スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の秋満喫 地獄谷野猿公苑

2014.11.08 00:20| 今日の出来事

2014.11.2

今年の紅葉はいいよ。
という、話をあちこちで耳にして・・・あせるよー (^▽^;)

             6-ハロウィン
              あぁ 紅葉に体も心もまみれたい!


そこで 

紅葉にまみれたい!

新蕎麦を食べたい!!

それに念願の 地獄谷野猿公苑 ものっけちゃえー!!!

ってなもんだ。
  強く望めば夢は叶うものなのだ。


どーせ 雨の3連休、 山は諦めたが長野のクミちゃん宅へ
毎度の仲間 監督、えみさん、師匠とスタコラ出かけた。


0-群馬
おーおぉー 
上信越を走れば 群馬辺りの紅葉はまだまだ素晴らしい


監督&エミさんを6時に拾い、10時長野のクミちゃん宅到着を目指す。
途中のSAでは時間も惜しんで食事もせず、
エミさんの手作りの炊き込みごはんオニギリを車中で頂き
9時半には着いた。

「ひさしぶり~♪」 と感激の再会ではあるが、今年は一体何回遊んでるんだ?
「地元のの友人より会ってる」 とはクミちゃんのささやき

    さぁ お猿の温泉 にでかけよう! 


「もう 紅葉も終わってるとおもったけど なかなかいいじゃん」 とはクミちゃん


地獄谷野猿公苑は長野から志賀孝高原に向かう途中、思ったより近かった。

 コースは2つ

上林温泉から林の中を平道の片道30分の歩きか
地獄谷の駐車場から急な坂を登って15分か

そりゃー 山ヤは少しでも長く歩くのがスキ 


0-紅葉

ええでしょー この紅葉ぐあい。 
ここでコーヒーなんか飲みながら 目ん玉の中も紅葉させたいでしょう?

専用駐車場は一杯
でも このオシャレな喫茶店前のスペースにも気持ちよく停めさせていただいた。
そりゃー それならば帰りにコーヒーの1杯でも飲もうか・・・ってなことになる
紅葉も見事だし、かわいい外人さんのおねーさん も働いている
(って 後で調べたら このスペースは地獄谷野猿公苑のお客さん用みたいであります)

000_20141106223846fb4.jpg 

駐車場からユルユルっと30分程 山の中腹をトラバースするように
紅葉と枯葉のワクワクする平坦な道を歩いていく。
駐車場のすぐ横! すぐ前!とかでないところが またいいんだよね

歩きながら徐々に期待が膨らんでいくこの時間

沢山のお猿さんは やっぱり山の奥の方にいてもらいたい


 


1-後楽館

山の奥には1軒屋の温泉 後楽館
立ち昇る天然記念物の地獄谷噴泉が紅葉をバックにその白さを際立たせている

ここは標高850m サルたちにとっては楽園。
古くからこの地にはニホンザルの群れが自然のままに暮らしていたようだけど
本来の生態が損なわれたりしないように配慮しつつの餌づけは
野生サルたちを観察できる状態に留めておくための手段だと考えられています。


2-さる

おお もう途中の道端にお猿がくつろいでるぞ
人が近くで見てようが、歩いていようがカンケーない。 人間をほとんど意識していませんな

毛ずくろいしている方の真剣なまなざし、手の動きの速さ
されている方のウットリ感 
公園の隣のカップルを見てるような錯覚に陥りますな (笑


2-後楽館

後楽館から山の斜面の階段を登っていく
あのひょうたん池のように見えるのが露天風呂。 
あれじゃー 丸見えだな (笑)
でもその左側に柵付きの露天もあるようです



0000_20141106223845f01.jpg 

むふむふ・・・むふっ  きたー いよいよ 夢のお猿の温泉

へぇー 毎日ネットで眺めてた(←アホ) あの場面は
こんな急峻な谷間にあって こんな狭かったのか







3-さる

うーん いくら考えても答えがでない
周りに振り回されず心の奥深いところで自分とジックリと、ジックリ対話しなければ・・・・ うむ


4-さる

なーなー  何そんなにジーッと考えてるんだよー
温泉に浸かって ただボーッとするのがええのんちゃう


5-さる

僕だって、どうしたらいいか・・・・・
温泉の底にある大麦拾ってたら 爪のなかに入っちゃったんだもん
コリコリすると もっと奥に入ってっちゃうんだもん


6-さる

はちゃー  あちち。 のぼせたー
頭クラクラするぅ    お前ら何しゃべってんだ? 




そんなこんな 猿の写真を何枚とったことか
猿達はあくまで自分たちのペースで 人間を意識してない様子で過ごしています。



   さて帰るとしよか


6-紅葉

この対岸のカラマツの黄葉も 猿達の世界と私達の世界の重なった部分
猿達も秋を目と肌で感じているんだろうねー

帰りに近くの””羅臼庵”と言う ちょっと風変わりな蕎麦屋で今年初めての新蕎麦

なんで長野で羅臼なんや??

