないけど、ベンチがいっぱいできてるんでしょ?
んで、みんな長い時間気を溜めるために座ってるらしい。
確かに病が軽くなったりしてる人もいるんだってさ。

>ここに湯治に行きたい気分。あれ?湯治とは言わないか・・・・
近かったら通いたいくらい。

えっと、高遠の良いお宿 一泊3000円でありますけど
おほほほ 素泊まりですけどね。(爆

No title

>『山岳八季』・八田さん

>『山岳八季』に中央構造線のことをちょぴりと記しています。
おッ楽しみに!!

早く製本出来上がるといいですね。
なぬ? 中央構造線の事もでてるんですか?
へぇー どこの山の所で出てくるんだろう
楽しみ♪
大作やもんねー

No title

>良家の子女参上なり ・・・クミちゃんか(爆

すまん ぬか喜びさせて
くみちゃんとこは フォッサ・マグマでしたぁー
だから良家の子女じゃあなくて マグマ大使(ふるっ)でした。

>久々にのんびりとした夏休みになりました。

なんかさ、連休には必ずクミちゃん高遠で一緒に飲んでるよね(爆
今年は天気がいまいちだったから特にね。

>右馬允の緑滴るばかりの苔むした庭を眺めながら

本当に良い店見つけたよね。
あの雰囲気+味+眺め=高級料亭並みな満足
温泉でどしゃ降りに逢ったのは笑ったけど
それも思い出の1つ♪

>あの学芸員さんは、監督&師匠の突っ込みに、
久しぶりに血が燃えたって感じだったね~。

うんうん もっと二人のやり取り見てたかった。
(石みてないのか?)
うちに帰って ついつい地質の本買っちゃいましたよ。
中央構造線 もっと勉強しなくては
でも これ以上新しい名前が・・・頭に入らない・・

No title

うーん、このところこちらのイナターネットが不調ですっかり出遅れてしまいました。まずもって、図らずも楽しい夏休みを楽しませていただいたこと、お礼申しあげます。自分にはやはりあの博物館が圧倒的でした。あの学芸員さんはどなたにもあのように熱心にお話されていると思いますし、そのご在勤を確認してから訪れる熱心なファンもおれるようですよ。多分あの石の実物展示の仕方もあの方の思想が反映されたものでしょう。滅多に見られない行き届いた配慮が感じられて、自分も是非もう一度訪れてゆっくり味わいたいと思ってます。(あの翌週、もうちょっとで行くところでした。)

No title

>監督

おぉー 真打登場! ^^
出張お疲れさんです

>このところこちらのイナターネットが不調で

いやいや この出だしのイナターネットが
可笑しくて腰砕けになりましたがな(笑

面白かったですね。中央構造線博物館!
私達 監督以外の仲間もあれだけ楽しめたのは
やっぱり監督の地質に対する熱い情熱に引っ張られたからな気もします。
だって 本当にとっても楽しかったもん♪
時間があれば、もっといられたよね
そして、買っちゃったいましたよ
『日本の凸凹』(活火山、活断層)ってやつ むはー

あの学芸員さんはかなりの人ですよね。
HPのカモシカのロックンってまた可愛いですね
んで、地質大好きだから大鹿村に住むって・・・・
監督、大鹿村に移住したら高遠近いっすよv-218


月出

今頃書いてもお目に留まらないかもしれませんが、昨日の発見です。
18,19と途中の桃の木小屋で一泊して大台ケ原から大杉谷をくだり帰阪しました。
すると、途中の道路脇に「中央構造線・・・月出」の看板が・・
帰って調べると、松阪市飯高町月出に露頭地がありました!!
伊勢湾台風で現れたとか・・
この辺は何度も山行きで走っているのに気がつかなかったんですね。
次回通るときは寄りますよ。

ところで、大杉谷は行かれましたか?滝と渓流の素晴らしいところです。
車だと、2台で行って上から組と下から組みに分かれて桃の木小屋でキーを交換して帰るのがお勧めです。
電車、バスだとなかなか大変です。

Re: 月出

>TH@おおさか さん

すんませーん
すっかり見落としてましたよ。
よかった、○ケ小屋にカキオしてくれて本当よかったです

> 18,19と途中の桃の木小屋で一泊して大台ケ原から大杉谷をくだり帰阪しました。
> すると、途中の道路脇に「中央構造線・・・月出」の看板が・・

早速、ネットで調べましたよ。
ぬぬぬ まずは”月出”って名前がステキ!
ロマンが名前にあふれてますがな
そして 画像みました。
「通称ワサビ谷の斜面で明らかに異なる地層の大規模な露頭が見られる。
これが中央構造線の露頭で、高さ80㍍×幅50㍍ほどの範囲で山の斜面が
大きく崩れており・・・」
高さ80mは迫力ありますね。
是非いつか自分の目で。
なんかね、
地球よ お前も生きてるし、長い人生送ってるんだなって(←当たり前だのクラッカー

> ところで、大杉谷は行かれましたか?滝と渓流の素晴らしいところです。

そうみたいですね
大台ケ原の近くですよね。
たしか日本三大渓谷とまで称される大杉谷で、2004年の大水害で
かなりの被害があったようですね。
体力的に頑張れるうちに その景色に逢いたいものです。
アドバイス ありがとうございますね~








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。