とは、みんなが思う事。 別に羅臼のそば粉使ってるわけえもなさそだし
店構えがまたね、 何か狙ってわざと外してるのだろうか・・・(大笑
お蕎麦の味は田舎蕎麦の素朴で太めの味わい深いものでした。

6-すずなりぎんなん

秋やねー   ぎんなんが鈴なり状態です


6-もみじ
今日、この辺りでは初めて見た 真っ赤に燃えるモミジの葉っぱ
本当に自然の作り出す色合いの見事さに脱帽だよね



さて、次は 自分たちの温泉!

ぐるりと山田牧場を抜け、七味温泉 紅葉館に向かう



     
おおおお! ここにも野生のタヌキがっ


7-たぬき

こんなに近くで見たのは初めてだよ。
愛くるしい瞳じゃないか


7-たぬきと監督

いやいや 驚いたのはテンション上がりかけの私達を一気にふりきって
監督の喜びったらない (ご満悦の笑顔をお見せできないのが残念)

乳白色の気持ちの良い温泉で温まって
夜は クミ邸に戻って 鍋で一杯。

    あ”ーーーー  幸せって こんなにすぐ傍に沢山あるんよね


8-宇宙人

お鍋に入れた真ダコが まるで宇宙人のように見えたのは ちょっとした オカルトちっく

やだー やだー 怖くて食べれないぃ~ と言いながらパクリとしたのは誰だ?(笑





       翌日は 新蕎麦を狙って 戸隠へ



途中、飯綱のクミちゃんの実家で大袋に長野のリンゴやジャガイモやジャムを
いただき、車が重そうに山道を越えていく

0-飯綱紅葉

ここにも紅葉 
天気はすぐれなかったけど陽があたったところはイキイキとした色合い

 うん 大人になって紅葉の感動がますます深く感じられるようになった

って言ったら、エミさんは 「あら、私は子供の時からそうだったわよ」 だってさ

確かに子供の頃の目にも紅葉は映っていた。でもあの頃はもっともっとキラキラした
沢山の刺激に目が向いていて こんな風に穏やかに景色の移ろいを味わってなかった
気がする。 



2-中社

今回は 初めての戸隠中社(ちゅうしゃ)であります

ここは天照大神が天岩戸にお隠れになった時、神楽を舞って岩戸を開くきっかけを作った
という神様をお祀りしています



1-屋根の紅葉

藁ぶき屋根の上にも苔玉のようなあしらい

1-樹齢800年

樹齢800年 神様ですな うん







3-中社

随神門のある奥社も素晴らしいけど 中社もいい




戸隠蕎麦を食べに寄った戸隠キャンプ場では またもや 野生の犬(?)
アニマル好きな監督はまたもや嬉しい悲鳴

4-クロとふれあい

でも クロよ、お前は野生の臭いたっぷりだったよ


5-戸隠そば

ここ「岳(がく)」のお蕎麦は昨日のと違って とっても繊細で上品

場所も戸隠の有名所から離れてて静か
リンゴの天婦羅も長野独特でおいしかったー

6-戸隠山

戸隠山の神々しくも厳しい山容
気軽に足を踏み入れちゃいかんです

7-唐松

今年の紅葉は足早に過ぎ去りそうだったけど、何とか間に合いました

           素敵な休日をありがとね みんな♪

 カラマツの黄葉が静かに燃えてる。
 高遠のカラマツもそろそろ見頃だね ^^



コメント:10 トラックバック:0
<<淡雪舞う茅が岳 (1703m) | ホーム | 大鹿村騒動記(中央構造線探検隊)>>

No title

あら、あら、みんなに先越されたわ。
秋満喫の濃い2日間だったね。
今年は天気のおかげでいっぱい遊んでくれて、、、
ありがとうね(笑

警告とはよく言ったもので、、あれからすぐPCがお陀仏!
今会社のPCに詳しい人に見てもらっているんだけれど、、、
なんとかデーターは復元したようです。
小まめにバックアップとるべしだね、、、トホホ。。。
さて、直るんだろうか・・・また出費?

山ヤの久しぶり!!

ロビンさんの久しぶり!!も、そ~ですか。
山ヤの久しぶりは、1カ月ですね。
これも『山岳八季』に記そうと思っていました。
尚、写真集には『山ヤさんのあと少し・・・とは?』
を記しています。
おッ楽しみに!!

No title

>kumiちゃん

お世話になりました。
今回のスノーモンキーは私の提案というより
kumiちゃんのフリがあったからこそであります。
このタイミングで行けてよかったわー 嬉しかった♪
それに想像以上に紅葉が残ってたもんね。
あぁ 幸せ^^

>警告とはよく言ったもので、、あれからすぐPCがお陀仏!

えーーっ そうだったの?
だってあのPC、うちのPCと同じ頃に買ったんじゃ・・・
もうだめなのか??  うちもか? ごわい 
最悪、データ復元できてよかったねー
山の写真は私達の宝物だから。
そうそう 山の画像データとアドレスとか大切なものは
バックアップしとかないとだね。

>さて、直るんだろうか・・・また出費?

ぎょえー ボーナスはドーナル?

No title

>山岳八季さん

こんにちはー
こちらは雨の週末です。
今年は本当に週末の雨が多いですね。

> 山ヤの久しぶりは、1カ月ですね。

山はほんと、ちゃんとした(?)山に行けてません。
天気予報に右往左往してるのはもちろんですが
最近めっきりユルユル歩きが身についてしまい、
ガッツリ歩きの根性が薄れてしまっています。

>写真集には『山ヤさんのあと少し・・・とは?』
を記しています。

『山ヤさんのあと少し・・・とは?』 って何でしょうね。
あと少しで頂上? もうここでやめるべきか、あと少し?
どんなお話なのか楽しみです。

>おッ楽しみに!!

おッ楽しみに待ってますよぉー ♪

No title

おお、いい紅葉に間に合ってよかったね~
お猿さんともご対面で幸せじゃ~だね。
私ももうゆるゆるがいいなあ。登り2h下り1h位が最高とか思っちゃう!

うれしー!

まだか、いまかと待っておりました。

更新ありがとうございます。
そして、○十年も前に行った懐かしい地獄谷とか上林温泉とか戸隠とか・・
ああ懐かしいー。
地獄谷は全然変わってないようで安心しました。
紅葉もお見事ですねえ。

長野県大好きですだ。



No title

>ぜぜさん

>おお、いい紅葉に間に合ってよかったね~

そーなの そーなの
今年はいつも以上に紅葉に逢いたいばっかり思ってました。
だから嬉しかったよぉ~

>お猿さんともご対面で幸せじゃ~だね。

あそこはね行ってみるべし!
ぜぜさんのカメラマン魂に火がつくじょ
いろんなお猿さんの表情がまたいいんだなぁ
ジックリ見てると表情なんか人間と一緒やね
今どんな事考えてる、感じてるってよくわかるんよ

>私ももうゆるゆるがいいなあ。
>登り2h下り1h位が最高とか思っちゃう!

それくらいだと気持ちに余裕があるよね。
日々の体や心の疲れを癒すためなら それくらいがいいのかも。
でも、もう少し歩きたいよねって気持ちもある。
緊張感を持つような山歩き、それもたまには行きたいのー(笑
ぜぜ家はそんなんばっかだけどね ^^

No title

>きっとさん

>まだか、いまかと待っておりました。
更新ありがとうございます。

そんな風に言っていただくなんて・・・ううっ
嬉し♪ 涙ちょちょぎれですわん
こちらこそ読んでいただいてありがとうございます。
(見えないでしょうが頭下げております)

>そして、○十年も前に行った懐かしい地獄谷とか上林温泉とか
戸隠とか・・ ああ懐かしいー。

そうですか、もう行かれたんですか
○十年ってとこが興味ありますが(笑
私も本当に、ずーっと地獄谷行きたかったんですよー
夏は暑いだろうから猿は来ないだろうなー 
雪の時が一番いいんだろうなー とか
今回 長野のクミちゃんに雨だから・・・と声をかけられた時の
嬉しかったことったら・・   うはは(←喜びの本笑い

>地獄谷は全然変わってないようで安心しました。
>紅葉もお見事ですねえ。

あそこはあれ以上今風の観光地にならない事を願っています。
ずーっとあのままであってほしいですね。

>長野県大好きですだ。

私も長野県大好きですだ!

No title

うっかり油断して出遅れてしもた!
猿の写真&コメントのシリーズさすがです。野猿公苑のCMにも使えますね。タヌキもいいし、動物写真家の才能もあったんですね。

No title

>監督

>うっかり油断して出遅れてしもた!

むふふ やるときゃーやるんですわ、私も
うかうかしてたらあきまへんで(笑

>野猿公苑のCMにも使えますね。タヌキもいいし、動物写真家の才能もあったんですね。

あのね、あの建物にも沢山いい写真がありましたが
お猿さんは誰が撮っても絵になるんですわ
人間と一緒で表情が豊かですもんねー

いやいや 監督の思わぬ一面見た感じです。
石や地層に対する熱い想いはよーくわかっているのですが
タヌキや犬に対しての意外な興奮(笑
だよねー 動物って心が通うとまではいかなくても
触れ合う瞬間ってあるよね。
タヌキも猿もあんなに近くで生で見るの初めてでした。
温泉の湯船に遊びに来たタヌキは隠れたり顔をだしたり
私達をからかってる風でしたよ。








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。